JIS A 1460 建築用ボード類のホルムアルデヒド放散量の試験方法-デシケーター法|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS A 1460 建築用ボード類のホルムアルデヒド放散量の試験方法-デシケーター法の日本産業規格 JISA1460の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS A1460:2015の規格は,建築用ボード類から放散されるホルムアルデヒド量の試験方法について規定。

建築用ボード類のホルムアルデヒド放散量の試験方法-デシケーター法 規格 一覧表

JIS A 1460

建築用ボード類のホルムアルデヒド放散量の試験方法-デシケーター法の一覧

最新 JIS A1460 規格の詳細 更新日 情報

JIS A 1460:2015の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS A1460 JIS改正 最新・更新日 2015年03月20日
規格名称 建築用ボード類のホルムアルデヒド放散量の試験方法-デシケーター法
英語訳 Determination of the emission of formaldehyde from building boards – Desiccator method
対応国際規格 ISO
主務大臣 経済産業 制定 年月日 2001年03月20日
略語・記号 No JIS A1460:2015
ICS 13.040.99,71.080.80,79.060.10JISハンドブック 建築II:2019
改訂 履歴 2001-03-20 (制定),2006-11-20 (確認),2011-10-20 (確認),2015-03-20 (改正),2019-10-21 (確認)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

JIS A1460:2015 目次

  • 序文
  • 1 適用範囲
  • 2 引用規格
  • 3 試験の原理
  • 4 一般条件
  •  4.1 試験環境
  •  4.2 共通の条件
  • 5 装置と器具
  • 6 試薬の調製
  • 7 試験片
  •  7.1 試験片の切出し
  •  7.2 試験片の寸法・枚数
  •  7.3 養生
  • 8 試験方法
  •  8.1 試験装置の準備
  •  8.2 測定試料の装着
  •  8.3 試験条件の状態監視
  •  8.4 試験時間
  •  8.5 試験用溶液の採取
  •  8.6 試験用溶液中のホルムアルデヒド濃度測定
  •  8.7 検量線の作成
  •  8.8 計算
  •  8.9 試験結果の表示
  • 9 報告
  • 附属書A(参考)技術上重要な改正に関する新旧対照表

適用範囲 [1]

この規格は,建築用ボード類から放散されるホルムアルデヒド量の試験方法について規定する。

引用規格 [2]

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS A 1902-1 建築材料の揮発性有機化合物(VOC),ホルムアルデヒドと他のカルボニル化合物放散量測定におけるサンプル採取,試験片作製と試験条件-第1部:ボード類,壁紙と床材

JIS K 0050 化学分析方法通則

JIS K 0557 用水・排水の試験に用いる水

JIS K 8001 試薬試験方法通則

JIS K 8005 容量分析用標準物質

JIS K 8027 アセチルアセトン(試薬)

JIS K 8180 塩酸(試薬)

JIS K 8355 酢酸(試薬)

JIS K 8359 酢酸アンモニウム(試薬)

JIS K 8576 水酸化ナトリウム(試薬)

JIS K 8625 炭酸ナトリウム(試薬)

JIS K 8637 チオ硫酸ナトリウム五水和物(試薬)

JIS K 8659 でんぷん(溶性)(試薬)

JIS K 8872 ホルムアルデヒド液(試薬)

JIS K 8913 よう化カリウム(試薬)

JIS K 8920 よう素(試薬)

0

JIS K 8951 硫酸(試薬)

JIS R 3503 化学分析用ガラス器具

JIS R 3505 ガラス製体積計

JIS Z 8401数値の丸め方

JIS Z 8703 試験場所の標準状態

試験の原理 [3]

デシケーター法による建築用ボード類からのホルムアルデヒド放散量の試験は,図1に示すガラス製デシケーターを用いて行う。ホルムアルデヒド放散量は,管理された温度において,デシケーター内に一定の蒸留水又はイオン交換水を入れ,所定の表面積の試験片を設置し,24時間後の蒸留水又はイオン交換水に吸収されたホルムアルデヒド濃度から求める。

蒸留水又はイオン交換水に吸収されたホルムアルデヒド濃度測定の原理は,ホルムアルデヒドがアンモニウムイオンとアセチルアセトンによって反応し,ジアセチルジヒドロルチジン(DDL)が生成するHantzsch(ハンチ)反応に基づいている。

図1-デシケーター法(構成図)

ホルムアルデヒド 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS A 1460建築用ボード類のホルムアルデヒド放散量の試験方法-デシケーター法JIS A 1901建築材料の揮発性有機化合物(VOC),ホルムアルデヒドと他のカルボニル化合物放散測定方法-小形チャンバー法
JIS A 1902-1建築材料の揮発性有機化合物(VOC),ホルムアルデヒドと他のカルボニル化合物放散量測定におけるサンプル採取,試験片作製と試験条件-第1部:ボード類,壁紙と床材JIS A 1902-2建築材料の揮発性有機化合物(VOC),ホルムアルデヒドと他のカルボニル化合物放散量測定におけるサンプル採取,試験片作製と試験条件-第2部:接着剤
JIS A 1902-3建築材料の揮発性有機化合物(VOC),ホルムアルデヒドと他のカルボニル化合物放散量測定におけるサンプル採取,試験片作製と試験条件-第3部:塗料と建築用仕上塗材JIS A 1902-4建築材料の揮発性有機化合物(VOC),ホルムアルデヒドと他のカルボニル化合物放散量測定におけるサンプル採取,試験片作製と試験条件-第4部:断熱材
JIS A 1905-1小形チャンバー法による室内空気汚染濃度低減材の低減性能試験法-第1部:一定ホルムアルデヒド濃度供給法による吸着速度測定JIS A 1905-2小形チャンバー法による室内空気汚染濃度低減材の低減性能試験法-第2部:ホルムアルデヒド放散建材を用いた吸着速度測定
JIS A 1906小形チャンバー法による室内空気汚染濃度低減材の低減性能試験法-一定揮発性有機化合物(VOC),とホルムアルデヒドを除く他のカルボニル化合物濃度供給法による吸着速度測定JIS A 1911建築材料などからのホルムアルデヒド放散測定方法-大形チャンバー法
JIS A 1912建築材料などからの揮発性有機化合物(VOC),とホルムアルデヒドを除く他のカルボニル化合物放散測定方法-大形チャンバー法JIS A 1961室内空気中のホルムアルデヒドのサンプリング方法
JIS A 1962室内と試験チャンバー内空気中のホルムアルデヒドと他のカルボニル化合物の定量-ポンプサンプリングJIS A 1963室内空気中のホルムアルデヒドの定量-パッシブサンプリング
JIS K 0303排ガス中のホルムアルデヒド分析方法JIS K 5601-4-1塗料成分試験方法-第4部:塗膜からの放散成分分析-第1節:ホルムアルデヒド放散量の求め方
JIS K 6807木材用ホルムアルデヒド系樹脂接着剤の一般試験方法JIS K 8872ホルムアルデヒド液(試薬)
JIS L 0868ホルムアルデヒドに対する染色堅ろう度試験方法JIS R 1701-4ファインセラミックス-光触媒材料の空気浄化性能試験方法-第4部:ホルムアルデヒドの除去性能
JIS R 1751-4ファインセラミックス-可視光応答形光触媒材料の空気浄化性能試験方法-第4部:ホルムアルデヒドの除去性能JIS R 1751-6ファインセラミックス-可視光応答形光触媒材料の空気浄化性能試験方法-第6部:小形チャンバーを用いたホルムアルデヒドの除去性能
JIS T 7328ホルムアルデヒドガス消毒器

設計・計画・一般、試験・測定〔コンクリート試験/セメント・混和剤試験/ガラス試験/金属試験/木材試験/シーリング材試験/パネル・ボード試験/浴槽試験/建具試験/防火・耐火試験/建築材料の基礎物性測定/室内空気のサンプリング及び分析/遮音・吸音測定/耐候性試験/省エネルギー/その他〕

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。