合板|コンパネ|構造用合板|サイズ|規格寸法|DIY

合板の寸法・サイズについて、合板の規格はJAS規格によって規定されています。合板規格寸法の「サイズまとめ一覧」

普通合板 標準寸法・規格サイズ

ラワン 構造用合板 | DIY的ライフ

ラワン 構造用合板 | DIY的ライフ

合板の種類厚 さ(mm)幅(mm)長 さ(mm)
普通合板2.3mm
2.5mm
2.7mm
3.0mm
3.5mm
4.0mm
5.5mm
6.0mm
9.0mm
12.0mm
15.0mm
18.0mm
21.0mm
24.0mm
910mm910mm
1,820mm
2,130mm
2,430mm
2,730mm
3,030mm
610mm
760mm
1,220mm
1,820mm
850mm
1,000mm
2,000mm
1,220mm2,430mm

コンクリート型枠用合板、構造用合板、化粧ばり構造用合板、天然木化粧合板、特殊加工化粧合板以外のものを「普通合板」いう。

普通合板

規格:普通合板2類1等F☆☆☆☆(JAS)FSC(森林認証)取得製品建築で一般に使用される、シックハウス対策の正規品です。画像と色が異なる場合があります。【良品】木芸社オリジナルカットベニヤ板(四方カット・直角高精度・切り口ペーパー処理済) 良品です。木芸社オリジナルカットベニヤ板(四方カット・直角高精度・切り口ペーパー処理済)

構造用合板 寸法規格サイズ

合板の種類厚 さ(mm)幅(mm)長 さ(mm)
構造用合板5.0mm
5.5mm
6.0mm
7.5mm
9.0mm
12.0mm
15.0mm
18.0mm
21.0mm
24.0mm
28.0mm
30.0mm
35.0mm
900mm1,800mm
1,818mm
910mm1,820mm
2,130mm
955mm1,820mm
1,000mm2,000mm
1,220mm2,440mm
2,730mm

化粧ばり構造用合板、以外の合板で建築物の構造耐力上主要な部分に使用するもの(さね加工を施したものを含む。)を「構造用合板」いう。

構造用合板

主用途;床下地規格:3尺x6尺特類合板F4品物;自然の木材のため、画像と色が異なる場合があります.ロットにより商品の色が違います。仕上げ面;下地用のため表面に針葉樹の木目節に伴うでこぼこがあります。3枚まで同じ送料新品› 針葉樹合板ラーチ合板ラーチベニヤと呼ばれ1820㎜x910㎜(呼称1800㎜x900㎜)の木材です。大きいサイズの板材3尺x6尺の合板は、日曜大工、DIY、家具、棚板、仮設木材、壁、や床の補強木材の用途があります。

コンクリ-ト型枠用合板 寸法規格サイズ

合板の種類厚 さ(mm)幅(mm)長 さ(mm)
コンクリ-ト
型枠用合板
12.0mm
15.0mm
18.0mm
21.0mm
24.0mm
500mm2,000mm
600mm1,800mm
2,400mm
900mm1,800mm
1,000mm2,000mm
1,200mm2,400mm

コンクリートを打ち込み、所定の形に成形するための型枠として使用する合板(表面又は表裏面に塗装又はオーバーレイを施したものを「コンクリ-ト型枠用合板」又は「表面加工コンクリート型枠用合板」とも、いう)

コンパネ 塗装

主な樹種:東南アジアフタバガキ科の広葉樹仕上り:表面B・裏面Cグレード、表面にウレタン塗装を施してあります。規格:JAS型枠用合板1類特徴:コンクリートと合板を綺麗に剥離させる目的で生産された合板です。表面はウレタン塗装が施されています。› 合板は日本の長さの単位である尺を採用していることが多く、1尺はおおよそ303mmで換算していますさらに、天然の木材を使用しているため、同じものは二つとありませんサイズもJASの規格範囲内での誤差が認められており、工業製品のような正確な寸法はとれません天然のフシや割れも存在するため、すべてがご希望通りというわけにはまいりません

天然木化粧合板 寸法規格サイズ

合板の種類厚 さ(mm)幅(mm)長 さ(mm)
天然木
化粧合板
3.2mm910mm1,820mm
4.2mm
6.0mm
610mm
1,220mm
2,430mm
910mm1,820mm
2,130mm

化粧ばり構造用合板、以外の合板で表面又は表裏面に化粧単板をはり合わせたもの(側面加工を施したものを含む。)を「天然木化粧合板」いう。

天然木化粧合板

化粧合板とは、合板台板に天然木の薄い単板が貼ってあります表面にはる樹種の種類は豊富で、丸太から切り出す木目によって【板目】【柾目】【杢目】があります主に、建築物の内装や家具などの外装に用いられています。› 合板は日本の長さの単位である尺を採用していることが多く、1尺はおおよそ303mmで換算していますさらに、天然の木材を使用しているため、同じものは二つとありませんサイズもJASの規格範囲内での誤差が認められており、工業製品のような正確な寸法はとれません天然のフシや割れも存在するため、すべてがご希望通りというわけにはまいりません

特殊加工化粧合板 寸法規格サイズ

合板の種類厚 さ(mm)幅(mm)長 さ(mm)
特殊加工化
粧合板
2.3mm
2.4mm
2.5mm
2.7mm
3.0mm
3.2mm
3.5mm
3.7mm
3.8mm
4.0mm
4.2mm
4.8mm
5.0mm
5.2mm
5.5mm
6.0mm
8.5mm
9.0mm
606mm
610mm
2,420mm
2,425mm
2,430mm
2,440mm
2,730mm
2,740mm
910mm
915mm
920mm
1,820mm
1,825mm
1,830mm
2,120mm
2,130mm
2,140mm
2,420mm
2,430mm
2,440mm
1,000mm
1,010mm
2,000mm
2,010mm
1,070mm1,820mm
1,210mm2,420mm
1,220mm
1,230mm
1,820mm
1,825mm
1,830mm
2,120mm
2,135mm
2,150mm
2,420mm
2,430mm
2,440mm
2,740mm
2,130mm2,440mm

コンクリート型枠用合板、化粧ばり構造用合板及び天然木化粧合板以外の合板で表面又は表裏面にオーバーレイ、プリント、塗装等の加工を施したもの(側面加工を施したものを含む。)を「特殊加工化粧合板」いう。

プリント化粧合板

サイズ:4×608×2430mm入数:8枚入り使用場所を考慮し台板にはJAS1類完全耐水合板を使用紫外線・湿気・気温の変化による化粧面クラック防止に特殊樹脂加工がしてあります。化粧層の剥離防止に耐水、耐候性・耐熱性に優れた接着剤(防かび・防ちゅう剤入り)の採用› すぐれた耐水性と耐候性を生かして軒先天井そのほか、比較的湿気の多い脱衣室、洗面所に最適です。

化粧ばり構造用合板 寸法規格サイズ

合板の種類厚 さ(mm)幅(mm)長 さ(mm)
化粧ばり
構造用合板
5.0mm
5.5mm
6.0mm
7.5mm
9.0mm
12.0mm
15.0mm
18.0mm
21.0mm
24.0mm
28.0mm
30.0mm
35.0mm
900mm1,800mm
1,818mm
910mm1,820mm
2,130mm
955mm1,820mm
1,000mm2,000mm
1,220mm2,440mm
2,730mm

構造用合板の表面又は、裏面に木材質特有の美観を表すことを主たる目的とした単板をはり合わせたもの(さね加工を施したものを含む。)を「化粧ばり構造用合板」いう。

定尺板・長さ・幅・厚み寸法

定尺板・参考寸法
呼称幅(mm)長 さ(mm)
3×69101820
3×82430
3×92730
3×103030
4×612201820
4×82430
4×92730
4×103030
1×210002000
1×82430
1×92730
1×103030
2×66061820
2×82430
2×92730

尺モジュールのミリ換算

尺モジュールのミリ換算(例)
1尺303.03mm
3尺=3×303.03mm約910mm
3×6(3尺×6尺)=910mm×1820mm

呼び方

呼び方(例)
2×8ニハチ
3×6サブロク
3×8サンパチ
4×8シハチ

合板 種類 特徴

種類主な用途
普通合板 とは、従来からベニヤ板といわれていた合板で、一般的な用途に広く使われる合板。ラワン・シナなど広葉樹が主な原木で、樹種名を付けてラワン合板・シナ合板などと呼ばれる。合板のうち、コンクリート型枠用合板、構造用合板、化粧ばり構造用合板、天然木化粧合板、特殊加工化粧合板以外のものをいう。
コンクリート型枠用合板とは、(コンパネ)コンクリート打込み時にその堰板として使用される合板で、ラワンや針葉樹のものがある。一定の強度を備えた合板で建築・土木用の型枠として多用される。合板のうち、コンクリートを打ち込み、所定の形に成形するための型枠として使用する合板
通常のコンクリート型枠用合板の表面に塗装・オーバーレイなどの加工をしたもの。打放し仕上げに良好な結果が得られる。表面又は表裏面に塗装又はオーバーレイを施したもの「表面加工コンクリート型枠用合板」という。
構造用合板とは、木質構造建築物の構造耐力上重要な部位に使用される合板でる。長辺にさね加工を施したものもある。合板のうち、化粧ばり構造用合板以外の合板で建築物の構造耐力上主要な部分に使用するもの(さね加工を施したものを含む。)をいう。2級も同様、主として床・屋根・壁下地に多用される。
化粧ばり構造用合板とは、構造用合板の表面又は裏面に化粧単板を貼ったもの。用途は構造用合板と同じ。 合板のうち、構造用合板の表面又は裏面に木材質特有の美観を表すことを主たる目的とした単板(以下「化粧単板」という。)をはり合わせたもの(さね加工を施したものを含む。)をいう。
天然木化粧合板とは、普通合板の表面に、美観を目的として天然銘木(チーク・ローズウッド・ウォールナット・スギ・スプルースなど)の薄い単板(スライスド単板)を貼り、住宅の内装用や家具用に用いられる合板。合板のうち、化粧ばり構造用合板以外の合板で表面又は表裏面に化粧単板をはり合わせたもの(側面加工を施したものを含む。)をいう。
特殊加工化粧合板とは、普通合板の表面に美観と耐久性を目的として天然銘木以外のものを貼ったり、木目模様などを印刷加工したりした表面加工合板で、オーバーレイ合板・プリント合板・塗装合板などがある。オーバーレイ合板はメラミン樹脂・ポリエステル樹脂・金属箔・布・PVCシートなどを貼っているものがある。プリント合板は普通合板の表面に木目などを印刷した模様紙(パターン紙)を貼っている。表面性能による区分がある。合板のうち、コンクリート型枠用合板、化粧ばり構造用合板及び天然木化粧合板以外の合板で表面又は表裏面にオーバーレイ、プリント、塗装等の加工を施したもの(側面加工を施したものを含む。)をいう。
特類とは、屋外又は常時湿潤状態となる場所(環境)において使用することを主な目的とした次条第1項の接着の程度の要件を満たす合板の類別をいう。
1類とは、 コンクリート型枠用合板及び断続的に湿潤状態となる場所(環境)において使用することを主な目的とした次条第2項の接着の程度の要件を満たす合板の類別をいう。
2類とは、 時々湿潤状態となる場所(環境)において使用することを目的とした次条第3項の接着の程度の要件を満たす合板の類別をいう。
Fタイプとは、 主にテーブルトップ、カウンター等の用に供される特殊加工化粧合板をいう。
FWタイプとは、主に建築物の耐久壁面等の用に供されるほか家具用にも供される特殊加工化粧合板をいう。
Wタイプとは、主に建築物の一般壁面用に供される特殊加工化粧合板をいう。
SWタイプとは、主に建築物の特殊壁面の用に供される特殊加工化粧合板をいう。

OSB 合板

サイズ:厚み9×巾910×長さ1820mm材質:OSBとは、オリエンテッド・ストランド・ボードの略。 木材チップを接着剤で固めたもの。住宅の構造用下地として開発されたものです。主に針葉樹を使用しております。OSBは原木から切削された長方形の薄い木片 (ストランド)を、板状に重ねて高温圧縮成型した木質ボードです。強度をもたせるように計算されて木片(ストランド)が切削されており、合板と同じような交差積層による強度があります。また、反りも少なく、断熱性や気密性、防虫性にも優れています。住宅の屋根や壁、床の下地として幅広く使用されています。独特な模様ですので、構造用下地としてだけではなく、棚板やテーブルの天板など、使い方によって面白い仕上がりになります。水や湿気には弱い為、屋外での使用には適しておりません。

DIY|合板サイズ|コンパネ サイズ|OSB|耐水合板|寸法

●現代の家づくりの仕組み。「木造住宅のできるまで」を詳細なイラストと奥行き深い解説で、どこまでも分かりやすく大解剖。大人も子供も楽しめる、建物の仕組み図鑑の決定版!●目次木造住宅をつくる材料実物大写真第1章在来軸組工法の住宅ができるまで01基礎をつくる02土台を据える03柱(通し柱・管柱)を立てる04梁(胴差・床梁・軒桁・小屋梁)を架ける05筋かいと火打ちを設ける06小屋組を設ける07野地板・間柱・まぐさ・窓台を設ける08屋根葺き・壁防水・開口部を設ける09床組をつくる10内外装の下地を設ける11内外装の仕上げをして完成第2章在来軸組工法各部のつくり方屋根葺材の種類・桟瓦葺き・化粧スレート葺き・金属板葺き外周壁仕上げの種類・モルタル壁仕上げ・窯業系サイディング仕上げ・金属系サイディング仕上げ・外張り断熱間仕切壁仕上げの種類・クロス張仕上げ・左官仕上げ・タイル張り仕上げ天井上階床接地床引違いサッシ玄関ドア開き戸引戸第3章枠組壁工法の住宅ができるまで01基礎をつくる021階床枠組をつくる031階壁枠組をつくる042階床枠組をつくる052階壁枠組をつくる06小屋組をつくる07屋根葺き・内外装の下地をつくる08内外装の仕上げをする

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。