壁面収納棚 DIY 簡単|壁 収納 作り方|自作のポイント おすすめ

壁面収納をDIYで簡単に手作り!本棚!キッチン 収納で食器棚!クローゼットで洋服・衣類・タオル・収納!玄関やリビングの壁にインテリアで飾り棚!dvdやcdの収納ラックにも!靴の収納にも使える!自作で壁面収納diy!自分で作る自作なので大きさも自由に調整。作り方のアイデアと寸法図面

材料は1×4材と1×6材を使用

wall-shelf

手作り壁面収納ウォールシェルフ

DIYで初心者にも簡単にオリジナルウォールシェルフ「収納棚家具」が手作りできる!

壁面収納棚の寸法図面

壁面収納棚の寸法図面

収納棚の支柱になる部分は「木材①のワンバイフォー材と木材②のワンバイフォー材」を木工ボンドで接着して作ります。②の1×4の板材は「寸法にカット」して棚を固定する「棚受け」になります。 一般的にこの様な棚の支柱を作るには「鑿(ノミ)や電動ルーター・トリマー」を使って棚板の入る「溝」を加工して作りますが! これなら木材を切るだけなので、削って「溝を加工する必要」がなくて!面倒な加工が不要で簡単に作っちゃいます。

壁面収納 diy ディアウォール

賃貸向けDIY●女性やファミリーでも安全で気軽に取り付けができるオシャレな2×4材用突っ張りブラケット●工具不要! ジャッキを回すだけで、2x4材をしっかり固定できます。 掃除機が当たっても倒れない! 工具不要で天井と床をしっかり突っ張れる。壁にピタッ。 樹脂の厚みが 1.5mmでフラットな形状。幅9.4cm、 奥行4.2cm、 高さ12.0-13.8cm(上キャップ) 4.0cm(下キャップ)・樹脂部品:ABS樹脂・合成ゴム、 ねじ類:鉄製・メッキ仕上げ、 バネ:バネ鋼・メッキ仕上げ・

壁面収納棚 作るのに必要な材料

この「シェルフ(棚板)は六段」で200mmピッチ(間隔)になっています。

「サイズやデザインはご自由に」。

木材(SPF材.レッドパイン集成材など)

  • 1)1×4 厚み19mm 幅89mm「棚受支柱フレームと棚受け用」
  • 2)1×6 厚み19mm 幅140mm「シェルフ・棚板用」

ハワード ボードオイル ブッチャーブロックコンディショナー

アメリカ食品医薬品局(FDA)の基準をクリアした本品は、食品へ直接または間接的に触れても安心です。12oz(355ml)のオイルとコンディショナーのセットです。●天然ワックスをブレンドしたブッチャーブロックコンディショナーは蜜ロウとカルバナロウの耐水性で別レベルの保護をします。ワックスはナイフ痕を修復しミネラルオイルを閉じ込めて水分の浸入を防ぎます。カッティングボードや木製調理台、調理器具をなじませる為に。●使用方法 カッティングボードオイルを全体にのばし必要に応じて細目(1200-1500番程度)の耐水ペーパーなどになじませオイル砥ぎを行ない。しばらく置いてなじませた後、キレイに拭きとって。続いてブッチャーブロックコンディショナーを全体になじませしばらく置き、キレイに拭き取り光沢が出るまで磨いて下さい。カッティングボードオイルとコンディショナーを併用することでより高い効果を得られます。新品のカッティングボード等の場合は、使用前に3-4回重ね塗りしておくと使いやすくなります。

浸透性塗料 ワトコ ワックス

樹味を100%表現できる塗料「オイルフィニッシュ:ワトコ」《用途》家具・工芸品・壁・建具用《特長》天然型浸透性塗料で、樹の表面に塗膜を残さない艶消し仕上げで、濡れた深みのある風合いを持ちます。調湿効果があるので、木の呼吸を妨げず、割れや狂いの抑止効果があります。塗膜仕上げ塗料と異なり、木が持つ本来の樹味(材種や木目、模様の違いによる個々の風合い)をそのまま表現します。作業性が良く、道具を選ばず簡単に塗装でき、塗りムラができません。木質製品全般に使用でき、樹の風合いを活かすには最適です。家具・工芸品はもちろん、住宅や店舗の内装などにもご使用になれます。”製造国:”英国”塗り面積(1回塗り):”約2㎡”乾燥時間:”24時間以上(20℃)

その他

  • 木ねじ 長さ38~50mm程度「ステンレス製が良いですね。サビないので、またはメッキ」
  • 木工ボンド

必要なDIY工具・ツール

作るのにあれば便利な用意したい工具です。

  • ドライバー(木ネジ用)
  • のこぎり
  • 錐・キリ(下穴用)
  • サンドペーパー/紙やすり「#220程度
  • メジャー(巻尺)
  • 定規

突っ張りパーテーション

本体サイズ:幅80×奥行15×高さ200-260cm本体重量:7.9kg材質:スチール(粉体塗装、クロムめっき)原産国:中国荷重の目安:フック1個あたり=0.5kg、トレー1個あたり=1.5kg全体耐荷重:10kgトレー内寸:幅35奥行5高さ1cmパネルサイズ(1枚あたり):タテ8ヨコ76cm、パネル間隔:14cm床から棚板最下段まで:19cm
●組立品です●組立時間:約10-20分●突っ張り式で省スペースに設置できるパーテーション型壁面収納●壁面のアレンジ、狭い廊下や玄関の収納などに大活躍●玄関や廊下では、帽子やかばんのちょい掛けに便利●左右別々に伸縮するので、梁のある場所も効率的に活用可能●帽子やバッグを掛けて飾れる便利なフック3個付属●小物のちょい置きに便利なトレーも3個付属●荷重の目安:フック1個あたり0.5kg、トレー1個あたり1.5kg●全体耐荷重:10kg●トレー内寸:幅35奥行5高さ1cm●パネルサイズ(1枚あたり):タテ8ヨコ76cm●パネル間隔:14cm●床から棚板最下段まで:19cm※物を掛ける際は偏らないようご注意下さい。

壁面収納棚の参考寸法図面

壁面収納の図面

壁面収納の図面

壁面収納棚 作り方・加工・製作

saw

ノコギリで材木をカット

1)1×4材を設計寸法に「棚受支柱用①ベースになる板」と「棚受け用②の部材」にノコギリで切断します。1×6材は作りたい!「棚の幅」の寸法で切断します。

錐で下穴をあける

錐(キリ)で下穴

2)「棚受支柱用①ベースになる板」に棚板を固定するための「木ねじ用」の下穴を錐(キリ)で開けます。 寸法図面では「200mm間隔」になっています。

壁面収納棚 組立・手順

Diy簡単手作り|壁面収納棚

Diy簡単手作り|壁面収納棚

1)「棚受支柱用①ベースになる板」に「棚受けの部材②」を木工ボンドで寸法位置に接着固定します。木工ボンドが乾燥しないうちに「棚板を木ねじ」で取付て固定します。

各、棚板が入る隙間(19mm)幅は実際に入れる棚板が入るかを確認しながら接着します。多少、木材に厚みの「ばらつき」や「そり」があると思います。

2)同じ手順で棚板を取付けてボンドか乾けば完成です。

内容紹介初めてのDIYでもここまでできる!住まいの修理と手入れについて、この1冊ですべてわかります。・水栓の水もれを直す・排水管の詰まりを直す・障子の補修とはり替え・網戸のはり替え・床のきしみを直す・ブロック・モルタル塀の塗装・デッキ、ベランダの補修・ノコギリ、カンナ、ノミの基本・サシガネの使い方・組み手のコツ・電動工具を使いこなすなど、61項目のDIYマニュアル

簡単手作り|壁面収納棚|ウォールシェルフ|棚の作り方