メガネレンズ 屈折力の用語 規格 一覧|JIS 更新情報|種類・英語・仏語・独語・意味

メガネレンズ 屈折力の用語の規格についてのまとめ一覧表 球面・乱視屈折力・レンチキュラーレンズ用語での名称の説明と定義・英語・仏語・独語・意味・単語・読み方・基本用語・種類・基礎知識に関して解説!

メガネレンズ 屈折力 用語 規格 一覧表

メガネレンズ屈折力

メガネレンズの屈折力の用語

最新 JIS T7330 規格の詳細 更新日 情報

JIS規格番号 JIST7330 JIS規格名称 眼鏡レンズの用語
英語訳 略語・記号
主務大臣 厚生労働 制定年月日 2000年10月18日
最新 更新日 改正年月日 No T 7330:2014

JIS規格「日本工業規格」は、「日本産業規格」2019年7月1日の法改正により名称が変わりました。

備考 この規格の対応国際規格を,次に示す。
なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21に基づき,IDT(一致している),MOD(修正している),NEQ(同等でない)とする。
ISO 13666 : 1998, Ophthalmic optics-Spectacle lenses-Vocabulary (MOD)

  • 用語とその定義の一般的事項は,次による。
  • a)
    レンズ又は面の屈折力の単位は,メートルの逆数 (m-1) で,ディオプトリ (D) で表す(9.1参照)
  • b)
    プリズム屈折力の単位は (cm/m) で,プリズムディオプトリ (△) で表す(10.11参照)
  • c)
    光学とレンズの定義を簡潔で理解しやすくするため,特別な断りがある場合を除き,レンズとプリズムの収差を無視する。
  • d)
    用語とその定義は,項目別に分類して掲載する。
    参考として,英・仏・独の対応外国語と慣用語を示し,日・英の索引を付ける。なお,用語の読み方を,用語の下の ( ) 内に示す。略号が使用される用語には,用語と読み方の間にその略号を示す。

メガネレンズの球面屈折力レンズ 用語

【 表 1 】
番号 用語 詳細・説明 外国語 (参考)
11.1 球面屈折力レンズ
(きゅうめんくっせつりょくれんず)とは、
近軸平行光線が一点に集光するレンズ。

備考:1. この定義は,非球面をもつレンズにも適用する。 2. 球面屈折力レンズは,意図しない非点収差を発生させることがある。非点収差が許容差以内であれば,このようなレンズも球面屈折力をもつものに分類する

慣用語(参考): 球面レンズ

(英) spherical-powerlens
(仏) verre à puissance,sphérique
(独) Brillenglas mitsphärischerWirkung
11.2 球面屈折力 Sph, S
(きゅうめんくっせつりょく)とは、
球面屈折力をもったレンズの頂点屈折力又は乱視レンズの二つの主経線のうち,あらかじめ定められた一方の屈折力。

備考: 一般に記号Sで表す

(英) spherical power, sphere,Sph
(仏) puissancesphérique, sphére,Sph
(独) sphärischer, Brechwert, sphäre,Sph
11.3 ベースカーブとは、
(単焦点レンズの)前面の呼称面屈折力
(又は呼称曲率)

備考:1. 面屈折力で表す場合は,測定時に使用する屈折率を明示する。 2. マイナスの高屈折力レンズの場合などでは,後面屈折力を表示してもよい。 3. 面屈折力の代わりに呼称曲率又は呼称曲率半径を用いてもよいが,この場合は明確に表示する必要がある

(英) base curve
(仏) courbure de base
(独) Basiskurve einesEinstärken-Brillenglases
11.4 メニスカスレンズとは、凸球面と凹球面をもつレンズ(英) meniscus lens
(仏) verre ménisque
(独) Meniskus

メガネレンズの乱視屈折力レンズ 用語

【 表 2 】
番号 用語 詳細・説明 外国語 (参考)
12.1 乱視屈折力レンズ
(らんしくっせつりょくれんず)とは、
近軸平行光線が,二つに分かれて互いに直交する焦線として結像するレンズ。それ故に,ただ二つの主経線方向に頂点屈折力をもつ。

備考:1. 屈折力のうち一つがゼロである場合,対応する焦線は無限遠にある。 2. 円柱レンズ,球面円柱レンズ,トーリックレンズはすべて乱視レンズである

慣用語(参考): 乱視レンズ

(英) astigmatic-powerlens
(仏) verre astigmatique
(独) Brillenglas mit, astigmatischer,Wirkung
12.2 主経線
(しゅけいせん)とは、
二つの焦線に平行な,乱視レンズの二つの互いに直交する経線(英) principal meridian
(仏) méridien principal
(独) Hauptschnitt
12.2.1 第一主経線
(だいいちしゅけいせん)とは、
レンズの乱視作用の主経線で,代数学上小さい頂点屈折力をもつ方の主経線(英) first principalmeridian
(仏) premier méridienprincipal
(独) erster Hauptschnitt
12.2.2 第二主経線
(だいにしゅけいせん)とは、
レンズの乱視作用の主経線で,代数学上大きい頂点屈折力をもつ方の主経線(英) second principalmeridian
(仏) second méridienprincipal
(独) zweiter Hauptschnitt
12.3 主経線屈折力
(しゅけいせんくっせつりょく)とは、
乱視レンズの二つの主経線のいずれかの後面頂点屈折力(英) principal power
(仏) puissance principale
(独) Hauptschnitts-brechwerte
12.4 乱視量
(らんしりょう)とは、
第二主経線の頂点屈折力から第一主経線の頂点屈折力を引いた値。

備考: 乱視量は常に正となる

(英) astigmaticdifference
(仏) différenceastigmatique
(独) astigmatischeDifferenz
12.5 乱視屈折力, Cyl,C
(らんしくっせつりょく)とは、
選択された主経線を基準として,乱視量に正負の符号を付けたもの。

備考: 一般に記号Cで表す

慣用語(参考): 円柱屈折力

(英) cylindrical power, cylinder,Cyl
(仏) puissancecylindrique, cylindre,cyl
(独) Zylinderstärke, Zylinder, Zyl/cyl
12.6 乱視軸
(らんしじく)とは、
基準として選択された頂点屈折力をもつ,レンズの主経線の方向
(ISO 8429参照)

慣用語(参考): 円柱軸

(英) cylinder axis
(仏) axe du cylindre
(独) Achslage, Zylinderachse,Achse
12.7 乱視作用
(らんしさよう)とは、
乱視屈折力と乱視軸による作用の総称(英) astigmatic effect
(仏) effect astigmatique
(独) astigmatischeWirkung
12.8 乱視レンズの各屈折力(S, C, S+C),(らんしれんずのかくくっせつりょく)とは、各主経線の頂点屈折力と乱視屈折力から成る三つの屈折力。

備考: これら三つの値は,許容差を適用する場合に必要となる

(英) astigmatic lenspower
(仏) puissance d’unverreastigmatique
(独) Stärke einesBrillenglas mitastigmatischerWirkung
12.9 度数転換
(どすうてんかん)とは、
乱視の表記をプラスからマイナスに又はその逆に,オリジナルの処方せん
(箋)をそれと等価な他の方式の表記に転換すること
(英) transposition
(仏) transposition
(独) Umrechnung

レンチキュラーレンズ 用語

【 表 3 】
番号 用語 詳細・説明 外国語 (参考)
13.1 レンチキュラーレンズとは、処方度数に仕上げられた中央部分と,周辺に支持するためのつばをもつレンズ。

備考:1. この定義には,境界をぼかした光学部をもつレンズも含む。 2. 境界のぼかしは,光学的理由又は単に美容上の理由によってデザインされる

(英) lenticular lens, reduced-aperturelens
(仏) verre lenticulaire, verre d’ouvertureréduite
(独) Lentikularglas
13.2 レンチキュラー部
(れんちきゅらーぶ)とは、
レンチキュラーレンズの,処方の屈折力をもつ部分

慣用語(参考): レンチキュラーレンズの有効部

(英) lenticular portion
(仏) partie lenticulaire
(独) Lentikularteil
13.3 レンチキュラー部の口径
(れんちきゅらーぶのこうけい)とは、
レンチキュラー部の直径
(寸法)
(英) lenticular aperture
(仏) ouverturelenticulaire
(独) Größe desLentikularteiles
13.4 レンチキュラーレンズのつばとは、レンチキュラーレンズの,レンチキュラー部の周囲の部分

慣用語(参考): レンチキュラーレンズの周縁支持部

(英) margin,carrier
(仏) partie marginale,facette
(独) Rand,Tragrand
眼鏡レンズの用語一覧表

品質マネジメント、用語・記号、評価方法、医用電気機器、医療診断装置

眼鏡レンズの用語関連 主なJIS規格 一覧

【 表 4 】
規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JISB7183レンズメータJIST0701コンタクトレンズの用語と材料の分類方法の規格
JIST4402検眼レンズ-屈折検査用JIST7313屈折補正用単焦点眼鏡レンズ
JIST7314屈折補正用多焦点眼鏡レンズJIST7315屈折補正用累進屈折力眼鏡レンズ
JIST7330眼鏡レンズの用語の規格JIST7331屈折補正用眼鏡レンズの基本的要求事項
JIST7333屈折補正用眼鏡レンズの透過率の仕様と試験方法JIST7334屈折補正用眼鏡レンズの反射防止膜の仕様と試験方法
JIST7335眼鏡レンズ製造システム間の情報交換JIST7336耐きず性をもつ屈折補正用眼鏡レンズの表面の要求事項
JISB7281眼鏡光学-眼鏡フレーム-寸法測定方式と用語

眼鏡レンズ メーカー

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。