DIY ウッドワーク ジョイント3D図解(1)|主要寸法図

ウッドワーク ジョイン(木工接ぎ手)を3D CAD図での図解し主要な加工寸法を紹介します。

木工接ぎ手

蟻形追入れ接ぎとは

ソケット(アリ溝)とピン(アリほぞ)で組み接ぎする工法で互いのアリ形をスライドさせて組み接ぎし中つなぎの接合などによく使われる。

スライディングダブテールジョイント

Through-sliding-dovetail-joint

ハーフスライディングダブテールジョイント(蟻形追入れ接ぎ)

Half-sliding-dovetail-joint

ストップドスライディングダブテールジョイント(蟻形追入れ接ぎ)

Stopped-sliding-dovetail-joint

ダブテールキージョイント

Dovetailed-keys-joint

ダブテールキージョイント(アリ形筋交留接ぎ)

Dovetailed-keys-joint2

寸法図面・設計図・参考図

木工接ぎ手寸法図

加工は電動ルータでのアリ錐・ルータービット使って加工します。

アリ錐・ルーターアクセサリ

内容紹介

アリ錐大入れ加工などに使用するととても強度が出ます。(アリ錐大入れ加工の板厚目安は、13.3mm~16mm最適です)テーブル天板などの板に反り防止にアリ加工で補強に使用できます。抽斗作りなど、板の厚さに合わせて色々なサイズを揃えると用度が広がりますね。軸径1/2(127mm)電動ルーター1/2(12.7mm)軸専用です。(お間違えの無いようにお願いします)6mm、6.35mm、8mm、12mm専用電動ルーターでは使用できません、各電動工具メーカーから発売されている1/2(12.7mm)用変換コレットをご利用ください。›もっと見る
刃の材質:マイクロ・タングステンカーバイト(Microtungstencarbide):軸の部分にブランド名と加工最適スピードが明記されています。インチ寸法をミリメートルに変更して記入してありますので多少の誤差出ます。ルータービットの軸軽は、1/2Shank(12.7mm)です、お間違えの無い様にお願いします。(太い1/2Shankは、安定した作業が出来ます)製造国:中国

ジグ・ルーターフェンスシステム

内容紹介

オリジナルINCRAジグは20年以上前に販売を開始し今尚をアメリカの木工ファンを楽しませるベストセラー商品です。その理由は簡単な操作でありながら上位機種のLSポジショナー同様正確な加工が出来る所です。上下に分かれた堅いガラス強化樹脂ボディーは最大203mmまで可動しフェンスに切られたラックは1mm刻みで正確にセットする事が可能です。付属のジグフェンスシステムとともに蟻継ぎ、包み蟻組み、通し蟻組、コーナーポストダブテール、ダブル・ダブテイルのような美しい装飾ジョイントも、オリジナルINCRAジグを使えば不可能に見える加工も十分可能です。その間隔も多種多様に設定できますので無限の組み合わせであなた独自の加工を施す事が出来ます。また別売のINCRAマスターリファレンスガイドから11個のボックスジョイントテンプレートと29個のダブテールテンプレートをオリジナルINCRAジグに適合させる事が出来ます。オリジナルINCRAジグは箱成型だけではなく通常のルーターフェンスとしても充分利用する事ができ、バンドソーやボール盤用のフェンスとしても利用可能です。ガイド移動量最大203mmガイドサイズ長さ293mm×幅135mm×高さ30mmフェンスサイズ長さ521mm×厚み26mm×高さ76mmラック単位1mm目盛mm仕様

内容紹介

木材・木質材の種類や性質、道具・工具の使い方、具体的な工作法や塗装法など、木工を始めるために必要なすべてを学べる完全ガイドブック。自分で家具を作るための木工の知識および技術について基礎から応用までを、豊富な写真とわかりやすい文章で解説している。サイドテーブルや幼児用家具、整理ダンス、小物箱などの設計図・部材表・工具一覧を掲載し、作業工程ごとに写真で手順を解説。本を開いたまま作業ができる便利なバインダー式。作業工程ごとに写真が付いているので、まるで横で手本を見せられているような臨場感で学べる。化粧張り・木彫り・ろくろ加工など、より本格的な木工技術も併せて紹介。