ネコで大変、「Episode2」~3匹増えた~

子猫

2か月ぐらい前になりますが、裏庭テラスに積み重ねていた段ボールの隙間の奥で、いきなり、3匹の子猫を産んだぁ~ この猫が母親です。まだ「お前も子猫だろ~」と、

親猫

そんな隙間じゃ~かわいそうなので、段ボールを一つ組み立て、座布団をしいてやったのですが、2週間ほどしてから3匹とも、姿が見えなくなりました。

何が気に入らなかったのか?母猫がどこかにつれていった様で、

せっかく簡易ハウスを作ってやったのにと思いながら、気にはなっていましたが・・・・
基本的に野良なので、私としてもあまり増えてもらうのもちょっと・・が

本音ですがね。

それが!連れ帰ってきたではありませんか。
かなりデッカクなっちゃって。

3匹の子猫

自分の家の様に、朝から晩まで庭で走り回っていますよ。
見てるでけなら可愛いのですが・・・・・

またまた、ペットフード代が増えるよ~

一人暮らしでペットを飼っているみなさん、急な残業や旅行などでペットを家に置いていかなければいけなくなった時、一番の心配事はペットの食事ではないでしょうか。その対策としてペットのご飯をいつも以上に入れて出かけるのもいいですが、ペットのことを考えるとちゃんとご飯を分けて出してあげたい.飼い主の声を録音しておけば、給餌の時間に自動再生!ペットも楽にお留守番することができます。留守時の給餌に!決められた時間で決められた量、ペットのしつけ&訓練に役に立つ。分解も簡単でお手入れもクラクです。

◆もふもふ、かわいい。ちょっと、はずかし。はじめてのかわいいオスネコ“たまたま”写真集!◇カメラマンからのメッセージさまざまな観賞ポイントで“にゃんたま”を味わい、その虜になっていたらうれしく思います。たくさんの“にゃんたま”と、そのやんちゃなオス猫たちを支える皆さまに感謝。もふもふ、かわいい。ちょっと、はずかし。はじめてのねこたま写真集。

福島第一原発20キロ圏内で助けを待ち続ける、動物たちの写真集。20キロ圏内で、動物保護のボランティアをするカメラマンが撮りためた、3か月に及ぶ記録。無人の家で飼い主を待ち続ける犬、最後の力を振り絞って助けを求める猫…。強く生きる姿も、助けられなかった命も、動物たちの現状を、ありのままに伝えます。【私は、ごめんよ、ごめんよ、と謝りながら写真を撮りました。私にできることは、写真を撮り、今起こっている現実を多くの人に知ってもらうこと。それしかできないのです。やがて怒りが沸いてきて、チクショー、チクショーと呻きながらシャッターを切りました。その怒りは、私を含めた人間に対してのものです。飼い主との再会も、助けられなかった命も。福島原発20キロ圏内で保護活動をするカメラマンが撮りためた、助けを待ち続ける動物たちの写真集。