JIS K 3611 生体工学用語(生体システム部門)|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS K 3611 生体工学用語(生体システム部門)の日本産業規格 JISK3611の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS K3611:1995の規格は,生体工学分野で用いる用語のうち,生体材料工学,生体機械工学及び生体計測工学部門で用いる用語について規定。

生体工学用語(生体システム部門) 規格 一覧表

JIS K 3611

生体工学用語(生体システム部門)の一覧

最新 JIS K3611 規格の詳細 更新日 情報

JIS K 3611:1995の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS K3611 JIS改正 最新・更新日
規格名称 生体工学用語(生体システム部門)
英語訳 Technical terms for biological engineering (biosystem)
対応国際規格 ISO
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1995年01月01日
略語・記号 No JIS K3611:1995
ICS 01.040.07,07.080JISハンドブック
改訂 履歴 1995-01-01 (制定),2002-05-20 (確認),2006-10-20 (確認),2011-10-20 (確認),2016-10-20 (確認)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

適用範囲 [1]

この規格は,生体工学分野で用いる用語のうち,生体材料工学,生体機械工学と生体計測工学部門で用いる主な用語について規定する。

分類 [2]

用語の分類は,次による。

(1) 生体材料工学 (1.1) 素材 (a) 天然高分子 (b) 合成高分子

(c) セラミックス (d) 金属 (1.2) 生体との相互作用 (a) 生体反応

(b) 生体適合性 (c) 生体分解吸収性 (1.3) 評価・試験方法 (a) 力学特性

(b) 表面特性(表面分析) (c) 安全試験法 (1.4) 滅菌 (1.5) 応用 (a) 診断系

(b) 一般外科系 (c) 歯科・口こう(腔)外科系 (d) 整形外科系 (e) 眼科系

(f) 血管外科系 (g) 胸部外科系 (h) 形成外科系 (i) 脳神経外科系

(j) じん(腎)疾患系 (k) 代謝系

(l) ドラッグデリバリーシステム系 (2) 生体機械工学 (2.1) 運動メカニズム (2.2) リハビリテーション

(2.3) ロボット (2.4) 感覚・その他 (3) 生体計測工学 (3.1) 生体電気計測

(3.2) 生体磁気計測 (3.3) 放射線計測 (3.4) 磁気共鳴計測 (3.5) 生体超音波計測

(3.6) 生体温熱計測 (3.7) 生体光計測 (3.8) 生体成分計測 (3.9) 生体画像処理

用語と定義 [3]

用語と定義は,次のとおりとする。

なお,参考のために対応英語を示す。

生体材料工学(1)

(a) 天然高分子

【 表 1 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
11001 アテロコラーゲン アテロコラーゲンとは,抗原性をもつテロペプチドを取り除いたコラーゲンで,バイオマテリアルの原料atelocollagen
11002 アルギン酸 アルギン酸とは,褐藻類から抽出される酸性多糖類で,D-マンヌロン酸とL-グルクロン酸のβ-1,4結合からなる直鎖状天然高分子。 備考 親水性ゲルとして利用されるalginic acid
11003 エラスチン エラスチンとは,動脈,けん(腱),皮膚などのような生体内の伸縮性に富んだ組織に存在する架橋構造をもつたん白質elastin
11004 グッタペルカ グッタペルカとは,植物の分泌液であるグッタを精製して固化した天然のトランス-1,4-ポリイソプレン。 備考1. 根管充てん(填)材やプラスチック副木などに利用される。 2. ガッタパーチャーともいうgutta-percha
11005 寒天 寒天とは,ガラクトースの1,3結合と1,4結合(割合は9 : 1)からなるガラクターンを主成分とするヘミセルロースの一種。 備考 親水ゲルとして使用されるagar
11006 キチン キチンとは,N-アセチル-D-グルコサミンのβ-1,4結合からなる直鎖状天然高分子。 備考 創傷被覆などに利用されるchitin
11007 キトサン キトサンとは,キチンのN-アセチル基を加水分解した,2-アミノ-D-グルコースの繰返し単位からなる塩基性多糖。 備考 水不溶の親水性ゲルを作るchitosan
11008 絹とは,蚕の繭から作られる,主にフィブロインから構成される天然繊維。 備考 縫いやすい手術糸として利用されているsilk
11009 グリコサミノグリカン グリコサミノグリカンとは,アミノ糖とウロン酸(又はガラクトース)からなる二糖の繰返し単位で構成された複合多糖。 備考 旧称,ムコ多糖(11025 参照)glycosaminoglycan
11010 血清アルブミン 血清アルブミンとは,血しょう(漿)中に含まれる成分のうち,最も多い球状たん白質。 備考 生体材料に対しては不活性serum albumin
11011 コラーゲン コラーゲンとは,動物の結合組織を構成する最も主要な三重ら旋たん白質で,細胞間物質の一つ。 備考 生体由来のバイオマテリアルとして広く用いられるcollagen
11012 酢酸セルロース 酢酸セルロースとは,セルロースのヒドロキシル基をアセチル化したセルロース誘導体の一つ。 備考 血液透析,逆浸透膜,ろ(濾)過膜などに使われるcellulose acetate
11013 生体高分子 生体高分子とは,たん白質,核酸,多糖などの天然高分子。 備考 遺伝,物質代謝などの生命を維持する機能をもつbiopolymer
11014 セルロース セルロースとは,β-D-グルコースが1と4の位置で脱水縮合した多糖。 備考 植物体の細胞壁を構成している天然高分子の一つであり,血液透析膜として広く利用されているcellulose
11015 ゼラチン ゼラチンとは,高等動物の全たん白質の31を占めるコラーゲンの三重ら旋構造が壊れた変性体gelatin
11016 生体由来材料 生体由来材料とは,生体材料のうち,動物や人の生体から得られる材料tissue-derived biomaterial
11017 デキストラン デキストランとは,グルコース残基だけからなり,α-1,6結合の主鎖にα-1,3などで結合した分岐をもつ高分子量の多糖。dextran
11018 天然高分子 天然高分子とは,天然に存在する,動物と植物を構成する有機高分子natural polymer, naturally-occurringpolymer
11019 天然ゴム 天然ゴムとは,へベア樹の樹皮の切口から採取した乳白色のラテックスを少量のぎ酸で凝固させて乾燥したシスポリイソプレンを主体とする混合物natural rubber
11020 でんぷん でんぷんとは,約20%のアミロース(α-1,4-.α-1,6グルコシド結合重合体)の混合物。starch
11021 トロポコラーゲン トロポコラーゲンとは,コラーゲン繊維を構成している基本のコラーゲン分子tropocollagen
11022 ヒアルロン酸 ヒアルロン酸とは,β-D-N-アセチルグルコサミンの3位とβ-D-グルクロン酸の4位が交互に結合してできた直鎖状の多糖hyaluronic acid
11023 ヒドロキシエチルデンプン ヒドロキシエチルデンプンとは,でんぷんの酸化エチレンによる水酸基のヒドロキシエチル化によって得られるでんぷん誘導体hydroxyethyl starch
11024 ポリβ-ヒドロキシ酪酸,PHBポリβ-ヒドロキシ酪酸,PHBとは,微生物が産生する3-ヒドロキシ酪酸重合体である生分解性脂肪族ポリエステルpoly β-hydroxybutyricacid
11025 ムコ多糖 ムコ多糖とは,動物の粘性分泌物から得られるアミノ糖を含む複合多糖の総称。 備考 グリコサミノグリカンの旧称 (11009 参照 )mucopolysaccharide acid

(b) 合成高分子

【 表 2 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
11026 可塑剤 可塑剤とは,高分子に添加して塑性柔軟性を与え,加工性を改良する物質。 備考 ポリ塩化ビニルを軟質にする2-エチルヘキシンジフタレートが代表的plasticizer
11027 共重合体 共重合体とは,2種類又はそれ以上の異なる単量体から構成された重合体copolymer
11028 合成高分子 合成高分子とは,主鎖が主として共有結合でできている人工的に合成された分子量が約10,000以上の巨大分子synthetic polymer
11029 高分子複合体 高分子複合体とは,ミクロにみて高分子を2種類以上含んでいる高分子多相系であり,ブロック共重合体,グラフト共重合体とポリマーアロイの総称polymer alloy
11030 シリコーン シリコーンとは,有機けい素,化合物シロキサンの高分子同族体。 備考 ゲルとエラストマーとして医療に使用されるsilicone
11031 常温重合開始剤 常温重合開始剤とは,分解の活性化エネルギーが小さく,常温でラジカルイオンなどの活性種を容易に発生でき,連鎖重合を開始できる化合物room-temperatureinitiator
11032 水溶性高分子 水溶性高分子とは,分子中に水と強く相互作用する極性基(イオン性基,ヒドロキシル基,アミノ基,アミド基,エーテル基など)を数多く含み,水に溶解する高分子water-soluble polymer
11033 多相系高分子材料 多相系高分子材料とは,2種類以上の高分子を混合又は結合した系において,通常の電子顕微鏡レベルの大きさで相構造の発生が認められる材料multi-phase polymermaterial
11034 炭素繊維 炭素繊維とは,単体炭素を主体とする繊維状材料carbon fiber
11035 ポリアミド ポリアミドとは,主鎖にアミド結合 (-CONH-) をもつ重合体の総称polyamide
11036 軟質ポリ塩化ビニル, 可塑化ポリ塩化ビニル 軟質ポリ塩化ビニル,可塑化ポリ塩化ビニルとは,ポリ塩化ビニルに可塑剤を配合し,柔軟材を付与したポリ塩化ビニルplasticized polyvinylchloride
11037 熱可塑性エラストマー 熱可塑性エラストマーとは,加熱すると塑性変形しやすくなり,常温付近で弾性を示す高分子thermoplastic elastomer
11038 ヒドロゲル ヒドロゲルとは,水を分散媒とするゲル。 備考 含水ソフトコンタクトレンズなどとして用いられているhydrogel
11039 高分子複合材料 高分子複合材料とは,有機又は無機金属系の粒状物,ウイスカー,繊維などの強化材を高分子樹脂の母材で固めて複合化し,力学的・物理的特性を向上させた材料polymer composite
11040 ポリ(4-メチルペンテン-1) ポリとは,プロピレンのダイマー,4-メチルペンテン-1-CH2=CHCH2CH (CH3) CH3-の重合体。 備考 透明性が高くディスポーザブル医療用具の素材に適するpoly (4-methylpentene-1)
11041 ポリウレタン ポリウレタンとは,ウレタン結合-NHCOO-を主鎖中にもつ弾性のある重合体。 備考 血液透析器のポッティング材と血液接触材料として利用されるpolyurethane
11042 ポリエチレン ポリエチレンとは,エチレンの重合体- [CH2CH2] n-polyethylene
11043 ポリエチレングリコール ポリエチレングリコールとは,エチレンオキシドの繰返し構造をもつ水溶性高分子。 備考 改質材の一種polyethylene glycol
11044 ポリエチレンテレフタレート ポリエチレンテレフタレートとは,エチレングリコールとテレフタル酸との重縮合によって得られる構造をもつポリエステル。 備考 人工血液などの材料polyethylene terephthalate
11045 ポリカーボネート ポリカーボネートとは,ビスフェノール-Aとホスゲンの重縮合体で得られる炭酸エステル基を主鎖にもつポリマー。 備考 透明であり,医療用具のハウジングに多用されているpolycarbonate
11046 ポリグリコール酸 ポリグリコール酸とは,グリコール酸 (HOCH2COOH) の重縮合体の構造をもつ生体吸収性の合成脂肪族ポリエステル。 備考 ポリグリコリド (polyglycolide) ともいうpolyglycolic acid
11047 ポリスルホン ポリスルホンとは,主鎖に-SO2-をもつ高分子の総称polysulfone
11048 ポリテトラフルオロエチレン ポリテトラフルオロエチレンとは,テトラフルオロエチレンを重合して得られる高分子。 備考 生体安全性と耐久性が高いのでバイオマテリアルとして広く利用されているpolytetrafluoro-ethylene
11049 ポリ乳酸 ポリ乳酸とは,乳酸 [HOCH (CH3) C00H] の重縮合体。 備考 生体吸収性の合成脂肪族ポリエステルpolylactic acid
11050 ポリビニルアルコール ポリビニルアルコールとは,ポリ酢酸ビニルを加水分解して得られる親水性重合体 [-CH2CH (OH) n] polyvinyl alcohol
11051 ポリメタクリル酸2-ヒドロキシエチ ポリメタクリル酸2-ヒドロキシエチとは,メタクリル酸2-ヒドロキシエチルの重合によって得られる重合体。 備考 ソフトコンタクトレンズなどに利用されているヒドロゲルpoly2-hydroxyethylmethacrylate
11052 ポリラクチド ポリラクチドとは,ポリ乳酸(11049)の項参照polylactide
11053 ミクロ相分離構造 ミクロ相分離構造とは,分子内にミクロ的に不均質な構造をとる高分子。 備考 微視的には,同種の成分どうしが集合して相分離し,形成されたドメインがモザイク状に入り組んだ構造microphase-separatedstructure
11054 2-シアノアクリレート 2-シアノアクリレートとは,2-シアノアクリル酸 [CH2=C (CN) COOH] のエステル。 備考1. 水分で重合が常温で開始されるので生体用瞬間接着剤として,緊急避難的に使用されることがある。 2. α-シアノアクリレートともいう。2-cyanoacrylate
11055 ポリスチレン ポリスチレンとは,スチレンの重合体。 備考 細胞培養や臨床検査にも用いられ,熱可塑性,透明性に富むはん(汎)用プラスチックpolystyrene
11056 ポリホスファゼン ポリホスファゼンとは,りん原子と窒素原子が交互にりん-窒素二重結合体で結合した無機高分子化合物の総称。一般式は- (PR2=N) n-。 備考 生体吸収性の誘導体も合成されているpolyphosphazene
11057 ポリプロピレン ポリプロピレンとは,プロピレンの重合体- [CH2CH (CH3) ] n-。 備考 注射筒,縫合糸,膜材料などに使用されるpolypropylene
11058 ポリメタクリル酸メチル ポリメタクリル酸メチルとは,メタクリル酸メチルエステルの重合体。 備考 眼科,歯科,整形外科,血液浄化に称されるpolymethyl methacrylate

(c) セラミックス

【 表 3 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
11059 アルミナ アルミナとは,Al2O3の化学組成をもつアルミニウム酸化物。 備考 硬組織代替材料に使用されるalumina
11060 ウォラストナイト ウォラストナイトとは,CaSiO3の化学組成をもつ三斜晶系,空間群PTのけい酸カルシウム。 備考 日本名は,けい灰石wollastonite
11061 結晶化ガラス 結晶化ガラスとは,ガラスを適当な温度で再加熱してガラス中に微細な結晶を析出させたガラスと結晶の複合体glass ceramics
11062 コーティング材料 コーティング材料とは,生体適合性を高めるために基材の表面を被覆するために用いる材料。 備考 抗血栓性や骨接着性を改善する材料coating material
11063 ジルコニア ジルコニアとは,ジルコニウムの酸化物 (ZrO2) 。 備考 安定化ジルコニアは高じん(靱)性をもち,従来のセラミックスの欠点を補い,構造物に用いられるzirconia
11064 生体活性セラミックス 生体活性セラミックスとは,骨内に埋入するとセラミックス表面に骨の無機質と同じヒドロキシアパタイトの膜を形成し,この膜を介して骨と化学的に直接結合できるセラミックスbioactive ceramics
11065 生体不活性セラミックス 生体不活性セラミックスとは,生体内で化学的に安定で溶出物をもたないが,骨とは化学的に結合しないセラミックスbioinert ceramics
11066 バイオガラス バイオガラスとは,Na2O-CaO-P2O5-CaF2-B2O3-SiO2系のガラスで,骨と直接化学結合する組成範囲をもつガラス。 参考 1969年に米国のL. L. Henchが開発し,命名したbioglass
11067 バイオセラミックス バイオセラミックスとは,(1) 人体に埋入して生体機能の回復や増強をはかるために用いられるセラミックス。 (2) 酵素固定化,細菌・ウィルス分離,生化学反応触媒などに用いられるバイオテクノロジーセラミックス。 備考 普通は(1)の意味で用いられるbioceramics
11068 パイロライトカーボン パイロライトカーボンとは,メタン,プロパン,ベンゼンなどの炭化水素を700~2,000°Cで熱分解して得られる炭素材料。熱分解炭素ともいうpyrolytic carbon
11069 ヒドロキシアパタイト ヒドロキシアパタイトとは,Ca10 (PO4) 6 (OH) 2の化学組成をもつ結晶。 備考1. 天然の骨や歯の無機質成分とほぼ同じ生体活性セラミックスの一種。 2. HAともいうhydroxyapatite
11070 りん酸三カルシウム りん酸三カルシウムとは,Ca3 (PO4) 2の化学組成をもつりん酸カルシウム。tricalcium phosphate

生体 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS K 3610生体工学用語(生体化学部門)JIS K 3611生体工学用語(生体システム部門)
JIS T 0302金属系生体材料のアノード分極試験による耐食性の評価方法JIS T 0304金属系生体材料の溶出試験方法
JIS T 0306金属系生体材料の不動態皮膜のX線光電子分光法(XPS)による状態分析JIS T 0309金属系生体材料の疲労試験方法
JIS T 0310金属系生体材料の切欠き効果と疲労き裂進展特性の試験方法JIS T 0330-1生体活性バイオセラミックス-第1部:多孔質バイオセラミックスの気孔構造の分析方法
JIS T 0330-2生体活性バイオセラミックス-第2部:多孔質バイオセラミックスの強度試験方法JIS T 0330-3生体活性バイオセラミックス-第3部:溶解速度試験方法
JIS T 0330-4生体活性バイオセラミックス-第4部:りん酸カルシウム骨ペーストの物理化学的特性の測定方法JIS T 3228生体組織採取用生検針
JIS T 6001歯科用医療機器の生体適合性の評価

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

製品認証、製品規格、試験方法、試験器、関連規格

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。