JIS B 0160 最新規格 歯車-歯面の摩耗及び損傷-用語|JIS規格 一覧|改正 更新情報|制定

JIS B 0160 歯車-歯面の摩耗と損傷-用語の規格 JISB0160の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS B0160:2015の規格は,目視によって歯面の外観及び歯車に見られる摩耗及び損傷に使用する用語及び定義並びに原因及び対策について規定。

歯車-歯面の摩耗と損傷-用語 規格 一覧表

JIS B 0160

歯車-歯面の摩耗及び損傷-用語の一覧

最新 JIS B0160 規格の詳細 更新日 情報

JIS B 0160:2015の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS B0160 JIS改正 最新・更新日 2015年01月20日
規格名称 歯車-歯面の摩耗と損傷-用語
英語訳 Gears – Wear and damage to gear teeth – Terminology
対応国際規格 ISO ISO 10825:1995,Gears-Wear and damage to gear teeth-Terminology(MOD)
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1999年01月20日
略語・記号 No JIS B0160:2015
ICS 01.040.21,21.200JISハンドブック
改訂 履歴 1999-01-20 (制定),2005-01-20 (確認),2009-10-01 (確認),2015-01-20 (改正),2019-10-21 (確認)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

適用範囲 [1]

この規格は,目視によって歯面の外観と歯車に見られる摩耗と損傷に使用する用語と定義並びに原因と対策について規定する。

注記 この規格の対応国際規格とその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 10825:1995,Gears — Wear and damage to gear teeth — Terminology

なお,対応の程度を表す記号「MOD」は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,「修正している」ことを示す。

用語と定義 [2]

一般 [2.1]

各用語には歯車の歯に起きた現象,と観察するときの要点を簡潔に示し,必要に応じて歯車の機能に与える影響についても記載している。また,各用語に対してはその典型的と考えられる図を示し,分かりやすいように説明を付けている。

歯車の損傷を観察するとき,二つの重要な視点がある。一つは,歯車を観察する機会があるごとに歯面の健全性を確認することである。歯車の多くは壊れた場合の補修に時間を要するため,故障予知は重要な視点である。歯面の観察だけから全てを知ることはできないが,歯車の寿命に関わる少しでも多くの情報を得ることが重要である。こうした観点から,運転に伴う歯面の僅かな変化を捉えることが大切である。

もう一つは,歯車の損傷を観察し,その対策を講じようとするとき,損傷した最終局面だけが重要というわけではないことである。歯車の損傷形態が時間とともに変化することはしばしば見受けられることであり,かつ,その初期状態こそ歯車の健全性を損なう原因であることが多い。初期状態の中には歯車の生産段階において,既にその兆候を示すことがある。

こうしたことを踏まえ,損傷形態を歯車の運転前に起因するもの,損傷の一形態であるが,直ちに歯車の機能をなくしたり,特別な要因が負荷されない限り致命的な害悪を及ぼさない損傷形態,時間の経過に伴い,状況が悪化し致命的な損傷形態を引き起こすおそれのある経過的損傷形態,と歯車の機能喪失に絡む最終的損傷形態を意識して区別した。

なお,観察された現象の発生原因の可能性とその対策については触れていない。また,その損傷が見かけ上類似した現象であっても,発生原因が明らかに異なる場合は損傷名を異なったものとし,損傷名から発生原因と対策がある程度把握できるよう配慮した。

また,説明の中で,この規格に採用されている損傷名を用いる場合には,その損傷名を太字で表した。

運転前欠陥(failure due to gear production and material) [2.2]

歯車の運転前に生じている損傷。

主として加工,熱処理又は材料欠陥による。

歯車は,動力又は回転を伝達するための重要な役割を担い,装置の不具合時に行われる検査と定期検査で慎重に点検される。歯車の損傷はこうしたときに見つけられ,損傷原因の追及が始まる。このとき,歯車の損傷又はその原因となる欠陥が運転前に既に存在しており,それが運転によって顕在化したに過ぎない場合がしばしば見られる。

歯車は,その表面が直接大きな応力又は滑りを受けるので,その性能にとって,歯面の性状が極めて重要であり,製造には十分な留意が必要である。

ここに含まれる損傷形態は,次による。

- 仕上げ歯面の加工不良

- 研削焼け

- 研削割れ

- 熱処理欠陥

- 材料欠陥

- 加工によるばり

歯車 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS B 0003歯車製図JIS B 0102-1歯車用語-第1部:幾何形状に関する定義
JIS B 0102-2歯車用語-第2部:ウォームギヤの幾何形状に関する定義JIS B 0121歯車記号-幾何学的データの記号
JIS B 0160歯車-歯面の摩耗と損傷-用語JIS B 1453歯車形軸継手
JIS B 1701-1円筒歯車-インボリュート歯車歯形-第1部:標準基準ラック歯形JIS B 1701-2円筒歯車-インボリュート歯車歯形-第2部:モジュール
JIS B 1702-1円筒歯車-精度等級-第1部:歯車の歯面に関する誤差の定義と許容値JIS B 1702-2円筒歯車-精度等級 第2部:両歯面かみ合い誤差と歯溝の振れの定義並びに精度許容値
JIS B 1702-3円筒歯車-精度等級-第3部:射出成形プラスチック歯車の歯面に関する誤差と両歯面かみ合い誤差の定義並びに精度許容値JIS B 1704かさ歯車の精度
JIS B 1705かさ歯車のバックラッシJIS B 1706-1すぐばかさ歯車-第1部:基準ラック
JIS B 1706-2すぐばかさ歯車-第2部:モジュールとダイヤメトラルピッチJIS B 1707かさ歯車の歯面に関する形状偏差の定義と許容値
JIS B 1753歯車装置の受入検査-空気伝ぱ音の試験方法JIS B 1754歯車装置の受入検査-第2部:歯車装置の機械振動の測定方法と振動等級の決定
JIS B 1755平歯車とはすば歯車の負荷容量計算方法-材料の強度と品質JIS B 1756歯車-研削後の表面焼戻しの化学的エッチング検査方法
JIS B 1757-1歯車測定機の評価方法-第1部:歯車形の基準器を用いる方法JIS B 1757-2歯車測定機の評価方法-第2部:球基準器又は円筒基準器を用いた歯形測定
JIS B 1757-3歯車測定機の評価方法-第3部:平面基準器を用いた歯すじ測定JIS B 1757-4歯車測定機の評価方法-第4部:球基準器を用いたピッチ測定
JIS B 1758歯車測定機の受入検査JIS B 1759プラスチック円筒歯車の曲げ強さ評価方法
JIS B 1760-1歯車-FZG試験方法-第1部:潤滑油の耐スカッフィング性能 FZG試験方法A/8.3/90JIS B 4351すぐば傘歯車用G形刃物
JIS B 4354歯車用ホブ-第1部:むくホブの形状・寸法JIS B 4355歯車用ホブの精度
JIS B 8312歯車ポンプとねじポンプ-試験方法
progress

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。