DIY完全自力のリフォーム20【耐震補強 C、Zマーク接合金物】

床組の補強をする為に接合金物をたくさん使うので大量購入しました。接合金物には規格が2種類あって、木造枠組壁工法用接合金物(Cマーク表示)と木造軸組工法住宅用接合金物(Zマーク表示)です。

耐震補強の接合金物

Hardware_4211_2140313_Hardware44220140313_z

床根太(ねだ)と梁を接合する為の金物です。耐震性の向上が出来ますね。

この規格は、国土交通省からの指定認定機関が建築基準法に基づいて適合認定をしている規格で、金物の製造メーカーがこのマークを表示するには適合審査を受けて認定をもらわなければならないと言う事ですね。

Hardware_jh204jhs204

今回、「完全自力のリフォーム」の為に大量購入した金物は、根太受け金物JH204・206と根太受け金物JH-S204・206、この根太受け金物の2種類で。枠組壁工法用接合金物(Cマーク表示)です。

根太受け金物JH204・206

床根太や垂木、屋根根太、天井根太結合部に支持点がない場合の緊結に使用します。Cマーク表示金物

根太受け金物JH-S204・206

床根太や垂木、屋根根太、天井根太結合部に支持点がない場合の緊結に使用します。Cマーク表示金物

Hardware_jh204

取付イメージはこんな感じですね。根太と端根太との仕口部分や床梁と根太の仕口部分の接合緊結などに使用して耐震性を確保します。

Hardware4233

この金具の場合、使用するくぎは、専用太めクギZN40とこれも規格で定められていますね。

Hardware_jhs_204

JH-S204なんかは8本×2面=16本も打ち付けるんですよ。耐震性を高めるためには仕方ないか・・・、まぁ~これで、部材も揃ったので次の作業に移れますね。

用途別に他にも、金物は数十種類ありす。たとえば、柱と梁の結合補強や枠などの開口部の補強には

C 柱頭金物 PC

支持柱の頭部や梁の緊結等に使用します。柱と梁の緊結等にも使用可能です。Cマーク表示金物

Z 角金物

柱と横架材、隅柱と横架材、通し柱と横架材の接合に使用します。Zマーク表示金物

DIYリフォーム住宅建築用語

枠組壁工法とは

通称は2×4(2×6)工法で壁や床の剛性で建築される工法ですね。欧米での一般的な住宅

軸組工法とは

柱や梁の軸組で建築される工法、日本で発展してきた伝統工法ですかね。在来工法とも言いますね。

仕口(しくち)とは

部材と部材が直角(角度をなして)結合する箇所を仕口と言います。

家を買うとき、建てるとき、絶対にさけたい欠陥住宅の悲劇!第三者機関の立場から、あらゆるトラブルを解決する。姉妹NPO「イエンゴ保証機構」による完成保証制度の紹介を加え、改訂第三版刊行。家づくり援護会は、欠陥住宅の未然の防止を目指して設立された「市民による市民のための家づくり第三者機関」です。家づくり援護会の主な活動1.利害関係を持たない立場で行なう、相談・アドバイス活動2.施工請負契約へのサポート活動3.欠陥住宅防止を目的とした施工検査と記録の保存4.第三者による住宅情報の管理、保存と維持管理の支援活動5.セミナー、出版、設計添削、業者選抜などの啓蒙活動6.皆物件・皆保証を理念とする新たな住宅完成保証(姉妹NPO)

セルフビルドは思ったより簡単でした!木造軸組工法完全対応!DIYで「木の家」を建てるための画期的入門書!失敗しないための設計方法や材料の買い方、木材加工、棟上げ、内外装、設備工事まで、セルフビルドの基礎知識と裏ワザを豊富な情報量で徹底解説します。・建築の素人が本当に家を作れるのか?1 買い出し編―建築材料を賢く安く入手する2 設計編―これで完璧!素人でも描けるカンタン設計術3 基礎工事編―布基礎とブロック基礎のDIY的作り方4 木材加工編―セルフビルドで“刻み加工”にチャレンジ!5 上棟編―柱や梁を組み上げる=上棟の手順と注意点6 屋根工事編―素人でもできる、いちばん簡単な屋根作り7 壁工事編―壁の下地作りと窓入れ、外壁の張り方8 内装工事編―無垢の木や珪藻土で快適な住空間を!9 設備工事編―電気配線からキッチン・風呂の取り付けまで

■完全自力のリフォーム:このカテゴリー

規格 や DIY 図面のダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、3D図面でわかりやすい寸法図になっています。 ご覧ください。