JIS B 1755 平歯車及びはすば歯車の負荷容量計算方法-材料の強度及び品質|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS B 1755 平歯車とはすば歯車の負荷容量計算方法-材料の強度と品質の日本産業規格 JISB1755の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS B1755:1999の規格は,接触応力及び歯元応力についての許容応力値の限界並びに材料品質と熱処理に関する要求事項について規定。すべての歯車装置,基準ラック形状,歯形寸法,設計などに適用。

平歯車とはすば歯車の負荷容量計算方法-材料の強度と品質 規格 一覧表

JIS B 1755

平歯車及びはすば歯車の負荷容量計算方法-材料の強度及び品質の一覧

最新 JIS B1755 規格の詳細 更新日 情報

JIS B 1755:1999の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS B1755 JIS改正 最新・更新日
規格名称 平歯車とはすば歯車の負荷容量計算方法-材料の強度と品質
英語訳 Calculation of load capacity of spur and helical gears – Strength and quality of materials
対応国際規格 ISO ISO 6336-5:1996(IDT)
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1999年01月20日
略語・記号 No JIS B1755:1999
ICS 21.200JISハンドブック
改訂 履歴 1999-01-20 (制定),2005-01-20 (確認),2015-10-20 (確認)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

適用範囲 [1]

この規格は,接触応力と歯元応力についての許容応力値の限界並びに材料品質と熱処理に関する要求事項について規定する。

この規格に基づく応力値は,ISO 6336-2とISO 6336-3に規定した計算方法に用いるのに適合したものであり,産業用歯車,高速歯車と舶用歯車についての応用規格に用いるのに適合したものである。また,かさ歯車の負荷容量の定格を決めるISO 10300の計算方法にも適合している。

この規格は,すべての歯車装置,基準ラック形状,歯形寸法,設計などに適用できる。この規格に基づく計算結果は,ISO 6336-1の適用範囲に示された範囲内においては,上記以外の計算方法による結果ともよく一致する。

引用規格 [2]

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの規格は,その最新版を適用する。

JIS B 1701-1 円筒歯車-インボリュート歯車歯形 第1部:標準規準ラック歯形

備考 ISO/DIS 53 : 1976 Cylindrical gears for general and heavy engineering-Basic rackが,この規格と一致している。

JIS G 0561 鋼の焼入性試験方法(一端焼入方法)

備考 ISO 642 : 1979 Steel-Hardenability test by end quenching (Jominy test) からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS G 0551 鋼のオーステナイト結晶粒度試験方法

JIS G 0552 鋼のフェライト結晶粒度試験方法

備考 ISO 643 : 1983 Steel-Micrographic determination of the ferritic or austenitic grain sizeからの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

ISO 683-11 : 1987 Heat-treatable steels, alloy steels and free-cutting steels-Part11 : Wrought case-hardening steels(焼入性保証鋼,合金鋼,快削鋼-パート11:はだ焼鋼)

JIS B 0102 歯車用語幾何学的定義

備考 ISO/DIS 1221-1 : 1994 Vocabulary of gear terms-Part1 : Definitions related geometryが,この規格と一致している。

JIS G 0557 鋼の浸炭硬化層深さ測定方法

備考 ISO 2639 : 1982 Steel-Determination and verification of the effective depth of carburized and hardened casesからの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS Z 2343 浸透探傷試験方法と浸透指示模様の分類

備考 ISO 3452 : 1984 Non-destructive testing-Penetrant inspection-General principlesからの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS G 0559 鋼の炎焼入と高周波焼入硬化層深さ測定方法

備考 ISO 3754 : 1979 Steel-Determination of effective depth of hardening after flame or induction hardeningからの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS G 0555 鋼の非金属介在物の顕微鏡試験方法

備考 ISO 4967 : 1979 Steel-Determination of content of non-metallic inclusions-Micrographic method using standard diagramsからの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS B 1702-1 同筒歯車-精度等級第1部:歯車の歯面に関する誤差の定義と許容値

備考 ISO 1328-1 : 1995 Cylindrical gears-ISO system of accuracy-Part1 : Definitions and allowable values of deviations relevant to corresponding flanks of gear teethが,この規格と一致している。

ISO 6336-1 : 1996 Calculation of load capacity of spur and helical gears-Part 1 : Basic principles, introduction and general influence factors ISO 6336-2 : 1996 Calculation of load capacity of spur and helical gears-Part 2 : Calculation of surface durability (pitting)

ISO 6336-3 : 1996 Calculation of load capacity of spur and helical gears-Part 3 : Calculation of tooth bending strength ISO 9443 : 1991 Heat-treatable and alloy steels-Surface quality classes for hot-rolled round bars and wire rods-Technical delivery conditions EN 10204 : 1991 Metallic products Types of inspection documents DIN 3990 : 1987 Tragfahigkeitsberechnung von Stirnradern ANSI/AGMA 2007-B92 Surface Temper Etch Inspection After Grinding ASTM A388-91 Practice for Ultrasonic Examination of Heavy Steel Forgings ASTM E428-92 Practice for Fabrication and Control of Steel Reference Blocks Used in Ultrasonic Inspection ASTM A609-91 Practice for Castings, Carbon, Low Alloy and Martensitic Stainless Steel, Ultrasonic Examination Thereof ASTM E 709-91 Practice for Magnetic Particle Examination

定義,記号と単位 [3]

この規格で用いる用語の定義は,JIS B 0102の規定による。また,記号と単位はISO 63361の規定による。

許容応力値の決定方法 [4]

許容応力値は,個々の材料とその状態に対して定めるべきであり,できる限り歯車運転試験により定めるのが望ましい。試験条件と試験片諸元は,それぞれ,運転条件と対象となる歯車の諸元に可能な限り近づけることが望ましい。

試験結果又は運転実績から得たデータを評価する際は,評価するデータの中に,許容応力に対する特定の影響が,既に含まれていないかどうかを確かめる必要がある。例えば,歯面強さの場合には,潤滑剤と表面粗さの影響が入っているし,歯の曲げ強さの場合には,歯元すみ肉部の曲率半径と表面粗さの影響が入っている。このような場合には,歯車の許容応力を計算する際,関連する影響係数の代わりに1.0を用いなければならない。

方法A(1) [4.1]

この方法は,接触応力と曲げ応力の許容応力値を,対象とする歯車の諸元と極めて類似した諸元の歯車を用い,予定した運転条件に極めて類似した試験条件のもとで行う耐久試験から求める。

(1) 次の方法の相違については,ISO 6336-1を参照。

許容応力値は種々の方法で決めてもよい。この場合必要に応じて,添字AからBPを各文字に付けて表示する。例えば,曲げ応力の許容値を決める場合Flim-Bkのように必要に応じて採用した方法に対応する添え字を追加して表示する。

方法B [4.2]

この方法では,接触応力と曲げ応力の許容応力値を,基準試験条件のもとで行う基準試験用歯車の耐久試験から求める。また,歯元許容応力はパルセータ試験から得る場合もある。使用実績を考慮に入れることが望ましく,5.2と5.3の標準の許容応力値は,そのような試験と実績に基づいて定めたものである。

許容応力値に対しては,四つの異なる等級,MX, ME, MQとMLが定められる。等級の適切な選び方は,6.で規定しているように,材料品質と熱処理方法によって決まる。

方法Bk [4.3]

この方法では,曲げ応力の許容応力値を,切欠き試験片の試験結果から求める。試験片の切欠きの曲率半径と厚さとの比が,歯元すみ肉部の曲率半径と歯元最弱断面の弦歯厚との比にできる限り類似していることか望ましい。試験データを評価するに当たっては,試験片の場合には通常,純粋な両振り曲げ応力を受けるのに対し,歯車の歯の場合,歯元すみ肉部は,曲げ,せん断と圧縮応力が複合していることを理解しておくことが望ましい。種々の材料についてのデータは,実験室での試験,使用実績又は文献から得られる。

方法Bp [4.4]

この方法では,曲げ応力の許容応力値を,切欠きのない試験片の試験結果から求める。この際,試験結果の評価については4.3を参照し,切欠き感度の影響を考慮するために,実際の切欠き形状と切欠感度係数を計算に含めることが必要である。しかし,こうした計算結果は,極めて信頼性に欠ける切欠き感度係数の影響を受けることになる。種々の材料についてのデータは,既知の試験設備又は参考文献【附属書 E参照】から得られる。

歯車 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS B 0003歯車製図JIS B 0102-1歯車用語-第1部:幾何形状に関する定義
JIS B 0102-2歯車用語-第2部:ウォームギヤの幾何形状に関する定義JIS B 0121歯車記号-幾何学的データの記号
JIS B 0160歯車-歯面の摩耗と損傷-用語JIS B 1453歯車形軸継手
JIS B 1701-1円筒歯車-インボリュート歯車歯形-第1部:標準基準ラック歯形JIS B 1701-2円筒歯車-インボリュート歯車歯形-第2部:モジュール
JIS B 1702-1円筒歯車-精度等級-第1部:歯車の歯面に関する誤差の定義と許容値JIS B 1702-2円筒歯車-精度等級 第2部:両歯面かみ合い誤差と歯溝の振れの定義並びに精度許容値
JIS B 1702-3円筒歯車-精度等級-第3部:射出成形プラスチック歯車の歯面に関する誤差と両歯面かみ合い誤差の定義並びに精度許容値JIS B 1704かさ歯車の精度
JIS B 1705かさ歯車のバックラッシJIS B 1706-1すぐばかさ歯車-第1部:基準ラック
JIS B 1706-2すぐばかさ歯車-第2部:モジュールとダイヤメトラルピッチJIS B 1707かさ歯車の歯面に関する形状偏差の定義と許容値
JIS B 1753歯車装置の受入検査-空気伝ぱ音の試験方法JIS B 1754歯車装置の受入検査-第2部:歯車装置の機械振動の測定方法と振動等級の決定
JIS B 1755平歯車とはすば歯車の負荷容量計算方法-材料の強度と品質JIS B 1756歯車-研削後の表面焼戻しの化学的エッチング検査方法
JIS B 1757-1歯車測定機の評価方法-第1部:歯車形の基準器を用いる方法JIS B 1757-2歯車測定機の評価方法-第2部:球基準器又は円筒基準器を用いた歯形測定
JIS B 1757-3歯車測定機の評価方法-第3部:平面基準器を用いた歯すじ測定JIS B 1757-4歯車測定機の評価方法-第4部:球基準器を用いたピッチ測定
JIS B 1758歯車測定機の受入検査JIS B 1759プラスチック円筒歯車の曲げ強さ評価方法
JIS B 1760-1歯車-FZG試験方法-第1部:潤滑油の耐スカッフィング性能 FZG試験方法A/8.3/90JIS B 4351すぐば傘歯車用G形刃物
JIS B 4354歯車用ホブ-第1部:むくホブの形状・寸法JIS B 4355歯車用ホブの精度
JIS B 8312歯車ポンプとねじポンプ-試験方法

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

品質マネジメント、用語・記号、評価方法、医用電気機器、医療診断装置

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。