照明|DIY|インテリア|手作り|作り方|ライトカバー(1ページ目)

DIYで照明!リビングやダイニング・キッチン!和室!玄関などの天井照明!おしゃれなインテリア!自作で手作り照明!木製で北欧風なカバー!フロアライト・led・シーリングライト・ランプ・蛍光灯にもオリジナルな照明器具のDIYプチリフォームアイデアです!

DIYで照明カバー

DIYでキッチンに照明

キッチンに照明

照明カバーのフレームには以前に自作した「ウォールキャビネット・キッチン壁吊り戸棚」のキャビネット扉に合わせて!電動ルータービットの「クラウンモール加工」の北欧・ヨーロッパ・カントリー調の仕上げです。

DIY手作り照明カバーの作り方

手作りライティングカバーのフレーム

製作には「ビスケットジョイナー・ジョイントカッター」と言う電動工具を使用し、フレームを組立てる方法をとっています。この「ビスケットジョイナー」を使うと材料・木材に「釘・ビス」を使用することなく、「木工ボンド」と「ビスケットチップ」と呼ばれる楕円形の圧縮した木片を材料に差し込み「二つの板材を1枚の板ように接ぐことができます。「おすすめの電動工具」の一つです! とても頑丈で強度の強い!「継ぎ・突合せ」接合が簡単にできますよ。

電動工具ビスケットジョイナー・ジョイントカッター

定評あるマキタのビスケットジョイントカッターです。米国マキタが販売しており、3901の後継機種となります。国内で販売されているものと同等品が、北米正規代理店からの並行輸入品ですので、国内でのメーカー保証が無い分、非常に安価にご提供できます。

作るのに必要な材料

「ホームセンター」で手軽に入手可能な!「1×4(ワンバイフォー)SPF材」を使うことにしました。今回、製作したカバーは正方形で外形サイズが510mm角です。大き目な「ピクチャーフレーム」を手作りする様な感じです。

ワンバィフォー材

  • 1)幅89mm厚み19mm長さ520mm 材料取りは「少し大き目(≒10mm程度)」に1×4材をカット

ビスケット「ビスケットジョイナー・ジョイントカッター」用

#0(0番):250枚#10(10番):250枚#20(20番):500枚›各社ジョイントカッター対応。#サイズは全社共通です。

必要な用意したいツール

クラウンモール加工 電動ルータービット

軸径1/2Shank(12.7mm)電動トリマー1/2Shank(12.7mm)軸専用です。(お間違えの無いようにお願いします)6mm、6.35mm、12mm専用電動ルーターでは使用できません、各メーカから発売されている1/2(12.7mm)用変換コレットをご利用ください。☆モール加工用:クラウンモールルータービット☆刃の材質:マイクロ・タングステンカーバイト(Microtungstencarbide)☆軸の部分にブランド名と加工最適スピードが明記されています。☆広い部屋など幅広のモール加工をするときに使用するリーバーシブルクラウンモールビットです。☆木工作品のエッジやモールを飾ると高級感がまし、ヨーロッパ調家具やカントリー家具のアンティーク風になりますよ。☆部屋の天井の端をモールで飾ると、ゴージャスになりますよ!☆モール加工した材をオフホワイトで塗装し、部屋を装飾することによってディズニーのようなメルヘンチックな部屋に改装できますよ。

デュアル・パラシュート木工フェザーボード

■デュアル・パラシュートフェザーボード●「ルーターテーブル」や「テーブルソー」などに使用します。●上下2段重ねに設置することが出来るので「薄い板」などの加工でも安定して押さえることが出来ます。●2枚一緒に設置して使用する事や「ばらして」1枚、1枚別々に使用することもできます。●一般のフェザーボードよ・・・・

使用するベルトサンダー

木材の表面研磨に塗装はがしに作業台などに固定して小物の研磨にセット内容:本体×1、サンディングベルト#60/#120/#180×各1、ダストバッグ×1、クランプ×2電圧:AC100V、周波数:50/60Hz、電流:7.1A、消費電力:680W回転数:約28,000min-1ベルトサイズ:約幅76×周長457mmベルト速度:約3.6m/s(約220m/min)本体サイズ:約長さ265×幅150×高さ140(mm)、質量(本体のみ)約:2.4kg定格時間:30分、コード長:約2m
高い研磨能力で広い平面の研磨や研削加工に最適
保持しやすい補助グリップ付
研削粉の飛散を防ぐダストバッグ付
キワの研磨にも

その他の工具

  • 電動ドリル
  • のこぎり又は電動工具・卓上丸ノコ・スライドソー
  • サンディングパッド
  • ウッドクランプ
  • ライトアングルクランプ

作り方・加工・製作

材料をスライドソーで切断

材料をスライドソーで切断

1)「1×4材(ワンバイフォー)」から卓上スライドソーで材料取りを少し大き目に(≒10mm程度)1×4材をカットします

ルーターテーブルでシーリングライトカバー

クラウンモール ビットとルータテーブル

2)切断した材料の「カバーの表面」になる側に「クラウンモールの加工」をします。自作のルータテーブルにHITACHIの電動ルーターを取付けています。このルータに好みの形状が加工できる「クラウンモール ビット」をコレットチャックに固定して

北欧インテリア雑貨

フェザーボード取付け・使い方

3)加工する木材・材料の加工面「1×4材(ワンバイフォー)」の幅は89mmあるのでデュアル・パラシュートフェザーボードを2枚重ねて使用します。

このフェザーボードは重ねて使えるタイプ(仕様)になっています。

ライティングカバー

ルータテーブルのフェンスの位置

4)ルータテーブルのフェンスの位置を決めて、ルータービットの高さを設定します。 この「クラウンモールビット」は一度に切削する高さ(幅)が多いので、

使用しているルータービットでは「3回程度に分けてトータルで3mm~4mm」を削ります。

加工時の切削抵抗がとても大きくて「危険な場合」がありますので一度に切削加工せずに数回に分けて行います。

切削工具の電動ルータービット

電動ルータービットでモール加工

5)綺麗なモール加工ができました。

ビスケットジョイナーでジョイント・継ぎ手の加工

ビスケットカッターを使用

ビスケットカッターを使用

1)ビスケットジョイナー・カッターを使用し、モール両端の45度にカットした部分へ「ジョイント・継ぎ手」の溝加工をします。 私が使用しているビスケットジョイナーはポーターケーブル社製で「アメリカのアマゾンから個人輸入」した電動工具です。購入した当時は国内で買うよりは価格はとても安かったので、海外から個人輸入しました。

使用している電動工具 ポーターケーブル 557

キャリングケース4インチブレードセンタリングプレート集塵バックチップディフレクター替え刃用レンチ取扱説明書(英語)細材加工用プレート重量約3.5kg高さ約17cm
1業界最高のモーターと調整ノブパワーと精度を持っている2精度と確度のための高度なフェンスシステム(0度~135度まで角度調整ができる)3標準・フェイスフレームビスケットの2つのブレードのサイズがある4コンパクトで持ち運びが楽なので快適に使いこなせる5使用するビスケットも#0、#10、#20だけでなく、FFも使用可能

おしゃれ インテリアカバー

クランプでしっかりと固定

2)ビスケットジョイナーを使用した「溝の切削加工する場合」は加工面に工具を押し当てて作業します。 この材料の場合は45度にカットした面になります。

注意しなければならない事は、加工時に工具や材料(ワーク)が「ずれてしまう」ことがよくあります。溝の幅が大きくなったりして失敗する可能性があるので、加工する材料も「しっかりとクランプして固定」して作業します。

ビスケットジョイナーで溝を切削

ビスケットジョイナーで溝を切削

3)ビスケットジョイナーのフェンスガイドは角度をかえて色々な角度の斜面に溝入れ加工が出来ますが、今回は垂直に調整します。 板の厚みの中央にビスケットジョイナーのカッターが当たる様に高さの位置も設定します。これでトリガー(スイッチ)をONにしてワーク端面に押し当てて加工します。

ビスケットジョイナーで綺麗な溝加工

ビスケットジョイナーで綺麗な溝加工

4)ビスケットジョイナーで綺麗な溝加工をするには、ビスケットジョイナーを始動して「カッターの回転数が安定」してから押し当てることです。

加工時間は「あっ気ない位に」一瞬(2秒程度)で終わってしまいます。 「バリやササクレ」が発生したら「ペーパー掛け」で面を研磨して組立をします。

安定したかは音でわかります。

「毎日を自分らしく、小さなことも工夫しながら楽しみたい」。そんな風に、暮らしを丁寧に過ごしたいという人は、「衣食住」全般で“自分らしさ”を大切にしているはず。料理や毎日の装いはもちろん、暮らしのベースとなる住まいにも、少なからずこだわりがあります。“暮らし上手”な方々は、住まいを“自分仕様”にカスタマイズしている“DIY上手”がたくさんいます。しかしDIYは、最低限の工具や木工のスキルもある程度必要。女性にとっては「なかなか手が伸びない……」と感じている人も多いかもしれません。そこで今号では、小さな棚作りから、壁紙貼り、ちょっとしたポイントリフォームまで、我が家を心地よく変えるDIYのアイデアと実例を徹底取材します。