JIS A 1803 最新規格 コンクリート生産工程管理用試験方法-粗骨材の表面水率試験方法|JIS規格 一覧|改正 更新情報|制定

JIS A 1803 コンクリート生産工程管理用試験方法-粗骨材の表面水率試験方法の規格 JISA1803の一覧・器具,試料,試験方法,計算,精度,はかり,料容器, 水槽,基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS A1803:2009の規格は,主としてコンクリートの生産工程管理に適用するもので,粗骨材の表面水率試験方法について規定。

コンクリート生産工程管理用試験方法-粗骨材の表面水率試験方法 規格 一覧表

JIS A 1803

コンクリート生産工程管理用試験方法-粗骨材の表面水率試験方法の一覧

最新 JIS A1803 規格の詳細 更新日 情報

JIS A 1803:2009の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS A1803 JIS改正 最新・更新日 2009年03月20日
規格名称 コンクリート生産工程管理用試験方法-粗骨材の表面水率試験方法
英語訳 Methods of test for production control of concrete – Method of test for surface moisture in coarse aggregate
対応国際規格 ISO
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1991年08月01日
略語・記号 No JIS A1803:2009
ICS 91.100.30JISハンドブック 土木I:2019生コンクリート:2019

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

適用範囲 [1]

この規格は,主としてコンクリートの生産工程管理に適用するもので,粗骨材の表面水率試験方法について規定する。

引用規格 [2]

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。この引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS A 1110 粗骨材の密度と吸水率試験方法

試験用器具 [3]

試験用器具は,次による。

はかり [3.1]

はかりは,ひょう量5 kg以上で,目量0.1 g又はこれより精度の良いものとする。また,その構造は,皿の中心から直径3 mm以下の金属線で試料容器をつるし,これを水中に浸すことができるものとする。

試料容器 [3.2]

試料容器は,直径約200 mm,高さ約200 mmの金属製又はプラスチック製の容器で,水が漏れないものとする。

水槽 [3.3]

水槽は,試料容器を水中に入れることができる大きさとする。

試料 [4]

試料は,次による。

  • a) 試料は,使用時の含水状態の粗骨材から,代表的なものを,約3 kgずつ2組採取する。
  • b) 試料は,できるだけ含水率の変化がないように取り扱う。
  • c) 試料の表乾密度は,JIS A 1110によってあらかじめ確認する。ただし,はかりは,3.1に規定するものを用い,試料の質量,水中における試料の見掛けの質量と乾燥後の質量は,試料質量の0.02 %まではかる。また,平均値との差は,0.01 g/cm3以下とする。

試験方法 [5]

試験方法は,次による。

  • a) 試料を試料容器の中に入れ,その質量を1.0 gまではかり,あらかじめ測定しておいた試料容器の質量を差し引き,試料の質量を求める。
  • b) 試料容器に注水し,軽くかくはんするなどして,骨材表面と粒子間の空気泡を除去する。
  • c) 試料容器を静かに水槽に入れ,その質量を0.1 gまではかり,あらかじめ測定しておいた試料容器の水中質量1) を差し引き,試料の水中質量を求める。

注1) この規格の中でいう水中質量とは,水中における見掛けの質量をいう。

計算 [6]

計算は,次による。

  • a) 試料の表面水率は,次の式によって算出し,四捨五入によって小数点以下2けたに丸める。

H = m1-m3/m3×100

H: 表面水率(表面乾燥飽水状態の粗骨材の質量に対する表面水量の分率)(%)

m1: 試料の質量(g)

m2: 試料の水中における見掛けの質量(g)

m3: 試料の表面乾燥飽水状態の質量(g)

m3 = m2×Ds/Ds-1

Ds: 試料の表乾密度(g/cm3)

  • b) 試験は,同時に採取した試料について2回行い,その平均値を算出し,四捨五入して小数点以下1けたに丸める。

精度 [7]

平均値との差は,0.15 %以下でなければならない。

報告 [8]

報告には,次の事項を記載する。

  • a) 粗骨材の種類,と産地又は製造業者名
  • b) 粗骨材の最大寸法
  • c) 試料を採取した日時と位置
  • d) 表乾密度(g/cm3)
  • e) 表面水率(%)
  • f) 試験日

基本、製品認証、コンクリート製品、土木資材〔セメント/骨材/混和材/混和剤/鋼材/その他〕、生コンクリート、製造設備・器具、試験方法〔コンクリート/骨材/セメント/工程管理〕、その他

コンクリート生産工程管理 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS A 1801コンクリート生産工程管理用試験方法-コンクリート用細骨材の砂当量試験方法JIS A 1804コンクリート生産工程管理用試験方法-骨材のアルカリシリカ反応性試験方法(迅速法)
JIS A 1802コンクリート生産工程管理用試験方法-遠心力による細骨材の表面水率試験方法JIS A 1805コンクリート生産工程管理用試験方法-温水養生法によるコンクリート強度の早期判定試験方法
JIS A 1803コンクリート生産工程管理用試験方法-粗骨材の表面水率試験方法JIS A 1806コンクリート生産工程管理用試験方法-スラッジ水の濃度試験方法

レディーミクストコンクリート、基本、材料、再生骨材コンクリート、設備・器具、試験方法〔材料/フレッシュコンクリート/硬化コンクリート〕、工程管理用試験方法、品質管理、製品認証、マネジメントシステム

共通、電気めっき、化学めっき、真空めっき、溶射、遮熱・耐酸化金属コーティング、溶融めっき、陽極酸化皮膜〔アルミニウム/マグネシウム〕、鋼材の素地調整

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。