JIS A 0204 最新規格 地質図-記号,色,模様,用語及び凡例表示|JIS規格 一覧|改正 更新情報|制定

JIS A 0204 地質図-記号,色,模様,用語と凡例表示の規格 JISA0204の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS A0204:2019の規格は,地質図の記号,色,模様,用語及び凡例表示について,異なる作成者,異なる利用者,異なる場所,及び異なる出力形式の間で,地質図の記号,色,模様,用語及び凡例表示に関するデータの管理方法(定義,記述,表記及び表示法を含む。)について規定。地質図,地理調査などに基づいて作成される主題図には,この規格を適用しない。

地質図-記号,色,模様,用語と凡例表示 規格 一覧表

JIS A 0204

地質図-記号,色,模様,用語及び凡例表示の一覧

最新 JIS A0204 規格の詳細 更新日 情報

JIS A 0204:2019の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS A0204 JIS改正 最新・更新日 2019年03月20日
規格名称 地質図-記号,色,模様,用語と凡例表示
英語訳 Geological map – Symbols, colors, patterns, terms, and presentation of legend
対応国際規格 ISO ISO 710-1:1974(MOD),ISO 710-2:1974(MOD),ISO 710-3:1974(MOD)ISO 710-4:1982(MOD),ISO 710-5:1989(MOD),ISO 710-6:1984(MOD),ISO 710-7:1984(MOD)
主務大臣 経済産業 制定 年月日 2002年07月20日
略語・記号 No JIS A0204:2019
ICS 01.040.01,01.040.07,01.080.30,07.060JISハンドブック 土木II:2019
改訂 履歴 2002-07-20 (制定),2008-03-20 (改正),2012-06-20 (改正),2019-03-20 (改正)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

JIS A0204:2019 目次

  • 序文
  • 1 適用範囲
  • 2 引用規格
  • 3 用語と定義
  • 4 地質図に用いる記号群
  •  4.1 一般的事項
  •  4.2 地層・岩体の分布を示すために用いる記号群
  •  4.3 鉱産物の種類と化石の種類並びにそれらの試料番号を示す文字記号
  •  4.4 地質学的属性を示す記号
  • 5 地質図の凡例
  •  5.1 凡例の表示方法
  •  5.2 凡例の表記
  • 6 規格番号の表示
  • 附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表

適用範囲 [1]

この規格は,地質図の記号,色,模様,用語と凡例表示について,異なる作成者,異なる利用者,異なる場所,と異なる出力形式の間で,地質図の記号,色,模様,用語と凡例表示に関するデータの管理方法(定義,記述,表記と表示法を含む。)について規定する。地質図,地理調査などに基づいて作成される主題図には,この規格を適用しない。

注記 この規格の対応国際規格とその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 710-1:1974,Graphical symbols for use on detailed maps, plans and geological cross-sections — Part 1: General rules of representation

1: General rules of representation ISO 710-2:1974,Graphical symbols for use on detailed maps, plans and geological cross-sections-Part

2: Representation of sedimentary rocks ISO 710-3:1974,Graphical symbols for use on detailed maps, plans and geological cross-sections-Part

3: Representation of magmatic rocks ISO 710-4:1982,Graphical symbols for use on detailed maps, plans and geological cross-sections-Part

4: Representation of metamorphic rocks ISO 710-5:1989,Graphical symbols for use on detailed maps, plans and geological cross-sections-Part

5: Representation of minerals ISO 710-6:1984,Graphical symbols for use on detailed maps, plans and geological cross-sections-Part

6: Representation of contact rocks and rocks which have undergone metasomatic, pneumatolytic or hydrothermal transformation or transformation by weathering

ISO 710-7:1984,Graphical symbols for use on detailed maps, plans and geological cross-sections-Part

7: Tectonic symbols(全体評価:MOD)

なお,対応の程度を表す記号「MOD」は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,「修正している」ことを示す。

引用規格 [2]

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS Z 8312 製図-表示の一般原則-線の基本原則

JIS Z 8321 製図-表示の一般原則-CADに用いる線

用語と定義 [3]

この規格で用いる主な用語と定義は,次による。

地質図 [3.1]

表層を覆う土壌と草木以外の地殻表面の岩石[未固結の砕せつ物(砕屑物)も含む。]を,その種類又は岩相(堆積相,変成相,変形相なども含む。)と年代とで区別し,それらの分布,構造,累重関係などを示した図。狭義には地形図などを基図とし,岩石の種類又は岩相の境界面と地形面との交線で分布を示し,その他の地質学的属性を地形面上に投影して示した図であるが,広義には地質図(狭義)のほか鉛直地質断面図,水平地質断面図など地質学的属性を示した図を地質図と呼ぶ。この規格では広義の地質図を,単に地質図と定義する。

地質断面図 [3.2]

岩石の種類,岩石の分布,その他の地質学的属性を仮想的な断面に投影した図。

記号群 [3.3]

地質図に用いる記号,文字記号,色,模様などを含む一連の記号。

凡例 [3.4]

地質図に用いる記号群とその説明を,一定の規則に従って配列したもの。

存在確実度 [3.5]

断層,地層境界などの存在の確かさを示す尺度。この規格では,位置正確度を問わない場合には「確認」と「推定」とに,位置正確度と組み合わせて細分する場合には「確実」と「不確実」とに分けて存在確実度を示す。ここで,「確認」と「確実」,「推定」と「不確実」は,それぞれ同義ではあるが,基準が異なる区分体系であることが分かるように異なる表記とする。「確認」と「確実」は,存在することが確かである場合に用いる形容的表現である。「推定」と「不確実」は,その存在を露頭などで確認することはできないが,論理的に推定できる場合に用いる形容的表現である。

位置正確度 [3.6]

断層,地層境界などの位置の正確さを示す尺度。この規格では,位置正確度を「位置正確」,「位置ほぼ正確」と「位置推定」に分け,これに「位置伏在」を加えて示す。「位置正確」とは,露頭などでその位置がほぼ連続的に確認でき,その連続性において定義したある範囲(信頼区間内)にその位置を限定できる場合に用いる。「位置ほぼ正確」は,「位置正確」よりも信頼区間の範囲が広い,ある一定の範囲内に位置を限定できる場合に用いる。「位置推定」は,「位置ほぼ正確」とした範囲内に境界の位置を限定できない場合に用いる。断層,地層境界などの位置が地質図の投影面に露出していない場合は,「位置伏在」とする。

なお,断層,地層境界などの地質学的属性に幅又は厚みがある断層帯,漸移帯の位置正確度を表現する場合は,断層帯,漸移帯などの中心面又は特徴的な面を基準にして信頼区間を設ける。

伏在 [3.7]

地層・岩体などの境界,断層などが,地層・岩体などに覆われ,基準面に露出しない状態を示す形容的表現。伏在境界,伏在断層など,伏在する地質学的属性の位置正確度は特定しない。

なお,地層・岩体などの境界,断層などを位置正確度によって細分する場合,位置正確度の区分である「位置正確」,「位置ほぼ正確」と「位置推定」に「位置伏在」を加えて伏在を表現する。

地質学的属性 [3.8]

地層・岩体の境界線,地質構造,地層・岩体から産出する岩石・鉱物・化石,地下資源など地層・岩体を特徴付ける要素又はそれらの総称。

基準面 [3.9]

地形面,垂直断面,水平断面など,地質学的属性の分布を投影する面。

地層・岩体の区分単位 [3.10]

一定の概念でくくられる地層・岩体の階層を示す単位。

付加体 [3.11]

海洋プレートが島弧又は陸弧の下に沈み込むときに,島弧側又は陸弧側にくさび状に付加された地層・岩体。

地質図に用いる記号群 [4]

一般的事項 [4.1]

地質図に用いる記号群は,数値地質図における任意の拡大縮小を考慮し,地質図に用いるそれぞれの記号,文字記号と模様について基準となる形態を規定するが,記号の大きさ,文字記号の大きさ,書体,模様の太さと密度については規定しない。ただし,記号,文字記号と模様は,この規格で規定された形態の相似形でなければならない。また,この規格の記号の形状を描く線の基本原則は,JIS Z 8312とJIS Z 8321による。

地層・岩体の分布を示すために用いる記号群 [4.2]

[4.2.1] 表示の原則

地質図の中で地層・岩体の分布を示すために用いる記号群の表示方法は,次による。

  • a) 地層・岩体の種類は模様で,それらの年代は色で表示する。ただし,模様が地質図の下地の地形等高線と重なり合い,地質図の判読を妨げる場合は,その旨を断ることなしに,地層・岩体の種類と年代を色の違いだけで表示することができる。
  • b) 色の違いだけで地層・岩体の種類と年代とを区別する場合,地層・岩体の分布を示すために用いる色の違いを際立たせるか,又は差異を強調する目的で模様を補助的に使ってもよい。
  • c) 地質図内に示されている地層・岩体の区分単位数が多く,色と/又は模様を用いても地層・岩体の区分が難しい場合には,それぞれの地層・岩体の区分単位を明示するために文字記号を使ってもよい。

[4.2.2] 模様

地質図の中で地層・岩体の分布を示すために用いる模様の表示は,それらを代表する岩石の種類を表す模様で示す。岩石の種類を表す模様の表示は,a)~d)の方法による。

  • a) 岩石の種類を模様で表示するには,ある岩石に対応する領域をその岩石を表す模様でくまなく覆わなければならない。
  • b) 模様は,黒で描くことが望ましい。
  • c) 表示に用いる模様の構成は,次の基準による。
    • 1) 模様の構成要素となる図形(模様素)は,できる限り単純でトレース可能で,かつ,一つの岩石の領域に複数個隣合せに並べることができる大きさとする。
    • 2) 基本となる岩石は,図柄の構成要素となる同一の図形数個を並置して表す。混合又は中間型の岩石は,それを構成する岩石の要素を表すそれぞれの異なる図形を並置して表示する。
    • 3) 模様を構成するそれぞれの模様素の配列は,層理と節理と平行,又は地質図の縁と平行にする。
    • 4) 1)~3)の原則の枠組の中で,異なった分野に適合するよう書き替えてもよい。ただし,それぞれの模様と模様素をほかの意味に用いてはならない。また,岩石以外の属性に対して新たな模様と模様素を与えてはならない。
  • d) 堆積岩,火成岩,変成岩,と接触変成岩・変質岩・風化岩の模様については,目的の岩石に対応する模様がない場合と国内の一般的慣行から外れている場合には,上記c) に掲げる原則に従って新たに作成し用いることができる。

[4.2.3]

地質図の中で地層・岩体の分布を示すために用いる色の表示方法は,通常,次による。

  • a) 地質年代を示す色 地質年代を表現するための色の表示方法は,次による。
    • 1) 地質年代ごとに区分して地層・岩体の分布を示す地質図を作成する場合と地質年代表を作成する場合は,古い地質年代の地層・岩体は濃く,新しい地質年代のものほどうすく着色する。
    • 2) 地質年代が近接している地層・岩体については,混同しない程度の同系統色にする。
    • 3) 各地質年代を表現する色は,表1による。
progress

地質図 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS A 0204地質図-記号,色,模様,用語と凡例表示JIS A 0205ベクトル数値地質図-品質要求事項と主題属性コード
JIS A 0206地質図-工学地質図に用いる記号,色,模様,用語と地層・岩体区分の表示とコード群

土質試験・地盤調査、土工機械〔一般・特性・要素/ブルドーザ・積込機械・運搬機械/掘削機械/クレーン/基礎工事用機械/トンネル工事用機械・せん孔機械/コンクリート施工機械・機具/道路工事機械など(路盤・舗装・締固め機械)/その他施工機械・機具〕

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

一般、電線・ケーブル、電線管・ダクト・附属品、バッテリー

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。