JIS K 6261-2 最新規格 加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-低温特性の求め方-第2部:低温衝撃ぜい化試験|JIS規格一覧|更新改正情報|制定

JIS K 6261-2の規格 加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-低温特性の求め方-第2部:低温衝撃ぜい化試験の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JISK6261-2:2017の規格は,規定の条件下で試験片に衝撃曲げを与えたとき,試験片に生じる破壊の有無から,衝撃ぜい化温度を求める方法について規定。

加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-低温特性の求め方-第2部:低温衝撃ぜい化試験 規格 一覧表

JIS K 6261-2

加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-低温特性の求め方-第2部:低温衝撃ぜい化試験の一覧

最新 JISK6261-2:2017の更新 情報詳細

JIS K 6261-2:2017の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS K 6261-2 JIS改正 最新・更新日
規格名称 加硫ゴム及び熱可塑性ゴム-低温特性の求め方-第2部:低温衝撃ぜい化試験
英語訳 Rubber, vulcanized or thermoplastic – Determination of low-temperature properties – Part 2: Low-temperature brittleness
対応国際規格 ISO ISO 812:2011(MOD)
主務大臣 経済産業 制定 年月日 2017/10/20
略語・記号 No JIS K 6261-2:2017
ICS 83.060JISハンドブック ゴム・エラストマーI:2019
改訂 履歴 2017-10-20(制定)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

JIS K 6261-2:2017の関連規格と引用規格一覧

JIS K 6261-2:2017の引用国際規格一覧

  • ISO 18899

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

用語・略語、ポリマー・配合剤の試験方法〔ポリマー/カーボンブラック/配合剤〕、ポリマー・配合剤の試験方法〔化学試験〕、ポリマー・配合剤の試験方法〔物理試験〕

一般用のねじ部品〔小ねじ/止めねじ/タッピンねじ/木ねじ/ボルト/ナット/座金/ピン/リベット〕、特殊用のねじ部品(ねじ関連部品を含む)〔建築用/管フランジ用/トルクツール〕

Writing

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。