コンタクトレンズの材料特性に関する用語 規格 一覧|JIS 更新情報|種類・英語・意味

コンタクトレンズの材料特性用語の規格についてのまとめ一覧表 材料の規格での名称の説明と定義・英語・単語・読み方・基本用語・種類・基礎知識に関して解説!

コンタクトレンズの材料特性に関する用語 規格 一覧表

コンタクトレンズの材料

コンタクトレンズの材料特性に関する用語

コンタクトレンズの特性,製造方法,記号,分類方法と医学・光学に関連した基礎的用語と材料の分類方法について,規定する。
注記 この規格の対応国際規格とその対応の程度を表す記号を,次に示す。
ISO 18369-1:2006,Ophthalmic optics-Contact lenses-Part 1: Vocabulary, classification system and recommendations for labelling specificationsとAmendment 1:2009(MOD) なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”ことを示す。

最新 JIS T0701 規格の詳細 更新日 情報

JIS規格番号 JIST0701 JIS規格名称 コンタクトレンズの用語と材料の分類方法
英語訳 Contact lenses Vocabulary and classification system 略語・記号
主務大臣 厚生労働 制定年月日 2005年03月25日
最新 更新日 改正年月日 2013年03月01日 No T 0701:2013
  • 用語,定義と記号について
  • 注記1 一つの用語欄に複数の用語が併記してある場合は,順序に従って優先的に使用する。
  • 注記2 注で記載している用語は,眼科などで使用されている慣用的表現である。

コンタクトレンズの材料特性に関する用語

【 表 1 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
6.1 形状安定性 とはある期間コンタクトレンズが元の形状を維持する度合いdimensional stability
6.2ガス透過係数 とはコンタクトレンズ材料を透過するガスの単位厚さ,単位面積,単位時間と単位圧力差当たりの体積。ガス透過係数公式図
P :ガス透過係数[cm3 ・cm/(cm2 ・s・hPa)]
V :透過した気体の体積(cm3
t :コンタクトレンズ材料の軸方 向厚さ(cm)
A :透過面積(cm2
∆p :圧力差(hPa)
t∆p :コンタクトレンズ材料が圧力 差のある状態に置かれた時間(s)
gas permeability
6.3酸素透過係数 とは特定条件下で,単位圧力差当たり,単位厚さのコンタクトレンズ材料を透過する酸素流量。

注記 1 酸素透過係数は,コンタクト材料では一般的に使われるガス透過係数である。

注記 2 酸素透過係数は10-11(cm2 /s)[mLO2/(mL・hPa)]又は,10-11(cm3 O2・cm)/(cm2 ・s・hPa)のいずれかの単位で表される。

酸素透過係数の単位は,単に“Dk単位”と示されることがある。

注記 3 ヘクトパスカルに代わるmmHg単位のDk値は,ヘクトパスカルを用いて得られた値に1.333 22を乗じる。

注記 4 酸素透過係数は,材料の物理的特性であって,コンタクトレンズの形状,測定サンプルの形状と厚さによらない

oxygen permeability
6.4酸素流量 とは温度,試料厚さ,試料の両面の酸素分圧を含む特定の条件下で,試料であるコンタクトレンズ材料を単位時間に単位面積を通過する正味酸素量。

注記コンタクトレンズ材料の酸素流量の便利な単位はμL/(cm2 ・s)

oxygen flux
6.5酸素透過率 とは特定条件下で,測定された試料の,酸素透過係数(Dk)を厚さ(t:cm)で除した値。

注記 1 酸素透過率は10-9(cm/s)[mLO2/(mL・hPa)]又は,10-9(cm3 O2)/(cm2 ・s・hPa)の単位で表される酸素透過率の単位は,単に“Dk/t単位”と示されることがある。

注記 2 ヘクトパスカルに代わるmmHg単位のDk/t値は,ヘクトパスカルを用いて得られた値に1.33322を乗じる。

注記 3 透過係数とは異なり,酸素透過率は厚みに依存する。

したがって,コンタクトレンズ又は測定サンプルの横断面形状に依存する
oxygen transmissibility
6.6含水率 とはある特定の温度における,水和されたコンタクトレンズに存在する水の量(質量分率として表される)。

注記 1 この用語は含水材に関係する場合によく使用される。

注記 2 含水率は,含水材の多くの物性に影響を与えるだけでなく,コンタクトレンズとしての様々なパラメータにも影響を与える

water content
6.6.1低含水コンタクトレンズ とは含水率が10 %以上,50 %未満の含水性コンタクトレンズlow water content contact lens
6.6.2中含水コンタクトレンズ とは含水率が50 %以上,65 %以下の含水性コンタクトレンズmid water content contact lens
6.6.3高含水コンタクトレンズ とは含水率が65 %を超える含水性コンタクトレンズhigh water content contact lens
6.7イオン性 とはイオン性のモノマー(pH 7.2において)を1 %(モル分率)を超えて含むionic
6.8非イオン性 とはイオン性のモノマー(pH 7.2において)を1 %(モル分率)以下含むnon-ionic
6.9分光透過率 とは特定の波長において,コンタクトレンズが通過させる分光光量の,入射分光光量に対する比spectral transmittance
6.10視感透過率 とは入射する光束に対する,レンズを透過する光束の比。

注記 1 この計算を行うためには重価係数を知ることが必要である。

注記 2 光源の特定が必要である(例 D65又はA光源)。

注記 3 可視光の波長全体を平均した透過率は,次の式で表される。

視感透過率公式図
luminous transmittance
6.11紫外線吸収コンタクトレンズ とはクラス1又はクラス2のいずれか一方の仕様に適合するコンタクトレンズ。

注記6.11.3と1.6.11.4参照

UV-absorbing contact lens,
UV-blocking contact lens,
UV-filtering contact lens
6.11.1紫外線A波 とは316~380 nmの波長の放射光UVA
6.11.2紫外線B波 とは280~315 nmの波長の放射光UVB
6.11.3クラス1 とはUVAの光線透過率が視感透過率の10 %未満で,かつ,UVBの光線透過率が視感透過率の1 %未満であるコンタクトレンズClass 1
6.11.4クラス2 とはUVAの光線透過率が視感透過率の50 %未満で,かつ,UVBの光線透過率が視感透過率の5 %未満であるコンタクトレンズClass 2
6.12接触角 とは特定の条件下で,コンタクトレンズ材料,既知の液体と空気からなる三者の境界面において,接線の交差によって形成される角度。

注記 接触角は,気液界面と液固界面の接線で形成される

contact angle
6.13前進接触角 とは液体が,乾燥した固体表面に向かって移動しているときに,生成される接触角advancing contact angle
6.14平衡接触角 とは十分な時間,液体の固体表面を横切る動きがないときに,生成される接触角equilibrium contact angle
6.15後退接触角 とは液体が,それまでぬれていた固体表面部分から,離れていくときに生成される接触角receding contact angle

コンタクトレンズ・眼鏡レンズ関連 主なJIS規格 一覧

【 表 2 】
規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JISB7183レンズメータJIST0701コンタクトレンズの用語と材料の分類方法の規格
JIST4402検眼レンズ-屈折検査用JIST7313屈折補正用単焦点眼鏡レンズ
JIST7314屈折補正用多焦点眼鏡レンズJIST7315屈折補正用累進屈折力眼鏡レンズ
JIST7330眼鏡レンズの用語JIST7331屈折補正用眼鏡レンズの基本的要求事項
JIST7333屈折補正用眼鏡レンズの透過率の仕様と試験方法JIST7334屈折補正用眼鏡レンズの反射防止膜の仕様と試験方法
JIST7335眼鏡レンズ製造システム間の情報交換JIST7336耐きず性をもつ屈折補正用眼鏡レンズの表面の要求事項
コンタクトレンズ用語と材料の分類方法 規格 一覧

コンタクトレンズ・眼鏡レンズ メーカー

品質マネジメント、用語・記号、評価方法、医用電気機器、医療診断装置

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。