DIY目隠し木製可動ルーバー フェンス[小窓編]Vol.01

ルーバー フェンス「小窓編」

前回は「道路側に面する和室の窓」に製作したが 「家の西側に面した窓」にも 目隠し木製可動ルーバーフェンスを製作します。 「夏場には午後/夕方」になると「西日/日ざし」が 強く当る箇所で 照りつけて、とても暑くなります。 「紫外線や赤外線」をブロックして「断熱遮熱効果・対策」も期待できますね。

窓 目隠しルーバー 作り方
手作り可動目隠しルーバー フェンスの構造3D CAD図面です

今回は 「階段の踊り場やトイレの小窓用」に少し設計を変更します。今まで「葦/アシ、ヨシ」の「簾/すだれ」で対応していましたが「効果がさほど無い」のでね。

ベランダ 目隠し ラティス

「構造は簡単」ですよ。1)ルーバーを上下のフレームに木ねじで取付けます。※この木ねじがルーバー回転の支点になります。2)すべてのルーバーは木ねじでリンクバーに連結しますこれで「ルーバーが同時に可動」することになります。

風呂の窓の目隠しに

取付ける「窓のサイズ」は約750mm(幅)×550mm(高さ)で「 アルミ製の 面格子」が付いています。

手作り目隠しルーバー設計図面

この「自作ルーバー」の大きさは幅が850mm×高さは702mm×奥行は89mmに出来上がります。

最終仕上げには、屋外に取り付けるので「防虫・防腐・防カビ効果」のある。「油性ステイン」を塗装をします。

目隠し木製可動ルーバーフェンスで使用している部品

  • ●「フレーム」SPF材1×4
  • ●「可動ルーバー」(面格子/羽根)杉荒材 12mm(厚み)×90mm(幅)
  • ●「リンクバー」アルミ2.0mm(厚み)×15mm(幅)
  • ●「樹脂ワッシャ」8~12mm(直径)×4~5mm(内径)×2~3mm(厚み)
  • ●「ステンレス木ネジ」35mm(長さ)
  • ●「油性木部防虫・防腐ステイン」色:ライトオーク

内容紹介

木目を生かした美しい仕上がり■防虫・防腐・防カビ効果■強浸透性タイプ【特長】・防虫・防腐・防カビ効果のある屋外木部専用塗料・木部に深く浸透し、塗装面はヒビワレやハガレの心配がない・素材の風合いを生かしたシックなツヤ消し仕上げ・塗りやすく木目を美しく生かす・安全性を配慮した薬剤を使用している【用途】・ティス・ウッドデッキ・トレリス・プランターなどのガーデン用木製品・外板・板ベイ・破風板などの屋外未塗装木部

開くと風通しは問題ないですね。

内容紹介

その省エネ、実は増エネかも。40の誤解と1つのホント気鋭の環境学者が最新のデータで「常識のウソ」をただす。2020年義務化の新省エネ基準も解説。東京大学で省エネ住宅を研究する気鋭の研究者が、実証データやシミュレーション結果をもとに、一般ユーザーや住宅関係者が信じて疑わない“エコハウスの誤解”をバサバサと斬っていく。初版発行後に明らかになった新たな知見や、2020年の「省エネ基準義務化」などについて大幅に加筆。ユーザーにとってもプロにとっても、「本当のエコハウス」をつくるために必読の1冊。160ページ大幅増&大幅改訂の最新版! 【主な内容】 プロローグ 省エネ基準義務化 第1章 人と気候 第2章 建物の外皮性能 第3章 冷房 第4章 夏への備え 第5章 吹き抜け・大開口 第6章 暖房 第7章 再生可能エネルギー 第8章 電気

関連記事

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。