JIS W 0131 最新規格 航空用語 機材運用|JIS規格 一覧|改正 更新情報|制定

JIS W 0131 航空用語 機材運用の規格 JISW0131の基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!内容は,ATA/IATA/ICCAIA World Airlines Technical Operations Glossary (WATOG) に相当

JIS W0131:1991の規格は,航空機の機材運用に関する用語について規定。

航空用語 機材運用 規格 一覧表

JIS W 0131

航空用語 機材運用の一覧

最新 JIS W0131 規格の詳細 更新日 情報

JIS W 0131:1991の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS W0131 JIS改正 最新・更新日
規格名称 航空用語-機材運用
英語訳 Aircraft – Technical operations – Vocabulary
対応国際規格 ISO
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1991年02月01日
略語・記号 No JIS W0131:1991

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

適用範囲 [1]

この規格は,航空機の機材運用に関する主な用語について規定する。

参考 この規格の内容は,ATA/IATA/ICCAIA World Airlines Technical Operations Glossary (WATOG) に相当する。

用語・定義 [2]

用語と定義は,次のとおりとする。

なお,参考のため対応英語を示す。

備考1. 用語欄で二つの用語を並べてある場合は,その順序に従って優先的に使用する。

備考2. 用語欄で ( ) を付けて示してある用語は,誤解のおそれがない限り, ( ) 内を省略してもよい。

【 表 1 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
1010 接近性 接近性とは,整備作業を行う場所に容易に近づくことができるための設計上の体。 accessibility
1020 附属品 附属品とは,他のアイテムと一緒に使用するか,又は他のアイテムを補うため設計した部品,部分組立品,組立品又は構成部品。 備考 エンジンの場合,補機という。 accessory
1030 事故 事故とは,航空機の運用に伴い,人が飛行のため航空機に搭乗してから,そらの人がすべて機外に出てしまうまでの間に起こる事態で,次のれかをいう。 (a) 機内若しくは機上にいることによって,又は航空機若しくそれに取り付けられたものと直接接触することによって,が死亡するか又は重傷を負うこと。 (b) 航空機が重大な損傷を受けること。 (c) 第三者の財産に何らかの損害を与えること。 accident
1040 経年実態調査 経年実態調査とは,運用中の経験から収集した情報を分析してアイテムの体系的評価行うこと。それは,経年による劣化の過程に対するアイテムの抵性を評価する。 age exploration
1050 経年敷居値 経年敷居値とは,その時点までにアイテムの状態検査を必要とする時点,又はそれ達した後,検査によって有用な状態情報が得られると考える時点。 備考 経年敷居値は,それに達する前に検査を実施しなけれならない上限値として,又はそれに達する前に検査にって有用な状態情報が得られるとは考えられない下限と規定してもよい。 threshold age
1060 運用機数 運用機数とは,報告期間中に運航と通常の整備に当てられている航空機の平均数。 備考 運用機数は,期間中の使用可能航空機日数を,その期の全日数で割ることによって算出する。使用可能航空日数には,通常の整備とオーバホールに必要な日数含める。 aircraft in service
【 表 2 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
1070 航空機メンテンスマニュアル 航空機メンテンスマニュアルとは,その航空機に慣熟していない整備員に,その航空機の整備ができようにするマニュアル。この場合,その整備作業がライン,格納又は整備・点検センターのどこで要求されるかを問わない。 参考 ATA Specification No.100には,このマニュアルについ推奨する内容が記載されている。 aircraft maintenance manual (AMM)
1080 AOG, 航空機地上滞留AOGとは,予備部品又は整備作業を要求する最優先の指示。適切な処置が取れるまでは,有償飛行の継続,又は有償飛行への復帰ができないとを示す。 aircraft on ground (AOG)
1090 航空機回収マュアル 航空機回収マュアルとは,何らかの異常な状態にある航空機をつり上げたり,支えたり,回したりするのに必要な手順のほか,器材と工具類に関する要求項の面からも航空機の回収作業を記述したマニュアル。 参考 ATA Specification No.100には,このマニュアルについ推奨する内容が記載されている。 aircraft recovery manual (ARM)
1100 航空会社運航ロフィール 航空会社運航ロフィールとは,航空会社の航空機群を維持するのに必要な予備アイテム数量を見もるため,航空会社が装備品製造業者に渡す情報。 airline operating profile
1110 耐空性 耐空性とは,アイテム(航空機,航空機の系統又は部品)がその意図する目的達成するため,安全に運用できるときのそのアイテムの状態。 airworthiness
1120 代替アイテム 代替アイテムとは,機能上と構造上の所要の規格を十分に満足するが,個別用途で着するには,全外形寸法,接続部,装着部と取付け機構のどれに相違があり,追加部品,加工又は改修が必要なアイテム。 alternate item
1130 代替手順 代替手順とは,所要の整備規格を十分に満足するが,追加の文書類,訓練,要員手配,特殊工具と/又は試験器材が必要となることがある手順。 alternate procedure
1140 致命度解析 致命度解析とは,故障モード影響解析の拡張であって,故障の影響による航空機の航安全性の低下の程度を予測する解析。 criticality analysis
1150 故障モード影解析 故障モード影解析とは,起こり得る故障モードを明確にし,系統又は航空機に及ぼす故障影響を確認するために行う,系統又は部分系統設計の体系的評価で構成部品と/又は機能のレベルまで解析すること。 failure mode and effect analysis
1160 整備作業解析 整備作業解析とは,確定設計又は仮設計の解析によって所要の整備機能を明確にし,れらの機能を達成するのに最も有効な手段を決定する方法。 maintenance analysis, work study
1170 性能解析 性能解析とは,性能データ若しくは測定値又は統計的情報によって行うアイテム航空機又は航空機群の性能レベルの評価。 performance analysis
1180 信頼度解析 信頼度解析とは,統計的手法によって,一定の使用期間中定められた使用条件で,イテムが満足な性能を達成する確率の評価。 reliability analysis
1190 (機材性)延着 延着とは,装備品の機能不良,欠陥又はその疑いがあるため,航空機が予定刻より遅れて到着すること。 (technical) late arrival
1200 組立品 組立品とは,特定機能を果たすために結合され,分解しても,意図したように用できる一群の部品,部分組立品又はそれらの組合せ。 備考1. 組立品と部分組立品との区別は,必ずしも厳密ではい。ある場合に組立品でも他の場合には部分組立品あって,一つの組立品の一部を構成することもある。 2. 関連用語の関係については,付図1参照。 assembly
1210 次高位組立品 次高位組立品とは,特定アイテムを取り付けている組立品,又はそのアイテムが直接しくは中間取付け部品を介してその一部を構成する組立品。 next higher assembly
1220 構造組立品 構造組立品とは,一つ,又は合体した複数の構造要素で,基本的構造機能を生み出ているもの。 structural assembly
1230 校正 校正とは,明白で正確に測定された入力を加えたとき,アイテムが正確に測又は指示された明白な出力を生じることを保証すること。校正には必要に応じて調整器の補正記録を含める。 calibration
1240 使用中止 使用中止とは,従来の特定用途にそれ以上使用できないことを決定すること[アテムが不必要で,将来の参考としての必要がなく放棄できる場合は,「除去」 (1580) を参照のこと。]。 cancel
【 表 3 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
1250 (機材性)飛行止 飛行止とは,機能不良,欠陥又はその疑いがあるため,予定の飛行を中止すると。 備考 多区間からなる飛行のうち,どれか又はすべての飛行間での飛行中止は,ただ一つの飛行中止とする。 (technical) cancellation
1260 作業カード 作業カードとは,実施すべき作業の詳細が書いてある,作業者に渡すカード。通常作業の開始と完了時刻,並びに推定目標時間又は標準時間を記する箇所がある。作業に関係する試験器材,工具又は材料についの記述がある場合もある。 job card, work card
1270 基本原因 基本原因とは,次の場合に,アイテムの機能不良をもたらす欠陥,故障又は損傷原因。 (1) 設計どおりに運用と整備する場合。 (2) 原因が外部から誘発されなかった場合。 basic cause
1280 点検,試験 点検,試験とは,アイテムの機能性又は物理的完全性を確認するための検査。 check, test
1290 台上点検,ベンチチェック 台上点検,ベンチチェックとは,アイテムを運用に戻してよいかどうか,又はそのアイテムが調整修理若しくはオーバホールを要するかどうかを判定するために,場で行うアイテムの機能点検。 bench check
1300 機能点検,機能試験 機能点検,機能試験とは,アイテムの一つ以上の機能が,規定の限界内で機能を果たしていかどうかを確認するための定量的点検。 functional check, functional test
1310 作動点検,作動試験 作動点検,作動試験とは,アイテムが,その所期の目的を果たしていることを確認する作業この作業には,定量的許容値を必要としない。これは,欠陥を発する作業である。 operational check, operational test
1320 計画整備点検 計画整備点検とは,あらかじめまとめられて,定期的に実施するすべての整備点検。 scheduled maintenance check
1330 不具合報告書 不具合報告書とは,運航乗務員又は整備員が発見した機能不良,欠陥又はその疑いがるもので,文書化され,整備処置を要求するもの。 complaint, snag
1340 (整備)不具合告書 不具合告書とは,整備員が発見し,整備処置を必要とする不具合の報告。 maintenance complaints
1350 (運航)不具合告書 不具合告書とは,運航乗務員が航空日誌に記入した整備処置を必要とする機能不良不満足な状態又はその疑いがあるもの。 pilot complaints, PIREP, pilot reports
1360 構成部品,ユニット 構成部品,ユニットとは,系統の作動に必要な,特有の機能を果たす独立部品,部品の組合せ部分組立品又はユニット。 備考 関連用語の関係については,付図1参照。 参考 ユニットは,狭義(構成部品と同義)に使用されてい場合と,広義(装備品,附属品,補機)に使用されてる場合とがある。 component, unit
1370 構成部品メンナンスマニュル 構成部品メンナンスマニュルとは,その構成部品に慣熟していない整備員に,その構成部品を使用可な状態に修復することができることが認められた工場作業手順を載したマニュアル。 参考 ATA Specification No.100には,このマニュアルについ推奨する内容が記載されている。 component maintenance manual (CMM)
1380 先行機概念 先行機概念とは,疲労関連サンプリングプログラム (3241) 参照。 fleet leader concept
1390 整備概念 整備概念とは,特定の整備プログラム,方法又は方針を作成するための根拠とし用いる,整備についての着想と理念の集成。 maintenance concept
1400 コンティンメト コンティンメトとは,アイテムが損傷した場合,これが引き起こす損傷を特定の構造領内に封じ込めること。 containment
1410 直接整備費 直接整備費とは,アイテム又は航空機を整備するのに,直接かかる整備労務費と料費。
備考 全般的整備運用,飛行前給油・充てん(塡),管理業務記録保管,監督業務,工具,試験器材,設備などにかる間接的整備労務費と材料費を除く。
direct maintenance cost (DMC)
【 表 4 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
1420 直接運航費 直接運航費とは,航空機を運航することによって発生する費用で,運航乗務員費,料と滑油費,保険料,整備費,着陸料,航法費などの費用。 direct operating cost (DOC)
1430 間接整備費 間接整備費とは,直接整備費とはみなされない整備労務費と整備材料費で,間接業,管理業務,記録保管,監督業務,工具,試験器材,設備など全般的整備プログラムにかかわる費用。 indirect maintenance cost (IMC) , maintenance burden
1440 間接運航費 間接運航費とは,直接運航費とはみなされないもので,一般管理と経理,旅客サビス,広報・宣伝,航空機と旅客の取扱い業務などの,航空機全般的運航にかかわる費用。 indirect operating cost (IOC)
1450 所有費 所有費とは,アイテムの所得費とそれを所有する期間中にかかる運用費と維費との合計。取得費には,購入,導入準備,特殊工具,器材などような1回限り,すなわち,再発しない費用,並びにもしあれば却費を含む。運用費と維持費には,直接費と間接費の両方をむ。 cost of ownership
1460 航空機運航サクル 航空機運航サクルとは,完結した一連続離着陸。 備考 着陸復行は,航空機運航サイクルとして数える。 aircraft operating cycle, flight (landing) cycle
1470 エンジン運転イクル エンジン運転イクルとは,離陸出力の使用を含めたエンジンの完結した1熱サイクル。 engine operating cycle
1480 超音速サイクル 超音速サイクルとは,マッハ数1を通過する加速と亜音速飛行に至るまでの減速からる完結した一連続超音速飛行。 備考 1航空機運航サイクルは,1サイクルを超える超音速サクルを含む場合がある。 supersonic cycle
1490 突発損傷 突発損傷とは,航空機の一部でない物体との接触若しくは外力による衝撃によて,又は不適正な製造若しくは整備作業によって生じるアイテム物理的劣化。 accidental damage
1500 環境劣化,環境損傷 環境劣化,環境損傷とは,気候又は環境による化学的作用の結果,アイテムの強度,又は破に対する抵抗力が物理的に劣化すること。 environmental deterioration, environmental damage
1510 異物損傷 異物損傷とは,鳥,石,ひょう,その他の破片の衝突又は吸込みによって生じる空機のある部分の損傷。 foreign object damage (FOD)
1520 吸込み損傷 吸込み損傷とは,鳥,石,その他の異物などの外部の物体の吸込みによって生じるンジンの内部損傷。 ingestion damage, foreign object damage (FOD)
1530 損傷許容性 損傷許容性とは,航空機構造に対する認定基準。損傷が検出されるまでアイテムが傷に耐えることができ,さらに,残存構造が,構造破損又は過度構造変形なしに規定荷重に耐えることができるとき,そのアイテは,損傷許容性があると判定する。 damage tolerance
1540 デバギング デバギングとは,運用前に,可能な限り不完全な点を検出し是正すること。 debugging
1550 欠陥 欠陥とは,結果的に故障となるかどうかに関係なく,そのアイテムに確認さたあらゆる異常な状態。 defect
1560 持越し可能性 持越し可能性とは,アイテムがMEL (2640) 又はCDL (2630) の条件内であれば,不作状態又は欠陥状態のままであってもよいこと。 deferability
1570 (機材性)遅延 (機材性)遅延とは,アイテムの機能不良,それの点検又は必要な是正処置のために,記の場合のどれかにおいて,最終的な出発が出発予定時刻後の規時間を超えて遅れるとき,(機材性)遅延となる。
(1) 始発空港で出発予定時刻より遅れて出発する。
(2) 寄航又は折返し空港で,許容地上時間よりも長く地上にとどる。
(3) 整備部門からの航空機の引渡しが遅れる。 備考 「飛行中止」は「遅延」に取って代わる(すなわち,延とした後,中止とした飛行は,飛行中止だけとみなし遅延と飛行中止とはみなさない。)。
(technical) delay
【 表 5 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
1580 除去 除去とは,アイテムを個別用途から外すこと。技術データについては,“除去は,箇条,句,ページなどの削除を示す。 delete
1590 出発 出発とは,予定された飛行のために,ブロックから航空機が離れること。 備考1. 出発は,1飛行レグ当たりただ1回しかあり得ない(なわち,航空機が最初の出発の後,ブロックに戻るうな場合には,最終の出発だけを数える。)。 便宜上出発は,航空機が地上を離れるごとに発生すとみなす運航者もある。 2. ブロックとは,駐機区画をいう。 departure
1600 ディレーティグ ディレーティグとは,通常,応力に関係する破損の発生を減らすために,アイテムの使時に,応力/強度の比を意図的に低くすること。 derating
1610 構造細部 構造細部とは,航空機構造の最低機能レベル。構造要素の中の一つの独立した範若しくは部分,又は2以上の構造要素の境界共有部。 structural detail
1620 運航安全性にぼす直接的悪響 運航安全性にぼす直接的悪響とは,直接的:他の機能故障と組み合わせることなく,それ自体で故の影響を及ぼすこと(冗長性はなく,主要な出発可否検討の象となる。)。 安全性に及ぼす悪影響:その結果が,極めて重大であるか又は局的な可能性があり,航空機の喪失又は搭乗者へ危害を与えおそれがあることを意味する。 運航:航空機が,最初に自力で動き出したときから次の着陸地で動きを止める時までの時間(「ブロックからブロックまで」)。 direct-adverse effect on operating safety
1630 廃却作業 廃却作業とは,規定の寿命限界でアイテムを運用から除外すること。 discard task
1640 (機材性)目的外着陸 目的外着陸とは,航空機のアイテムのどれかが機能不良又は機能不良の疑いがあるめ,出発又は目的空港以外の空港に航空機が着陸すること。 (technical) diversion
1650 ダウンタイム ダウンタイムとは,機材面の理由によって,航空機が飛行に使用できない間の時間。 downtime
1660 実整備ダウンイム 実整備ダウンイムとは,整備ダウンタイム (1670) のうち,アイテム又は航空機に対して作が行われている時間。 active maintenance downtime
1670 整備ダウンタム 整備ダウンタムとは,アイテム又は航空機が,予防整備又は修正整備を行うことができ時から,そのアイテム又は航空機が,使用に戻るか又は使用できとみなされる時までの間。 maintenance downtime
1680 非実整備ダウタイム 非実整備ダウタイムとは,整備ダウンタイム (1670) のうち,アイテム又は航空機に対して作が行われていない時間。 nonactive maintenance downtime
1690 乗務員の通常務 乗務員の通常務とは,乗務員は,勤務状態にある有資格の運航乗務員と客室乗務員か成る。航空機の通常運航時の固有の職務には,次のものを含む。 (a) 乗務員の飛行前点検表による点検。 (b) 乗務員の操縦室と/又は客室計器装置の監視。 (c) 正常な感覚によって,乗務員が異常又は故障を知ること(なわち,におい,騒音,振動,温度,損傷又は故障の目視察,身体的所要入力量の変化など。)。 normal operating crew duties
1700 システム有効度 システム有効度とは,規定の条件で運用するとき,一定時間内で,システムが運用要求満足することができる確率。 system effectiveness
1710 計画外整備有度 計画外整備有度とは,計画外整備行為の全数に対する成功したものの百分率。 unscheduled maintenance effectiveness
1720 有効性 有効性とは,種類,系列,型式又は個別アイテムに対する,アイテム,材料及/又は技術データの適用性を示す。 effectivity
【 表 6 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
1730 構造要素 構造要素とは,識別できる製造業者の組立部品を一体となって形成する,2以上の造細部。 structural element
1740 エンジン エンジンとは,エンジン製造業者が供給するエンジン本体組立てとその不可欠補機。 engine
1750 エンジン本体 エンジン本体とは,燃料と空気との混合物をスラスト又は出力に誘導変換し,出力をロペラ軸(もしあれば)と補機駆動装置に伝達し,エンジン外の他の規定した系統の機能を補い,並びに内部滑油の流れを制御し導くために使用するユニットと構成部品。ナセルとリバーサ含まない。 basic engine
1760 エンジンマニアル エンジンマニアルとは,エンジンを航空機から取り下ろすとき,設計責任範囲に関係なくエンジン側に残すことがあると考えられる最多数の部品を含むエジンを,整備するために必要なすべての技術データを記載したマュアル。 参考 ATA Specification No.100には,このマニュアルについ推奨する内容が記載されている。 engine manual (EM)
1770 最大中立エンン 最大中立エンンとは,一つの航空機の型式だけに限定するが,その航空機のどこか特定位置には限定しない,部品を付けたエンジン。 maximum neutral engine
1780 人間工学 人間工学とは,人間が使用する器材又は系統に関連付けて,人間の能力と限界決めること,並びに最適の性能,運用性,信頼性,効率,安全性び整備性を得るために,この知識を人間・機械結合系の計画立案設計と試験に適用すること。 human engineering
1790 機上支援器材 機上支援器材とは,航空機とそのすべての搭載装備品の運用と整備を支援するたに,機上で必要なすべての器材。 airborne support equipment (ASE)
1800 自動試験装置 自動試験装置とは,予想される機能不良に対して,あらかじめ定めた試験プログラムを人間の介入を最小限に抑えて自動的に実行する装置。 automatic test equipment (ATE)
1810 内蔵試験装置 内蔵試験装置とは,欠陥の特定に使用するため選定した,系統,部分系統又は構成部に組み込まれた監視と試験装置。 built in test equipment (BITE)
1820 地上支援器材 地上支援器材とは,航空機とそのすべての搭載装備品の運用と整備を支援するたに,地上で必要な器材。 ground support equipment (GSE) , aircraft ground equipment (AGE)
1830 支援器材 支援器材とは,航空機とそのすべての搭載装備品の運用と整備を支援するたに,必要な器材。 support equipment
1840 工場過失 工場過失とは,製造,オーバホール又は修理中のアイテムに発生した過失行為でしかも,その組立てと/又はその後の試験で是正されなかったの。 build error, production error
1850 整備過失 整備過失とは,アイテムに整備を実施するときの整備員側の過失で,その結果,障若しくは機能不良を生じる過失,又は整備手順書の誤記で,そ結果,故障若しくは機能不良を生じる過失。 maintenance error
1860 使用評価 使用評価とは,航空機の正常運航時に,アイテムが意図した機能を果たしているきのそのアイテムの評価。 service evaluation, controlled service use
1870 機体構造評価 機体構造評価とは,機体構造の健全性 (structural integrity) に関するあらゆるデータの価。 備考 考慮するとよいデータ例の幾つかを次に示す。 (1) 取り下ろし報告書 (2) 故障モード報告書 (3) 検査指摘事項 (4) 飛行時間 (5) 機長報告 (6) 航空機運航サイクル (7) 機齢 (airframe) structural evaluation
【 表 7 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
1880 臨時便 臨時便とは,正規の飛行計画では扱わない乗客又は貨物を運ぶために行うあらる飛行。 extra section (XSEC)
1890 促進係数,加速係数促進係数,加速係数とは,同じ故障モードと/又は故障メカニズムを伴う二組の異なるスレス条件に対して,所定の故障比率を得るために必要な時間の比。 acceleration factor, accelerated test factor
1900 ディレーティグ係数 ディレーティグ係数とは,設計ストレスに対する運用ストレスの比。 derating factor
1910 人的要因 人的要因とは,複雑なシステムと,最適な人間・機械の統合,その利用を達成すための原理と方法の開発並びに適用とにかかわる人間の生理的肉体的と心理的特性。この用語は,システムの中の人間に関す生体医学的と心理的・社会的な考慮事項すべてを含む広範な意に使用する。 human factors
1920 (搭載装備品)作動係数 (搭載装備品)作動係数とは,搭載装備品の飛行時間数に対するその装備品の作動時間数の比。 (in-service equipment) operating factor
1930 フェールセーフ フェールセーフとは,アイテムに予測可能な故障が起こったとき,航空機が制御不能な態にならないことを要求する設計基準。 fail-safe
1940 故障 故障とは,アイテムが,規定限界内で機能を果たすことができなくなること。 failure
1950 基本故障 基本故障とは,系統,ユニット又は部品を設計された条件と外部から誘発されい条件で使用したとき,これらの機能不良の結果生じる,欠陥,障又は損傷。 basic failure
1960 運航無害故障 運航無害故障とは,航空機の運航は妨げないが,機体での修理又は工場での修理のた労務費と材料費が追加される,経済的には望ましくない故障。 non-operational failure effects
1970 運航阻害故障 運航阻害故障とは,航空機の運航目的の完了を妨げる故障。これらの故障は,遅延,行中止,地上中断又は飛行中断,高抗力係数,高度制限などを生る。 operational failure effects
1980 一次故障 一次故障とは,関連するアイテムの故障に起因しないアイテムの故障。 primary failure, independent failure
1990 偶発故障 偶発故障とは,いつ起こるか予測できないアイテムの故障。 参考 初期故障期間を過ぎ,摩耗故障期間に至る以前の時期偶発的に発生する故障(JIS Z 8115参照)random failure
2000 二次故障 二次故障とは,関連するアイテムの故障に起因するアイテムの故障。 secondary failure, dependent failure
2010 追認故障 追認故障とは,取り下ろし後に発見する故障で,取り下ろしの理由とは関係がな故障。 subsidiary failure, additional failure
2020 故障モード 故障モードとは,アイテムの故障の発生様式。 failure mode
2030 故障耐性 故障耐性とは,系統又はアイテムが,その運用環境によって受けるストレスに耐る能力。これらのストレスは,機械的,熱的,化学的若しくは電的ストレス,又はこれらと他のストレスとの組合せもある。故障性は,経年(機齢)に直接関係し,経年とともに劣化し,又はスレス適用(すなわち,エンジンサイクル,航空機の着陸など)の数に直接関係することがある。 failure resistance
2040 欠陥の特定 欠陥の特定とは,機能不良の原因となる組立品,構成部品又は部品を確認するため用いる方法。 fault isolation
2050 欠陥特定マニアル 欠陥特定マニアルとは,欠陥を特定し,是正処置を明確にするために,整備員が必要とす技術データを記載したマニュアル。 参考 ATA Specification No.100には,このマニュアルについ推奨する内容が記載されている。 fault isolation manual (FIM)
2060 欠陥通報マニアル 欠陥通報マニアルとは,運航乗務員が容易に航空機の機能不良の細部を明確にし,解析し地上整備機関に通報することができるような技術データを記載しマニュアル。参考 ATA Specification No.100には,このマニュアルについ推奨する内容が記載されている。 fault reporting manual (FRM)
【 表 8 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
2070 フレームアウト フレームアウトとは,燃料制御装置が作動位置にありながら,燃焼が全面的に停止した果,エンジンの作動が停止すること。 flame-out
2080 飛行 飛行とは,始発空港を離れ,終着空港に到着するまでの1以上の飛行区間かなり,1飛行番号で運航する全航程。 flight (FLT) , trip
2090 チャーター飛行 チャーター飛行とは,公表した時刻表には記載してないが,特定の目的のために予約さた有償飛行。 charter flight
2100 空輸飛行 空輸飛行とは,何らかの理由によって,航空機を移動するために行う無償飛行。 ferry flight
2110 (機材性)空輸行 空輸行とは,整備を行う必要から,航空機を移動するために行う無償飛行。 (technical) ferry flight
2120 操縦士訓練飛行 操縦士訓練飛行とは,操縦士を訓練又は審査するために行う飛行。 pilot training flight
2130 試験飛行 試験飛行とは,アイテム又は航空機を点検するために行う飛行。 test flight
2140 飛行レグ,飛行区間 飛行レグ,飛行区間,とは,1飛行を形成する一連続航空機運航サイクルのどれかの部分。 flight leg, flight sector
2150 無償飛行 無償飛行とは,収益を得ることを目的としない飛行。 nonrevenue flight
2160 有償飛行 有償飛行とは,旅客と/又は貸物収益を得ることを目的とする飛行。 revenue flight
2170 定期飛行 定期飛行とは,公表した時刻表に記載してある飛行。 scheduled flight
2180 非顕然機能,潜行機能 非顕然機能,潜行機能とは, (1) 通常は作動していて,それが停止したときに,通常職務を遂中の乗務員には分からないような機能。 (2) 通常は作動していなくて,それが必要となる前に,その作動応態勢が通常職務を遂行中の乗務員には分からないような能。 hidden function
2190 構造機能 構造機能とは,航空機構造の作用又は目的のモード。それは,アイテム(細部,素又は組立品)における規定荷重の授受を含み,一様で適切な航機の応答と飛行特性を与える。 structural function
2200 補助動力装置動時間,APU作動時間補助動力装置動時間,APU作動時間とは,補助動力装置が,始動してから停止するまでの作動時間。 APU hours
2210 ブロック時間 ブロック時間とは,航空機が飛行のため最初に動き出した瞬間から,次の着陸地点で的のブロックに停止するまで,又は離陸せずに出発地点に戻るまに要した時間数。 備考 ゲートから移動する時間もブロック時間の一部とみす。 block hours, flying (block) hours, block time
2220 使用不能時間 使用不能時間とは,予定では使用できることになっているにもかかわらず,航空機が航に使用できないで経過した時間数。 備考 使用不能時間は,航空機が最初,飛行に使用できない表明されたときに始まり,飛行に使用できると表明さたときに終わる。 out of service hours
2230 ユニット飛行間 ユニット飛行間とは,規定の報告期間中,航空機に装備されているすべての同種ユニッの累積飛行時間。 備考 ユニット飛行時間は,ユニットを装備したある航空機総飛行時間とその航空機に装備したユニットの個数と積である。 unit flying hours
2240 (図解)パーツタログ パーツタログとは,交換可能な部品とユニットの識別と請求に必要なすべての情を含むマニュアル。 参考 ATA Specification No.100には,このマニュアルについ推奨する内容が記載されている。 illustrated parts catalog (IPC)
2250 (図解)工具及器材マニュアル 工具及器材マニュアルとは,機体,エンジン,構成部品と附属品(補機)の整備・点検,欠の特定と修理のために,機体とエンジン製造業者並びにそれの専門業者が推奨する特殊工具と器材(試験器材を含む。)すべを含むマニュアル。機体とエンジン製造業者が発行する。 参考 ATA Specification No.100には,このマニュアルについ推奨する内容が記載されている。illustrated tool and equipment manual (TEM)
【 表 9 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
2260 機材性インシント 機材性インシントとは,航空機の事後の耐空性に重大な影響を及ぼすとみなし得る機材面事象。 technical incident
2270 信頼性と安性の固有レベル 信頼性と安性の固有レベルとは,ユニットに作り込まれて,その設計に固有なものとなったレベルこれは,効果的な整備をすればユニット,系統又は航空機に期待きる信頼性と安全性の最高レベルである。より高い信頼性レベに達するには,一般に改修又は再設計が必要である。 inherent level of reliability and safety
2280 検査 検査とは,アイテムを規定の基準と比較して審査すること。 inspection
2290 詳細検査 詳細検査とは,指定した細部,組立部又は装着部の入念な目視検査。適切な照明び必要な場合はミラー,拡大鏡などの検査補助具を使用して,異の兆候を探す。表面の清浄化と手の込んだ接近手順を用いるこもある。 detailed inspection
2300 指定検査 指定検査とは,詳細検査 (2290) と特別詳細検査 (2350) を含む集合用語。 directed inspection
2310 外部(構造)概検査 外部概検査とは,目視可能な外面をもつ構造について,明白な不満足状態又は異状検出する目視点検。急速開放点検パネル又は点検口を通じて目視能な内部構造も含めてもよい。接近するために,作業台,はしごどを必要とすることもある。 external surveillance (structural) inspection
2320 一般目視検査 一般目視検査とは,外部(構造)概観検査 (2310) ,内部(構造)概観検査 (2330) と回目視点検 (2360) を含む集合用語。 general visual inspection
2330 内部(構造)概検査 内部概検査とは,内部構造にある明白な不満足状態又は異状を検出する目視点検。の種の検査は,フィレット,フェアリング,点検パネル,点検口どの取外しが必要な内部構造と装着品に適用する。 internal surveillance (structural) inspection
2340 サンプル検査 サンプル検査とは,選定した機材の状態を判定できるように,運用中の機材を,あらじめ定めた漸進的な間隔で,監視と/又は回収すること。 sample inspection
2350 特別詳細検査 特別詳細検査とは,次の相違点を除き詳細検査 (2290) に類似した,指定箇所の入念な査。この検査では,何らかの特殊技法,染色浸透探傷検査,高倍拡大鏡などが要求される。 また,分解手順が要求されることもある。 special detailed inspection
2360 周回目視点検 周回目視点検とは,明白な異状を検出するために,地上から行う目視点検。 walk-around check
2370 互換性 互換性とは,互換性をもつ部品,部分組立品,組立品又はユニットは,一定の途に対して所要の機能と構造規格を満足するか,それを上回るそれは,同じ取付け機構を備えている。装着時に加工又は改修が要でなければ,全体寸法と接続部は同じでなくてもよい。 interchange ability, two-way interchangeability
2380 一方向互換性 一方向互換性とは,新しいアイテムを導入し,古いアイテムの使用に制限を設けることこの新アイテムは,新旧どちらの箇所にも使用できるが,旧アイムは,以前にそれが装着してあった箇所だけに使用できる。新アテムは,旧アイテムに取って代わるとみなす。例えば,アイテとアイテムBの互換性について,旧アイテムAを指定している所には新アイテムBは自由に使用してもよいが,アイテムBを指している箇所に旧アイテムAを使用してはならない。 one-way interchangeability
2390 (機材性)飛行断 飛行断とは,飛行中の機能不良,欠陥又はその疑いがあるものによって,当初飛行計画を変更すること。 (technical) air interruption
2400 (機材性)地上断 地上断とは,航空機が,ブロックを離れて飛行する前に機材面の理由で引き返たとき,又は着陸後ブロックに到着する前に機材面の問題が生じときに,地上中断が起こる。 (technical) ground interruption
2410 信頼区間 信頼区間とは,信頼限界の上限値と下限値との間の範囲。 confidence interval
2420 アイテム アイテムとは,組立品のどれかのレベル(すなわち,系統,部分系統,モジュール,附属品,構成部品,ユニット,部品など)。 item
【 表 10 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
2430 消耗アイテム 消耗アイテムとは,1回限り使用するアイテム。 consumable item
2440 非修復アイテム 非修復アイテムとは,認可された修理手順がないアイテム,と修理費が通常,交換費り高いアイテム。 expendable item
2450 予防アイテム 予防アイテムとは,要求があったとき,その部品の在庫がないために,起こるかもしない過度の計画変更問題と/又は経済的困難を避けるために,然たる予防策として製造業者又は航空会社が保管するアイテム。 insurance item
2460 寿命制限アイム 寿命制限アイムとは,規定の時間に達する前に,運用から外して廃棄しなければならなアイテム。 life limited item
2470 ライン整備アテム ライン整備アテムとは,ライン交換可能ユニット (2620) 参照。 line maintenance item
2471 ライン交換可アイテム ライン交換可アイテムとは,ライン交換可能ユニット (2620) 参照。 line replaceable item (LRI)
2480 整備重要アイム 整備重要アイムとは,その故障が次の少なくとも一つに該当すると製造業者が判断したイテム。 (a) 安全性(地上又は飛行)に影響する可能性がある。 (b) 運航中に検知できない。 (c) 運航費に顕著な影響を与える可能性がある。 (d) 運航費以外の費用に顕著な影響を与える可能性がある。 maintenance significant item (MSI)
2490 強制交換アイム 強制交換アイムとは,整備又はオーバホールを実施中に,外的影響を受けたり,取り外たりしたとき,規格と手順に適合させるためには,交換しなけばならないアイテム。 mandatory replacement item
2500 修理可能アイム 修理可能アイムとは,交換可能部品から成るか,これを含み通常経済的に修理でき,関する飛行装備品の寿命より短い期間にわたり,十分に使用可能状に回復させることができるアイテム。 repairable item
2510 循環アイテム 循環アイテムとは,使用可能状態に経済的に修復させることができ,正常な運用過程は,関連する飛行装備品の寿命にほぼ等しい期間にわたり,十分使用可能状態に繰り返し回復させることができるアイテム。 rotable item
2520 構造重要アイム 構造重要アイムとは,破損すれば,航空機の残存強度の減少又は構造機能の喪失が起こため,重要と判断する構造細部,構造要素又は構造組立品。 structural significant item (SSI)
2530 着陸復行 着陸復行とは,航空機が滑走路に接地して,完全に停止せずに,引き続き飛行をめる着陸。 touch and go landing
2540 信頼水準 信頼水準とは,特定の記述が正しい確率。 参考 推定区間にその信頼性特性値の真の値が存在する確(JIS Z 8115参照)confidence level
2550 寿命 寿命とは,アイテムの耐用性に関係する期間。 参考 期間は,時間,サイクル,着陸回数などで表す。 life
2560 オーバホール達寿命 オーバホール達寿命とは,オーバホールが必要となったときにアイテムが到達した寿命。 achieved overhaul life
2570 最長許容寿命 最長許容寿命とは,それ以前に,特定アイテムを運用から外さなければならないと担機関が規定した時間 (4090) 。 maximum permitted life, declared life, ultimate life
2580 運用寿命 運用寿命とは,アイテムを合格基準に適合するまで修理又はオーバホールするこが,もはや物理的又は経済的にできないアイテムの寿命。 参考 「service life」 を「廃棄寿命」と訳す場合もある。 service life
2590 保管寿命 保管寿命とは,アイテムを規定の条件で保管すれば,規定の要求事項を満足し続ることができる時間の長さ。 storage life, shelf life
2600 耐用寿命,一定故障率期間耐用寿命,一定故障率期間とは,アイテムの集団が,一定の故障率で作動すると予想される時間のさ。これは,あらゆる初期故障期間と摩耗故障期間のどちらもく。 useful life, constant failure rate period
【 表 11 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
2610 信頼限界 信頼限界とは,実際の値が,あらかじめ設定した信頼水準 (2540) で挟まれると予される上下の値。 confidence limits
2620 ライン交換可ユニット ライン交換可ユニットとは,ライン整備作業中に航空機で容易に交換できるユニット。 line replaceable unit (LRU)
2630 CDLCDLとは,点検パネル,キャップ,フェアリングなどのようなアイテムで,常,航空機の外面の一部を形成し,それがなくても出発を妨げなアイテムのリスト。 configuration deviation list (CDL)
2640 MELMELとは,規定の条件での飛行に,不作動でもよいアイテムの承認済みリスト。 minimum equipment list (MEL) , allowable deficiency list, dispatch inoperative equipment list, GO-NO-GO list
2650 航空日誌記入項 航空日誌記入項とは,運航乗務員と整備員による航空日誌へのすべての記入事項。 log entries, log report
2660 整備性 整備性とは,使用者の運用環境で運用目的を達成するための整備費用(時間,員数,要員熟練度,試験器材,技術データと設備を含む。)に対る要求事項を決定する材料,設計と装備の特性。定量的には,備性は,指定された資材と決められた手順を用い,予定どおり整備作業を達成できる期間で表す。 maintainability
2670 整備 整備とは,アイテムを使用可能状態に修復又は維持するために必要な作業で給油・充てん,修理,改修,オーバホール,検査と状態の確認含む。 maintenance
2680 状態監視整備, コンディション モニタリング メンテナンス状態監視整備,コンディション モニタリング メンテナンスとは, 主要な整備方法の一つであって,この方法では,何らかの技術的置を講じることが必要かどうかを指示するために,規定したアイムで運用中の全集団に関するデータを解析する。予防整備方法と異なり,状態監視整備は,故障の発生を許していて,適切な処置必要を指示するために,運航実績情報の解析に頼っている。 備考 状態監視アイテムの故障モードは,運航安全性には直の悪影響を及ぼさない。 condition monitored maintenance, condition monitoring
2690 持越し整備 持越し整備とは,運航安全性に関係がなく,実施に好都合な時と/又は場所までち越す整備。 deferred maintenance
2700 限定時間整備, ハードタイムンテナンス 限定時間整備,ハードタイムンテナンスとは,主要な整備方法の一つであって,この方法では,規定の時間以前にアイテムを運用から外さなければならない。 hard time maintenance
2710 ライン整備 ライン整備とは,通過地点,折返し地点又は夜間停留中に,路線上と基地で行う例点検,検査と機能不良の修正。 line maintenance, line station maintenance
2720 状態確認整備,オンコンディョンメンテナス 状態確認整備,オンコンディョンメンテナスとは,主要な整備方法の一つであって,この方法では,継続使用性に関て,ユニット,系統又は構造部分の状態を確認するために繰り返て検査又は試験を行う。 (アイテムの状態によって必要なときは,是正処置を施す。) on-condition maintenance
2730 計画整備 計画整備とは,体系的検査,検出,摩耗アイテムの交換,調整,校正,清浄化なによって,アイテムを使用可能状態に維持するために,規定の間で実施する整備。 scheduled maintenance
2740 予防整備 予防整備とは,「2730計画整備」と同じ。 preventive maintenance
2750 定例整備 定例整備とは,「2730計画整備」と同じ。 routine maintenance
2760 計画外整備 計画外整備とは,機能不良,欠陥又はその疑いがあるものを是正することによってアイテムを満足な状態に修復するために行う整備。 unscheduled maintenance
2761 非限定時間整,ソフトタイムメンテナンス 非限定時間整,ソフトタイムメンテナンスとは,整備方法の一つであって,この方法では,規定の時間以後に,予整備についての勧告事項を適用するとよい。その時間は適時整備 (opportunity maintenance) を勧告するために用い,それ以後は,予防整備の方がコスト有効度が高いとみなされている。 soft time maintenance
【 表 12 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
2770 修正整備 「2760計画外整備」と同じ。 corrective maintenance
2780 非定例整備 「2760計画外整備」と同じ。 non-routine maintenance
2790 機能不良 アイテムの作動が規定限界外となるような状態の発生。 malfunction
2800 直接工数 航空機又は取り下ろしアイテムに直接費やした作業の工数。 direct manhours
2810 整備工数 整備作業を完了するために要した工数。 maintenance manhours
2820 飛行時間当た工数 一定期間中に,特定の航空機群を整備するために費やした「直接数」を,その期間の飛行時間で割って算出した実績値。 manhours per flying hours
2830 製造業者 航空機の製造又は整備に使用する構成部品,ユニット又は小物部を造る組織体。 manufacturer
2840 主製造業者 機体又は主推進装置を造る組織体。 prime manufacturer
2850 バルク材 液体,ペースト,布,プラスチック又はそれに類した合成物のよな量が定まらない状態で使用する材料。例えば,油,化学製品,料,清浄剤,溶剤,研磨材,金属,織物など。 bulk material, bulk material item
2860 MCUR, 平均計画外取下ろし予測サクル 準備目的だけのために供給業者が与える計画外取り下ろし間の平サイクルの予測を表すデータ伝送用専門用語。この指標は,計画取り下ろし(正当なものと正当でないもの)間の運用サイクル表した平均間隔の予測として示され,航空機当たり1ユニットに算して表され,したがって,準備しようとする部品番号について運用サイクルを示す。 MCUR 参考 mean cycles between unscheduled removal
2870 平均故障間隔 ある期間のユニット総飛行時間を,その期間中に起こったユニッ故障数で割って算出した実績値。 備考 ユニット総作動時間が得られる場合は,これをユニッ総飛行時間の代わりに使用してもよい。 参考 ユニット総飛行時間とは,ユニット飛行時間 (2230) の和である。 mean time between failure (MTBF)
2880 平均整備間隔 整備作業と整備作業との間の時間間隔の算術平均。 参考 WATOGでは,対応英語が 「mean time to maintenance」 ある。 mean time between maintenance
2890 平均取り下ろ間隔 ある期間のユニット総飛行時間を,その期間中に起こったユニッ取り下ろし数(計画と計画外のものの合計)で割って算出した績値。 mean time between removals (MTBR)
2900 平均計画外取下ろし間隔 ある期間のユニット総飛行時間を,その期間中に起こった計画外ユニット取り下ろし数で割って算出した実績値。 mean time between unscheduled removals (MTBUR)
2910 平均故障寿命 故障アイテムのサンプルについて,故障までの時間の合計を,そサンプル中の故障アイテム数で割って算出した実績値。「n」 回故している同じアイテムは,そのサンプル中の 「n」 個の故障アイテを構成する。 備考 これは,故障しなかったアイテムに対しては時間を考していないので,平均故障間隔 (2870) とは異なる。 mean time to failure (MTTF)
2920 平均修理所要間 一群の指定アイテムについて,ある期間の実修理経過時間の合計を同じ期間に修理したこれらのアイテム数で割って算出した実績値。 mean time to repair (MTTR)
2930 平均計画外取下ろし寿命 取り下ろしたアイテムのサンプルについて,計画外取り下ろしまの時間の合計を,このサンプル中の取り下ろしアイテム数で割っ計算した実績値。 備考 これは,取り下ろさなかったアイテムに対しては,時を考慮していないので,平均計画外取り下ろし間隔 (2900) とは異なる。 mean time to unscheduled removal (MTTUR)
【 表 13 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
2940 MTUR, 平均計画外取下ろし予測間隔 MTUR,平均計画外取下ろし予測間隔とは,準備目的だけのために供給業者が与える平均計画外取り下ろし間の予測を表すデータ伝送用専門用語。この指標は,計画外取り下し(正当なものと正当でないもの)間のユニット飛行時間で表た平均間隔の予測として示され,航空機当たり1ユニットに換算て表され,したがって,準備しようとする部品番号についての部時間を示す。 MTUR 参考 mean time (between) unscheduled removal
2950 故障メカニズム 故障メカニズムとは,故障を生じる物理的,化学的その他の過程。 failure mechanism
2960 強制改修 強制改修とは,運輸省航空局が必す(須)と区分した改修。 mandatory modification
2970 任意改修 任意改修とは,運航者が任意に実施してよい改修。 optional modification
2980 改修 改修とは,アイテムの加工と/又はアイテムの装着又は取外しによって大の規模の変更を行うこと。 modify
2990 モジュール モジュールとは,一つのパッケージに含まれるか,又は1整備作業で装備できるよに準備した,組立品,部分組立品と部品の組合せ。 module
3000 運航乗務員の常監視業務 運航乗務員の常監視業務とは,運航乗務員が通常の乗務中に行う系統作動のあらゆる監視。これは日常的に使用する系統の計器装置の監視,と運航乗務員が日常に点検することが必要な系統の監視を含む。 normal operating crew monitoring
3010 非破壊試験マュアル 非破壊試験マュアルとは,機体側で試験する航空機の一次と二次構造,エンジン並びに構部品の非破壊試験に関して,解説並びに具体的な指示とデータ記載したマニュアル。参考:ATA Specification No.100には,このマニュアルについ推奨する内容が記載されている。 non-destructive testing (NDT) manual
3020 任意 任意とは,互換性アイテムの選択を指示する。 optional
3030 至急注文書 至急注文書とは,供給業者の見積期日又は遅延した引渡し日よりも早い納入を指定る注文書で,合意済みの要求事項によって指定日までに発行する文書。 expedite order
3040 作業指示書 作業指示書とは,実施する作業を承認し,必要な指示,と工数の振り当てに関す情報を記載した文書。 job order, work order
3050 部分オーバホル 部分オーバホルとは,部分組立品の修整作業。 partial overhaul
3060 時間管理オーホール 時間管理オーホールとは,個々のアイテムの時間履歴を監視する計画に従う修整作業。この視方式は,アイテムが規定の時間限界を超えないうちに,そのアテムの取り下ろしを計画するのに用いる。 time controlled overhaul, record control overhaul
3070 部品 部品とは,1個,又は通常,分解すれば意図した使用ができなくなる結合した個以上のもの。備考:関連用語の関係については,付図1参照。 part
3080 取付け(用)部品 次のどちらかのために使用する部品。 取付け部品次のどちらかのために使用する部品。とは,(1) 補給上では,航空機又はエンジンに循環若しくはライン交換能ユニット,修理可能ユニット又は修復可能ユニットを取りける。 (2) 機材上又は整備上では,次高位組立品に他の部品又は部分組品を取り付ける。 attaching part
3090 準完成部品 準完成部品とは,個別用途に使用可能とするには,追加作業が必要な製造部品。 semi-finished part
3100 使用寿命百分率 使用寿命百分率とは,最寄りのゼロ時からのアイテムの実累積時間と,その規定時間限との比で,百分率で表したもの。 percent of allowable time realized by an item, percent life used
3110 受注能力 受注能力とは,一定期間中に供給業者が示す見積納期内で受けた注文と,同期間に受けた全注文との比から得られ,百分率で表した尺度。 order entry performance
3120 供給業者出荷力 供給業者出荷力とは,一定期間中に供給業者が示す見積納期又は航空会社要求日までに荷した注文数(どちらか多い方)と,同期間中に出荷した全注文との比から得られ,百分率で表した出荷能力の尺度。supplier shipping performance
【 表 14 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
3130 初期故障期間 初期故障期間とは,ゼロユニット時間から始まり,アイテムの一団の故障率が低下すと予測できるまでの間の初期の期間。 infant mortality period
3140 摩耗故障(率)間 摩耗故障間とは,アイテムの一団の故障率が,劣化過程によって増加すると予測でる期間。 wear-out failure rate period
3150 整備計画書 整備計画書とは,アイテムの所要性能の継続又は航空機の安全性を保証するために要な整備を規定する文書又は文書一式。 maintenance plan, technical plan
3160 サービス箇所 サービス箇所とは,正規装着位置にある装備品のサービス(潤滑,充てん,排液,充又は清浄化)ができるように個別に設けた接近箇所。 servicing point
3170 試験箇所 試験箇所とは,整備,修理,校正,調整又は監視を容易にするような測定ができ安全な接近手段。試験箇所は,正規装着位置で接近可能なこともり,又は接近しやすくするために装備品の分解を必要とすることある。前者を露出試験箇所,後者を内部試験箇所と呼ぶ。 test point
3180 部品プール 部品プールとは,どの加盟者が保有する合意済み在庫品からも,加盟者がアイテム引き出す権利をもつという協定。 parts pool
3190 動力装置ぎ装ニュアル 動力装置ぎ装ニュアルとは,「エンジン本体」から所要の形態に,動力装置をぎ装するのに必なすべての情報を含むマニュアル。 備考 動力装置ぎ(艤)装マニュアルと表記してもよい。 参考 ATA Specification No.100には,このマニュアルについ推奨する内容が記載されている。 power plant buildup manual (PBM)
3200 基本整備工程 基本整備工程とは,固有の設計信頼度を確実に維持するために用いる工程。 primary maintenance process (PMP)
3210 寿命予測プロラム 寿命予測プロラムとは,経年に関してアイテムの平均余命を表すために,履歴データを使する統計的手法。 actuarial program
3220 ブロック整備ログラム ブロック整備ログラムとは,主要構造検査と/又は整備作業を,便宜的,経済的と効果的達成できるように,グループ又はブロックに分割するプログラム。 block maintenance program
3230 連続整備プロラム 連続整備プロラムとは,航空機の連続的利用可能性を保証することを期待する,一種の完な整備プログラム。この方式では,全整備作業を,種々のより頻の高い整備に分割する。 備考 ある時点で重なった完全オーバホールは,連続整備計の一部ではない。 continuous maintenance program
3240 均等化整備プグラム 均等化整備プグラムとは,一つの整備プログラムであって,これによって,必要な整備工数比較的一定になるように作業集団を計画すること。より大きい整作業の部分を,作業量の変動が最小となるように,より小さい整作業部分又はより短い整備間隔にまとめる。 equalized maintenance program
3241 疲労関連サンリングプログム 疲労関連サンリングプログムとは,疲労損傷によって生じる航空機の状態劣化の最初の兆候を確認すため,機齢又は使用時間が最長のものから選定した特定の航空機ついて検査を行うこと。 fatigue related sampling program
3250 整備性プログム 整備性プログムとは,整備作業と支援作業の費用が,最少で運用目的を満足させるこができるように,アイテムの設計特性に関する規格,評価・予測び立証に直接関係する体系化された作業一式を計画し,開発し,施すること。 maintainability program
3260 整備プログラム 整備プログラムとは,全体を種目別又は細分割して,集団的に実施するとき,所要の整水準が達成できる論理的な一連の整備作業を規定するプログラム。 maintenance program, work program
【 表 15 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
3270 導入準備作業 導入準備作業は,“ 新しい航空機と/又は航空機アイテムの運用に関して,整備実計画を支援するのに必要とみなされる予備部品の範囲と数量を空会社が明確にする作業。 initial provisioning
3280 急速エンジン換ユニット 急速エンジン換ユニットとは,「最大中立エンジン」 (1770) に,それを機上の特定の位置に限定る部品を加えたもの。 quick engine change unit (QEC)
3290 見積書 見積書とは,個別アイテム,複数アイテム又はサービスを売るため,顧客の個見積依頼書に答える供給業者の提案書,又は価格,引渡し,適用れる支払条件と見積書の有効期限を記載した文書。 quotation
3300 故障率 故障率とは,故障数を,同じ期間中に累積したユニット総飛行時間又はサイクで割って算出した実績値。通常,1,000ユニット時間又はサイクルたりの故障数で表す。 備考 故障率は,平均故障間隔 (2870) の逆数である。 failure rate
3310 瞬間故障率 瞬間故障率とは,その間隔の始点までに故障がなかったアイテムが,それに続く短時間間隔の中で故障を起こす条件付き確率。 instantaneous failure rate, hazardrate
3320 取り下ろし率 取り下ろし率とは,基本期間に換算して表したアイテムの取り下ろし数。通常,1,000行時間,1,000アイテム時間,1,000エンジン時間とときには10又は1,000出発当たりとする。 removal rate
3330 スクラップ率 スクラップ率とは,単位時間当たりの数量で表した,経済的修理の限界を超えたアイムの数。 scrap rate
3340 修整作業,オーバホール 修整作業,オーバホールとは,アイテムを,関連マニュアルで規定する最高基準に戻すために必な作業。 recondition, overhaul
3350 修復可能 修復可能とは,アイテムをスクラップとする前に,1回以上使用可能状態に修理しること。この修理は,溶接,再仕上げ,再充電などのような加工はサービスによって行う。 recoverable
3360 冗長性 冗長性とは,一定の機能を果たすために,二通り以上の手段が存在すること。の機能を果たす各手段は,必ずしも同じである必要はない。 redundancy
3370 常用冗長性 常用冗長性とは,必要なときに冗長アイテムが作動するというよりも,むしろすべの冗長アイテムが同時に作動している場合の冗長性。 active redundancy
3380 待機冗長性 待機冗長性とは,機能を果たす代替手段が必要となるまで不作動で,機能を果たしいる一次手段が故障したときに作動する場合の冗長性。 standby redundancy
3390 (エンジン)リービシュ リービシュとは,エンジン又はエンジンモジュールを,コスト有効度が高い運用を実に達成できるように改修すること。 参考 リハービシュは,エンジン以外のアイテムについてもう場合がある。 (engine, module) refurbish
3400 信頼度 信頼度とは,アイテムが規定の条件で規定の期間,故障なしに,所要の機能をたす確率。 reliability
3410 推定信頼度 推定信頼度とは,同一名称のアイテムの試験又は故障データから,所定の信頼限界で推定したアイテムの信頼度。 assessed reliability
3420 出発信頼度 出発信頼度とは,(機材性)遅延又は(機材性)飛行中止が起こらないで有償飛行出発した割合(百分率)。 dispatch reliability
3430 飛行経路信頼度 飛行経路信頼度とは,飛行計画を変更させるような故障が生じることなく,飛行計画を足に完了する確率。 en-route reliability
3440 固有信頼度 固有信頼度とは,設計規格に従って使用する場合に,その設計形態に潜在する信頼度。 inherent reliability
3450 予測信頼度 予測信頼度とは,設計上の考察とその部品の意図した使用条件における信頼度か推測したアイテムの信頼度。 predicted reliability
3460 操縦士所見 操縦士所見とは,単なる情報として,運航乗務員が航空日誌に記入した諸事項。 pilot remark
3470 接近取外し 接近取外しとは,他の構成部品に容易に接近できるようにするだけの目的で,アイムを取り外すこと。装備態様のため,別の方法ではその構成部品容易に接近することが不可能か実際的ではない場合の取外し。 access removal
3480 流用取り下ろし 流用取り下ろしとは,他の航空機又はアイテムの要求を満たすために行うアイテムの取下ろし。 cannibalization removal, parts shortage removal,robbery
【 表 16 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
3490 状態分析取りろし 状態分析取りろしとは,規定の時間で,アイテムの使用性の状態を確認するだけの目的でイテムを取り下ろすこと。 condition analysis removal
3500 確認取り下ろし 確認取り下ろしとは,取り下ろしの正当性を実証する故障又は欠陥を発見した場合の取下ろし。 confirmed removal
3510 エンジン本体備取り下ろし エンジン本体備取り下ろしとは,次のどちらかの事項のために行うエンジンの取り下ろし。 (1) 何らかの基本原因 (1270) (2) エンジン本体について製造業者が規定した所要の整備作業。 basic engine removal
3520 エンジン計画り下ろし エンジン計画り下ろしとは,計画運転時間に達した時点又はその直後に行うエンジンの取り下し。 engine predefined removal, engine planned removal
3530 エンジン早期り下ろし エンジン早期り下ろしとは,エンジン装着時に設定した計画運転時間に達する前に行うエンジの取り下ろし。 engine premature removal
3540 工場送りエンン取り下ろし 工場送りエンン取り下ろしとは,エンジン取り下ろしが,その後のエンジン整備(再装着前に実施る。)で次の作業のどちらか一つを必要とする場合は,「工場送りとして区分する。 (a) エンジン主要部結合フランジの分離。 備考 出荷のためだけのフランジの分離は,その後で内部整を行わないときは,“工場送り」とはしない。 (b) ディスク,ハブ又はスプールの取外し。 engine shop visit removal
3550 エンジン計画取り下ろし エンジン計画取り下ろしとは,継続運用が不可能とみなされるエンジンの取り下ろし。 備考 他のエンジン取り下ろしは,すべて「計画どおり」でる。 engine unplanned removal
3560 異物損傷取りろし 異物損傷取りろしとは,鳥,石,ひょう若しくは破片の衝突又は吸い込みによって生じる航空機のあらゆる部分の損傷に基づくアイテムの取り下ろし。 foreign object damage (FOD) removal
3570 高温部検査取下ろし 高温部検査取下ろしとは,あらかじめ定めた時間又はサイクル限界で,高温部アイテムの検と修復のために行うアイテムの取り下ろし。 hot section inspection removal
3580 正当な取り下し 正当な取り下しとは,欠陥又は故障を発見した場合の取り下ろし。この欠陥又は故障が取り下ろしの理由であることを実証するかしないかにかかわらい。 justified removal
3590 整備便宜取りろし 整備便宜取りろしとは,アイテムの寿命が既定の限界に近づくか到達した結果,と機能良,欠陥又はその疑いがあるものの結果を除いたすべての理由にって行う取り下ろし。 maintenance convenience removal
3600 強制指令取りろし 強制指令取りろしとは,航空局が必す(須)と区分した処置を実施するために行うアイテの取り下ろし。 mandatory directive removal
3610 改修取り下ろし 改修取り下ろしとは,改修を実施するだけのために行うアイテムの取り下ろし。 modification removal
3620 オンコンディヨン取り下ろし オンコンディヨン取り下ろしとは,オンコンディション検査又は試験( 2720 参照 )の結果,必要となたアイテムの取り下ろし。 on-condition removal
3630 取り下ろし理由 取り下ろし理由とは,アイテムの取り下ろしについて,最初に示した理由。 reason for removal
3640 寿命制限部品り下ろし 寿命制限部品り下ろしとは,アイテムの寿命制限部品を交換するために行うそのアイテムの取下ろし。 restricted parts removal, life limited removal
3650 計画取り下ろし 計画取り下ろしとは,アイテムの寿命が,既定の限界に近づくか到達した結果行うそのイテムの取り下ろし。 scheduled removal, time removal
3660 計画整備取りろし 計画整備取りろしとは,体系的検査,検出,摩耗アイテムの交換,調整,校正,清浄化なによって,アイテムを使用可能状態に維持するために,定められ間隔で整備を実施する際に行うアイテムの取り下ろし。 scheduled maintenance removal
3670 工場点検取りろし 工場点検取りろしとは,工場内でアイテムを特定的・機能的に点検するために行うそのアテムの取り下ろし。 shop check removal, bench check removal
3680 時間差取り下し 時間差取り下しとは,多数のアイテムを使用している場合,同時取り下ろしの可能性又必要性を減らすように行うアイテムの取り下ろし。 time stagger removal
【 表 17 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
3690 故障探求取りろし 故障探求取りろしとは,機能不良が続くかどうかを確認するだけのために,アイテムを取下ろし,他のアイテムと交換する場合の取り下ろし。 troubleshooting removal
3700 未確認取り下し 未確認取り下しとは,取り下ろしの正当性を実証する欠陥又は故障を発見していない場(その他の欠陥又は故障を発見することがあっても)のアイテム取り下ろし。 unconfirmed removal
3710 非正当取り下し 非正当取り下しとは,欠陥又は故障を発見していない場合の取り下ろし。 unjustified removal
3720 計画外取り下し 計画外取り下しとは,機能不良,欠陥又はその疑いがあるものの結果行うアイテムの取下ろし。 unscheduled removal
3730 修理 修理とは,故障した部品又は損傷を受けた部品を,交換又は一連の処理をすことによって,アイテムを使用可能なものにすること。 repair, rehabilitate
3740 交換 交換とは,何らかの理由で,アイテムを取り外して,その跡に他のアイテム装着すること。 replace, substitute
3750 整備性要求事項 整備性要求事項とは,アイテムの設計が満足させるべき所要の整備特性(定性的若しく定量的,又はその両方で表した特性)の包括的記述。 maintainability requirement
3760 整備資財 整備資財とは,運用環境にあるアイテムを整備と支援するために使用できる設,地上支援器材,要員,予備部品,消耗品と資金。 maintenance resources
3770 修復 修復とは,アイテムを特定の基準に戻すために必要な作業(機上又は機外)。 備考 修復は,単一部品の清浄化又は交換から完全オーバホルまで多様である。 restoration
3780 ならし ならしとは,アイテムの特性を安定させるため,作動させること。 run-in, burn-in
3785 安全寿命 安全寿命とは,規定の寿命限界以前に改修するか,使用から外さなければならなアイテムに適用する期間。経年によって生じる故障の可能性によて決定する。 safe life
3790 サービスブリン,技術通報 サービスブリン,技術通報とは,改修の勧告,部品の交換,特別の検査・点検,現寿命限界の低減は初度寿命限界の設定,と一つのエンジン型式から他のエンジ型式への変換などについて,航空会社に通知するために,製造業が発行する唯一の文書。 参考 ATA Specification No.100には,この文書について推奨る内容が記載されている。 service bulletin (SB)
3800 サービス サービスとは,アイテムの設計で意図した固有の運用能力を維持するために行うらゆる補充行為。 servicing
3810 (エンジン)停止 停止とは,訓練又は正規の運転手順以外の何らかの理由によって,エンジン運転を止めること。 shutdown
3820 (エンジン)飛中停止 飛中停止とは,航空機が飛行しているとき,又は飛行状態に入ろうとしたときのべての場合に起こるエンジンの停止。 inflight shutdown
3830 運用ソフトウア 運用ソフトウアとは,機上系統に常備しているすべてのソフトウェア。 operational software
3840 支援ソフトウア 支援ソフトウアとは,運用ソフトウェア又は関連ハードウェアの開発,実証,確認と正に使用するすべてのソフトウェア。 support software
3850 航空機地上滞予備部品,AOG予備部品 航空機地上滞予備部品,AOG予備部品とは,「1080航空機地上滞留」を参照。 aircraft on ground (AOG) spare
3860 緊急予備部品 緊急予備部品とは,予備部品に対する要求を処理するための優先度の指定。飛行中止前又は作業中止寸前であることを示す。 critical spare
3870 至急予備部品 至急予備部品とは,予備部品に対する要求を処理するための優先度の指定。納期が見り又は公表したものより短いことを示す。 参考 ATAが発行しているWorld airlines & suppliers guideには次の記事がある。
優先度の指定:AOG(航空機地上滞留)/ 供給業者出荷目標:4時間以内
優先度の指定:critical(緊急)/ 供給業者出荷目標:24時間以内
優先度の指定:expedite(至急)/ 供給業者出荷目標:7暦日以内
expedite spare
【 表 18 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
3880 優先予備部品 優先予備部品とは,補充のための現用優先予備部品として推奨するアイテム。このアテムは,理由のいかんにかかわらず優先させてもよいが,通常早の適用箇所で使用していたもの以外のアイテムとする。 preferred spare
3890 完成予備部品 完成予備部品とは,アイテムをその固有の位置に合わせるのに必要な程度以外に,部の追加又は組立てをしないでも,航空機に取り付けることができ程度まで組み立てられているアイテム。 ready spare
3900 予備部品保有数 予備部品保有数とは,オーバホール,修理又は修整のため,航空機から取り下ろしたアテムと交換するために,航空機に装備しているアイテムとは別に有する個別アイテムの数量。 spares float
3910 予備部品の範囲 予備部品の範囲とは,部品の番号又は品名によって個別に識別した異なるアイテムの数。個別アイテムの数量には言及しない。 spares range
3920 整備要目 整備要目とは,実施しなければならない作業の内容と実施時期を明確にしたの。 maintenance specification, maintenance requirements
3930 整備規程 整備規程とは,航空運送事業者の整備プログラムを設定し,機体,系統,エンジと必要な場合は構成部品の時間管理プログラムを含む文書で,輸大臣の認可を得た文書。この文書は,航空運送事業者が作成し運輸大臣が認可して初めて公的なものとなる。この文書は,定期び不定期航空運送事業において,各型式の航空機が運用を開始す前に,各航空運送事業者が別々に認可を得なければならない。 (aircraft maintenance) operations specification
3940 構造修理マニアル 構造修理マニアルとは,航空機の一次と二次構造の識別並びに修理に関する図解説明的報を記載したマニュアル。このマニュアルは,製造業者又は運航が開発した修理手順を運航者に示す。 参考 ATA Specification No.100には,このマニュアルについ推奨する内容が記載されている。 structural repair manual (SRM)
3950 非重要構造 非重要構造とは,構造上重要なアイテムではないと判断された構造。“非重要構造は,区分された境界内で,外部と内部両方の構造について定める。 other structure
3960 部分組立品 部分組立品とは,個々に交換可能な部品(単数又は複数)を含み,全体としても交可能な組立品又は構成部品の一部を形成する2個以上の部品。 備考 関連用語の関係については,付図1参照。 subassembly
3970 (機材性)代替材 代替材とは,最初に指定した航空機が機材上の問題に遭遇したとき,代わりの式の航空機を指定すること。 参考 運航者の中には,型式にかかわらず代わりの航空機の定が,機材の代替であるという意見の者もいる。 (technical) substitution equipment
3980 部分系統 部分系統とは,系統の運用完全性に寄与する,その系統の主要機能構成部分。 備考 関連用語の関係については,付図1参照。 subsystem
3990 更新 更新とは,古いアイテムを最終的に使用から外すようにするとき,古いアイムを新アイテムに「更新」するという。技術資料に関しては,“更新は,刊行物のすべて又はどこか一部の除去と改訂版の発行を意する。 supersede
4000 供給業者 供給業者とは,航空輸送産業で使用する製品を売る組織体。製品には,予備部品情報と電子データ処理要求事項を含むことがある。 supplier, vendor
4010 余剰 余剰とは,通常の運航を支援するための予測在庫要求事項を満足するのに必な量を超えるアイテムの特定量を示す。 surplus
【 表 19 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
4020 系統 系統とは,特定の機能を果たすように配置した,相互に関係するアイテムの組特定の機能を果たすように配置した,相互に関係するアイテムの組system
4030 系統構成図マュアル 系統構成図マュアルとは,全系統の作動を説明する,航空機の系統と部分系統に関する構図を記載したマニュアル。このマニュアルは,配線図マニュアル代わるものではない。 system schematics manual (SSM)
4040 離陸断念 離陸断念とは,何らかの理由で断念しなければならない離陸。 aborted takeoff, abandoned takeoff
4050 機材性 機材性とは,用語 technical
4060 促進試験,加速試験 促進試験,加速試験とは,アイテムのストレス反応を観察するのに要する時間を短縮するめ,又は定められた時間内にこの反応を拡大するため,適用ストスレベルを標準状態での規定値を超えるように選定する試験。促試験が有効であるためには,その試験が故障の基本モードと(しくは)メカニズム,又はそれらの相対的波及度を変えてはならい。 accelerated test
4070 非破壊試験 非破壊試験とは,被試験アイテムの機能又は使用性に全く影響を与えない試験。 non-destructive test
4080 敷居値 敷居値とは,その値で,ある特定の水準又は方法の初回検査を行うことが望まい運用パラメータ(飛行サイクル,飛行時間など)の特定値。 threshold
4090 時間,タイム 時間,タイムとは,飛行時間,運航サイクル,着陸回数などの寿命測定の適切な単位。 time
4100 実整備所要時間 実整備所要時間とは,アイテムについて,予防と/又は修正整備作業を実際に行ってる時間。 active maintenance time
4110 平均飛行時間 平均飛行時間とは,一定期間中の飛行時間数と同じ期間中の出発数との比。 average trip time
4120 飛行時間 飛行時間とは,(a) 空中時間,すなわち,車輪が滑走路を離れてから車輪が滑路に着くまでの時間,又は (b) ブロック時間,すなわち,車輪止めを外してから車輪止めかけるまでの時間。 参考 FAA Regulation (FAR 1.1) では,飛行時間をブロック時と定義し,他方,European Regulation (J. A. R. 1.1) では飛行時間を空中時間と定義している。用語“飛行時間を使用するとき,又は飛行時間値を引用するときは,用する定義を示さなければならない。 flight time, flying (airborne) hours
4130 社内納期 社内納期とは,運航者自身の施設内で完成すべき作業について,要求から完了まの最大暦日数。 in-house lead time
4140 導入準備納期 導入準備納期とは,顧客の導入準備注文書を受領してから出荷までの期間について,給業者が見積もった最大暦日数。 initial provisioning lead time
4150 標準作業時間 標準作業時間とは,特定の作業に割り当てられた時間。 job standard time, target time
4160 平均整備所要間 平均整備所要間とは,計画又は/と計画外整備所要時間の分布の統計的平均値。一定間中の計画又は/と計画外整備時間数の合計を,同じ期間中の画総整備作業数又は/と計画外総整備作業数で割ったものは,均計画整備所要時間 (Ms) 又は平均計画外整備所要時間 (Mu) [及平均整備所要時間 (M) ]の推定値である。 mean maintenance time
4170 平均作業時間 平均作業時間とは,特定の作業を多数回実施するのに要した作業時間の合計を,実施数で割ったものに等しい標準的作業時間。 mean task time
4180 作動時間 作動時間とは,装備品がその意図する機能を果たしている時間。 operating time
4190 再注文納期 再注文納期とは,顧客の在庫補充注文書を受領してから,注文どおりの補充量を出するまでの期間について,供給業者が必要とする最大暦日数。 reorder lead time
【 表 20 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
4200 作業経過時間 作業経過時間とは,指定作業の開始から完了までの暦時間。 task elapsed time
4210 総使用時間 総使用時間とは,アイテムが新品のときから累積した運用時間。 total time
4220 ターンアラウドタイム ターンアラウドタイムとは,航空機を再び運航するための修理,サービス若しくは点検に必要時間,又は整備施設がアイテムを受領してから支給,出荷又は再用のどれか該当するものに適応可能にするまで,規定の作業を完するのに必要な総暦日数。 turnaround time
4230 オーバホール隔 オーバホール隔とは,アイテムが運用を許される最長時間で,オーバホールから次のオバホールまでの間隔。 time between overhauls (TBO) , overhaul period
4240 装着後使用時間 装着後使用時間とは,特定アイテムの最寄りの装着時からの累積時間。 time since installation (TSI)
4250 オーバホール使用時間 オーバホール使用時間とは,特定アイテムの最寄りのオーバホールからの累積時間。 time since overhaul (TSO)
4260 容量トンキロートル 容量トンキロートルとは,一定期間中に,航空機の評価容量(トンで表す。)と有償飛行で飛したキロメートル数(大圏距離で表す。)との積。 capacity ton kilometers
4270 生産トンキロートル 生産トンキロートルとは,無償飛行によって生じた相当トンキロメートルに,容量トンキロートルを加えて算出した数値。 production ton kilometers
4280 トレードオフ トレードオフとは,一つの特性の程度を得るため,他の特性の程度と入れ替える方法すなわち,ある条件でより高い性能を得るため,信頼性の程度を牲にしてもよいことがある。整備に対しては,より高い能力を得ため,性能の程度を犠牲にしてもよいことがあり,また,これら逆の場合もある。 参考 競合する要因の間の折り合いをとり,最適解決を決めこと(JIS Z 8115参照)trade-off
4290 トラブル トラブルとは,あらゆる機能不良,故障若しくは欠陥又はその疑いがあるもの。 trouble
4300 故障探求 故障探求とは,体系的点検又は解析手段によって,装備品の機能不良又は破損にいて箇所を特定し,診断すること。 troubleshooting
4310 (機材性)飛行返し 飛行返しとは,機上のあらゆるアイテムの機能不良又は疑わしい機能不良の結果航空機が元の空港に戻ること。 備考 「飛行引返し」は,「飛行中断」 (2390) の特殊な場合ある。 (technical) air turn back, return to station
4320 (機材性)地上返し 地上返しとは,航空機がブロックを離れ,機材面の理由によって離陸滑走を始め前に戻るとき,地上引返しとなる。 備考1. 離陸滑走を始めたが,航空機が離陸しないで戻るときその結果は「離陸断念」 (4040) となる。 2. 「地上引返し」は,「地上中断」 (2400) の特殊な場である。 (technical) ground turn back
4330 型式(かたしき) 型式とは,航空機又は装備品に対して,運輸大臣が行う型式証明又は型式承で与えられる固有の呼び方。それは,最高レベルの同一性を証明る。 備考 「型式」は,モデル,シリーズ,マーク,バージョンの他の適切な小区分に分けることもある。 type
4340 MEL使用数 MEL使用数とは,MELを使用した事例数。 備考 航空機が,不作動アイテム又は100%は作動していないイテムがある状態で出発するとき,MELを使用し,こような出発は運航者のMELによって許容される。 このような出発が,100%は作動していないアイテムを2個以上も状態で行われるときは,MELを1出発当たり2回以上使用したこになる。 minimum equipment list usage, dispatch inoperative equipment list usage
【 表 21 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
4350 航空機稼働率 航空機稼働率とは,運用中の航空機1機(特定の航空機群の中の)当たりの毎日の平均飛行時間。 備考 これは,報告期間中に航空機群が累積した総飛行時間(中)を,同り期間運用した航空機日数で割って算出する。 また,稼働率は,1年当たりの飛行時間で表すこともある。 aircraft utilization,utilization
4360 摩耗 摩耗とは,経年に伴い故障率の増加を生じる劣化の過程。 wear-out
4370 重量重心マニアル 重量重心マニアルとは,重量重心手順の解析と設定のために,航空会社が必要とするすての重量重心データを記載したマニュアル。 参考 ATA Specification No.100には,このマニュアルについ推奨する内容が記載されている。 weight and balance manual (WBM)
4380 配線図マニュル 配線図マニュルとは,整備に必要な航空機用電気と電子配線図すべてを記載したマニアル。このマニュアルはまた,装備品(電気),電線と装着につての表を含む。 参考 ATA Specification No.100には,このマニュアルについ推奨する内容が記載されている。 wiring manual (WM)
4390 (整備検査中の検査指摘事項 (整備検査中の検査指摘事項とは,整備検査中に認めた不具合の結果を書き留めた文書。 inspectlon write-ups (during maintenance inspection)
図1

付図1

  • 定義
    • 系統 (4020)
    • 特定の機能を果たすように配置した,相互に関係するアイテムの組合せ。
    • 部分系統 (3980)
    • 系統の運用完全性に寄与する,その系統の主要機能構成部分。
    • 組立品 (1200)
    • 特定の機能を果たすために結合され,分解しても意図したように使用できる群の部品,部分組立品又はそれらの組合せ。備考 組立品と部分組立品との区別は,必ずしも厳密ではない。ある場合組立品でも,他の場合には部分組立品であって,一つの組立品の一を構成することもある。
    • 部分組立品 (3960)
    • 個々に交換可能な部品(単数又は複数)を含み,全体としても交換可能な組品又は構成部品の一部を形成する2個以上の部品。
    • 構成部品 (1360)
    • 系統の作動に必要な特有の機能を果たす独立部品,部品の組合せ,部分組立又はユニット(ユニットと類義語)。
    • 部品 (3070)
    • 1個,又は通常,分解すれば意図した使用ができなくなる結合した2個以上もの。

航空 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS G 3535航空機用ワイヤロープJIS W 0106航空用語(航空機一般)
JIS K 2206航空ガソリンJIS W 0107航空用語(航空機用電気と灯火系統)
JIS K 2209航空タービン燃料油JIS W 0108航空用語(機体構造)
JIS K 2261石油製品-自動車ガソリンと航空燃料油-実在ガム試験方法-噴射蒸発法JIS W 0109航空用語(エンジン)
JIS K 2276石油製品-航空燃料油試験方法JIS W 0110航空用語(航空機の環境制御)
JIS K 2503航空潤滑油試験方法JIS W 0131航空用語-機材運用
JIS Q 9100品質マネジメントシステム-航空,宇宙と防衛分野の組織に対する要求事項JIS W 0141無人航空機-用語
JIS W 0105航空用語(油圧と空気圧系統)JIS W 8301航空標識の色

骨材・混和材料、コンクリート・セメント、コンクリート製品・タイル・れんが、ガラス、鋼材、ボード・下地材、屋根材料・床材料、エクステリア材・インテリア材、左官材料・塗装材

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。