JIS B 0146-1 クレーン-用語-第1部:一般|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS B 0146-1 クレーン-用語-第1部:一般の日本産業規格 JISB0146-1の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS B0146-1:2017の規格は,クレーンの分野一般に用いるクレーンの形式,パラメータ,一般概念,構成要素及び荷重に関する用語について規定。

クレーン-用語-第1部:一般 規格 一覧表

JIS B 0146-1

クレーン-用語-第1部:一般の一覧

最新 JIS B0146-1 規格の詳細 更新日 情報

JIS B 0146-1:2017の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS B0146-1 JIS改正 最新・更新日 2017年10月20日
規格名称 クレーン-用語-第1部:一般
英語訳 Cranes – Vocabulary – Part 1: General
対応国際規格 ISO ISO 4306-1:2007,Cranes-Vocabulary-Part 1: General(MOD)
主務大臣 経済産業 制定 年月日 2000年11月20日
略語・記号 No JIS B0146-1:2017
ICS 01.040.53,53.020.01JISハンドブック 土木II:2019,物流:2019
改訂 履歴 2000-11-20 (制定),2005-12-20 (確認),2010-10-01 (確認),2015-10-20 (確認),2017-10-20 (改正)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

JIS B0146-1:2017 目次

  • 序文
  • 1 適用範囲
  • 2 分類
  • 3 用語と定義
  • 附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表

適用範囲 [1]

この規格は,クレーンの分野一般に用いるクレーンの形式,パラメータ,一般概念,構成要素と荷重に関する用語について規定する。

なお,第2部以降で同様な用語と定義を規定している場合には,第2部以降の用語と定義を優先する。

クレーンとは,荷を動力を用いてつり上げ,とこれを水平に運搬することを目的とする機械装置をいう。

注記 この規格の対応国際規格とその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 4306-1:2007,Cranes — Vocabulary — Part 1: General

なお,対応の程度を表す記号「MOD」は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,「修正している」ことを示す。

分類 [2]

クレーンの用語による分類は,次による。

  • a) 形式
  • 1) 形式による分類
  • 2) つり具による分類
  • 3) 動作形態による分類
  • 4) 駆動方法による分類
  • 5) 旋回能力による分類
  • 6) 設置形態による分類
  • 7) 運転方法による分類
  • b) パラメータ
  • 1) 荷重パラメータ
  • 2) 寸法パラメータ
  • 3) 動作速度パラメータ
  • 4) 走行路パラメータ
  • 5) 一般パラメータ
  • c) 一般概念
  • 1) 動作
  • 2) 安定度
  • 3) テスト
  • d) 構成要素
  • e) 定格荷重,運動に関する制限装置と指示装置
  • f) 荷重
  • 1) 用語,定義とシンボル
  • 2) 用語とシンボルの適用例

用語と定義 [3]

用語と定義は,次による。

なお,参考として対応英語と図を示す。

注記1 番号に点線の下線を付してあるものは,対応国際規格にない用語と定義である。

注記2 対応国際規格で英文用語が2語以上示されている場合は,改行して併記した。

クレーン 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS B 0146-1クレーン-用語-第1部:一般JIS B 0146-2クレーン-用語-第2部:移動式クレーン
JIS B 0146-3クレーン用語-第3部:タワークレーンJIS B 0146-5クレーン用語-第5部:天井走行クレーンと橋形クレーン
JIS B 8801天井クレーンJIS B 8806クレーン用鋳鋼製車輪と鍛鋼製車輪
JIS B 8807クレーン用シーブJIS B 8820クレーンの定格荷重,定格速度と旋回半径
JIS B 8821クレーン鋼構造部分の計算基準JIS B 8822-1クレーンと巻上装置-分類と等級 第1部:一般
JIS B 8822-2クレーンと巻上装置-分類と等級 第2部:移動式クレーンJIS B 8822-3クレーンと巻上装置-分類と等級 第3部:タワークレーン
JIS B 8822-4クレーンと巻上装置-分類と等級 第4部:ジブクレーンJIS B 8822-5クレーンと巻上装置-分類と等級 第5部:天井走行クレーンと橋形クレーン
JIS B 8823-1クレーン-操作装置-操作レバー等の配置と操作方法-第1部:一般JIS B 8823-2クレーン-操作装置-操作レバー等の配置と操作方法-第2部:移動式クレーン
JIS B 8823-3クレーン-操作装置-操作レバー等の配置と操作方法-第3部:タワークレーンJIS B 8823-4クレーン-操作装置-操作レバー等の配置と操作方法-第4部:ジブクレーン
JIS B 8823-5クレーン-操作装置-操作レバー等の配置と操作方法-第5部:天井走行クレーンと橋形クレーンJIS B 8824クレーン-図記号
JIS B 8824-2クレーン-図記号-第2部:移動式クレーンJIS B 8824-3クレーン-図記号-第3部:タワークレーン
JIS B 8826-1クレーン-通路と保護装置-第1部:一般JIS B 8826-2クレーン-通路と保護装置-第2部:移動式クレーン
JIS B 8826-3クレーン-通路と保護装置-第3部:タワークレーンJIS B 8826-4クレーン-通路と保護装置-第4部:ジブクレーン
JIS B 8826-5クレーン-通路と保護装置-第5部:天井クレーンと橋形クレーンJIS B 8827-1クレーン-動作・機能に関する制限装置と指示装置-第1部:一般
JIS B 8827-3クレーン-動作・機能に関する制限装置と指示装置-第3部:タワークレーンJIS B 8828-1クレーン-逸走防止装置-第1部:一般
JIS B 8828-4クレーン-逸走防止装置-第4部:ジブクレーンJIS B 8828-5クレーン-逸走防止装置-第5部:天井走行クレーンと橋形クレーン
JIS B 8829クレーン-鋼構造部分の性能照査JIS B 8830クレーン-風荷重の評価
JIS B 8831クレーン-荷重と荷重の組合せに関する設計原則JIS B 8833-1クレーン-荷重と荷重の組合せに関する設計原則-第1部:一般
JIS B 8833-2クレーン-荷重と荷重の組合せに関する設計原則-第2部:移動式クレーンJIS B 8833-3クレーン-荷重と荷重の組合せに関する設計原則-第3部:タワークレーン
JIS B 8833-4クレーン-荷重と荷重の組合せに関する設計原則-第4部:ジブクレーンJIS B 8833-5クレーン-荷重と荷重の組合せに関する設計原則-第5部:天井走行クレーンと橋形クレーン
JIS B 8834クレーン-剛性-天井走行クレーンと橋形クレーンJIS B 8835-1クレーン-ワイヤロープの選定-第1部:一般
JIS B 8836クレーン-ワイヤロープ-取扱い,保守,点検と廃棄JIS B 8837-1クレーン-メンテナンス-第1部:一般
JIS B 8943立体自動倉庫システム-スタッカクレーン設計通則JIS D 6301自走クレーンの構造性能基準
JIS F 0802船舶機関室交流電動天井クレーン陸上試験方法JIS F 2104船用一般クレーン

土質試験・地盤調査、土工機械〔一般・特性・要素/ブルドーザ・積込機械・運搬機械/掘削機械/クレーン/基礎工事用機械/トンネル工事用機械・せん孔機械/コンクリート施工機械・機具/道路工事機械など(路盤・舗装・締固め機械)/その他施工機械・機具〕

用語、一般、荷役運搬機械・器具〔産業車両、小型運搬車、クレーン、チェーンブロック・ホイスト・スリング、コンベヤ、パレット、その他〕、保管設備、輸送〔トラック、コンテナ・タンク〕、包装、情報

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

用語・記号・略語・データ表示、熱可塑性プラスチック〔ポリオレフィン系プラスチック/スチレン系プラスチック/ポリ塩化ビニル系プラスチック/ポリメタクリル酸メチル系プラスチック/ポリアミド/熱可塑性ポリエステル/ポリカーボネート/ポリオキシメチレン/ふっ素系プラスチック/ポリフェニレンエーテル/ポリフェニレンスルフィド/熱可塑性エラストマー〕、熱硬化性プラスチック、フィルム・シート・レザー・テープ、板・棒・構造材、フォーム、環境

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。