JIS A 5006 最新規格 割ぐり石|JIS規格 一覧|改正 更新情報|制定

JIS A 5006 割ぐり石の規格 JISA5006の一覧・種類と呼び方,品質,数値の換算,見掛比重,吸水率,圧縮強さ,基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS A5006:1995の規格は,土木・建築に使用する割ぐり石について規定。

割ぐり石 規格 一覧表

JIS A 5006

割ぐり石の一覧

最新 JIS A5006 規格の詳細 更新日 情報

JIS A 5006:1995の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS A5006 JIS改正 最新・更新日 1995年02月01日
規格名称 割ぐり石
英語訳 Rubbles
対応国際規格 ISO
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1961年07月01日
略語・記号 No JIS A5006:1995
ICS 91.100.15JISハンドブック 土木I:2019
改訂 履歴 1961-07-01 (制定),1964-07-01 (確認),1968-11-01 (確認),1972-03-01 (確認),1975-10-01 (改正),1978-10-01 (確認),1983-12-01 (確認),1989-03-01 (確認),1995-02-01 (改正),2000-03-20 (確認),2006-11-20 (確認),2011-10-20 (確認),2016-10-20 (確認)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

適用範囲 [1]

この規格は,主に土木・建築に使用する割ぐり石について規定する

備考 この規格の中で{ }を付けて示してある単位と数値は,従来単位によるもので,参考値である

原石と割ぐり石の定義 [2]

2.1 割ぐり石の原石は,花こう岩類,安山岩類,砂岩類,凝灰岩類,石灰岩類,けい岩類又はこれらに準じる岩石とする

2.2 割ぐり石は,2.1の原石を破砕したものであって,うすっぺらなもの,細長いものであってはならない。

うすっぺらとは,厚さ (C) が幅 (B) の21以下のものをいい,細長とは,長さ (A) が幅 (B) の3倍以上のものをいう。

長さ,幅,厚さの測り方は,割ぐり石の投影図の面積が最大となる位置において,図1の例のように測る。

割ぐり石

図1 割ぐり石

A: 長軸の最大長さ (cm)

B: Aに直角に測った最大長さ (cm)

C: 投影面に垂直に測った最大長さ (cm)

種類と呼び方 [3]

割ぐり石は,質量によって表1のように区分する

【 表 1 】 質量による区分
呼び方 1個の質量kg 荷口の許容差
標準値 許容差
割ぐり石 1号10±20%(1個の質量の標準値の許容差をはずれるものの合計質量の,全質量に対する百分率)30%
割ぐり石2号20
割ぐり石3号30
割ぐり石5号50
割ぐり石10号100±10%
割ぐり石20号200
割ぐり石30号300
割ぐり石50号500
割ぐり石70号700
割ぐり石100号1000

備考 質量の算出方法は2.2の測り方を用い,次の式によって算出してもよい。

質量m (kg)=V (cm3) ×見掛比重×0.13

V (cm3)=A×B×C×0.25

ここに, V: 体積 (cm3)

A: 長さ (cm)

B: 幅 (cm)

C: 厚さ (cm)

品質 [4]

割ぐり石は,その圧縮強さによって表2のとおり硬石,準硬石又は軟石に区分する

【 表 2 】 圧縮強さによる区分
種類 圧縮強さN/cm2{kgf/cm2} 参考値
吸水率% 見掛比重g/cm3
硬石4903.3{500}以上5未満約2.7~2.5
準硬石4903.3{500}未満 980.66{100}以上5以上 15未満約2.5~2
軟石980.66{100}未満15以上約2未満

試験方法 [5]

数値の換算 [5.1]

従来単位の試験機又は計測器を用いて試験する場合の国際単位系 (SI) による数値への換算は,次による

1kgf=9.80N

見掛比重 [5.2]

試験体は,3個の供試割ぐり石からそれぞれ1個ずつ切りとり,大きさ10×10×20cmの直方体(1)とする。

試験体の加圧面は平たん仕上げとする。

これを105~110°Cの空気乾燥器内で恒量となるまで乾燥する。その後取り出してデシケータに入れ,冷却したのち質量と正味体積を量る。

見掛比重は,次の式によって算出し,試験体3個の平均値をもって表す。

見掛比重=質量(g) / 正味体積(cm3)

(1) 20cmを石理にほぼ垂直方向とする。

吸水率 [5.3]

見掛比重測定時の試験体の質量を乾燥時の質量とする。次に図2に示すように石理を水面と平行にし,かつ上部1cmを常に水面上になるように浸水して,20±3°Cで多湿の恒温室内に置く。48時間経過後取り出し,手早く浸水部分の水をふきとり,直ちに質量を量り,吸水時の質量とする。

吸水率は,次の式によって算出し,試験体3個の平均値をもって表す。

吸水率(%) = 吸水後の質量(g) -乾燥時の質量(g) / 乾燥時の質量(g)×100

吸水率

図2

圧縮強さ [5.4]

吸水率測定後の試験体を使用し,吸水時の質量測定後,直ちに試験する。

加圧には,中央に球接面をもつ伝圧装置を用いて,原則として石理に垂直に毎cm2当たり毎秒98.066N

{10kgf} の速さで加圧する。

圧縮強さは,次の式によって算出し,試験体3個の平均値をもって表す。

圧縮強さ(N/cm2) {kgf/cm2} = 最大荷重(N) {kgf} / 断面積(cm2)

断面積を算出する場合,各辺の寸法は,0.1mmまで正確に測る。

基本、製品認証、コンクリート製品、土木資材〔セメント/骨材/混和材/混和剤/鋼材/その他〕、生コンクリート、製造設備・器具、試験方法〔コンクリート/骨材/セメント/工程管理〕、その他

土質試験・地盤調査、土工機械〔一般・特性・要素/ブルドーザ・積込機械・運搬機械/掘削機械/クレーン/基礎工事用機械/トンネル工事用機械・せん孔機械/コンクリート施工機械・機具/道路工事機械など(路盤・舗装・締固め機械)/その他施工機械・機具〕

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。