JIS T 0111-6 最新規格 義肢-義足の構造強度試験 第6部 その他の構造強度試験の試験負荷パラメータ|JIS規格 一覧|改正 更新情報|制定

JIS T 0111-6 義肢-義足の構造強度試験 第6部 その他の構造強度試験の試験負荷パラメータの規格 JIST0111-6の基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS T0111-6:1997の規格は,一つの例外を除いて,単一の試験荷重によって複合負荷を得る単純化した静的及び繰返し負荷試験について規定。試験試料に生じる複合負荷は,歩行の立脚相中に生じる二つのピーク負荷にそれぞれ関連づけられるものである。下たい(腿)義足,ひざ(膝)離断義足,大たい(腿)義足に適用。

義肢-義足の構造強度試験 第6部 試験負荷パラメータ 規格 一覧表

JIS T 0111-6

義肢-義足の構造強度試験 第6部 その他の構造強度試験の試験負荷パラメータの一覧

最新 JIS T0111-6 規格の詳細 更新日 情報

JIS T 0111-6:1997の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS T0111-6 JIS改正 最新・更新日
規格名称 義肢-義足の構造強度試験 第6部 その他の構造強度試験の試験負荷パラメータ
英語訳 Prosthetics – Structural testing of lower-limb prostheses – Part 6: Loading parameters of supplementary structural tests
対応国際規格 ISO ISO 10328-6:1996 Prosthetics — Structural testing of lower-limb prostheses — Part 6: Loading parameters of supplementary structural tests
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1997年07月20日
略語・記号 No JIS T0111-6:1997
ICS 11.040.40

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

JIS T 0111は,共通タイトル「義肢-義足の構造強度試験」を付けて,次の8部構成である。

第1部 試験負荷原理

第2部 試験試料

第3部 主要構造強度試験方法

第4部 主要構造強度試験の試験負荷パラメータ

第5部 その他の構造強度試験方法

第6部 その他の構造強度試験の試験負荷パラメータ

第7部 試験依頼書

第8部 試験報告書

適用範囲 [1]

この規格は,一つの例外を除いて,単一の試験荷重によって複合負荷を得る単純化した静的と繰返し負荷試験について規定する。試験試料に生じる複合負荷は,歩行の立脚相中に生じる二つのピーク負荷にそれぞれ関連づけられるものである。

この規格は下たい(腿)義足,ひざ(膝)離断義足,大たい(腿)義足に適用する。

備考 この試験方法は,完全組立品,部分組立品又は部品の試験に適用する。

JIS T 0111のこの第6部*では,第3部で定義する種々の試験負荷レベルに対して,第5部で規定するその他の構造強度試験方法について規定する。

  • 試験試料の取付けや荷重負荷を生じさせるためのオフセットの値
  • 静的と繰返し試験時に作用する力やモーメントの値

注*

JIS T 0111の各規格で第1部,第2部,…,第8部とある場合は,それぞれJIS T 0111-1,JIS T

0111-2,…,JIS T 0111-8を示す。

引用規格 [2]

この規格の引用規格を,次に示す。

JIS T 0111-3 : 1997 義肢-義足の構造強度試験 第3部 主要構造強度試験方法

備考 ISO 10328-6:1996,Prosthetics — Structural testing of lower-limb prostheses — Part 6: Loading parameters of supplementary structural testsからの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS T 0111-5 : 1997 義肢-義足の構造強度試験 第5部 その他の構造強度試験方法

備考 ISO 10328-5:1996,Prosthetics — Structural testing of lower-limb prostheses — Part 5: Supplementary structural testsからの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。
ISO 10328:2016,Prosthetics — Structural testing of lower-limb prostheses — Requirements and test methods

一般的要求事項 [3]

試験負荷レベル [3.1]

義足を使用する成人や小児の切断者の特性の差に対応して,異なった系列の試験負荷レベルを規定する。

表1に示す試験負荷荷重のA系列は成人用の義足に適用する。個々の試験負荷レベルの詳細はJIS T 0111-6の4.で規定する。

試験荷重とモーメント [3.2]

この規格の適用を容易にするために,JIS T 0111-5で規定するその他の構造強度試験に関係する試験荷重とモーメントを以下の表2 ねじり試験の試験モーメント,表3 足部・足継手部の試験荷重表,4 ひざ(膝)最大屈曲止めの試験荷重,表5 ひざ(膝)ロック機構の試験荷重 に示す。

試験荷重とモーメント

試験負荷レベル [4]

A100,A80, A60の詳細 表6 すべての試験負荷レベルのねじりモーメント(JIS T 0111-5の4.参照),表7 すべての試験負荷レベルでの足部・足継手部への負荷方向 ,表8 すべての試験負荷レベルでの足部・足継手部への試験荷重(JIS T 0111-5の5.参照),表9 すべての試験負荷レベルでのひざ(膝)最大屈曲止めに関する負荷値,表10 すべての試験負荷レベルでのひざ(膝)ロック機構の試験のオフセット,表11 すべての試験負荷レベルでのひざ(膝)ロック機構の試験の荷重(JIS T 0111-5の7.参照),表11は成人用義足の試験負荷レベルの詳細である。

 試験負荷レベル

 試験負荷レベル

義肢 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS T 0101福祉関連機器用語-義肢・装具部門JIS T 0111-5義肢-義足の構造強度試験 第5部 その他の構造強度試験方法
JIS T 0111-1義肢-義足の構造強度試験 第1部 試験負荷原理JIS T 0111-6義肢-義足の構造強度試験 第6部 その他の構造強度試験の試験負荷パラメータ
JIS T 0111-2義肢-義足の構造強度試験 第2部 試験試料JIS T 0111-7義肢-義足の構造強度試験 第7部 試験依頼書
JIS T 0111-3義肢-義足の構造強度試験 第3部 主要構造強度試験方法JIS T 0111-8義肢-義足の構造強度試験 第8部 試験報告書
JIS T 0111-4義肢-義足の構造強度試験 第4部 主要構造強度試験の試験負荷パラメータ

高齢者・障害者配慮設計指針-アクセシブルデザイン〔基本規格/視覚的配慮/聴覚的配慮/触覚的配慮/包装・容器/衣料品/施設・設備/情報通信/コミュニケーション/その他]、福祉用具[用語/義足/義手/装具/車椅子・歩行補助具/移動・移乗機器/ベッド・関連用具/排泄用具/浴槽用具/聴覚障害機器/リスクマネジメント/生活支援ロボット〕

通則〔コミュニケーション支援/製品技術文書用図記号/機器・装置用図記号/安全・案内用図記号〕、機器・装置用図記号〔土木機械/一般機械/自動車/医療機器/貨物〕、ダイヤグラム用図記号、安全・案内用図記号

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。