JIS H 7302 最新規格 超電導-第2部:臨界電流の試験方法-ニオブ3すず複合超電導線|JIS規格 一覧|改正 更新情報|制定

JIS H 7302 超電導-第2部:臨界電流の試験方法-ニオブ3すず複合超電導線の規格 JISH7302の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS H7302:2009の規格は,銅対非銅部の体積比が0.2以上のブロンズ法,又は内部すず法によって作製したニオブ3すず複合超電導線の臨界電流試験方法について規定。

超電導-第2部:臨界電流の試験方法-ニオブ3すず複合超電導線 規格 一覧表

JIS H 7302

超電導-第2部:臨界電流の試験方法-ニオブ3すず複合超電導線の一覧

最新 JIS H7302 規格の詳細 更新日 情報

JIS H 7302:2009の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS H7302 JIS改正 最新・更新日 2009年03月20日
規格名称 超電導-第2部:臨界電流の試験方法-ニオブ3すず複合超電導線
英語訳 Superconductivity – Part 2: Critical current measurement – DC critical current of Nb3Sn composite superconductors
対応国際規格 ISO
主務大臣 経済産業 制定 年月日 2000年03月20日
略語・記号 No JIS H7302:2009
ICS 17.220,29.050JISハンドブック
改訂 履歴 2000-03-20 (制定),2005-03-20 (確認),2009-03-20 (改正),2013-10-21 (確認),2018-10-22 (確認)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

JIS H7302:2009 目次

  • 序文
  • 1 適用範囲
  • 2 引用規格
  • 3 用語と定義
  • 4 原理
  • 5 試験条件
  • 6 装置
  •  6.1 反応用マンドレルの材質(2-マンドレル法)
  •  6.2 反応用マンドレルの構造(2-マンドレル法)
  •  6.3 測定用マンドレルの材質(2-マンドレル法)
  •  6.4 測定用マンドレルの構造(2-マンドレル法)
  •  6.5 1-マンドレル法の試料準備
  •  6.6 測定準備
  • 7 試料
  •  7.1 反応熱処理用試料の取付け(2-マンドレル法)
  •  7.2 反応熱処理(2-マンドレル法)
  •  7.3 測定用試料の取付け(2-マンドレル法)
  •  7.4 試料の固定(2-マンドレル法)
  •  7.5 1-マンドレル法の試料
  • 8 試験手順
  • 9 試験方法の精度と正確度
  •  9.1 Ic
  •  9.2 温度
  •  9.3 磁界
  •  9.4 試料の支持構造
  •  9.5 試料の保護
  • 10 試験結果の計算方法
  •  10.1 Ic基準
  •  10.2 n値(参考値)
  • 11 報告事項
  •  11.1 試料の表示
  •  11.2 Ic値に関する報告
  •  11.3 試験条件の報告
  • 附属書A(参考)箇条1から箇条10までの追加参考情報
  • 附属書B(参考)Nb3Sn複合超電導線のひずみ効果
  • 附属書C(参考)自己磁界効果
  • 附属書D(規定)1-マンドレル法

適用範囲 [1]

この規格は,銅対非銅部の体積比が0.2以上のブロンズ法,又は内部すず法によって作製したニオブ3すず複合超電導線(以下,Nb3Sn複合超電導線という。)の臨界電流(以下,Icという。)試験方法について規定する。

この試験方法は,上部臨界磁界の0.7倍以下の磁界において,Icが1,000 A未満,n値が12以上の超電導線に適用する。Nb3Sn複合超電導線は,断面積が2mm2 未満のモノリシック超電導線とする。この試験方法に用いる試料の形態は,誘導的に巻いたコイル状のものとする。

Icが1,000 A以上か,又は断面積が2mm2 以上の大きなNb3Sn複合超電導線においても,この試験方法で測定可能であるが,試験精度が落ちたり,自己磁界の影響【附属書 C参照】がより顕著に現れる。精度を落とさないためには,別の特別な試料の形態が必要であり,この規格では適用しない。

この試験方法は,ジェリーロール法など他の方法によって作製したNb3Sn複合超電導線にも原理的には適用できるものである。また,この試験方法は,適切な変更を施せば,他の複合超電導線にも準用してもよい。

注記 この規格の対応国際規格とその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 61788-2:2006,Superconductivity-Part 2:Critical current measurement-DC critical current of Nb3Sn composite superconductors (IDT)

なお,対応の程度を表す記号(IDT)は,ISO/IEC Guide 21に基づき,一致していることを示す。

引用規格 [2]

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。この引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS H 7005超電導関連用語

注記 対応国際規格:IEC 60050-815:2000,International Electrotechnical Vocabulary-Part 815:

Superconductivity(MOD)

用語と定義 [3]

この規格で用いる主な用語と定義は,JIS H 7005 によるほか,次による。

超電導 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS H 7005超電導関連用語JIS H 7301超電導-第1部:臨界電流の試験方法-ニオブ・チタン合金複合超電導線
JIS H 7302超電導-第2部:臨界電流の試験方法-ニオブ3すず複合超電導線JIS H 7303超電導-機械的性質の試験方法-銅安定化ニオブ・チタン複合超電導線の室温引張試験
JIS H 7304超電導-超電導体のマトリックス比試験方法-銅安定化ニオブ・チタン複合超電導線の銅比JIS H 7305超電導-臨界電流の試験方法-銀シースビスマス2212とビスマス2223酸化物超電導線の直流臨界電流
JIS H 7306超電導-残留抵抗比試験方法-ニオブ・チタンとニオブ3すず複合超電導線の残留抵抗比JIS H 7307超電導-エレクトロニクス特性測定法-超電導体のマイクロ波表面抵抗
JIS H 7308超電導-超電導体に対するマトリックス体積比試験方法-ニオブ3すず複合超電導線の非銅部に対する銅部体積比JIS H 7309超電導-臨界温度試験方法-複合超電導導体の抵抗法による臨界温度
JIS H 7310超電導-交流損失試験方法-ピックアップコイル法による液体ヘリウム温度・交流横磁界中の円断面超電導線の全交流損失測定JIS H 7311超電導-交流損失試験方法-磁力計法による複合超電導線のヒステリシス損失測定
JIS H 7313超電導-バルク高温超電導体の試験方法-捕そく(捉)磁束密度JIS H 7314超電導-給電装置-超電導機器へ給電する電流リードの特性試験に関する一般要求事項
progress

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。