JIS K 6403 最新規格 自動車用加硫ゴム材料の分類|JIS規格一覧|更新改正情報|制定

JIS K 6403の規格 自動車用加硫ゴム材料の分類の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JISK6403:2018の規格は,自動車用として使用する加硫ゴム材料の品質に基づく分類について規定。

自動車用加硫ゴム材料の分類 規格 一覧表

JIS K 6403

自動車用加硫ゴム材料の分類の一覧

最新 JISK6403:2018の更新 情報詳細

JIS K 6403:2018の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS K 6403 JIS改正 最新・更新日 2018/4/20
規格名称 自動車用加硫ゴム材料の分類
英語訳 Classification system for vulcanized rubber for automotive applications
対応国際規格 ISO
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1971/8/1
略語・記号 No JIS K 6403:2018
ICS 83.060JISハンドブック
改訂 履歴 1971-08-01(制定),1975-04-01(確認),1977-05-01改正,1981-01-15改正,1986-01-01(確認),1999-12-20改正,2006-03-25(確認),2010-10-01(確認),2015-10-20(確認),2018-04-20改正

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

JIS K 6403:2018の関連規格と引用規格一覧

規格番号規格名称
JIS D 0205自動車部品の耐候性試験方法
JIS G 3101一般構造用圧延鋼材
JIS K 6200ゴム-用語
JIS K 6250ゴム-物理試験方法通則
JIS K 6251加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-引張特性の求め方
JIS K 6252-1加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-引裂強さの求め方-第1部:トラウザ形,アングル形及びクレセント形試験片を用いる方法
JIS K 6253-3加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-硬さの求め方-第3部:デュロメータ硬さ
JIS K 6254加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-応力-ひずみ特性の求め方
JIS K 6255加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-反発弾性率の求め方
JIS K 6256-2加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-接着性の求め方-第2部:剛板との90°剥離強さ
JIS K 6256-3加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-接着性の求め方-第3部:2枚の金属板間の接着強さ
JIS K 6257加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-熱老化特性の求め方
JIS K 6258加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-耐液性の求め方
JIS K 6259-1加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-耐オゾン性の求め方-第1部:静的オゾン劣化試験及び動的オゾン劣化試験
JIS K 6261-2加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-低温特性の求め方-第2部:低温衝撃ぜい化試験
JIS K 6261-3加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-低温特性の求め方-第3部:低温ねじり試験(ゲーマンねじり試験)
JIS K 6261-4加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-低温特性の求め方-第4部:低温弾性回復試験(TR試験)
JIS K 6262加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-常温,高温及び低温における圧縮永久ひずみの求め方
JIS K 6267加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-汚染性の求め方

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

品質マネジメント、用語・記号、評価方法、医用電気機器、医療診断装置

Writing

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。