超簡単手作り|引き出し|間仕切り|キッチン|家具

diyで家具・キッチン 収納・引き出しを仕切り・インサートで片付け!簡単に手作りできる!引き出しの中身を見やすくなり!調味料・スパイスもキレイに整理しやすくなりますよ!収納 カラー ボックスやドレッサーの引き出しにも使えますね!

材料は加工のしやすいシナべニヤ・ファルカタ集成材を使用

引き出し,仕切り板

DIYで引き出しの仕切り

材料には軽くて、やわらかい「シナべニヤやファルカタ集成材」を使います。値段も安い材料で「ホームセンター」や「100均ショップ」でも販売されていますね。

「加工しやすいの」で子供さんの工作にもよく使われています。

ファルカタ集成材の表面の質感は「桐(きり)」の様な感じですね。

引き出し間仕切り 寸法図面・設計図・参考図

収納 片付け 仕切り 寸法図面

キッチン収納 手作り仕切りの寸法図面

引き出し間仕切りの 作るのに必要な材料

シナべニヤまたはファルカタ集成材

  • A)厚み2~3mm×幅260mm×長さ110mm 3枚
  • B)厚み9~13mm×幅260mm×長さ50mm 3枚
  • くぎ「真鍮釘丸頭・隠し釘」などが良いですね。
  • 木工ボンド
  • 水性ペンキまたは水性ニス

釘の長さの目安は打ち付ける「板の厚みの3倍程度」の釘を使うと強度がアップしますよ。

材料はホームセンターなどで手軽に用意することができますね。ショップによっては希望の寸法にカットをしてくれるところがありますね、そんなサービスも活用してください。

引き出し間仕切り 必要なDIY工具・ツール

作るのにあれば便利な用意したい工具です。

  • カッターナイフ(大き目なもの)
  • のこぎり(あれば電動のこぎり)
  • かなずち
  • キリ(錐)(あれば電動ドリル、インパクトドライバー)
  • サンドペーパー/紙やすり(#220程度)
  • ヤスリ
  • メジャー(巻尺)や定規

作り方・加工・製作

カッターナイフでファルカタ集成材を切る

カッターナイフでべニヤ板を切る

1)Aの部品をカッターナイフと定規を使って寸法にカットします。あまり力を入れなくても軽く10回程度、切込めばきれいにカットできるでしょう。

カッターの刃先は新しい方が良いですね

切れないカッター刃はキケンですよ。


ノコギリで材料を切断

Bの集成材をノコギリで切る

2)Bの部品も「のこぎり」で寸法カットします。

サンディングブロックで面取り・研磨

サンドペーパーで面取り・研磨

3)カットした部品の「切り口・コーナー」をサンドペーパー(紙やすり)できれいに仕上げます。

組立・手順

木工ボンドと釘

木工ボンドとクギで組立固定

1)部品「AとB」を「木工ボンドとクギ」を使って固定して組み立てます。

A部品で「釘を打つ場所」にキリで「下穴」をあけておくと良いですね。「下穴を目安」に釘を真っすぐ打って固定します。

水性ペンキ・水性ニスの塗装

水性ペンキまたは水性ニスを塗装

2)木工ボンドが乾燥すれば「水性ペンキ」または「水性ニス」を塗装します。

引き出しに間仕切りを入れる

引き出しに間仕切りを入れる

3)塗装が乾燥すれば「引き出し」に奥からならべます。

これで完成です。香辛料の容器やドレッサーなどでコスメの整理にも。

奥から順に手前のインサートは奥に重なります。

キッチン,収納,間仕切り

キッチン収納引出し間仕切り

内容紹介

5才双子を育てる整理収納アドバイザーがズボラ目線で選んだ”暮らしの愛用品&選び方のルール”100、全公開!大人気整理収納アドバイザーEmiさんが「暮らしを支える愛用品」と「選び方のルール」を全公開!!「わたし、実はズボラなんです」というEmiさんが、ズボラゆえにたどり着いたモノ選びのキーワードは「ラク」でした。お母さんがラクすることは家族のシアワセにつながるはず。5才の双子を育てるワーキングマザーによる”ズボラなわたしを助けてくれる”便利なアイテム100選。洗わず拭くだけでキレイが保てるスリッパ、取り換え頻度が少ないトイレットペーパー、薄くて収納しやすいお皿…etc.ママがラクすることは、きっと家族のシアワセにつながるはず。大人気整理収納アドバイザー・Emiさんの「暮らしを支える愛用品」と「選び方のルール」全公開。大反響!5才の双子を育てるワーキングマザーがたどり着いたズボラな私を助けてくれる“優秀アイテム”お見せします!