JIS B 1756 歯車-研削後の表面焼戻しの化学的エッチング検査方法|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS B 1756 歯車-研削後の表面焼戻しの化学的エッチング検査方法の日本産業規格 JISB1756の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS B1756:2017の規格は,研削歯面の局部的な熱影響を化学的エッチングによって検出するための検査方法について規定。

歯車-研削後の表面焼戻しの化学的エッチング検査方法 規格 一覧表

JIS B 1756

歯車-研削後の表面焼戻しの化学的エッチング検査方法の一覧

最新 JIS B1756 規格の詳細 更新日 情報

JIS B 1756:2017の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS B1756 JIS改正 最新・更新日 2017年05月22日
規格名称 歯車-研削後の表面焼戻しの化学的エッチング検査方法
英語訳 Gears – Surface temper etch inspection after grinding, chemical method
対応国際規格 ISO ISO 14104:2014,Gears-Surface temper etch inspection after grinding, chemical method(MOD)
主務大臣 経済産業 制定 年月日 2008年04月20日
略語・記号 No JIS B1756:2017
ICS 21.200JISハンドブック
改訂 履歴 2008-04-20 (制定),2013-10-21 (確認),2017-05-22 (改正)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

JIS B1756:2017 目次

  • 序文
  • 1 適用範囲
  • 2 引用規格
  • 3 装置
  • 4 試薬
  • 5 検査手順
  •  5.1 一般
  •  5.2 洗浄
  •  5.3 エッチング
  • 6 検査基準
  •  6.1 目視検査と等級分類
  •  6.2 表面硬さへの影響
  • 7 エッチング変色の除去
  • 8 表面焼戻し箇所の再加工
  • 9 検査員資格
  • 10 保守と管理
  • 11 安全と環境保全
  • 12 仕様書と検査証明書
  •  12.1 仕様書
  •  12.2 検査証明書
  • 附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表

適用範囲 [1]

この規格は,研削歯面の局部的な熱影響を化学的エッチングによって検出するための検査方法について規定する。

なお,局部的な熱影響とは,表面焼戻し(目視で確認できないような軽度な研削焼けのことである。)として現れることをいう。

この規格に規定する検査工程は,通常は研削面に用いるものであるが,ハードターニング,フライス加工,ばり取り工程などのような,熱処理後の機械加工に起因する表面異常の発見にも有用である。また,浸炭又は脱炭によって生じる表面の冶金学的異常も,この検査工程で容易に検出可能である。

この規格によるエッチング検査方法は,通常の硬さ試験より表面硬さの変化に敏感である。したがって,研削後の表面焼戻しの検出には,この規格の検査方法を用いることが望ましく,過去に使用していた幾つかの方法は推奨しない。

この規格は,鉄鋼製の歯車に適用するが,軸,スプライン,軸受などの鉄鋼製の部品にも準用してよい。ただし,窒化部品とステンレス鋼には適用できない。

この表面焼戻しエッチング検査は,研削後に,超仕上げ,ショットピーニング,ホーニングなどのような他の仕上げ工程を施す前に実施するのが望ましい。

注記1 この検査方法をナイタルエッチ(nital etch)と呼ぶこともあるが,一般に金属組織を観察するために用いる従来のナイタルエッチと混同してはならない。

注記2 この規格の対応国際規格とその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 14104:2017,Gears — Surface temper etch inspection after grinding, chemical method

なお,対応の程度を表す記号「MOD」は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,「修正している」ことを示す。

引用規格 [2]

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。この引用

規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS Z 2305 非破壊試験技術者の資格と認証

装置 [3]

容器 [3.1]

容器の材質は,中に入れる溶液と反応しないものであるとともに,検査の過程で試料に損傷を与えるものであってはならない。容器には,中の溶液についての表示ラベルを貼付し,使用しないときはアルコールの蒸散による発火を避けるため,密封して保管しなければならない。容器は,検査実施機関の安全規則に従ってラベルを付けるのが望ましい。

照明 [3.2]

被検面に影と反射がないよう十分に照明しなければならない。検査時の明るさは,照度2,200 lx以上が望ましい。

洗浄装置 [3.3]

アルカリ洗浄,蒸気脱脂,溶剤洗浄又は同等の洗浄装置を用いなければならない。

時間設定装置 [3.4]

一連の部品に対し一様な検査工程を確保するために,適切な時間設定装置を使用しなければならない。

歯車 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS B 0003歯車製図JIS B 0102-1歯車用語-第1部:幾何形状に関する定義
JIS B 0102-2歯車用語-第2部:ウォームギヤの幾何形状に関する定義JIS B 0121歯車記号-幾何学的データの記号
JIS B 0160歯車-歯面の摩耗と損傷-用語JIS B 1453歯車形軸継手
JIS B 1701-1円筒歯車-インボリュート歯車歯形-第1部:標準基準ラック歯形JIS B 1701-2円筒歯車-インボリュート歯車歯形-第2部:モジュール
JIS B 1702-1円筒歯車-精度等級-第1部:歯車の歯面に関する誤差の定義と許容値JIS B 1702-2円筒歯車-精度等級 第2部:両歯面かみ合い誤差と歯溝の振れの定義並びに精度許容値
JIS B 1702-3円筒歯車-精度等級-第3部:射出成形プラスチック歯車の歯面に関する誤差と両歯面かみ合い誤差の定義並びに精度許容値JIS B 1704かさ歯車の精度
JIS B 1705かさ歯車のバックラッシJIS B 1706-1すぐばかさ歯車-第1部:基準ラック
JIS B 1706-2すぐばかさ歯車-第2部:モジュールとダイヤメトラルピッチJIS B 1707かさ歯車の歯面に関する形状偏差の定義と許容値
JIS B 1753歯車装置の受入検査-空気伝ぱ音の試験方法JIS B 1754歯車装置の受入検査-第2部:歯車装置の機械振動の測定方法と振動等級の決定
JIS B 1755平歯車とはすば歯車の負荷容量計算方法-材料の強度と品質JIS B 1756歯車-研削後の表面焼戻しの化学的エッチング検査方法
JIS B 1757-1歯車測定機の評価方法-第1部:歯車形の基準器を用いる方法JIS B 1757-2歯車測定機の評価方法-第2部:球基準器又は円筒基準器を用いた歯形測定
JIS B 1757-3歯車測定機の評価方法-第3部:平面基準器を用いた歯すじ測定JIS B 1757-4歯車測定機の評価方法-第4部:球基準器を用いたピッチ測定
JIS B 1758歯車測定機の受入検査JIS B 1759プラスチック円筒歯車の曲げ強さ評価方法
JIS B 1760-1歯車-FZG試験方法-第1部:潤滑油の耐スカッフィング性能 FZG試験方法A/8.3/90JIS B 4351すぐば傘歯車用G形刃物
JIS B 4354歯車用ホブ-第1部:むくホブの形状・寸法JIS B 4355歯車用ホブの精度
JIS B 8312歯車ポンプとねじポンプ-試験方法
progress

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。