ベビーカー選び!購入?不必要?そもそも必要?

孫が生まれて!はや1か月になり。「ベビーベット」はリサイクル品をリメイクして使っていますが。そろそろ!ベビーカーを検討する時期ではないでしょうか。しかし近頃、問題になっていますね。バスや電車内で迷惑されているようですね。

stroller|DIY的ライフ

ベビーカーてどんな種類があるの

まずは 首がまだ、すわっていない「生後1カ月」なので、 「A型のベビーカー」になりますか。

「B型のベビーカー」は「おすわり」ができる「生後7カ月」前後頃からですか。
「背もたれ角度」などの安全基準が「製品安全協会・SGマーク」でありますね。

A型では最も倒した時に、
座面と背もたれの角度が150度以上で「生後4カ月」以降は130度以上。
B型では100度以上と「安全基準」があります。

1ヶ月~36ヶ月:グラつきも振動も抑えた軽量ベビーカーカルーンプラスがハイシートタイプになって新登場!★ここがすごい1★地上高53㎝とシート高を高くしました。38cmのシート高ベビーカーと比べ、表面温度が約2℃低く、空気中の粒子も1~2割低減されます。赤ちゃんの身体を守るために、なるべく熱やホコリから遠ざけてあげることが大切です。★ここがすごい2★【マルチショックレス構造ボディフレーム採用】高剛性フレームとサスペンションでフレーム自体の振動を軽減し、快適な乗り心地を実現。後輪にもサスペンションを搭載。★ここがすごい3★3Dサスペンション外出先は砂利道やアスファルトの道が多くあります。そこで赤ちゃんの心地よい乗り心地を実現する為の機能を搭載。屈曲性、耐久性、衝撃吸収に優れた素材と形状をとっています。★ここがすごい4★ママに使いやすい機能満載。荷物がスッキリ入る便利な下カゴ。片手でカンタン開閉。たたんだ状態でも自立するので収納に便利です。★まだまだあるスゴイ特徴★座面シートに「メッシュシート」、強い日差しや紫外線から守る「フルカバー幌」、路面の放散熱をはねかえし、温度上昇を防ぐ為にシート裏側に通気孔と反射板を装備した「Wサーモメディカルシステム」、路面からの振動を和らげ、赤ちゃんへの快適性を実現した「ワイドタイヤ」、首のねじれを防ぎ、成長に合わせて自然な姿勢を保持し、頭や腰を守りつつ自由な動きを妨げない「メディカル成長マモール」搭載。安全警告SG[本体サイズ]【開いた時】幅46×奥行83.5~97×高さ99~100(cm)【閉じた時】幅46×奥行32×高さ97(cm)【製品重量】4.8kg[製造国]中華人民共和国[素材]アルミ/鉄/樹脂(ABS/PP/PA/POM/EVA)/ゴム(NBR)ect生地:ポリエステル/ナイロン/ウレタンフォーム/ブレスエアー(ペルプレン)[セット内容・付属品]取扱説明書※下カゴ容量:16L/5kgまで※シート先端の裏部分のフレームに足乗せサポートがありますのでリクライニングを倒した状態の時に伸ばして使用くださいませ。

●パパママ安心の窓付き●キレイにさっぱり、清潔●これは便利!●あんしんの3年保証サービス

stroller|DIY的ライフ

他にも色々と基準がありますが・・・使うとしたら「安心・安全」で使いたいですからね。

しかし、 A型とB型では価格の差があります。
A型は価格が高くてB型は「比較的に安い」ですね。
「重量も軽くてコンパクト」で「取り回し」が良さそうな製品が多いです。
B型で見かけないのは「対面式」にできるタイプです。
対面だと移動中に子供と様子が見えるので安心ですね。

ベビーカーの選び方

価格はともかくとして、A型を購入するのも良いが あわてて買って後々、使いづらくなるよりも 7ヶ月になるまで待ってからB型のベビーカーで良い様な 気にもなって来ましたね。
まぁ~ 結局のところ私が使用するのではないのですが・・・