DIY完全自力のリフォーム27【2階 耐震補強 小屋組Vol.参】和室6畳

屋根の重量を支えている小屋束(こやづか)と結合されている。棟木(むなぎ)、母屋(もや)、小屋梁(こやばり)を補強金物を使って補強します。

小屋組の補強

小屋組の補強

小屋組の補強

小屋組 タルキ

小屋組 タルキ 

まず、梁と小屋束(こやづか)の結合箇所に補強用のかど金物を取付ます。

小屋束(こやづか)

小屋束(こやづか)

金物 リブコーナー

柱と土台、柱と横架材の接合に使用します製品本体を取り扱う際は、必ず軍手や手袋などをはめてください必ず付属の専用ビスで接合してくださいビス接合用の四角ビット(#3)は別売品です付属品:YB-55(グレー)60本

取付けたのはこの金物です。束1本に2個使っています。もう少し小さなタイプでも良いのですが他の柱で同じ金物をたくさん使っているのでこの金物にしいます。金物に(柱)と刻印がされているのでその方向は柱側に。

27_05

 

つぎに、仕口金物(フラットプレート)を使って棟木(むなぎ)や母屋(もや)を結合補強します。古い かすがいは金物の取付でじゃまになるのではずしてしまいます。

金物 メインプレート

建築金物の老舗「カナイ」の製品です。仕口金物

取付けた金物はこれです。柱と横架材を接合補強する金物です。これも束1本に2枚使っています。

27_04

 

この時、母屋の角材が100mm角なのですが、小屋束が80mm角で20mm細く片側10mmの段差ができるので9mmの構造用合板をはさんで、取付けています。段差の上にそのまま取付けると当然NGです。構造用合板の端材がたくさんあるので金物の代わりにこんな感じに使ったら良かったかも?

母屋 小屋束

母屋小屋束

DIYリフォーム住宅建築用語

棟木(むなぎ)とは

屋根の構造材で屋根の最も高い場所に使われる部材。

母屋(もや)とは

屋根の構造材で棟木(むなぎ)と軒桁(のきげた)の間に平行に
取付けられ屋根の垂木をささえる部材。

安く、よい家を手に入れたい人にとって「中古住宅」は、大きな選択肢のひとつ。でも、中古住宅の流通や建物についての知識が乏しいため、おトクな物件を前にしてもためらうことが多いようです。本書では、不動産屋・一級建築士・ファイナンシャルプランナーと、各分野のプロ3人がそれぞれの知識を総動員して、安く良質な中古住宅を安心して手に入れるために、知っておきたいポイントを紹介します。任せっきりにせず、建物の質をチェックする眼力や、価格交渉力、ライフプランにそった資金計画を立てるコツが身につきます。中古住宅を購入するさいの建物のチェックポイントはもちろん、不動産のプロならではの契約書の見方、建築のプロならではのリフォーム&リノベーションのノウハウ、お金のプロならではの住宅ローンの組み方など、あらゆる角度から中古住宅を買うためのアドバイスをいたします。不動産会社では教えてくれない、建物の本当の価値を計算する方法や購入後のライフプランも解説。絶対後悔しない「家」を手に入れるノウハウが満載です。中古の一戸建て・マンションをリフォームして、安くよい家を手に入れる方法を3人の専門家が紹介します!

工房やガレージ、菜園小屋など、趣味のための小屋はもちろん、子供部屋、隠れ家、果ては終の棲家まで。 セルフビルドで小屋を建てるための軸組み構法、ツーバイ構法、丸太組み構法を徹底解説! 自分の手でわが家を作りたい方、男の隠れ家的な小屋に憧れる方、DIYファン、手づくりハウスファンのみなさまに贈る小屋作りようこそ! セルフビルドの世界へ! 第1章 スモールハウスからはじめよう! 「ツーバイ構法」なら簡単! 3~10日で作る小さな家の5つの実例 第2章 「軸組み構法」でセルフビルドに挑戦! プロの大工も顔負けの技術を簡単にマスターする方法 第3章 10万円でつくる12坪のマイ工房 限りなく“安く、速く”つくる「掘っ立てスタイル」のマルチ小屋 第4章 憧れのログハウスを作ってみよう 「ハンドカット」も「マシンカット」も魅力たっぷり! 第5章 100万円で作る憧れの「木の家」 軸組み構法のログハウスを家族と仲間だけで作ってみたぞ! 第6章 仕上げ工事を楽しもう! 天井、壁、床、階段、下屋の仕上げ術 第7章 関連工事マニュアル キッチン、風呂、トイレ、給排水、浄化システム、電気配線、ほか 第8章 家づくりの計画と施工管理術 土地の法律、素人でも描ける設計術、工具と部材の運び方、用語事典、ほか

■完全自力のリフォーム:このカテゴリー

規格 や DIY 図面のダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、3D図面でわかりやすい寸法図になっています。 ご覧ください。