JIS A 2105 最新規格 カーテンウォールの熱性能―熱貫流率の計算|JIS規格 一覧|改正 更新情報|制定

JIS A 2105 カーテンウォールの熱性能―熱貫流率の計算の規格 JISA2105の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS A2105:2018の規格は,カーテンウォールの熱貫流率の計算方法について規定。

カーテンウォールの熱性能―熱貫流率の計算 規格 一覧表

JIS A 2105

カーテンウォールの熱性能―熱貫流率の計算の一覧

最新 JIS A2105 規格の詳細 更新日 情報

JIS A 2105:2018の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS A2105 JIS改正 最新・更新日
規格名称 カーテンウォールの熱性能―熱貫流率の計算
英語訳 Thermal performance of curtain walling – Calculation of thermal transmittance
対応国際規格 ISO ISO 12631:2017,Thermal performance of curtain walling-Calculation of thermal transmittance(MOD)
主務大臣 経済産業 制定 年月日 2018年10月22日
略語・記号 No JIS A2105:2018
ICS 91.120.10JISハンドブック 建築II:2019
改訂 履歴 2018-10-22 (制定)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

JIS A2105:2018 目次

  • 序文
  • 1 適用範囲
  • 2 引用規格
  • 3 用語と定義
  • 4 記号と添え字
  •  4.1 記号
  •  4.2 添え字
  • 5 計算対象
  •  5.1 基本構造
  •  5.2 室内側奥行き
  •  5.3 計算範囲
  •  5.4 計算対象の分割と切断面
  • 6 熱貫流率の計算
  • 7 熱橋単一評価法
  •  7.1 入力データ
  •  7.2 熱貫流率の計算
  • 8 熱橋成分別評価法
  •  8.1 入力データ
  •  8.2 熱貫流率の計算
  • 9 報告書
  •  9.1 報告書の内容
  •  9.2 図面
  •  9.3 計算に使用した値
  •  9.4 結果の表示
  • 附属書A(規定)接合部の線熱貫流率
  • 附属書B(参考)換気のある空気層と換気のない空気層
  • 附属書C(参考)参考文献
  • 附属書JA(規定)スパンドレル部がある場合の熱貫流率の計算方法
  • 附属書JB(参考)熱橋単一評価法の計算例
  • 附属書JC(参考)熱橋成分別評価法の計算例
  • 附属書JD(参考)JISと対応国際規格との対比表

適用範囲 [1]

この規格は,カーテンウォールの熱貫流率の計算方法について規定する。カーテンウォールは,フレームとフレームに取り付けられたグレージング,不透明なパネル,又はその両者で構成される。カーテンウォールにはメタル(金属)製のカーテンウォールとプレキャストコンクリート(PC)製のカーテンウォールがあり,この規格はメタル(金属)製のカーテンウォールに適用できる。

計算には,次の項目を含める。また,フレーム,グレージングとパネルのうち,二つの間の接合における熱橋を含める。

- 異なるタイプのグレージング[例えば,ガラス又はプラスチック,単板ガラス又は複層ガラス(低放射率コーティングの有無,空気又は他の不活性ガスを封入した中空層がある。)など]

- 熱遮断構造のあるフレーム,熱遮断構造のないフレーム

- 金属,ガラス,セラミック又は他の材料で覆われる種々の不透明パネル

なお,計算には,次の項目を含めない。

- 日射の影響

- 漏気による熱移動

- 結露の計算

- 日射遮蔽物(例えば,シャッター,ブラインドなど)の影響

- カーテンウォールの出入隅と端部における付加的な熱移動

- 建築構造体への接合部,と取付部品又は取付金具

- 発熱機能を備えたカーテンウォール

注記 この規格の対応国際規格とその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 12631:2017,Thermal performance of curtain walling — Calculation of thermal transmittance

なお,対応の程度を表す記号「MOD」は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,「修正している」ことを示す。

引用規格 [2]

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS A 0202断熱用語

注記 対応国際規格:ISO 7345,Thermal insulation-Physical quantities and definitions(MOD)

JIS A 2101建築構成要素と建築部位-熱抵抗と熱貫流率-計算方法

注記 対応国際規格:ISO 6946,Building components and building elements-Thermal resistance and thermal transmittance-Calculation methods(MOD)

JIS A 2102-1 窓とドアの熱性能-熱貫流率の計算-第1部:一般

注記 対応国際規格:ISO 10077-1,Thermal performance of windows, doors and shutters-Calculation of thermal transmittance-Part 1: General(MOD)

JIS A 2102-2 窓とドアの熱性能-熱貫流率の計算-第2部:フレームの数値計算方法

注記 対応国際規格:ISO 10077-2,Thermal performance of windows, doors and shutters-Calculation of thermal transmittance-Part 2: Numerical method for frames(MOD)

JIS R 3107 板ガラス類の熱抵抗と建築における熱貫流率の算定方法

注記 対応国際規格:ISO 10292,Glass in building-Calculation of steady-state U values (thermal transmittance) of multiple glazing ISO 10291,Glass in building-Determination of steady-state U values (thermal transmittance) of multiple glazing-Guarded hot plate method ISO 10293,Glass in building-Determination of steady-state U values (thermal transmittance) of multiple glazing-Heat flow meter method

用語と定義 [3]

この規格で用いる主な用語と定義は,JIS A 0202 とJIS A 2102-1によるほか,次による。

ビジョン部 [3.1]

カーテンウォールの採光,通気,換気,人・物の出入りなどを目的とした部分。

スパンドレル部 [3.2]

カーテンウォールのビジョン部の上段と/又は下段にある,階間又は腰壁の部分。

スパンドレル部パネル [3.3]

グレージング又は金属パネル,耐火ボードと中間空気層(グレージングと耐火ボードとに挟まれる空気層)で構成される面材。

方立 [3.4]

フレームのうち,カーテンウォールの縦方向に通される主構成材。

無目 [3.5]

フレームのうち,カーテンウォールの横方向に通される部材。

窓フレーム [3.6]

フレームのうち,方立と無目に組み込む窓の固定枠と/又はサッシ(可動)。

計算対象エレメント [3.7]

計算対象とするカーテンウォール全体の熱貫流率(Ucw,tot)を算出するために分割した範囲。

記号と添え字 [4]

記号 [4.1]

この規格で用いる記号と単位は,表1による。

【 表 1 】 記号と【単位 】
記号 単位
A面積m2
A*ΨTJ使用時の面材の面積m2
b幅a)m T
絶対温度K U熱貫流率
W/(m2・K)L2D2次元熱コンダクタンス
W/(m・K)l長さ
m d奥行き又は厚さm
Φ熱流量W
Ψ線熱貫流率W/(m・K)
Δ
Σ総和
ε放射率
λ熱伝導率W/(m・K)
a)熱流方向に垂直

添え字 [4.2]

この規格で用いる量記号の添え字は,表2による。

【 表 2 】 添え字
記号 意味 記号 意味
cwカーテンウォールm,pv方立・ビジョン部パネル間
e屋外n垂直
eq等価p断熱パネル
f窓フレームpsスパンドレル部パネル
f,g窓フレーム・グレージング間pvビジョン部パネル
f,pv窓フレーム・ビジョン部パネル間t無目
FE面材t,f無目・窓フレーム間
gグレージングt,g無目・グレージング間
i室内t,pv無目・ビジョン部パネル間
j総和インデックスt,ps無目・スパンドレル部パネル間
m方立tot合計,総合
m,f方立・窓フレーム間TJ二つの面材間の熱橋となる接合部
m,g方立・グレージング間W
m,ps方立・スパンドレル部パネル間
progress

設計・計画・一般、試験・測定〔コンクリート試験/セメント・混和剤試験/ガラス試験/金属試験/木材試験/シーリング材試験/パネル・ボード試験/浴槽試験/建具試験/防火・耐火試験/建築材料の基礎物性測定/室内空気のサンプリング及び分析/遮音・吸音測定/耐候性試験/省エネルギー/その他〕

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。