JIS B 0001 機械製図|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS B 0001 機械製図の日本産業規格 JISB0001の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS B0001:2019の規格は,JIS Z 8310に基づき,機械工業の分野で使用する,主として部品図及び組立図の製図について規定。

機械製図 規格 一覧表

JIS B 0001

機械製図の一覧

最新 JIS B0001 規格の詳細 更新日 情報

JIS B 0001:2019の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS B0001 JIS改正 最新・更新日 2019年05月20日
規格名称 機械製図
英語訳 Technical drawings for mechanical engineering
対応国際規格 ISO
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1958年10月07日
略語・記号 No JIS B0001:2019
ICS 01.100.20JISハンドブック 製図:2019
改訂 履歴 1958-10-07 (制定),1962-01-01 (改正),1966-04-01 (確認),1969-04-01 (確認),1972-02-01 (確認),1973-09-01 (改正),1979-09-01 (確認),1984-12-01 (確認),1985-09-01 (改正),1990-12-01 (確認),1995-12-01 (確認),2000-03-20 (改正),2005-01-20 (確認),2010-04-20 (改正),2015-10-20 (確認),2019-05-20 (改正)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

JIS B0001:2019 目次

  • 1 適用範囲
  • 2 引用規格
  • 3 用語と定義
  • 4 一般事項
  • 5 図面の大きさと様式
  •  5.1 図面の大きさ
  •  5.2 図面の様式
  • 6 線
  •  6.1 線の太さ
  •  6.2 線の種類と用途
  •  6.3 線の優先順位
  • 7 文字と文章
  •  7.1 文字の種類と高さ
  •  7.2 文章表現
  • 8 投影法
  •  8.1 一般事項
  •  8.2 投影図の名称
  •  8.3 第三角法
  •  8.4 第一角法
  •  8.5 矢示法
  •  8.6 その他の投影法
  • 9 尺度
  • 10 図形の表し方
  •  10.1 投影図の表し方
  •  10.2 断面図
  •  10.3 図形の省略
  •  10.4 特殊な図示方法
  • 11 寸法記入方法
  •  11.1 一般事項
  •  11.2 寸法補助線
  •  11.3 寸法線
  •  11.4 寸法数値
  •  11.5 寸法の配置
  •  11.6 寸法補助記号
  •  11.7 穴の寸法の表し方
  •  11.8 キー溝の表し方
  •  11.9 鋼構造物などの寸法表示
  •  11.10 薄肉部の表し方
  •  11.11 加工・処理範囲の表示
  •  11.12 非剛性部品の寸法
  •  11.13 非比例寸法
  •  11.14 同一形状の寸法
  • 12 外形図の寸法の表し方
  • 13 照合番号
  • 14 図面の訂正・変更

適用範囲 [1]

この規格は,JIS Z 8310に基づき,機械工業の分野で使用する,主として部品図と組立図の製図について規定する。

なお,この規格に規定していない事項は,JIS Z 8310とそれぞれ別に規定する製図に関する日本産業規格を参照する。

引用規格 [2]

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 0021 製品の幾何特性仕様(GPS)-幾何公差表示方式-形状,姿勢,位置と振れの公差表示方式

JIS B 0026 製図-寸法と公差の表示方式-非剛性部品

JIS B 0028 製品の幾何特性仕様(GPS)-寸法と公差の表示方式-円すい

JIS B 0031 製品の幾何特性仕様(GPS)-表面性状の図示方法

JIS B 0405 普通公差-第1部:個々に公差の指示がない長さ寸法と角度寸法に対する公差

JIS B 0419 普通公差-第2部:個々に公差の指示がない形体に対する幾何公差

JIS B 0420-1 製品の幾何特性仕様(GPS)-寸法の公差表示方式-第1部:長さに関わるサイズ

JIS B 0601 製品の幾何特性仕様(GPS)-表面性状:輪郭曲線方式-用語,定義と表面性状パラメータ

JIS B 0672-1 製品の幾何特性仕様(GPS)-形体-第1部:一般用語と定義

JIS B 0681-2 製品の幾何特性仕様(GPS)-表面性状:三次元-第2部:用語,定義と表面性状パラメータ

JIS Z 3021溶接記号

JIS Z 8114 製図-製図用語

JIS Z 8310 製図総則

JIS Z 8311 製図-製図用紙のサイズと図面の様式

JIS Z 8312 製図-表示の一般原則-線の基本原則

JIS Z 8314 製図-尺度

JIS Z 8315-3 製図-投影法-第3部:軸測投影

JIS Z 8315-4 製図-投影法-第4部:透視投影

JIS Z 8317-1 製図-寸法と公差の記入方法-第1部:一般原則

JIS Z 8318 製品の技術文書情報(TPD)-長さ寸法と角度寸法の許容限界の指示方法

JIS Z 8321 製図-表示の一般原則-CADに用いる線

ISO 14405-2,Geometrical product specifications (GPS)-Dimensional tolerancing-Part 2: Dimensions other than linear or angular sizes ISO 14405-3,Geometrical product specifications (GPS)-Dimensional tolerancing-Part 3: Angular sizes

用語と定義 [3]

この規格で用いる主な用語と定義は,JIS Z 8114によるほか,次による。

注記 長さに関わる[長さの単位(mm)をもつ]「寸法」には,「サイズ」と「距離」の2種類がある。この規格で使う前者の「サイズ」とは,サイズ形体の大きさ,すなわち,円・円筒の直径,相対する平行二平面の幅などのことであり,サイズ公差による規制が可能である。後者の「距離」には,例えば,穴の中心間距離,段差の距離などがあり,幾何公差による規制が可能である。JIS B 0401-1,JIS B 0420-1,ISO 14405-2とISO 14405-3を参照。

製図 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS A 0101土木製図JIS A 0150建築製図通則
JIS B 0001機械製図JIS B 0002-1製図-ねじとねじ部品-第1部:通則
JIS B 0002-2製図-ねじとねじ部品-第2部:ねじインサートJIS B 0002-3製図-ねじとねじ部品-第3部:簡略図示方法
JIS B 0003歯車製図JIS B 0004ばね製図
JIS B 0005-1製図-転がり軸受-第1部:基本簡略図示方法JIS B 0005-2製図-転がり軸受-第2部:個別簡略図示方法
JIS B 0006製図-スプラインとセレーションの表し方JIS B 0011-1製図-配管の簡略図示方法-第1部:通則と正投影図
JIS B 0011-2製図-配管の簡略図示方法-第2部:等角投影図JIS B 0011-3製図-配管の簡略図示方法-第3部:換気系と排水系の末端装置
JIS B 0023製図-幾何公差表示方式-最大実体公差方式と最小実体公差方式JIS B 0025製図―幾何公差表示方式―位置度公差方式
JIS B 0026製図―寸法と公差の表示方式―非剛性部品JIS B 0027製図-輪郭の寸法と公差の表示方式
JIS B 0029製図-姿勢と位置の公差表示方式-突出公差域JIS B 0041製図-センタ穴の簡略図示方法
JIS B 0051製図-部品のエッジ-用語と指示方法JIS B 0090-1光学素子とシステム用の製図手法-第1部:通則
JIS B 0090-10光学素子とシステム用の製図手法-第10部:光学素子と接合部品のデータ表示表JIS B 0090-11光学素子とシステム用の製図手法-第11部:公差表示のないデータ
JIS B 0090-12光学素子と光学システム用の製図手法-第12部:非球面JIS B 0090-14光学素子と光学システム用の製図手法-第14部:波面形状公差
JIS B 0090-17光学素子とシステム用の製図手法-第17部:レーザ放射による損傷しきい値JIS B 0090-2光学素子とシステム用の製図手法-第2部:材料欠陥-応力複屈折
JIS B 0090-3光学素子とシステム用の製図手法-第3部:材料欠陥-泡と異物JIS B 0090-4光学素子とシステム用の製図手法-第4部:材料欠陥-不均一性と脈理
JIS B 0090-5光学素子と光学システム用の製図手法-第5部:表面形状公差JIS B 0090-6光学素子とシステム用の製図手法-第6部:偏心公差
JIS B 0090-7光学素子と光学システム用の製図手法-第7部:表面欠陥JIS B 0090-8光学素子と光学システム用の製図手法-第8部:表面性状(粗さとうねり)
JIS B 0090-9光学素子とシステム用の製図手法-第9部:表面処理とコーティングJIS B 3402CAD機械製図
JIS B 3700-101産業オートメーションシステムとその統合-製品データの表現と交換-第101部:統合アプリケーションリソース:製図JIS B 3700-201産業オートメーションシステムとその統合-製品データの表現と交換-第201部:アプリケーションプロトコル:図面表示のための製図
JIS B 9512手動製図機械用スケールJIS B 9513手動製図機械
JIS F 0201基本船こく構造図の自動製図通則JIS Z 8114製図-製図用語
JIS Z 8310製図総則JIS Z 8311製図-製図用紙のサイズと図面の様式
JIS Z 8312製図-表示の一般原則-線の基本原則JIS Z 8313-0製図-文字-第0部:通則
JIS Z 8313-1製図-文字-第1部:ローマ字,数字と記号JIS Z 8313-10製図-文字-第10部:平仮名,片仮名と漢字
JIS Z 8313-2製図-文字-第2部:ギリシャ文字JIS Z 8313-5製図-文字-第5部:CAD用文字,数字と記号
JIS Z 8314製図-尺度JIS Z 8315-1製図-投影法-第1部:通則
JIS Z 8315-2製図-投影法-第2部:正投影法JIS Z 8315-3製図-投影法-第3部:軸測投影
JIS Z 8315-4製図-投影法-第4部:透視投影JIS Z 8316製図-図形の表し方の原則
JIS Z 8317-1製図-寸法と公差の記入方法-第1部:一般原則JIS Z 8321製図-表示の一般原則-CADに用いる線
JIS Z 8322製図-表示の一般原則-引出線と参照線の基本事項と適用
progress

製図〔基本/CAD/部門別/特定製図/部分の形状/記号・表示〕、寸法,公差,許容値及びその表し方〔寸法/製品の幾何特性仕様/表面性状〕、その他

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。