照明|DIY|インテリア|手作り|作り方|ライトカバー(2ページ目)

組立・手順

仕上げの研磨・ペーパー掛けの加工(例)

ダイニング 照明

サンディングパッドでペーパー掛け

1)加工したクラウンモールの溝などの凸凹部分に「毛羽立ち・ささくれ」がある場合や「綺麗な面肌」にするためにサンドペーパーなどで研磨します。 使用している「サンディングパッド」は、便利でとても優秀な手作業工具です。

サンディングパッドで曲面を研磨

サンディングパッドで曲面を研磨

2)この「サンディングパッドの使い方」はパッドにサンディングペーパーを指で挟み込み!研磨したい箇所をこするだけです。指先では作業しづらい、細かな場所でも、しっかりと研磨力が伝わりモールのカーブ曲面も「簡単でキレイ」に仕上げることが出来ます。「超おすすめです。」

電動工具 ベルトサンダーを使う

電動工具 ベルトサンダーを使う

3)幅が広くてフラットな平面の研磨ペーパー掛けは「電動工具 ベルトサンダー」でパワフルにすばやく研磨してしまいます。使用している「ベルトサンダー」は少し音がしますが「とても重宝しています」

音はパワーのある掃除機(業務用)並みの音ですかね。

ビスケットと木工ボンドで組立

ビスケットチップで接合

ビスケットチップで接合

1)ビスケット加工した溝にビスケットと木工ボンドを着けてジョイントし接着固定で組立します。 ビスケットチップは#10番を使っています。簡単にネジ止め(留め)するよりも強固にジョイントできます。

ビスケットチップは「木または合板」を乾燥させて強制圧縮して作られた木片チップで板継ぎ(接ぎ)加工などによく使われています。木工ボンドなどの水分を含むと約0.5mm~2mm膨らんで「がっちりと材料同士をジョイント」してくれます。

日曜大工インテリア

自作・木製クランプで固定

2)自作の「木製クランプ」と「アングルクランプ治具」を使用して直角90度に木工ボンドが乾燥して乾くまで固定します。「ホールドダウンクランプ」は厚み方向に浮き上り、歪みを防止するために、上から押さえ込んで固定しています。

この様に4コーナーがあるフレームを「一気に固定する治具」があるのですが別件で使用中なのでこの方法で1コーナずつ接着固定します。

使用している治具 ホールドダウンクランプ

内容紹介

INCRABuild-ItHoldDownClamp
WorkwithallIncraTrackandIncraT-Trackcomponentsandaccessories,AnidealaccessoryfortheBuild-Itsystemfamilyoftools,Locksaworkpieceintoplaceforconsistentcuttingresults,Exclusivecapturedpivotdesignprovideshasslefreeclamping,Sturdyaluminumcomponentconstruction

寝室,インテリア, 照明

電動スライドソーで45度に切断



4)4コーナをカットして、このような外観形状に出来上がりました。

電動トリマーで段差を加工

DIY 電動トリマーで切削

DIY 電動トリマーで切削

1)照光の部分にプラスチックのカバーを落とし込んで取付けたいので「落とし込みの溝・段差加工」を手持ちで作業する電動トリマーを使います。 「ホールドダウンクランプ」を使用して「プラスチックの定規とフレーム」を押さえ込んで固定しています。プラスチックの定規は「電動トリマーのガイド」として使用して切削加工をします。

電動トリマーで段差加工

電動トリマーで段加工

2)トリマーを切削加工時に安定させる用途で、フレームと「同じ厚みの1×4材をスペーサ」にして高さを合わせて、フレームの内側に段加工しています。

DIYサンディングブロックで研磨仕上げ

DIYサンディングブロックで研磨仕上げ

3)最終仕上げに表面をサンドペーパーで研磨仕上げします。100均ダイソーで販売されていた「サンディングブロック」を使用してみました。お試しで購入しましたが「見た目はちゃっちい、おもちゃ」の様ですね。

100均のサンディングブロック

100均のサンディングブロック

4)100均の商品にしては、「なかなか使い物」になりましたよ。ちゃんと「サンドペーパーがクランプ」できて、取付け面には「発泡ゴム」も付いますし、耐久性もありそうです。「楽に力」が入り綺麗なペーパー掛けができました。

ワトコオイルで塗装

照明 雑貨

ワトコオイル

1)フレームの表面をオイルフィニッシュで塗装します。使用した「ワトコオイル」はナチュラル色を使ています。木目が綺麗に引き立ちます。

オイルフィニッシュ ワトコ ワックス

内容紹介

“製造国:”英国”塗り面積(1回塗り):”約2㎡”乾燥時間:”24時間以上(20℃)樹味を100%表現できる塗料「オイルフィニッシュ:ワトコ」。《用途》家具・工芸品・壁・建具用《特長》天然型浸透性塗料で、樹の表面に塗膜を残さない艶消し仕上げで、濡れた深みのある風合いを持ちます。調湿効果があるので、木の呼吸を妨げず、割れや狂いの抑止効果があります。塗膜仕上げ塗料と異なり、木が持つ本来の樹味(材種や木目、模様の違いによる個々の風合い)をそのまま表現します。作業性が良く、道具を選ばず簡単に塗装でき、塗りムラができません。木質製品全般に使用でき、樹の風合いを活かすには最適です。家具・工芸品はもちろん、住宅や店舗の内装などにもご使用になれます。

ワトコオイルの塗装、前と後

ワトコオイルの塗装、前と後

2)表面に塗膜をつくらない「浸透型オイル」なのでムラなく「簡単、手軽」に塗れます。仕上がりは、濡れたような感じのウェットタッチです。これで約24時間程度の乾燥させます。

カバーの取付にL字の金具

カバーの取付にL字の金具

電動トリマーで段加工した部分に乳白色の養生プラダンをカッターで切って、はめ込みました。透明の「ポリカ・ツインカーボ」でも良いですかね。カバーの取付け用に「L字の金具」を木ビスでネジ留めしました。

蛍光灯の器具を取付

蛍光灯の器具を取付

天井に四角く開いた窓に「蛍光灯の器具を取付」て、その上から手作りで作った「照明カバー」のL字金具を利用して天井に固定で完成しました。

キッチン, シーリングライト

手作りライティングカバーを取付

自作の「ウォールキャビネット」の完成です。!

キッチン戸棚の扉とモール加工を同じ雰囲気にしてみました。

内容紹介

●DIYで使う電動工具、手工具の使い方を網羅したテクニック百科。ドライバードリル・インパクトドライバー、丸ノコ、トリマー、ルーター、ディスクグラインダーなどの電動工具から・ノコギリ・カンナ・ノミなどの手工具・サシガネなどの測定工具までを紹介●木工の楽しみの幅を広げる電動工具トリマーとルーターの完全ガイド。基本的な使い方から、様々なジグの活用法やプロのテクニックまでを紹介。ビットなどの最新データとトリマー&ルーターを駆使した木工作例も紹介。この1冊でプロ顔負けの木工作品が作れる!