雨樋 雨どい|サイズ|種類|規格|寸法|部品 金具 材質|パイプ|diy|図面 CAD

雨樋・雨とい について「まとめ一覧」この表では、雨樋 サイズ・雨樋 種類・雨どい金具・部品や雨どい パイプ・雨樋 集水器という基本的な内容から雨どいの規格・雨樋 ホームセンター 価格や耐久性・材質の比較表 などのに関しても解説。

雨樋・雨どい

雨樋、雨どい、雨とい

雨樋 雨どい 雨とい|サイズ 規格 寸法 種類

雨樋 種類 名称 軒系列部材

雨樋 排水システム図

雨どい 排水 部品 取り付け図

軒系列部材名称軒系列部材名称
1軒とい11曲り
2N型集水器12投げ板
3パッチン軒継手13飾り集水器すかし
445゜止まり(右)14集水器
545゜止まり(左)15F型集水器
6縦とい・パイプ16E型集水器
7てり曲り17外飾り板
8てりとい18止まり
9入母屋曲り19落葉よけネット
10内飾り板20落葉止め

雨どい 部品 名称 たて系列部材

雨どい パイプ 継手 排水システム図

雨どい 排水 落す場合 部品 取り付け図.1

たて系列部材名称たて系列部材名称
1エルボ 92°4エルボ 145°
2マルチ継手5たて継手
3スライドエルボ
100°~135°
6たてとい
雨どい パイプ 規格 排水システム図

雨どい 排水 落す場合 部品 取り付け図.2

たて系列部材名称たて系列部材名称
1回転 エルボ6たて継手
2たてとい・パイプ7チーズ 105°
3エルボ 105°8寄せます
4パッチン控9受けます
5P型集水器

雨樋 サイズ 規格 表

サイズとして、軒樋が幅100㎜と105㎜、たて樋が直径50㎜と60㎜が主なサイズとなります

雨樋 軒とい サイズ
呼び直径長さ 定尺(参考)
75サイズ75mm2700mm
100サイズ100mm3600mm
105サイズ105mm3600mm
120サイズ120mm3600mm

雨どい パイプ 規格 表

雨樋 たてとい・パイプ サイズ
呼び直径長さ 定尺(参考)
45サイズ45mm1800mm
55サイズ55mm2700mm
60サイズ60mm2700mm
75サイズ75mm2700mm

雨どい 価格 耐久性 比較表

塩化ビニール他・非塩ビ系合成樹脂ガルバリウム鋼板 銅
価格◎安い○やや安い△やや高い×高い
耐久性×弱い△やや弱い◎強い○やや強い

雨樋 種類 材質 比較表

塩化ビニール取り付け、取外し・交換・組立・取扱いが簡単。 DIYで修理や補修、交換も容易に可能。多く流通していることから、値段は最も安いが猛暑や厳寒の寒暖で経年劣化によって材質が硬化して割れやヒビを生じやすくなる、雪などの重さに弱い
他・非塩ビ系合成樹脂塩化ビニール製と見た目は、ほぼ同じ。値段は塩化ビニールよりは、やや高い、耐久性は処理を施して高めている製品もある。リサイクルが可能
金属製ガルバリウム鋼板、合成軽量アルミ、ステンレス、銅などがある。価格は塩化ビニールより高く施工に手間がかかる。
ガルバリウム鋼板瓦屋根の代わりに多く使われている材質で加工もしやすく、価格は他の金属素材に比べて安い。錆びにくく耐久性がある
アルミニウム板通常の雨水により錆びることは無いが、浜辺など海沿いには不向き、塩分を含む、雨風で酸化する可能性がある。ステンレスより加工は容易、価格はやや高い
ステンレス板他の金属製雨どい、よりも耐久性や強度が高く、丈夫な特徴があり錆びることはない。値段は他の金属より高い、加工には手間が掛かる。
銅板伝統的な日本建築や神社、寺などの屋根に使用されることが多い。耐久性の高く、価格帯も最も高い。銅は徐々に酸化し緑色へ変色する。施工取付には、ある程度の板金技術が必要
木製竹を利用した雨樋などがある。古くは茶室など昭和以前によく見られる。

雨どい 金具 種類

金具の材質は、ステンレス製や銅製・鉄製に溶解亜鉛メッキをした取付金具がある

雨樋 金具 種類
軒とい金具横打ち垂木の横から釘やビスで打ちつけるタイプ横打ちつる首 雨樋 金具 種類
打ち込み垂木に直接、打ち込むタイプ打ち込み 雨樋 金具 種類
正面打ち正面打ち 雨樋 金具 種類
たてとい金具
つかみ金具
ビス止め控金たて樋の固定に使う。釘やビスでとめるタイプつかみ金具 雨樋 金具 種類
打ち込みたて樋の固定に使う。打ち込むタイプ打ち込みつかみ金具 雨樋 金具 種類

軒樋120MMから竪樋75、90MMどちらでも落とせます。エルボか継手を使って竪樋と接続します。

雨樋・雨どい メーカー

雨樋・雨どい 価格 ホームセンター販売

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。