DIYでリビングキャビネットをキッチンカウンターにリメイク

DIYで中古リビングキャビネットをキッチンカウンターにリメイク!リサイクルショップで格安にワンコインで購入した天板にキズがあるキャビネットを修復し対面タイプのカウンターを自作!格安だった理由は「天板」に多くのこすりキズの様な?削りキズの様な?大きなキズがあります。その他は少し「扉の開閉」が重いことですね。

リメイク前のサイドキャビネット

リメイク前の「サイドキャビネット」

リメイク前の「サイドキャビネット」

それ以外は特に壊れている箇所も無いです。造りも丈夫で、しっかりとしています。

テーブル天板のキズ

テーブル天板のキズ

この天板の「キズは塗装されているニスが剥がれている」程度なので「DIY電動工具のベルトサンダー」で表面のニスを取り除いて再度、「塗装すればキズはなくなり」きれいに仕上がる予定です。

使用するベルトサンダー

木材の表面研磨に塗装はがしに作業台などに固定して小物の研磨にセット内容:本体×1、サンディングベルト#60/#120/#180×各1、ダストバッグ×1、クランプ×2電圧:AC100V、周波数:50/60Hz、電流:7.1A、消費電力:680W回転数:約28,000min-1ベルトサイズ:約幅76×周長457mmベルト速度:約3.6m/s(約220m/min)本体サイズ:約長さ265×幅150×高さ140(mm)、質量(本体のみ)約:2.4kg定格時間:30分、コード長:約2m表示件数を増やす
高い研磨能力で広い平面の研磨や研削加工に最適保持しやすい補助グリップ付研削粉の飛散を防ぐダストバッグ付キワの研磨にも

キャビネット・カウンター本体の裏面

棚は2段で観音開きの扉

カウンター本体の裏面

「キャビネット」本体の裏面には「新しく天板・カウンターを自作し」取付けて「対面タイプのキッチンカウンター」にするのです。

手作りカウンターテーブル

新しく自作するカウンターテーブル

カウンターになる部分の「設計イメージ図」はこの様になります。 新しく自作するキッチンカウンター用の天板には「パイン集成材」を使用します。長さは本体のサイズと同じで奥行が300mmで厚みが18mm

キッチンカウンター

DIY「キッチンカウンター」の仕上りイメージ

カウンター天板の補強をかねて、テーブルの下にはちょっとした「棚」を付けてみます。では、天板に塗装されている「ニスを電動ベルトサンダー」ではがしてみます。

キャビネット キッチン 収納

カウンターの天板をベルトサンダーでの仕上

サンダーを使用すると「ホコリが沢山」出るので、室外で防塵マスクして作業開始で・・・いきなり、雨が降ってきたので、あわてて仕上げたのでサンダー加工中の画像を残す事が出来ませんでしたが、仕上がりは「天板」に、あった「ニスがはがれた様な大きなキズ」はベルトサンダーで、削り取る事ができて、とっても綺麗に仕上がりました。

研磨を始めた時点では粒度#180番で削ってみたのですが、時間がかかりそうなので粒度#60番に交換して一気に研磨しました。研磨と言うよりも研削ですかね。

電動工具ベルトサンダーで研磨

ベルトサンダーで研磨「before」&「after」

この研磨作業にかかった時間は「長さ1355mm・幅が500mm」の天板を約3分~5分程度で簡単に塗料を削り除く事ができました。 次に天板に「ワトコ オイル」を塗装します

ベルトサンダーのサンディングベルトの粒度は#60番を使用

●木材の研磨・研削、塗装はがしに●ベルトサイズ:約幅76×周長457mm ●木材の研磨・研削、塗装はがしに●ベルトサイズ:約幅76×周長457mm●パッケージサイズ:290×105×25●パッケージ重量:80

ワトコ オイルを塗装

カウンターの天板を塗装

天板にワトコオイルを塗装

塗装した「ワトコオイルの色はダークウォルナット」を選択しました。周りの色より、少し濃かった様な気がしますが、綺麗な木目が浮き上りましたね。

カウンターテーブル

ワトコオイルの色はダークウォルナット

「家具の置く場所」や「色の好み」に寄りますが、少し明る目な「ミディアムウォルナット色」の方が合ってたような気もしてきました。「ミディアムウォルナット色」の方が合ってたような気もしてきました。塗装終了後、「15~30分放置」して「ウェス」で拭き、2度塗りをします。その後、乾燥するまで約24時間以上放置して塗装は仕上がりです。

ワトコオイル 「ダークウォルナット」を使用

■家具・工芸品・壁・建具用標準塗布面積:約10m2/L木本来の木肌を表現し、美しい色合いを持続するウェットな色調。ブレンドすることによりお好みの色を表現できます。[ワトコオイルフィニッシュ標準塗装方法]1、240番以上のサンドペーパーで研磨し、生地調節します。2、1回目は刷毛等でワトコオイルを十分に塗布し、15~30分放置後、ウェスで拭き取ります。3、2回目の塗布は(1回目の塗布量の約1/4程度を目安に)必要に応じ240~400番の耐水ペーパーでウェット研磨します。4、仕上り具合を見て、さらに良く拭き取ります。5、拭き取り後1時間位は浸透したオイルが吹き出す場合があります。ウェスできれいに乾拭きしてください。6、乾燥するまで24時間以上が必要です。

100円雑貨のベストバイ商品と活用術を紹介ダイソー、キャンドゥ、セリア、ワッツ、ナチュラルキッチンほか大人気100均ショップを完全リサーチ!!話題のセスキ掃除術ほか、本当に使える100円雑貨と感動の活用テクニックを一冊にギューッと詰め込みました!お墨付きの100円雑貨と活用テクニックを伝授してくれる100均達人にはテレビ番組「あのニュースで得する人損する人」でおなじみのパンのスペシャリスト・バタコやん収納DIYで話題のインテリアブロガーlovelyzakkaさん、人気ネイルブロガーめんちゃんなど、総勢20名が集結!!これを読めば、100均ショップが宝の山に見えてくること間違いありません!【感動の100均毎日楽しい革命!】◆ぜーん試して、選びぬいた!100均達人ベストバイ大賞決定!◆【総力特集1】ラクラク!家事のベストアイデア・キッチン編(バタコやんの100均パン&スイーツ/リピ買いキッチン収納グッズ公開ほか)・お掃除&お洗濯編(話題沸騰のセスキ炭酸ソーダでお掃除・梅雨でも楽しい100均ランドリーテク)◆【総力特集2】100円雑貨でインテリア大変身!!・収納編(人気インテリアブロガーlovelyzakkaさんのしまって飾る収納DIYほか)・インテリア編(いまデコパージュとフェイクグリーンがおもしろい!!ほか)◆まだまだあります!注目コラム!・次くる100均ショップ、話題のワッツに行ってきました!・デパコス超え!!本当にキレイになれる100均コスメ・人気ネイルブロガーめんちゃんのお手軽100均ネイル術・ちょっぴり残念な100円雑貨、バラします!・100均vs有名商品実力徹底比較!!