JIS E 1311 最新規格 鉄道-分岐器類用語|JIS規格 一覧|改正 更新情報|制定

JIS E 1311 鉄道-分岐器類用語の規格 JISE1311の一覧・分類,番号,分岐器一般,ポイント,ガード,レール,部品,線形,基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS E1311:2002の規格は,鉄道の分岐器類に関する用語について規定。

鉄道-分岐器類用語 規格 一覧表

JIS E 1311

鉄道-分岐器類用語の一覧

最新 JIS E1311 規格の詳細 更新日 情報

JIS E 1311:2002の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS E1311 JIS改正 最新・更新日 2002年08月26日
規格名称 鉄道-分岐器類用語
英語訳 Railway – Turnouts and crossings vocabulary
対応国際規格 ISO
主務大臣 国土交通 制定 年月日 1973年11月01日
略語・記号 No JIS E1311:2002
ICS 01.040.45,45.080JISハンドブック 鉄道:2019
改訂 履歴 1973-11-01 (制定),1976-11-01 (確認),1979-11-26 (確認),1985-01-26 (確認),1989-12-05 (確認),1994-05-12 (改正),2002-08-26 (改正),2007-06-19 (確認),2012-10-25 (確認),2017-10-25 (確認)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

適用範囲 [1]

この規格は,鉄道の分岐器類に関する主な用語について規定する。

引用規格 [2]

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS E 1101 普通レールと分岐器類用特殊レール

JIS E 1301 鉄道用分岐器類の番数

JIS E 3013 鉄道信号保安用語

分類 [3]

分岐器類用語の分類は,次のとおりとする。

  • a) 分岐器一般
  • b) ポイント
  • c) クロッシング
  • d) ガード
  • e) レール
  • f) 部品
  • g) 線形その他

番号,用語と定義 [4]

番号,用語と定義は,次による。

なお,参考として対応用語を示す。

備考1.慣用語を,定義欄に参考として示す。

備考2. 用語の読み方が紛らわしいものは,用語の下に読み方を括弧を付けて示す。

備考3.定義の中でこの規格に規定している用語が出てきた場合,その用語の後に括弧を付けてその番号を参考のために示す。

備考4. 規定している用語のJISがある場合,定義の後に括弧でそのJIS番号を参考のために示す。

a) 分岐器一般

【 表 1 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
101 分岐器類 (ぶんぎきるい) 分岐器類とは,分岐器,ダイヤモンドクロッシング,シーサースクロッシング,スリップスイッチと渡り線の総称turnouts and crossings
102 分岐器 分岐器とは,軌道を二つ以上に分ける軌道構造turnout
103 ダイヤモンドクロッシング ダイヤモンドクロッシングとは,二つの軌道が交差する軌道構造diamond crossing
104 シーサースクロッシング シーサースクロッシングとは,隣り合う2軌道間の,二つの渡り線(124)が交差する軌道構造scissors crossing, double crossover
105 スリップスイッチ スリップスイッチとは,ダイヤモンドクロッシング(103)に渡り線を付けた(124)軌道構造で,シングルスリップスイッチ(116)とダブルスリップスイッチ(117)の総称slip switch, diamond crossing with slip
106 片開き分岐器 (かたびらきぶんぎき) 片開き分岐器とは,直線の軌道で他の1軌道が,直線の左側又は右側に分かれる分岐器simple turnout
107 両開き分岐器 (りょうびらきぶんぎき) 両開き分岐器とは,直線の軌道が,左右対称に2方向に分かれる分岐器symmetrical turnout
108 振分分岐器 (ふりわけぶんぎき) 振分分岐器とは,直線の軌道が,左右非対称に2方向に分かれる分岐器asymmetrical turnout
109 曲線分岐器 曲線分岐器とは,曲線の軌道で他の1軌道が,曲線の内方又は外方に分かれる分岐器curved turnout
110 内方分岐器 (ないほうぶんぎき) 内方分岐器とは,曲線の内方に分かれる曲線分岐器curved turnout in the same direction
111 外方分岐器 (がいほうぶんぎき) 外方分岐器とは,曲線の外方に分かれる曲線分岐器curved turnout in the opposite direction
112 固定ダイヤモンドクロッシング 固定ダイヤモンドクロッシングとは,固定クロッシング(306)を用いて構成される,ダイヤモンドクロッシングrigid diamond crossing
113 可動ダイヤモンドクロッシング 可動ダイヤモンドクロッシングとは,可動クロッシング(305)を用いて構成するダイヤモンドクロッシングmovable diamond crossing, switch diamond
114 普通シーサースクロッシング 普通シーサースクロッシングとは,隣り合う2軌道が平行な直線で,渡り線(124)の交差する形状が前後・左右対称のシーサースクロッシングstandard type scissors crossing, common scissors crossing
115 特殊シーサースクロッシング 特殊シーサースクロッシングとは,四つの分岐器のうち,少なくとも一つの分岐器の向きが変わったり,番数が変わったり,両開き分岐器,振分分岐器,ダイヤモンドクロッシング,スリップスイッチなどになったり,又は渡り線の交点が2軌道の中心にないなど,普通シーサースクロッシング以外のシーサースクロッシングの総称special layout scissors crossing, special layout double crossover
116 シングルスリップスイッチ シングルスリップスイッチとは,片側に渡り線があるスリップスイッチ(105)single slip switch, diamond crossing with single slip
117 ダブルスリップスイッチ ダブルスリップスイッチとは,両側に渡り線がスリップスイッチ(105)double slip switch, diamond crossing with double slip
118 三枝分岐器 (さんしぶんぎき) 三枝分岐器とは,1軌道を1か所のポイント部で3方向に分ける分岐器three-throw turnout
119 複分岐器 複分岐器とは,1軌道を2か所のポイント部で3方向に分ける分岐器。 例 tandem turnout
120 三線式分岐器 三線式分岐器とは,3本のレールを並列して,二つの軌間を併用している軌道に用いる分岐器combined gauge turnout (three rails)
121 四線式分岐器 四線式分岐器とは,4本のレールを並列して,二つの軌間を併用している軌道に用いる分岐器combined gauge turnout (four rails)
122 普通分岐器 普通分岐器とは,片開き分岐器,両開き分岐器,振分分岐器と曲線分岐器の総称standard turnout
123 特殊分岐器類 特殊分岐器類とは,ダイヤモンドクロッシング,シーサースクロッシング,スリップスイッチ,三枝分岐器,複分岐器,三線式分岐器と四線式分岐器の総称special layout turnouts
124 渡り線 渡り線とは,二つの軌道を連絡する軌道構造。隣り合う軌道の場合交差する軌道の場合(スリップスイッチの渡り線構造) crossover
125 左分岐器 左分岐器とは,分岐器前端から見て,分岐線が左側にある分岐器 left hand turnout
126 右分岐器 右分岐器とは,分岐器前端から見て,分岐線が右側にある分岐器 right hand turnout
127 大正14年形分岐器 大正14年形分岐器とは,大正14年形ポイント(214)を用いた分岐器TAISHO-type turnout
128 帽子形分岐器 帽子形分岐器とは,帽子形ポイント(215)を用いた分岐器turnout with full web tongue rail
129 N形分岐器 N形分岐器とは,N形ポイント(216)を用いた分岐器N-type turnout
130 ノーズ可動分岐器 ノーズ可動分岐器とは,ノーズ可動クロッシング(307)を用いた分岐器 turnout with movable nose crossing
131 乗越分岐器 (のりこしぶんぎき) 乗越分岐器とは,乗越ポイント(209)と乗越クロッシング(311)を用いた分岐器run-over type turnout
132 直結分岐器 直結分岐器とは,道床バラストを用いないで,コンクリート床などに取り付けた構造の分岐器類direct fixation turnout
133 組立分岐器類 組立分岐器類とは,製造業者が,ポイント,クロッシング,ガードと部品のほか,レール,まくらぎと犬くぎ又はレール用ねじくぎを用いて,工場で組み立てた分岐器類。 参考 組立分岐器 shop assembling turnouts and crossings
134 新幹線用分岐器類 新幹線用分岐器類とは,新幹線鉄道に用いられている分岐器類。 参考 新幹線用分岐器 turnouts and crossings for SHINKANSEN

b) ポイント

【 表 2 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
201 ポイント ポイントとは,分岐器を構成する部品のうち,軌道を分ける部分の装置point, switch
202 直線ポイント 直線ポイントとは,直線のトングレール(507)を用いたポイントstraight switch
203 曲線ポイント 曲線ポイントとは,曲線のトングレールを用いたポイントcurved switch
204 弾性ポイント 弾性ポイントとは,トングレール後端部が固定されていて,ポイント転換のときトングレールをたまわせる構造のポイントflexible switch
205 関節ポイント 関節ポイントとは,ポイント転換のとき,トングレールが後端部を中心に回転する構造のポイントarticulated switch, hinged heel switch
206 滑節ポイント (かっせつ――) 滑節ポイントとは,ポイント転換のとき,トングレール後端部が継目板と間隔材との間で滑り回転する構造のポイントloose heel switch
207 鈍端ポイント (どんたん――) 鈍端ポイントとは,ポイントの転換するレールに,鈍端レール(508)を用いたポイント。 例 stub switch
208 スプリングポイント スプリングポイントとは,ばね力によってポイントを常時一定方向に開通させ,他の方向から背向(760)で車両が進入する場合は,ばね力に抗して車輪がトングレールを転換させながら車両を通過させる機能の転換装置を用いたポイントspring switch
209 乗越ポイント (のりこし――) 乗越ポイントとは,車両が分岐線を通過する場合,車輪が本線レールを乗り越える形式のポイントrun-over type switch
210 脱線ポイント 脱線ポイントとは,車両を脱線させるポイントderailing switch, catch point
211 スリップポイント スリップポイントとは,スリップスイッチに用いるポイントslip switch, slip point
212 三枝ポイント 三枝ポイントとは,三枝分岐器に用いるポイントsymmetrical three throw switch
213 マンガンポイント マンガンポイントとは,高マンガン鋳鋼製のレールを用いたポイントmanganese steel switch
214 大正14年形ポイント 大正14年形ポイントとは,大正14年に設計された滑節ポイント。 備考 大正14年形ポイントの主な特徴トングレールは,普通レールを用い,直線形。トングレールの上面は,基本レールの上面から7~10mm高い。締結装置はファングボルト式TAISHO-type switch
215 帽子形ポイント 帽子形ポイントとは,昭和10年に設計された,トングレールとして帽子形レール(510)を用いた関節ポイント。 備考 帽子形ポイントの主な特徴トングレールは,帽子形レールを用い,入射角付き曲線形。トングレールの上面は,基本レール上面と同じ高さ。トングレールの後端部は,ピボット式。締結装置はファングボルト式switch with full web tongue rail
216 N形ポイント N形ポイントとは,Nレール(JIS E 1101参照)に用いる。関節ポイント。 備考 N形ポイントの主な特徴トングレールは,Sレール(511)を用い,入射角なし曲線形。トングレールの後端部は,ウェブヒンジ式。締結は調節式で,ボルト・犬くぎ式N-type switch
217 入射角なし曲線ポイント 入射角なし曲線ポイントとは,ポイント前端部に入射角(721)がない曲線ポイント。 例 tangential curved switch
218 入射角付き曲線ポイント 入射角付き曲線ポイントとは,ポイント前端部に入射角がある曲線ポイント。 例 intersecting curved switch
326 曲線クロッシング 曲線クロッシングとは,軌間線の片方又は両方が,クロッシングの全長にわたって曲線になっているクロッシングcurved crossing
327 無開先電子ビーム溶接クロッシング 無開先電子ビーム溶接クロッシングとは,レール母材同士の溶接面を開先を付けずに密着させ,真空中で密着面に電子ビームを照射させて溶接したクロッシング。 参考 NEWクロッシング Non-groove electron beam welding crossing

d) ガード

【 表 3 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
401 ガード ガードとは,レールに近接して設ける車輪の誘導装置。 備考 通常はクロッシング用のガードをいうguard
402 ポイントガード ポイントガードとは,ポイント部に用いるガード switch point guard

e) レール

【 表 4 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
501 基本レール 基本レールとは,トングレールが接するレールstock rail
502 主レール 主レールとは,クロッシングと一対で軌間を構成し,ガードレール(518)が近接して設けられているレール。ただし,基本レールと主レールとの間に継目がない場合は,主レールを含めて基本レールというoutside rail of guard, main rail
503 リードレール リードレールとは,トングレール後端とクロッシング前端とをつなぐレールclosure rail, lead rail
504 スリップレール スリップレールとは,スリップスイッチの渡り線の中で,トングレール後端相互をつなぐレールslip rail
505 へ形レール へ形レールとは,K字クロッシングの外郭を構成する「へ」の字形に曲がったレール。固定K字クロッシングの場合可動K字クロッシングの場合 knuckle rail, obtuse crossing wing rail
506 役レール (やく――) 役レールとは,分岐器類を構成するレール。 備考 通常はトングレール,クロッシングとガードレール以外のレールをいう。 参考 役金(やくがね) turnout rail
507 トングレール トングレールとは,ポイント部に用いる,先端の頭部がとがった転換されるレールtongue rail, switch rail, switch point, blade
508 鈍端レール 鈍端レールとは,鈍端ポイント又は鈍端形クロッシングに用いる,先端の頭部が細くなっていない転換されるレールstub rail
509 乗越レール 乗越レールとは,乗越ポイントに用いる,先端側が本線レールにかぶさるレールelevated rail
510 帽子形レール 帽子形レールとは,主として分岐器に用いる頭部と腹部とが同じ厚さで,断面が帽子形状のレールfull web rail
511 Sレール Sレールとは,主として分岐器に用いる腹部を厚くした,特殊断面形状のレール。ただし,帽子形レールを除くS-type thick web rail
512 可動レール 可動レールとは,可動クロッシングに用いる,転換されるレールmovable rail
513 ウィングレール ウィングレールとは,クロッシングを構成するノーズレール(514)の外側のレール。 参考 翼レール wing rail
514 ノーズレール ノーズレールとは,クロッシングを構成する,先端の頭部がとがったレール。 参考 鼻端レール nose rail, point rail
515 長ノーズレール 長ノーズレールとは,2本のレールでノーズレールが構成された場合,クロッシング交点の近くに先端が出ている方のレール。 参考 鼻端長レール long point rail, point rail
516 短ノーズレール 短ノーズレールとは,2本のレールでノーズレールが構成された場合,長ノーズレールに組み合わせるレール。 参考 鼻端短レール short point rail, splice rail
517 クロッシング構 クロッシング構とは,ノーズ可動クロッシングの可動レールを取り付けるレールcrossing block
518 ガードレール ガードレールとは,ガードと固定K字クロッシングを構成する,車輪背面に接して車輪を誘導するレール。 例1. guard rail, check rail
519 熱処理トングレール 熱処理トングレールとは,レール頭部を熱処理したトングレールheat treated tongue rail
520 熱処理ガードレール 熱処理ガードレールとは,レール頭部を熱処理したガードレール heat treated guard rail

f) 部品

【 表 5 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
601 転てつ棒 転てつ棒とは,転換装置とつなぐために,トングレール又は可動レールに取り付ける棒。 参考 タイバー switch rod, drive rod, head rod
602 控え棒 控え棒とは,トングレールの横たわみを減らすために,左右のトングレールをつなぐ棒stretcher bar, back rod, helper rod
603 連結板 連結板とは,転てつ棒又は控え棒を取り付けるため,トングレール又は可動レールに取り付ける金具clip, bearing clip
604 止め金具 止め金具とは,トングレール又は可動レールが車輪横圧でたわまないように,レールの腹部に取り付ける金具stud, stop
605 間隔材 間隔材とは,間隔を保つために,近接したレールの腹部間に取り付ける金具filler, block
606 カラー カラーとは,間隔を保つために用いる,円筒形の金具collar
607 座金 座金とは,ボルト・ナットを用いてレール底部を締結する金具,とボルト・ナットの座面に挿入する金具clip plate, washer
608 レールブレス レールブレスとは,レールの転棟防止用に,レールの腹部又は首部に当てる締結金具rail brace
609 床板 (しょうはん) 床板とは,主に2本以上のレールの下に敷く鋼板で,ポイント・クロッシングとガードを構成する部品base plate, (slide, bed, heel) plate
610 分岐タイプレート 分岐タイプレートとは,分岐器類に用いる目的で設計されたタイプレート tie plate
611 分岐継目板 分岐継目板とは,分岐器類に用いる目的で設計された継目板fish plate, joint bar
612 丸止めくぎ 丸止めくぎとは,分岐器類に用いる目的で設計された犬くぎで,床板,分岐タイプレートなどをまくらぎに取り付けるときに用いる,幹部の断面が円形のくぎdog spike (round stem)
613 角止めくぎ 角止めくぎとは,分岐器類に用いる目的で設計された犬くぎで,床板,分岐タイプレートなどをまくらぎに取り付けるとき又は継目部のレール締結に用いる,幹部の断面が角形のくぎdog spike (square stem)
614 ファングボルト ファングボルトとは,頭部に回り止め用のつめ付き座金をもち,まくらぎの下からレール,床板などを固定するボルトfang bolt
615 補支材 補支材とは,乗越レールを構成する。本線レールにかぶさる部材run-over block connect with elevated rail
616 分岐まくらぎ 分岐まくらぎとは,分岐器類に用いるまくらぎswitch sleeper, switch tie
617 まくらぎ継手 まくらぎ継手とは,まくらぎを長さ方向につなぐ継手金具sleeper joint, tie joint
618 ゲージタイ ゲージタイとは,軌間保持のため左右のレールをつなぐ器具(JIS E 3013参照)gauge tie
619 ゲージストラット ゲージストラットとは,軌間縮小防止のために用いる器具。 例 strut, gauge strut
620 床敷板 (とこしきいた) 床敷板とは,分岐器と転換鎖錠装置との固定などに用いる鋼板 (JIS E 3013参照)sole plate
621 ポイントリバー(おもり付き) ポイントリバーとは,おもり付きのポイント転換装置。 参考 だるま switch box with weighted lever
622 ポイントリバー(S形) ポイントリバーとは,クランクによる鎖錠機構をもち,背向割りだし可能なポイント転換装置
623 横圧受装置 横圧受装置とは,直結分岐器で,床板,分岐タイプレートなどの固定に用いる装置direct fixation device
624 転てつ棒ボルト 転てつ棒ボルトとは,転てつ棒を連結板に取り付けるボルト。 参考 タイバーボルト switch rod bolt

g) 線形その他

【 表 6 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
701 分岐器類の線形 分岐器類の線形とは,分岐器類の基本的平面形状と寸法 geometry of turnouts and crossings, alignment
702 軌間線欠線 軌間線欠線とは,軌間線(765)が中断している部分gap in gauge line
703 分岐器類のスケルトン 分岐器類のスケルトンとは,分岐器類の最も簡略化した線形で,分岐交点,分岐方向,並びに分岐器の前端と後端を図に表したもの。 参考 スケルトン skeleton
704 リード長 リード長とは,トングレール先端からクロッシング交点までの,トングレール先端における基準線基本レールの接線方向の直線距離lead, lead length
705 理論リード長 理論リード長とは,入射角がない分岐器で,基準線基本レールと分岐線トングレール理論上の先端との接点からクロッシング交点までの,接点における基本レールの接線方向の直線距離。 例1. theoretical lead
706 実際リード長 実際リード長とは,入射角がない分岐器で,分岐線トングレール先端からクロッシング交点までの,基準線基本レールと分岐線トングレール理論上の先端との接点における基本レールの接線方向の直線距離actual lead
707 基準線 基準線とは,分岐器を構成する軌道のうち,基準となる軌道main line, main track
708 分岐線 分岐線とは,分岐器を構成する軌道のうち,基準線から分かれる軌道branch line, diverged line
709 基準線半径 基準線半径とは,基準線の軌道中心半径。ただし,振分分岐器の場合は,基準線の外軌の半径radii of main line (or track)
710 分岐線半径 分岐線半径とは,分岐線の外軌の半径radii of branch line
711 リード半径 リード半径とは,リード曲線の外軌の半径radii of lead curve
712 クロッシング交点 クロッシング交点とは,クロッシングにおける二つの軌間線の交点theoretical intersection point of crossing, theoretical point
713 分岐交点 分岐交点とは,クロッシング後端位置で分岐線の軌道中心線の接線が,基準線の軌道中心線と交わる点turnout middle point
714 分岐角 分岐角とは,クロッシング後端位置で分岐線の軌道中心線の接線が,分岐交点における基準線の軌道中心線の接線となす角(分岐交点における交角)。 例1. θ:クロッシング角 α:分岐角 turnout angle
715 クロッシング角 クロッシング角とは,クロッシング後端位置で,二つの軌間線の接線がなす角,又はクロッシング交点における軌間線の交角(JIS E 1301参照)。 備考 曲線分岐器・曲線ダイヤモンドクロッシングのクロッシングと三枝分岐器,複分岐器,三線式分岐器などの中央のクロッシングの場合は,通常後者を意味するcrossing angle
716 クロッシング番数 クロッシング角を,次の式のNで表したもの。 クロッシング番数クロッシング角を,次の式のNで表したもの。とは,N = 1/2 × cot θ/2
N:クロッシング番数 θ:クロッシング角
crossing number
717 分岐器の番数 分岐器の番数とは,分岐器が分岐する度合いを示すもので,その分岐器に用いるクロッシングのクロッシング番数で表すturnout number
718 ダイヤモンドクロッシングの番数 ダイヤモンドクロッシングの番数とは,ダイヤモンドクロッシングの交差角を示すもので,そのダイヤモンドクロッシングに用いるクロッシングの場合には二つの軌道中心線の交角をクロッシング角として,そのクロッシング番数によるdiamond crossing number
719 シーサースクロッシングの番数 シーサースクロッシングの番数とは,シーサースクロッシングに用いる主な分岐器の番数で表すscissors crossing number
720 振分率 (ふりわけりつ) 振分率とは,振分分岐器において,分岐角を直線軌道の延長線によって振り分けた比率で次の式によってm:nで表す。split ratio of turnout
721 入射角 入射角とは,主に,ポイント前端における分岐線外軌と基本線基本レールとの軌間線が交わる角度。 例 直線ポイントの場合 switch angle, entry angle
722 走入角 走入角とは,走行する車輪がレールに当たる角度。 参考 アタック角 angle of attack
723 誘導角 誘導角とは,ガードレールとウィングレールの誘導部の,フランジウェー幅をてい(逓)減する角度。 例 ガードレールの場合 参考 導入角 α,β:誘導角 flare angle
724 無誘導長 無誘導長とは,固定K字クロッシングなどの軌間線欠線部において,ガードレールによる車輪の誘導がない区間の長さguideless length
725 リード曲線 リード曲線とは,リード部の曲線lead curve
726 分岐 分岐とは,一つの軌道から他の軌道が分かれることbranching, diverging
727 分岐付帯曲線 分岐付帯曲線とは,分岐器内とその前後の曲線curve incidental to turnout
728 分岐器内曲線 分岐器内曲線とは,分岐付帯曲線中の分岐器内の曲線。 参考 分岐内曲線 turnout curve
729 分岐器後方曲線 分岐器後方曲線とは,分岐器後端に近接した曲線curve behind turnout, second curve of turnout
730 分岐器前端 分岐器前端とは,分岐器の分岐する手前の基本レール端の位置beginning of turnout
731 分岐器後端 分岐器後端とは,分岐器の分岐した後の基準線と分岐線の,最遠のクロッシング端又はレール端の位置end of turnout
732 ポイント前端 ポイント前端とは,ポイントのトングレール先端の位置。ただし,両トングレール先端位置が食い違っている場合は,分岐器前端に近い方をいうtoe of switch, front of switch, point of switch
733 ポイント後端 ポイント後端とは,ポイントのトングレール後端の位置。ただし,両トングレール後端位置が食い違っている場合は,分岐器後端に近い方をいうheel of switch
734 トングレール先端 トングレール先端とは,トングレールの頭部がとがった方の端。 参考 トングレール前端 real switch toe, toe of tongue rail
735 トングレール後端 トングレール後端とは,トングレールの他のレールと接続する側との端heel of tongue rail
736 クロッシング前端 クロッシング前端とは,クロッシングのポイント側の端toe of crossing
737 クロッシング後端 クロッシング後端とは,クロッシングの分岐器後端側の端heel end of crossing
738 クロッシングの前端長 クロッシングの前端長とは,クロッシングの交点からクロッシングの前端までの長さtoe length of crossing
739 クロッシングの後端長 クロッシングの後端長とは,クロッシングの交点からクロッシングの後端までの長さheel length of crossing
740 先端の開き 先端の開きとは,トングレール又は可動レールを転換して開いた場合,これらの先端と基本レール又はへ形レールとの間隔opening at the switch toe
741 クロッシング前端の開き クロッシング前端の開きとは,クロッシング前端の軌間線の間隔toe spread
742 クロッシング後端の開き クロッシング後端の開きとは,クロッシング後端の軌間線の間隔heel spread
743 行程 行程とは,トングレール又は可動レールを転換するとき,これらの転てつ棒の位置における移動量throw of switch, opening at the drive
744 フランジウェー フランジウェーとは,近接したレール間を車輪フランジが通る場合の,レール頭部間のすきまflangeway
745 フランジウェー幅 フランジウェー幅とは,フランジウェーの軌間線位置における幅flangeway width
746 フランジウェーの深さ フランジウェーの深さとは,レール面から,フランジウェーの下にある間隔材などの上面までの深さ。 例 ガードの場合 単位mm flangeway depth
747 レールの弾性部 レールの弾性部とは,弾性ポイントのトングレールなどにおいて,転換するとき横にたわみやすくするために底部幅を縮小した部分flexible portion of tongue rail
748 ピボット ピボットとは,トングレール後端部などで,回転中心となる円柱形又は半円柱形の軸pivot
749 鼻端 (びたん) 鼻端とは,ノーズレールの頭部がとがった端部nose, crossing nose, frog point
750 ウィングレール盛上げ部 ウィングレール盛上げ部とは,鼻端(749)付近を通過する車輪の落ち込みを防止する目的で,ウィングレール乗移り部を高くした部分wing wheel risers
751 誘導部 誘導部とは,ガードレール,ウィングレールなどにおいて,車輪を基準のフランジウェーに誘導する部分。 参考 導入部 flare portion
752 誘導部の開き 誘導部の開きとは,誘導部におけるフランジウェーの最も広い幅。 参考 導入部開き flare opening
753導線 導線とは,ガードレール,ウィングレールなどのフランジウーにおいて,車輪の背面を誘導する軌間線に対応た線。 例 ウィングレールの場合 guard line
754バックゲージ バックゲージとは,ガードレールの導線と,対応するノーズレールの間線との距離。 guard check gauge, dimension for point protection
755ガード面距離 ガード面距離とは,ガードレールとウィングレールとの導線間距離。 guard face gauge
756縦距 (じゅうきょ) 縦距とは,曲線又は折線の形状・寸法を表す値で,一直線かの垂直距離で示す。 例1. 例2. 例3. offset
757突合せ 突合せとは,二つの分岐器の前端が近接している状態。 toe to toe layout of turnouts
758突付け 突付けとは,分岐器の前端が,他の分岐器の後端に近接してい状態。 toe to heel layout of turnouts
759対向 対向とは,分岐器の前端側から後端側への向き。 facing
760背向 (はいこう) 背向とは,分岐器の後端側から前端側への向き。 trailing
761トングレールの接着 トングレールの接着とは,圧力なしでトングレールが,基本レールと所定の分で一様に接している状態。 contact of switch
762トングレールの密着 トングレールの密着とは,接着状態にあるトングレールが,基本レールに圧をもって接している状態。 fixing of switch
763定位 定位とは,分岐器類の常時開通している方向。 normal positoin
764反位 反位とは,分岐器類の常時開通していない方向。 reverse positoin
765軌間線 軌間線とは,軌間を表示する場合のレール面から14mm下がた位置の線 gauge line
766外軌 (がいき) 外軌とは,曲線軌道において,軌道中心線より外側のレール。参考:軌道中心線より内側のレールを内軌という。 outside rail
767ガードの有効長 ガードの有効長とは,ガードにおいて,基準のフランジウェー部分のさ。 actual length of guard

鉄道 分岐 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS E 1101普通レールと分岐器類用特殊レールJIS E 1306鉄道用分岐器類のクロッシング-形状と寸法
JIS E 1301鉄道用分岐器類の番数JIS E 1307鉄道用分岐器類のガード-形状と寸法
JIS E 1303鉄道用分岐器類JIS E 1311鉄道-分岐器類用語
JIS E 1304鉄道用分岐器類の線形JIS M 6511鉱山軌道用分岐器類
JIS E 1305鉄道用分岐器のポイント-形状と寸法

鉄道線路、電車線路、鉄道設備、信号・保安機器、鉄道車両

高齢者・障害者配慮設計指針-アクセシブルデザイン〔基本規格/視覚的配慮/聴覚的配慮/触覚的配慮/包装・容器/衣料品/施設・設備/情報通信/コミュニケーション/その他]、福祉用具[用語/義足/義手/装具/車椅子・歩行補助具/移動・移乗機器/ベッド・関連用具/排泄用具/浴槽用具/聴覚障害機器/リスクマネジメント/生活支援ロボット〕

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。