JIS C 8305 鋼製電線管|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS C 8305 鋼製電線管の日本産業規格 JISC8305の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS C8305:2019の規格は,交流1000V及び/又は直流1500V以下の電気設備又は通信設備内の電線及び/又はケーブルを保護するために用いる鋼製電線管の寸法,構造及び試験方法について規定。

鋼製電線管 規格 一覧表

JIS C 8305

鋼製電線管の一覧

最新 JIS C8305 規格の詳細 更新日 情報

JIS C 8305:2019の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS C8305 JIS改正 最新・更新日 2019年03月20日
規格名称 鋼製電線管
英語訳 Rigid steel conduits
対応国際規格 ISO
対応国際規格 IEC
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1952年03月08日
略語・記号 No JIS C8305:2019
ICS 29.120.10JISハンドブック
改訂 履歴 1952-03-08 (制定),1955-03-05 (改正),1959-10-01 (改正),1962-10-10 (確認),1965-11-01 (確認),1966-12-01 (改正),1969-03-01 (改正),1972-07-01 (改正),1975-07-01 (確認),1978-04-01 (確認),1982-03-01 (改正),1987-10-01 (確認),1992-06-01 (改正),1999-04-20 (改正),2005-02-20 (確認),2009-10-01 (確認),2014-10-20 (確認),2019-03-20 (改正)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

JIS C8305:2019 目次

  • 1 適用範囲
  • 2 引用規格
  • 3 用語と定義
  • 4 一般要求事項
  • 5 試験に関する一般注意事項
  • 6 種類と要求事項
  • 7 表示
  • 8 寸法と質量
  • 9 構造
  • 10 機械的特性
  • 11 外的影響
  • 附属書A(規定)電線管ねじ

適用範囲 [1]

この規格は,交流1,000 Vと/又は直流1,500 V以下の電気設備又は通信設備内の電線と/又はケーブルを保護するために用いる鋼製電線管(以下,電線管ともいう。)の寸法,構造と試験方法について規定する。

引用規格 [2]

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。)は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。 JIS C 8461-1:2012 電線管システム-第1部:通則

JIS C 8461-21:2019 電線管システム-第21部:剛性(硬質)電線管システムの個別要求事項

JIS G 3132 鋼管用熱間圧延炭素鋼鋼帯

JIS G 3141 冷間圧延鋼板と鋼帯

JIS Z 8401数値の丸め方

用語と定義 [3]

この規格で用いる主な用語と定義は,JIS C 8461-21の箇条3によるほか,次による。

厚鋼電線管 [3.1]

金属製の電線管(JIS C 8461-21の3.101),剛性(硬質)電線管(JIS C 8461-1の3.11)とねじ付き電線管(JIS C 8461-1の3.15)の性能があり,表2に規定する厚さをもつ電線管で,附属書Aに規定するCTGのねじをもつもの。ただし,受渡当事者間の協定によって,製造工程でこの電線管ねじ工程を省略できる。

薄鋼電線管 [3.2]

金属製の電線管(JIS C 8461-21の3.101),剛性(硬質)電線管(JIS C 8461-1の3.11)とねじ付き電線管(JIS C 8461-1の3.15)の性能があり,表3に規定する厚さをもつ電線管で,附属書Aに規定するCTCのねじをもつもの。ただし,受渡当事者間の協定によって,製造工程でこの電線管ねじ工程を省略できる。

ねじなし電線管 [3.3]

金属製の電線管(JIS C 8461-21の3.101),剛性(硬質)電線管(JIS C 8461-1の3.11)とねじなし電線管(JIS C 8461-1の3.16)の性能があり,電線管の厚さが表4に規定する厚さをもち,電線管の両端に

附属書Aに規定するねじがないもの。

注記1 JIS C 8461-1の定義を変更している。

注記2 この規格では,製品の種類として定義している。

一般要求事項 [4]

一般要求事項は,JIS C 8461-1の箇条4による。

試験に関する一般注意事項 [5]

試験に関する一般注意事項は,JIS C 8461-21の箇条5による。

種類と要求事項 [6]

種類 [6.1]

電線管の種類は,厚鋼電線管,薄鋼電線管とねじなし電線管の3種類とする。

要求事項 [6.2]

電線管の要求事項は,表1による。

【 表 1 】 鋼製電線管の要求事項
項目 試験内容
表示箇条7による。
寸法と質量箇条8による。
構造箇条9による。
機械的特性JIS C 8461-21の10.1(機械的強度)による。 10.2(圧縮試験)による。
圧縮荷重:JIS C 8461-1 表4 分類5(ベリーヘビー) 10.3(衝撃試験)による。
試験温度:JIS C 8461-1 表1 分類5(-45 °C)衝撃試験値:JIS C 8461-1 表5 分類5(ベリーヘビー)
10.4(曲げ試験)による。 - 厚鋼電線管:G16,G22
- 薄鋼電線管:C19,C25
- ねじなし電線管:E19,E25
外的影響11.1(耐食性)による。

表示 [7]

表示は,JIS C 8461-21の箇条7による。ただし,製品の識別表示は,「呼び」とする。また,JIS C 8461-21の7.1.102は適用しない。

寸法と質量 [8]

8.1 呼び,寸法,質量と有効ねじ部の長さ,並びに外径と質量の許容差は,表2,表3と表4による。

8.2 電線管の長さは,660 mmとし,その許容差は±5 mmとする。ただし,受渡当事者間の協定によって,これを変更することができる。

電線管 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS C 8305鋼製電線管JIS C 8309金属製可とう電線管
JIS C 8330金属製電線管用の附属品JIS C 8340電線管用金属製ボックスとボックスカバー
JIS C 8350金属製可とう電線管用附属品JIS C 8411合成樹脂製可とう電線管
JIS C 8412合成樹脂製可とう電線管用附属品JIS C 8430硬質ポリ塩化ビニル電線管
JIS C 8432硬質ポリ塩化ビニル電線管用附属品JIS C 8461-1電線管システム-第1部:通則
JIS C 8461-21電線管システム-第21部:剛性(硬質)電線管システムの個別要求事項JIS C 8461-22電線管システム-第22部:プライアブル電線管システムの個別要求事項
JIS C 8461-23電線管システム-第23部:フレキシブル電線管システムの個別要求事項

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

用語、一般、材料・容器〔木材/加工紙/段ボール・板紙/紙袋/プラスチック/金属/緩衝材料/結束・封かん材料/防せい材料/その他〕、包装仕様、試験方法〔材料・容器/包装・貨物〕、その他

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。