パレットテーブル|簡単手作り|作り方|自作|家具|Diy

パレットテーブルDIY!木製パレットで作るパレットテーブルです。オシャレなインテリア!リビングやソファ!ベッドサイドに!コーヒーテーブルに!パレット 中古をリメイクしても!初心者に作り方と設計図面で解説!簡単に自分で作る「すのこ」パレットでも!

キャスター付のパレットテーブルDiy

パレットテーブル

手作りパレットテーブル

使用する材料は「ホームセンター」で手軽に購入できる安価な木材です。「ウッドデッキ」などでよく使う!「ワンバイフォー」とか105mm×27mmのSPF材です。「間柱」という品名でも売られていますよ。材木はこの2種類をだけで作ります。 木材の「そり」「ふしぬけ」のない綺麗な木材を選んで。 「節の有るなし」は好みですかね。

木製 パレット材料はホームセンターの木材で

木を切ったり!くぎを打ったり!面倒だなぁ~と思う人は
「中古の木製パレット」があるので購入し「リメイクして使うと良いですね。運送屋さんなどが荷物をのせてフォークリフトなんかで持ち上げている木製のパレットです。
但し、既製品のパレットだとサイズが限定されます。
部屋に合った!「オリジナルのサイズ」で作るには工夫が必要ですね。

仕上げに「ブライワックス(BRIWAX)」や「ワトコオイル(WATCO OIL)」など塗装すれば!「アンティークなテーブル」の出来上がりです。

◎北海道産の杉の無垢材を使った組立キット式の木製パレットです。物流業務にも耐えれる強度を持っています。◎プレナーで木材表面のザラつきを削り、滑らかに仕上げてあります。また、人工乾燥処理で木材内部の水分を除去してあるので、変形やカビにも強いです。◎ベッドとして使うも良し、パレットにとらわれずDIYの材料として使うも良し、アイデア次第で使い方は自由です。

パレットテーブル 作るのに必要な材料

自作のパレットテーブル完成 図面

自作のパレットテーブル完成 図面

1×4材(SPF材、ホワイトウッド)などを使用

  • A1)厚み19mm×幅89mm×長さ910mm 10枚
  • A2)厚み19mm×幅89mm×長さ910mm 2枚
  • A3)厚み19mm×幅89mm×長さ600mm 4枚
  • A4)厚み19mm×幅89mm×長さ89mm 4枚

間柱 (SPF材)などを使用

  • B1)厚み27mm×幅105mm×長さ600mm 2枚
  • B2)厚み27mm×幅105mm×長さ910mm 2枚

重たいものをのせる場合は中央に1枚追加で合計3枚(B1と同じ板)

ストッパー付 ゴム車 75mm

●自在ストッパー付●ルートバン(メッシュタイプ)用キャスターです。●エラストマー樹脂車輪の採用でタイヤ痕がつくのを軽減します。許容荷重(kgf):30.6車輪幅(mm):21車輪径D(mm):75取付高H(mm):92取付座A×B(mm):70×42取付ピッチX×Y(mm):56×28取付穴径P(mm):6.5車輪材質:エラストマー質量(kg):0.24許容荷重(daN):30

ワックス・塗料缶・ペンキ

■家具・工芸品・壁・建具用標準塗布面積:約20m2/L汚れの付着を抑え、深みのある風合いと手触り感を出す艶消しワックスです。※床用ではありません。[ワトコオイルフィニッシュ標準塗装方法]1、ワトコオイルで仕上がった生地にワックスを刷毛・ウェスで均一に塗布します。2、塗布後15~30分放置してから、余分なワックスを拭き取ります。3、1~2時間してから、ウェスで磨き込むように乾拭きします。4、塗り重ねる時は、表面の乾燥を確認して薄く塗ってください。5、塗布面の完全な乾燥は、12時間程度が目安です。6、ウェットな仕上がりを保つには4~6ヶ月ごとのお手入れが必要です。※ご使用上の注意1、ワトコワックスはワトコオイルで仕上げたものにメンテナンスでお使い頂くのが標準です。2、白木仕上げ効果を望まれる場合、白ワックスを単独でお使いください。3、茶ワックスを使用した場合、色落ちすることがあります。4、使用前に容器をよく振ってからご使用ください。5、冬期はロウ分が固まりますので必要に応じ容器ごと湯煎してください。

塗り面積(1度塗り):約4m²ワックスは固形ですが、気温が20度以上になると液体化します。吸入は有害です。使用中、乾燥中は最大限の換気をして下さい。閉所では使用しないで下さい。強可燃性:発火装置には近づけない事。禁煙して下さい。本品は堅くふたを閉めて、換気のよいところで子供の手の届かない所に保管し、臭気を吸わないようにしてください。 ☆r0012TudorOak(チューダオーク)400ml☆蜜ロウやカルナバ植物(口紅の原料になっています。)を主原料にブレンドしたこのワックスは、木製品を美しく着色・保護・ツヤ出しします。家具の仕上げ、アンティーク製品のメンテナンスにご使用下さい。 ☆塗装方法。 1)ワックス(本製品)を塗る前にサンドペーパー(カミヤスリ)等を使って汚れを落とし、凹凸を無くします。 ※木目に沿ってヤスリがけをして下さい。 2)スポンジかウエスを使用し、ワックス(本製品)を擦り込むように塗ります。約15~30分で定着しますので、乾いた布を使用し木目に沿って磨きます。 ※定着に関してですが、季節や気温などによります。夏場は涼しい場所にて乾かして下さい。 3)必要であれば2度塗りをします。約15~30分で定着しますので、乾いた布を使用し木目に沿って磨きます。 ※2度塗りは場合によります。思ったような光沢が得られない場合は2度塗りをして下さい。

その他

  • くぎ 長さ50mm程度などが良いですね。
  • 木ねじ丸頭 20mm以上~32mm以下(キャスター取付用)
  • 木工ボンド

必要なDIY工具・ツール

作るのにあれば便利な用意したい工具です。

  • のこぎり(あれば電動のこぎり)
  • かなずち
  • 電動ドリル・インパクトドライバーなど
  • サンドペーパー/紙やすり(#220程度)
  • ヤスリ
  • メジャー(巻尺) 定規

パレットテーブル 寸法図面・設計図・参考図

パレットテーブル寸法図面

パレットテーブル寸法図面

パレットテーブル 作り方・加工・製作

電動のこぎりで寸法に切断

電動のこぎりで寸法に切断

1)各部品の材料を設計寸法の長さに「のこぎり・電動鋸・スライドソー」など手持ちの電動工具で切断します。

錐で下穴をあける

錐で下穴をあける

2)A1、A2、A3の部材に「錐または電動ドリル」を使用して「くぎを打つ付ける位置」に「下穴」をあける。「釘打ち」が面倒でしたら「木工ボンド」だけでも、しっかりと接着!すればそれなりの強度はあります。

ペーパーで面取

ペーパーで面取

3)切断した部品の「切り口のバリ・ササクレ」のあるところは丁寧に「サンドペーパー(紙やすり)で研磨・面取り」をして綺麗に仕上げます。

パレットテーブル 組立・手順

木製パレット組立図・分解

木製パレット組立図・分解

1)A3とB2の部品を「木工ボンドと釘や木ねじ」を使って組立固定します。

パイン材を固定

パイン材を固定

2)A1、A2とB1の部品を「木工ボンドと釘」で組立固定します。

A2の向きを間違わないように。

固定

3)上記、2)で組み立てた、 部材をひっくりかえして、A1を「木工ボンドとくぎを打って」固定!

両端はこの時点では取付けません。

木工ボンド

4)1)で組立てた部材と上記、3)で組立てた部材を「木工ボンドとくぎを打って固定」組み立てます。

釘

5)残りのA1の部材を「両端」に「木工ボンドと釘」で組立固定します。

キャスター用の取付板

キャスター用の取付板

6)上記、5)で組立てた部材を「ひっくりかえして」
A4 の部材を木工ボンドで接着固定し、この A4 の板にキャスターを取付けます。

パレットテーブルにキャスター

パレットテーブルにキャスター

7)「丸頭の木ねじ」でキャスターを取付て完成です。

キャスター

ナチュラルな子ども家具に特化した木工本。学習机、ランドセルラック、踏み台、収納棚、ままごとキッチンなど学業、遊び、収納に使える子ども家具69作品を掲載。そのうち、18作品には写真と木取り図展開図を交えて作り方をわかりやすく紹介しています。材料や道具はホームセンターで手に入りそのほとんどがリーズナブル!子どもへのプレゼントや入園・入学のお祝いなどに作ってみませんか?リビングに置いても絵になる可愛い子ども家具。初めての子ども家具作り知っておきたい基本とコツ子ども部屋づくりを楽しくさせるKid’s家具。塗ってこするだけでは物足りない!秘密のエイジングペイント、教えます子どもにもママにもうれしい子育てアシスト家具。セルフリノベーションで子どもが喜ぶインテリアをつくろう

関連記事