JIS K 3835 精密ろ過膜エレメント及びモジュールの細菌捕捉性能試験方法|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS K 3835 精密ろ過膜エレメントとモジュールの細菌捕捉性能試験方法の日本産業規格 JISK3835の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS K3835:2006の規格は,試験菌としてシュードモナスデミニュータ(Pseudomonas diminuta)を用いて,空気又は液体ろ過用精密ろ過膜のフィルタディスク,フィルタカートリッジの細菌捕捉性能を試験する方法について規定。

精密ろ過膜エレメントとモジュールの細菌捕捉性能試験方法 規格 一覧表

JIS K 3835

精密ろ過膜エレメント及びモジュールの細菌捕捉性能試験方法の一覧

最新 JIS K3835 規格の詳細 更新日 情報

JIS K 3835:2006の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS K3835 JIS改正 最新・更新日 2006年10月20日
規格名称 精密ろ過膜エレメントとモジュールの細菌捕捉性能試験方法
英語訳 Testing methods for determining bacterial retention of membrane filters
対応国際規格 ISO
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1990年10月01日
略語・記号 No JIS K3835:2006
ICS 71.120.99JISハンドブック
改訂 履歴 1990-10-01 (制定),2002-05-20 (確認),2006-10-20 (改正),2011-10-20 (確認),2016-10-20 (確認)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

適用範囲 [1]

この規格は,試験菌としてシュードモナスデミニュータ (Pseudomonas diminuta) を用いて,空気又は液体ろ過用精密ろ過膜のフィルタディスク,フィルタカートリッジとディスポーザブルフィルタの細菌捕捉性能を試験する方法について規定する。 備考1. この規格の引用規格を,付表1に示す。

備考2. この規格の中で{ }を付けて示してある単位と数値は,従来単位によるものであって,規格値である。

備考2. 用語の定義 この規格で用いる主な用語の定義は,JIS K 3802によるほか,次のとおりとする。

(1) 細菌捕捉性能 精密ろ過膜エレメントとモジュールの評価に用い,次の式で定義する値。

M = log10 A/B

M: 細菌捕捉性能(1)(無次元)
A: 精密ろ過膜に負荷した試験菌の総数。

B: 試験用分析フィルタに捕捉された試験菌の数。

(1) 対数減少値又はLRV (Log Reduction Value) とも表現される。 (2) フィルタディスク シート状のフィルタエレメント。 (3) フィルタカートリッジ プリーツ状,円筒状などのフィルタエレメント。 (4) ディスポーザブルフィルタ 使い捨てになっているフィルタアセンブリ。

(5) フィルタアセンブリ ハウジング又はホルダにフィルタエレメントが組み込まれたもの。 (6) ホルダ フィルタディスクを使用するための容器。

試験菌,試薬と培地 [3]

試験菌 [3.1]

試験菌は,シュードモナスデミニュータATCC 19146又はIFO 14213とする。

試薬 [3.2]

試薬は,次のとおりとする。

(1) 水 JIS K 0101 の2.(9)(水)に規定する蒸留水若しくはイオン交換水又はそれと同等以上の水。 (2) 塩化ナトリウム JIS K 8150に規定するもの。

培地 [3.3]

培地は,次のとおりとする。

(1) 加塩乳糖ブイヨン培地 三角フラスコ2,000mlに水970mlを入れ,塩化ナトリウム7.6gを加えて溶かす。別に,ラクトースブロスの粉末又はか(顆)粒1.3gを水100mlに溶かしたものから30mlをとり,

この三角フラスコに入れ,pHを6.9±0.1に調整し,121°Cで約20分間高圧蒸気滅菌する。

(2) 標準寒天培地 肉エキス5.0g,ペプトン10.0g,ぶどう糖1.0gと寒天15~18gを水1,000mlに溶かし,滅菌後のpHが7.0~7.2となるように調整(2)し,121°Cで約20分間高圧蒸気滅菌する。 注(2) 既製の乾燥粉末培地を用いて調製してもよい。

(3) ラクトースブロス (Lactose Broth) ペプトン5.0g,肉エキス3.0gと乳糖5.0gを水1,000mlに加え,pHを6.9±0.2に調整(2)する。

器具 [4]

器具は,次のとおりとする。

(1) 分析用精密ろ過膜 直径142mm,孔径0.45m以下のもの。 (2) ペトリ皿 (3)直径約50mmと約150mmのガラス製のもの。 注(3) ペトリ皿は,乾熱滅菌器を用い170°Cで3時間乾熱滅菌をしておく。市販のプラスチックス製滅菌シャーレを用いてもよい。 (3) 三角フラスコ JIS R 3503に規定するもの。 (4) 乾熱滅菌器 150~200°Cに調節できるもの。

(5) 高圧蒸気滅菌器 121°C以上に加熱でき,210kPa {2.1kgf/cm2} 以上の器内絶対圧力で使用できるもの。 (6) ふ卵器 30±2°Cに調節ができるもの。 (7) クリーンベンチ JIS B 9922に規定するもの。 (8) 圧力容器 容積12l以上のステンレス鋼製の容器で,0~350kPa {0~3.5kgf/cm2} の圧力計を備えたもの。

(9) 142mmフィルタホルダ ステンレス鋼製のもの。 (10) ハウジング ステンレス鋼製のもの。 (11) フィルタアセンブリ 精密ろ過膜エレメント又はモジュールを組み込んだホルダ又はハウジング。 (12) マニホールド 121°Cの高圧蒸気滅菌に耐える分岐管。

(13) 圧力計 測定圧力範囲が0~400kPa {0~4kgf/cm2} のダイアフラム式圧力計,又はそれと同等以上の性能をもつもの。 (14) 温度計 JIS B 7411に規定する温度計,半導体センサー方式によるデジタル温度計,又はその他の方式による温度計をあらかじめ標準温度計で校正したもの。

(15) 流量計 JIS B 7551に規定する流量計のうち,最小目盛が測定する流量の5~10%で,最大測定流量が測定する流量の1.5~2倍程度の流量計又はそれと同等以上の性能をもつもの。

試験装置の構成と構成部品 [5]

試験装置は,圧力調整器,耐圧貯蔵容器,流量計,試験フィルタアセンブリ,対照分析フィルタアセンブリ,試験用分析フィルタアセンブリなどで構成し,構成部品は,次による。構成例を図1に示す。

備考 弁4は2方向弁で,必要に応じて設置し,試験フィルタの浸せき液などを排出するときに用いる。

(1) 試験フィルタアセンブリ 試験をするフィルタディスク,フィルタカートリッジとディスポーザブルフィルタ(以下,試験フィルタという。)並びにそれを組み込んだホルダ又はハウジング。 (2) 対照用分析フィルタアセンブリ 対照試験のための直径142mmのフィルタディスクを組み込んだ142mmフィルタホルダ。

(3) 試験用分析フィルタアセンブリ 試験フィルタの試験のための直径142mmのフィルタディスクと

ろ過 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS A 8330-2土工機械-運転室内環境-第2部:空気ろ過試験JIS B 8356-8油圧用フィルタ性能評価方法-第8部:フィルタエレメントのろ過性能試験(マルチパステスト法)
JIS B 9942清澄ろ過装置の試験方法JIS B 9945脱水ろ過装置の試験方法
JIS D 1611-2自動車部品-内燃機関用オイルフィルタ-第2部:全流式オイルフィルタの粒子カウント法によるろ過効率試験方法とコンタミナント捕そく(捉)容量試験方法JIS D 1623自動車部品-内燃機関用ディーゼルフューエルフィルタとガソリンフィルタ-粒子カウント法によるろ過効率試験方法とコンタミナント捕そく(捉)容量試験方法
JIS K 0901気体中のダスト試料捕集用ろ過材の形状,寸法並びに性能試験方法JIS K 3803除菌用空気ろ過デプスフィルタのエアロゾル捕集性能試験方法
JIS K 3804精密ろ過膜エレメントの寸法JIS K 3821限外ろ過モジュールの純水透水性能試験方法
JIS K 3822限外ろ過モジュールの比抵抗回復特性試験方法JIS K 3823限外ろ過モジュールの細菌阻止性能試験方法
JIS K 3824限外ろ過モジュールのエンドトキシン阻止性能試験方法JIS K 3831精密ろ過膜エレメントとモジュールの初期流量試験方法
JIS K 3832精密ろ過膜エレメントとモジュールのバブルポイント試験方法JIS K 3833精密ろ過膜エレメントとモジュールの拡散流量試験方法
JIS K 3834精密ろ過膜エレメントとモジュールの比抵抗回復特性試験方法JIS K 3835精密ろ過膜エレメントとモジュールの細菌捕捉性能試験方法
JIS K 6828-3合成樹脂エマルジョン-第3部:粗粒子量(ろ過残さ)の求め方JIS T 7211麻酔と呼吸に使用する呼吸回路フィルタ-第1部:ろ過性能を試験するための食塩試験方法
JIS T 7212麻酔と呼吸に使用する呼吸回路フィルタ-ろ過性能以外の要求事項JIS Z 4121X線管装置の固有ろ過の測定

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

用語、基本〔共通/単位/製図/測定・試験・分析/色彩〕、コード・記号

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。