JIS H 0400 最新規格 電気めっき及び関連処理用語|JIS規格 一覧|改正 更新情報|制定

JIS H 0400 電気めっきと関連処理用語の規格 JISH0400の基本・名称・用語・一般 ,処理剤と設備器具 ,研磨と前処理 ,めっき処理 ,後処理 ,関連表面処理 ,排水処理 ,試験と検査 ,知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS H0400:1998の規格は,電気めっき及び関連処理において用いられる用語及び定義について規定。

電気めっきと関連処理用語 規格 一覧表

JIS H 0400

電気めっき及び関連処理用語の一覧

最新 JIS H0400 規格の詳細 更新日 情報

JIS H 0400:1998の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS H0400 JIS改正 最新・更新日 1998年11月20日
規格名称 電気めっきと関連処理用語
英語訳 Glossary of terms used in electroplating and related processes
対応国際規格 ISO ISO 2079 : 1981 Surface treatment and metallic coatings-General classification of terms
ISO 2080 : 1981 Electroplating and related processes-Vocabulary
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1961年11月01日
略語・記号 No JIS H0400:1998
ICS 01.040.25,25.220.40JISハンドブック 金属表面処理:2019

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

1. 適用範囲

この規格は,電気めっきと関連処理において用いられる主な用語と定義について規定する。

備考 この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 2079:1981,Surface treatment and metallic coatings — General classification of terms

ISO 2080 : 1981 Electroplating and related processes-Vocabulary
ISO 2080:2008,Metallic and other inorganic coatings — Surface treatment, metallic and other inorganic coatings — Vocabulary

2. 用語の分類

電気めっきと関連処理用語は,次の8部門に分類する。

  • a) 一般
  • b) 処理剤と設備器具
  • c) 研磨と前処理
  • d) めっき処理
  • e) 後処理
  • f) 関連表面処理
  • g) 排水処理
  • h) 試験と検査

3. 用語と定義

用語と定義は,次のとおりとする。

なお,参考のために対応する英語を示す。

備考 二つ以上の用語を並べてある場合は,その順位に従って使用する。

a) 一般

【 表 1 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
1001 表面処理 表面処理とは,材料の表面を改質すること。 参考 表面の状態を変えることによって,表面の性質を変えたり,新しい機能を付加するsurface treatment, surface finishing
1002 化学めっき法 化学めっき法とは,金属又は非金属表面に金属を化学的に還元析出させる方法。 参考 置換法,化学還元法,熱分解法とがあり,置換法は浸せきめっきと接触めっきとに,また化学還元法は自己触媒めっきと非触媒めっきとに分けられるchemical plating, electroless plating
1003 化成処理 化成処理とは,化学と電気化学的処理によって,金属表面に安定な化合物を生成させる処理。 参考 りん酸塩処理,クロメート処理,黒染処理などがあるconversion treatment
1004 拡散処理 拡散処理とは,a) 下地表面に別の金属又は非金属を拡散させて,表面層を作り出す方法。 b) 電気めっきでは,皮膜と素地金属,又は二つ以上の皮膜間で合金化若しくは金属間化合物を形成するための熱処理diffusion treatment
1005 溶融めっき法 溶融めっき法とは,めっきしようとする物を溶融金属中に浸せきして,表面に金属皮膜を形成する方法hot dip metal coating, hot dipping
1006 金属被覆 金属被覆とは,あらゆる方法で得られるすべての金属被覆を意味する一般的用語metal coating, metallic coating
1007 電気分解, 電解 電気分解,電解とは,一対の電極を電解質溶液などのイオン伝導体に挿入し,外部電源から電流を流して化学変化を起こさせる操作electrolysis
1008 電解析出, 電析 電解析出,電析とは,電気分解によって,電極表面に物質が生成すること。 参考 水素ガスの発生,金属の析出と高分子膜の析出などがあるelectrolytic deposition, electrodeposition
1009 電着 電着とは,電気分解によって,電極表面に物質が付着して生成することelectrodeposition
1010 電析結晶 電析結晶とは,電解析出のうち,電極表面に金属又は金属酸化物結晶が生成することelectrocrystallization
1011 電気めっき法 電気めっき法とは,金属又は非金属表面に金属を電気化学的に析出(電着)させる方法electroplated coating, electroplating
1012 貴金属 貴金属とは,標準水素電極と比較して,高い正極電位をもつ金属。 参考 イオン化しにくく,そのため容易に溶解しない方が貴となる。例えば,銅は亜鉛より,そして金は銅又は亜鉛より貴となる noble metal
1013 卑金属 卑金属とは,標準水素電極と比較して,低い正極電位をもつ金属base metal
1014 酸化 酸化とは,物質が酸素と化合する反応oxidation
1015 還元 還元とは,物質が水素と化合する反応と酸化物又は酸素が含む化合物から酸素の一部若しくは全部が除去される変化reduction
1016 アニオン, 陰イオン アニオン,陰イオンとは,負に帯電したイオンanion
1017 カチオン, 陽イオン カチオン,陽イオンとは,正に帯電したイオンcation
1018 電解質 電解質とは,水などの溶媒に溶けてイオン化し,その溶液が電気伝導性をもち,電流を流すと電気分解現象を起こす物質electrolyte
1019 電気泳動 電気泳動とは,溶液中の荷電粒子が電位こう(勾)配によって移動する現象electrophoresis, cataphoresis
1020 イオン移動, イオン泳動 イオン移動,イオン泳動とは,電解液に電流を流したときにイオンが移動する現象ion transference, ion transport, ion migration
1021 輸率 輸率とは,電解液に電流を流したときに特定のイオンが運ぶ電流の割合transference number, transport number
1022 錯塩 錯塩とは,2種類以上の塩が化合してできた塩で,水に溶かしたとき錯イオンに解離して,構成要素のイオンを生成しない塩complex salt
1023 錯イオン 錯イオンとは,電解質錯体が解離したときに生じるイオンcomplex ion
1024 複塩 複塩とは,2種類以上の塩が化合してできた塩で,水に溶かしたとき,もとの成分の塩と同じイオンに電離する塩double salt
1025 電導度塩 電導度塩とは,導電性を増すため,電解液に添加する塩conducting salt, electric conducting salt
1026 キレート化合物 キレート化合物とは,金属原子が環状構造の一部を形成し,容易にイオンに解離しない化合物chelate compound
1027 電極 電極とは,陽極又は陰極を表す用語electrode
1028 陽極 陽極とは,a) 金属が電気化学的に溶解する極。不溶性の場合は,アニオン(陰イオン)が放電する極。 b) 上記の機能を行う物質anode
1029 陰極 陰極とは,金属又は水素が電気化学的に析出する極cathode
1030 酸化還元電位, 平衡電位 酸化還元電位,平衡電位とは,単一の酸化還元系の電極反応が平衡にあるときの電位oxidation-reduction potential, redox potential
1031 バイポーラ電極 バイポーラ電極とは,電解中,陽極と陰極との間に浸せきした電源に接続されていない導体が,電極のように働く現象bipolar electrode
1032 分極 分極とは,電気分解中の電極に生じる自然電位からの電位のずれpolarization
1033 アノード分極 アノード分極とは,陽極での分極anode polarization
1034 カソード分極 カソード分極とは,陰極での分極cathode polarization
1035 減極 減極とは,電極での分極が減少することdepolarization
1036 アノード反応, 陽極反応 アノード反応,陽極反応とは,電気分解において陽極で起こるアニオンの放電,金属の溶出,酸化などの反応anode reaction
1037 カソード反応, 陰極反応 カソード反応,陰極反応とは,電気分解において陰極で起こるカチオンの放電,還元などの反応cathode reaction
1038 陽極酸化 陽極酸化とは,陽極処理によって電極表面において起こる酸化反応anodic oxidation
1039 拡散層 拡散層とは,電解過程で,電極と接し,拡散による物質移動のために溶液本体と濃度こう(勾)配を生じている溶液の薄い層diffusion layer
1040 アノード皮膜 アノード皮膜とは,a) 電解によって陽極上に形成される皮膜 b) 電解過程で,陽極に接し溶液本体と濃度が変わる溶液の薄い層anode film
1041 カソード皮膜 カソード皮膜とは,電解過程で,陰極に接し溶液本体と濃度が異なる溶液の薄い層cathode film
1042 電流濃度 電流濃度とは,電解液の単位容積当たりの電流の大きさcurrent concentration
1043 電流密度 電流密度とは,電極の単位面積当たりの電流の大きさcurrent density
1044 臨界電流密度 臨界電流密度とは,(電気めっきにおいて)正常な皮膜を生成する電流密度の上限と下限critical current density
1045 限界電流密度 限界電流密度とは,拡散によるイオンの補給が限界に達し,電圧を上げても電流密度が増加しなくなる電流密度の最大値limiting current density
1046 電流効率 電流効率とは,通過した電流のうち,目的とする電極反応に使用された電流の割合。 参考 理論析出量(又は溶出量)に対する実際の析出量(又は溶出量)との割合を百分率で表すcurrent efficiency
1047 アノード効率, 陽極効率 アノード効率,陽極効率とは,特定の陽極過程の電流効率anode efficiency
1048 カソード効率, 陰極効率 カソード効率,陰極効率とは,特定の陰極過程の電流効率cathode efficiency
1049 過電圧 過電圧とは,実際電解が行われている電極電位と平衡電位との差。 参考 水素過電圧,酸素過電圧,活性化過電圧,濃度過電圧などがあるovervoltage
1050 水素過電圧 水素過電圧とは,水素発生反応における過電圧hydrogen overvoltage
1051 酸素過電圧 酸素過電圧とは,酸素発生反応における過電圧oxygen overvoltage
1052 電流分布 電流分布とは,電極の各位置における通過電流の分布状態current distribution
1053 ハルセル ハルセルとは,種々の電流密度における電極表面の状況を観察する特殊な形の電解槽Hull cell
1054 電解液, 電解質溶液 電解液,電解質溶液とは,電解質を水などの溶媒に溶かした溶液electrolytic solution
1055 陽極液 陽極液とは,分離セルで隔膜のアノード側の電解液anolyte
1056 陰極液 陰極液とは,分離セルで隔膜のカソード側の電解液catholyte
1057 めっき浴 めっき浴とは,めっき槽内に入れられためっき液plating bath
1058 素地 素地とは,皮膜が析出又は形成される材料basis material, basis metal
1059 下地 下地とは,直接めっきされる素地。 参考 単めっきの場合は,下地は素地と同義語になる。多層めっきの場合は,中間皮膜を下地と呼ぶsubstrate
1060 核生成 核生成とは,非電導性素地に電気めっきを行う際,析出の初期段階のサイトとしての役目を果たす触媒物質が吸着されるめっきの前段階nucleation
1061 析出電位 析出電位とは,電析又は電着において,固体生成物が析出し始める電位 deposition potential
1062 電気めっき範囲 電気めっき範囲とは,十分な電着が得られる電流密度の範囲deposition range, electroplating range, plating range
1063 一次電流分布 一次電流分布とは,幾何学的な考察だけから予想される電極表面上の電流の分布primary currentdistribution
1064 被覆力 被覆力とは,初期に陰極の全表面に金属を析出するため,所定の条件の下で電気めっきさせ得る浴の能力covering power
1065 レベリング, 平滑能 レベリング,平滑能とは,素地の微視的な凹凸や,研磨の条こんなどを平滑化するめっき浴の能力。平滑化作用ともいうlevelling, (USA, leveling)
1066 均一電着性, マクロスローイングパワー 均一電着性,マクロスローイングパワーとは,厚さが均一にめっきされるめっき浴の能力throwing power, macrothrowing power
1067 微視的均一電着性, ミクロスローイングパワー 微視的均一電着性,ミクロスローイングパワーとは,一定条件のもとで,穴とか狭い溝にも十分めっきさせ得るめっき浴の能力microthrowing power
1068 めっき分布, 金属分布比 めっき分布,金属分布比とは,陰極上の二つの特定面積上で析出した電着金属の厚さの割合metal distribution ratio
1069 不動態 不動態とは,化学的又は電気化学的に溶解若しくは反応が停止するような金属の特殊な表面状態passivity, passive state
1070 不動態化 不動態化とは,金属表面を不動態にすることpassivating, passivation, passivate
1071 活性化 活性化とは,a) 表面の化学的反応性を高めるため,表面の不動態を破壊する処理。 b) 非電導性素地に金属を析出させる工程で,表面に触媒金属を吸着させる処理activation
1072 光沢電気めっき 光沢電気めっきとは,めっきした状態で,鏡のような高い反射率をもつ電着物を生成させる方法bright electroplating
1073 光沢電気めっき範囲 光沢電気めっき範囲とは,所定の作業条件の下で,光沢電気めっきが得られる電流密度の範囲bright electroplatingrange
1074 光沢浸せき法 光沢浸せき法とは,金属表面を種々な組成の溶液中に短時間浸せきして光沢面とする方法。 参考 キリンス仕上げなどがあるbright dipping
1075 化学光沢処理 化学光沢処理とは,アルミニウムとその合金を溶液中に浸せきして光沢面にする方法。 参考 英国で使用されている用語chemical brightening
1076 水素ぜい性 水素ぜい性とは,前処理とめっき処理の過程で,被めっき物が水素を吸蔵して延性又はじん(靱)性が低下する現象hydrogen embrittlement
1077 電着応力 電着応力とは,電着によって皮膜に発生する引張り又は圧縮の内部応力 stress of electrodeposits
1078 表面張力 表面張力とは,互いに接する2相の界面において,それら2相の接触面積を減少する向きに作用する力surface tension
1079 アニーリング アニーリングとは,成形によるひずみ除去又は密着性改善のために一定の温度でする加熱処理annealing
1080 pH pHとは,水素イオン濃度の逆数の対数。 参考 溶液の酸度又はアルカリ度を表すためなどに用いる hydrogen ion concentration
1081 アノード腐食 アノード腐食とは,電解槽中と大気中で,陽極金属が電気化学的に溶解する現象anode corrosion
1082 カソード防食 カソード防食とは,流電陽極又は外部電源を用いて金属体を陰極として通電し,腐食を防止する方法cathodic protection
1083 犠牲防食 犠牲防食とは,より卑な金属を電気的に接触させ,腐食させることによって金属を保護する操作sacrificial protection
1084 バレル法 バレル法とは,品物を回転容器の中に入れて,機械的,化学的又は電解的に処理する方法の総称barrel processing
1085 電鋳法 電鋳法とは,電気めっき法による金属製品の製造・補修又は複製法electroforming
1086 置換反応 置換反応とは,ある化合物に含まれる原子又は原子団を,他の原子又は原子団に置き換える反応substitution reaction
1087 イオン交換 イオン交換とは,塩類水溶液中で,ある種の物質中のイオンが液中のイオンと交換される現象ion exchange
1088 ウイスカ ウイスカとは,単結晶の微小金属繊維成長物。 参考 貯蔵中若しくは使用中,自然に生成し,又は,めっき処理中に生成することがある。すずめっきなどに生成しやすいwhiskers
1089 めっきの種類 めっきの種類とは,めっきに用いる金属と合金の種類によって分類されるめっきkind of plating
1090 めっきの構成 めっきの構成とは,多層めっきを組み立てている一連のめっきの種類の順序 composition of plating
1091 めっきのタイプ めっきのタイプとは,同一種類のめっきにおいて,性質,形態,方法などを異にするめっきtype of plating
1092 めっき有効面 めっき有効面とは,表面処理の用途上で重要な面significant surface
1093 使用環境 使用環境とは,装飾,防食などのめっきにおいて,めっきを施した製品が使用される環境で,直接又は間接にその製品に影響を及ぼす周囲の雰囲気service condition

b) 処理剤と設備器具

【 表 2 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
2001 添加剤 添加剤とは,めっき皮膜の特性を向上させる目的で,めっき浴その他の処理液に添加する物質addition agent, additives
2002 光沢剤 光沢剤とは,めっき皮膜に光沢を与えるための添加剤brightener, brightening agent
2003 錯化剤 錯化剤とは,金属イオンと結合して錯イオンを形成させるための添加剤complexing agent
2004 酸化剤 酸化剤とは,他の物質を酸化させるための添加剤oxidizing agent, oxidizer
2005 還元剤 還元剤とは,他の物質を還元させるための添加剤reducing agent, reducer
2006 緩衝剤 緩衝剤とは,pHの変化を防ぐための添加剤buffer
2007 界面活性剤 界面活性剤とは,液体の表面張力を減少させ,ぬ(濡)れをよくしたり,乳化分散などの目的で用いられる物質surface active agnet, interfacial action agent, surfactant
2008 湿潤剤 湿潤剤とは,表面張力を減少させ,材料表面上で液体を広がりやすくさせる物質wetting agent
2009 清浄剤, 洗浄剤 清浄剤,洗浄剤とは,材料表面に付着している油脂類などの汚れの洗浄を助ける物質detergent, cleaning agent, cleaner
2010 抑制剤, インヒビタ 抑制剤,インヒビタとは,化学若しくは電気化学反応の急激な進行又は局部的な進行を妨げる物質。 参考 めっきでは,酸洗液などに用いる inhibitor
2011 乳化剤, エマルジョン剤 乳化剤,エマルジョン剤とは,安定した乳濁を生成するために用いる物質emulsifying agent, emulsifier
2012 キレート剤 キレート剤とは,金属イオンに配位して,環状構造をもつ錯化合物(キレート化合物)を形成する物質chelating agent
2013 不溶性アノード 不溶性アノードとは,電解中,電解液に金属イオンを出さない陽極inert anode, insoluble anode
2014 補助極 補助極とは,均一電着性若しくは被覆力を改善するために用いる補助の陰極又は陽極auxiliary electrode
2015 補助陽極 補助陽極とは,最低電流密度部分に配置して,陰極の電流密度分布を改善する補助の陽極auxiliary anode
2016 補助陰極, かぶり止め 補助陰極,かぶり止めとは,陰極の電流密度を改善するために配置する補助の陰極。 参考 電流の集中しやすい箇所に品物とは別の陰極を配置し,めっき厚さを均一にしたり,めっき皮膜の焼けを防止することを目的とするauxiliary cathode, robber, thief, supplementary cathode
2017 極棒 極棒とは,電解槽に固定された導電部で,ブスバから陽極,陰極に電流を導く金属製の棒bar (anode or cathode), rod
2018 ブスバ ブスバとは,電源から陽極と陰極の棒に電流を伝えるための堅い導体busbar
2019 アノードバッグ アノードバッグとは,陽極スライムが被めっき物に影響を与えないように陽極を包む袋anode bag
2020 隔膜 隔膜とは,陽極部分と陰極部分とを分離する多孔性又は透過性の膜 diaphragm
2021 シールド シールドとは,a) 陽極又は陰極上の電流分布を改善するように置いた不導体の障害物。 b) 不導体物を間に置いて,陽極又は陰極上の電流分布を変える操作shield
2022 分離セル 分離セルとは,隔膜を含むセル又はその他の方法で陽極液と陰極液を物理的に分けるセルdivided cell
2023 引っかけ, ジグ, ラック 引っかけ,ジグ,ラックとは,被めっき物の支持と通電のために用いる支持具jig, rack, plating rack
2024 整流器 整流器とは,交流を直流に変換する装置rectifier
2025 脈動率, リプル 脈動率,リプルとは,電源の特性によって作られる直流電圧の規則的な変調ripple
2026 めっき防止材 めっき防止材とは,電極又はラックの一部にレジストを施し,めっきされるのを防ぐために使用する材料stop-off material, stopping off, masking material
2027 ダミー電極, ダミー ダミー電極,ダミーとは,めっき浴中の不純物の除去又は分解に使用する陰極dummy, dummy cathode
2028 加熱器, ヒータ 加熱器,ヒータとは,めっき条件を維持するため,めっき液を加熱するための機器heater
2029 冷却機, クーラ 冷却機,クーラとは,めっき条件を維持するため,めっき液を冷却するための機器cooler
2030 かくはん機 かくはん機とは,めっき液の濃度を均一にするために,液をかき混ぜる機器agitator
2031 カソードロッカ カソードロッカとは,陰極棒を左右又は上下に動かして,被めっき物にかくはん効果を与えるための機器cathode roker, cathode rod movement
2032 ろ過機 ろ過機とは,ろ布又はひも巻きカートリッジなどのろ材を用いて,めっき液中の微粒子を分離する機器filter
2033 ろ過助剤 ろ過助剤とは,ろ材の目づまりを防ぎ,ろ過性能を増加させるために使用される物質filter aid
2034 自動めっき装置 自動めっき装置とは,被めっき物の搬送又は槽の出し入れなどのめっき作業をコンピュータによって管理する機器。 参考 自動めっき装置には,ホイスト式,エレベータ式などがあるautomatic plating equipment
2035 自動浴管理装置 自動浴管理装置とは,浴成分の変動を連続的に検知し,この情報に基づき,コンピュータによって金属イオン,添加剤などの補給又は液の更新を行う機器automatic plating bath control equipment

c) 研磨と前処理

【 表 3 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
3001 研磨 研磨とは,a) 金属表面を滑らかにする処理。 参考 欧州大陸で使用される用語。 b) 研磨剤で金属表面を平滑にする初期の段階。 参考 米国で使用される用語polishing
3002 前処理 前処理とは,被めっき物をめっき浴に入れる前の諸工程。 参考 表面状態の調整,装飾的効果などのために,表面処理の主工程の前に行う処理pretreatment
3003 機械研磨法 機械研磨法とは,金属表面を微細なと粒研磨材によって削り取り,平滑で所定の寸法に近い面とする方法mechanical polishing
3004 電解研磨法 電解研磨法とは,金属表面を特定溶液中で陽極溶解し,平滑な光沢面とする方法electropolishing
3005 化学研磨法 化学研磨法とは,金属表面の平滑さを改善するため,種々の組成の溶液中に浸せきし,平滑な光沢面とする方法chemical polishing
3006 油性研磨剤 油性研磨剤とは,研磨剤を主成分とし,これに脂肪酸,鉱油,金属石けんなどを混合した研磨剤。 参考 棒状と液状のものとがあるbuffing compound, grease base buffing bar
3007 トリポリ トリポリとは,研磨に用いる,もろく,極微細なけい酸。 参考 トリポライトに類似した研磨粒と油脂で作られた棒状研磨剤tripoli
3008 バフ バフとは,布製又はその他の材料で作られた研磨輪buff
3009 エメリーバフ エメリーバフとは,バフにエメリー,溶融アルミナなどの研磨剤を接着したものemery polishing wheel, emery wheel, polishing wheel, set-up wheel
3010 バフ研磨法 バフ研磨法とは,バフの周囲又は表面に種々の研磨剤などを付けて研磨する方法。 参考 研磨の程度や工程によって,素地研磨,仕上げ研磨などに分けられるmopping, buffing, (USA, polishing)
3011 バレル研磨法 バレル研磨法とは,被研磨物を研磨剤などとともに回転又は振動容器中に入れて研磨する方法barreling, barrel polishing
3012 がら研磨 がら研磨とは,被研磨物を回転容器中で研磨する方法tumbling
3013 ベルト研磨法 ベルト研磨法とは,研磨剤の付着したベルトを使用して研磨する方法belt sanding, belt polishing
3014 研削 研削とは,粗粒の研磨剤を含むか,又は付着させた研磨剤によって材料の表面を除去する方法grinding
3015 ボビング ボビングとは,研磨剤で金属表面を平滑にする初期の段階bobbing, (USA, polishing)
3016 グレイニング グレイニングとは,回転ベルトに研磨剤を付着させて,平面を一方向に研磨する操作linishing, (USA, graining)
3017 筆電解研磨 筆電解研磨とは,筆,スポンジなどにめっき液を吸収させて陰極とし,電解研磨する方法brush electrolytic polishing
3018 ラッピング ラッピングとは,寸法誤差の調整又は表面仕上げの改善のために行う研磨 lapping
3019 脱脂 脱脂とは,素地に付着している油脂性の汚れを除去して清浄にする操作。 参考 アルカリ脱脂,溶剤脱脂,エマルジョン脱脂,電解脱脂,機械脱脂などがあるdegreasing
3020 電解脱脂 電解脱脂とは,所定の溶液中に品物を陰極又は陽極として浸せきし,電解によって脱脂する操作。 参考 陰極脱脂,陽極脱脂,PR脱脂などがあるelectrolytic cleaning, electrolytic degreasing
3021 洗浄 洗浄とは,表面から油脂その他の汚れをすべて除去する操作cleaning
3022 酸洗浄 酸洗浄とは,酸溶液による洗浄acid cleaning
3023 酸浸せき 酸浸せきとは,軽いさびなどを除去するため,酸溶液中に短時間浸して清浄にする操作acid dipping
3024 酸洗い, ピックリング 酸洗い,ピックリングとは,ミルスケール又は厚いさびの層を除去するため,比較的長い時間,酸溶液中に浸して清浄にする操作。 参考 対応国際規格では,ピックリング (pickling) を化学的又は電気化学的作用によって素地金属から酸化物又はその他の化合物を除去することと規定している acid pickling
3025 スケール スケールとは,変色と呼ぶ表面皮膜より,厚い密着性のある酸化皮膜scale
3026 スマット スマットとは,鉄鋼などの酸洗において,酸洗過多となった場合や,アルカリ溶液でアルミニウム合金の酸化皮膜を除去したときに生じる微粉末状の黒色物質smut
3027 デスマット デスマットとは,スマットを除去する操作desmut
3028 アルカリ洗浄 アルカリ洗浄とは,アルカリ溶液による洗浄alkaline cleaning
3029 電解洗浄 電解洗浄とは,被めっき物を陰極又は陽極として行う電解による洗浄。 参考 陰極法,陽極法,PR法などがあるelectrolytic cleaning
3030 アノード洗浄 アノード洗浄とは,被めっき物を陽極にして電解洗浄する方法anodic (reverse)cleaning
3031 カソード洗浄 カソード洗浄とは,被めっき物を陰極にして電解洗浄する方法cathodic cleaning, direct cleaning
3032 PR洗浄 PR洗浄とは,電流の方向を周期的に変えて電解洗浄する方法periodic reverse current cleaning
3033 超音波洗浄 超音波洗浄とは,超音波によって,被めっき物と洗浄液に微振動を与えて行う洗浄ultrasonic cleaning
3034 溶剤洗浄 溶剤洗浄とは,有機溶剤を用いて行う被めっき物の洗浄脱脂solvent cleaning, solvent degreasing
3035 二相洗浄 二相洗浄とは,有機溶剤層と水成層とからなる液体を用いて行う洗浄。 参考 溶剤と乳化作用とによって洗浄効果が得られるdiphase cleaning
3036 エマルジョン洗浄 エマルジョン洗浄とは,乳化液を用いて行う被めっき物の洗浄emulsion cleaning
3037 浸せき洗浄 浸せき洗浄とは,電流を使わずに,一般的にアルカリ溶液に浸して行う洗浄immersion cleaning, soak cleaning
3038 スプレー洗浄 スプレー洗浄とは,金属表面に洗浄溶液を吹き付けて行う洗浄spray cleaning
3039 蒸気洗浄, 蒸気脱脂 蒸気洗浄,蒸気脱脂とは,被めっき物の上に溶剤蒸気を凝縮させて行う洗浄vapour degreasing, (USA, vapor degreasing)
3040 ブラスト法 ブラスト法とは,加工面に固体金属,鉱物性又は植物性の研磨材を高速度で吹き付け,表面を清浄化,摩耗若しくは硬化させる方法。 参考 対応国際規格では,使用する研磨材などの種類によって,アブレシブブラスト (abrasive blasting),ビードブラスト (bead blasting),ガラスビードブラスト (glass bead blasting),カットワイヤブラスト (cut wire blasting),グリットブラスト (grit blasting),サンドブラスト (sand blasting),ショットブラスト (shot blasting),ウエットブラスト (wet blasting) の用語を規定しているblasting
3041 液体ホーニング 液体ホーニングとは,微粒の研磨材を加えた水又はそれに適切な腐食抑制剤を加えたものを金属製品に吹き付けて清浄にし,同時になし地仕上げにする方法liquid honing
3042 バニシ仕上げ, バニッシング バニシ仕上げ,バニッシングとは,表面層を除去せず,圧力をかけてこすって表面を平滑にする方法。 参考 研磨処理法の一種burnishing
3043 カラーオフ カラーオフとは,軽い最終的なバフ研磨colouring off (USA, coloring or colour buffing)
3044 レリービング レリービングとは,色を少しずつ変化させるため,着色して特定面から物質を機械的に除去する方法relieving
3045 ばり取り ばり取りとは,機械,化学又は電気化学的な方法で鋭いへりを取る操作 deburring, trimming

d) めっき処理

【 表 4 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
4001 電気めっき 電気めっきとは,金属又は非金属表面に金属を電気化学的に析出させた皮膜electroplated coatings, electroplating
4002 防食めっき 防食めっきとは,製品に耐食性を付与するために行うめっきelectroplating for corrosion prevention
4003 装飾めっき 装飾めっきとは,製品に美観を付与するために行うめっきdecorative plating
4004 機能めっき 機能めっきとは,めっき皮膜そのものの特性を利用するために行うめっき plating for functional use
4005 複合めっき 複合めっきとは,繊維状,粒子状などの分散相をもつ複合材料の電気めっきcomposite coatings, composite plating
4006 合金めっき 合金めっきとは,2種類又はそれ以上の金属と金属と非金属の合金の電気めっきalloy platings, electroplated coatings of alloy
4007 多層めっき 多層めっきとは,2層又はそれ以上の金属を析出した電気めっきmultilayer deposits
4008 銅めっき 銅めっきとは,銅イオン又は銅錯イオンを含む電解質に直流若しくはパルス電流を流して,陰極上に金属銅を析出させる処理copper plating
4009 黄銅めっき 黄銅めっきとは,銅イオン,亜鉛イオン又はそれらの錯イオンを含む電解質に直流又はパルス電流を流して,陰極上に銅と亜鉛の合金を析出させる処理。 参考 銅-亜鉛の合金めっきで,真ちゅう(鍮)めっきともいうbrass plating
4010 ニッケルめっき ニッケルめっきとは,ニッケルイオンを含む電解質に直流又はパルス電流を流して,陰極上に金属ニッケルを析出させる処理nickel plating
4011 亜鉛めっき 亜鉛めっきとは,亜鉛イオンや亜鉛錯イオンを含む電解質に直流又はパルス電流を流して,陰極上に金属亜鉛を析出させる処理zinc plating
4012 亜鉛合金めっき 亜鉛合金めっきとは,亜鉛めっき液に,他の金属イオン又は錯イオンを添加して通電し,陰極上に亜鉛と添加金属の合金を析出させる処理zinc alloy plating
4013 すずめっき すずめっきとは,すずイオンやすず錯イオンを含む電解質に直流又はパルス電流を流して,陰極上に金属すずを析出させる処理tin plating
4014 すず合金めっき すず合金めっきとは,すずめっき液に,他の金属イオン又は錯イオンを添加して通電し,陰極上にすずと添加金属を析出させる処理tin alloy plating
4015 金めっき 金めっきとは,金イオンや金錯イオンを含む電解質に直流又はパルス電流を流して,陰極上に金属金を析出させる処理。 参考 金含有率が99.9%以上の電気めっきgold plating
4016 金合金めっき 金合金めっきとは,金めっき液に他の金属イオンを添加して通電し,陰極上に金属金と添加金属を析出させる処理。 参考 金含有率が58.5%以上99.9%未満の電気めっきgold alloy plating
4017 銀めっき 銀めっきとは,銀イオンや銀錯イオンを含む電解質に直流又はパルス電流を流して,陰極上に金属銀を析出させる処理silver plating
4018 装飾用クロムめっき 装飾用クロムめっきとは,製品の美観のために仕上げめっきとして行われるクロムめっきdecorative chromium plating
4019 工業用クロムめっき, 硬質クロムめっき 工業用クロムめっき,硬質クロムめっきとは,主として耐摩耗性を付与する目的で施した比較的厚いクロムめっきelectroplated coatings of chromium for engineering purpose, industrial chromium plating, hard chromium electroplating
4020 マイクロポーラスクロムめっき マイクロポーラスクロムめっきとは,微細な穴が均一に分布したクロムめっきmicroporous chromium plating
4021 マイクロクラッククロムめっき マイクロクラッククロムめっきとは,微細な割れが均一に分布されるように施すクロムめっき microcracked chromium plating
4022 ポーラスクロムめっき ポーラスクロムめっきとは,あらかじめ表面を粗にしてクロムめっきをするか,又はめっき後その表面をエッチングによって多孔性とし,油の保持性を与えるクロムめっきporous chromium plating
4023 微小不連続 微小不連続とは,微細な割れ又は微小なあな(孔)microdiscontinuity
4024 多孔率 多孔率とは,ポーラスクロムめっき面の任意の面積内において,割れ又はあな(孔)の占める面積の割合を百分率で表したものporosity rate
4025 静止めっき法 静止めっき法とは,品物を個々に陰極に取り付けてめっきする方法rack plating, vat plating, (USA, still plating)
4026 バレルめっき法 バレルめっき法とは,回転容器中で行う電気めっき法barrel(electro) plating
4027 ワンラック方式 ワンラック方式とは,樹脂上にめっきをするとき,前処理とめっき工程間でひっかけを変えない方式one-rack system
4028 変調電流めっき法 変調電流めっき法とは,陰極電流密度を周期的に変えて行うめっき方法。 参考 変調電流めっき法には,断続めっき法,不完全整流法,PR法などがある。また,サイクル数は通常数分を超えず,交流と直流とを重ね合わせる場合ははるかに少ないmodulated current plating, interrupted electro plating
4029 断続めっき法 断続めっき法とは,直流電流を周期的に中断させたり減少させて行うめっき方法interrupted electroplating
4030 パルスめっき法 パルスめっき法とは,パルス波形の電流を用いて行うめっき方法pulse plating
4031 重畳電流めっき法, 重畳めっき法 重畳電流めっき法,重畳めっき法とは,直流電流にサージ,リプル,パルス,交流などの脈流を重畳させ,周期的に電流を調整しながら行うめっき方法superimposed current electroplating, (UK, surge plating), (USA, ripple plating)
4032 PRめっき, PR法 PRめっき,PR法とは,電流の方向を周期的に変えて行うめっき方法periodic reverse electroplating, periodic reverse current plating
4033 ストライクめっき, ストライク ストライクめっき,ストライクとは,a) 後工程で行われる皮膜の析出を促進するための電着金属の薄膜。 b) この膜を得るために特に調製された溶液。 c) 薄膜a)を得るために,異なる組成の浴か,又は後の過程とは異なる作業条件で比較的短時間に行うめっきstrike, strike plating
4034 フラッシュめっき, フラッシュ フラッシュめっき,フラッシュとは,極めて短時間に行う薄いめっき方法。 参考 この用語は,最終被覆だけに使用するとよい。同じ性質の中間皮膜には,ストライクを使用するflash, flash plating
4035 二層ニッケルめっき法 二層ニッケルめっき法とは,第1層に硫黄を含まない無光沢又は半光沢のニッケルめっきを施し,その上に硫黄を含む光沢のニッケルめっきを施すめっき方法duplex nickel plating
4036 肉盛りめっき法 肉盛りめっき法とは,寸法不足を補うことを目的として施すめっき方法salvage plating, electro sizing
4037 下地めっき 下地めっきとは,多層めっきの下地となるめっき皮膜undercoat
4038 建浴 建浴とは,電解槽内にめっき浴その他の処理液を作り,電解できるように準備する作業initial make-up of electrolytic bath
4039 浴管理 浴管理とは,電解浴の状態を正常に維持するために行う管理。 参考 めっき浴成分の維持,正常な作業条件の維持,不純物混入の予防と不純物除去などの管理作業からなるcontrol of bath
4040 脱塩 脱塩とは,a) イオン交換などによって,溶存する塩類を除くこと。 参考 米国と英国で一般的に使用されている。 b) 脱イオンと同義語。 参考 欧州大陸で一般的に使用されているdemineralization
4041 脱イオン 脱イオンとは,イオン交換などによって溶液からイオンを除く操作deionization
4042 水の軟化 水の軟化とは,イオン交換などによって,水の硬度を下げる操作softening of water
4043 活性炭処理 活性炭処理とは,めっき浴中の有機不純物を吸着除去するために活性炭を用いる処理activated carbon treatment
4044 空電解処理 空電解処理とは,めっき浴の調整を目的とした電解処理preplating treatment, electrolytic purification, work-out, dummy plating
4045 迷走電流 迷走電流とは,a) 漏えい電流 b) 電解液,めっき液以外の伝熱管,槽壁などを通って被めっき物に達する電流stray current
4046 浴電圧 浴電圧とは,めっき浴中の陰極と陽極との間の電圧bath voltage
4047 槽電圧 槽電圧とは,電解中,めっき浴又は電解セルの陽極,陰極間で測定される電圧tank voltage
4048 陽極スライム 陽極スライムとは,金属を陽極にして電解したとき,電気化学的に溶解しない残さ(渣)anode slime
4049 全シアン, トータルシアン 全シアン,トータルシアンとは,めっき浴中の金属と錯塩とを作っているシアンイオンと遊離状態のシアンとの総量total cyanide
4050 遊離シアン, フリーシアン 遊離シアン,フリーシアンとは,めっき浴中の金属分をシアン錯塩にするのに必要な量以上のシアンfree cyanide
4051 持ち込み 持ち込みとは,槽外の液が被めっき物その他に付着して持ち込まれる現象drag-in
4052 すくい出し すくい出しとは,槽内の液が被めっき物その他に付着して持ち出される現象drag-out
4053 ガス発生 ガス発生とは,電解中に,電極から目に見えるガスの発生gassing
4054 めっきはがし めっきはがしとは,a) 素地又は下地から皮膜を除去するのに用いる方法若しくは溶液。 b) 素地又は下地から皮膜を除去する処理strip
4055 筆めっき 筆めっきとは,めっき液を筆やスポンジなどに吸収させて陽極とし,陰極にした品物の表面をこすってめっきする方法brush (electro) plating, tampon plating
4056 マンドレル, 鋳型, 金型 マンドレル,鋳型,金型とは,a) 電鋳でカソードに用いられる型。 b) 巻付け試験(マンドレル試験ともいう。)で使われる支えmandrel, matrix, mould, (USA, mold)

e) 後処理

【 表 5 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
5001 後処理 後処理とは,めっきの後工程として使用目的に適するようめっき皮膜に施す処理post treatment
5002 ベーキング ベーキングとは,素材のひずみ除去又はめっきの水素除去を目的として行う熱処理baking, (UK, stoving)
5003 応力除去 応力除去とは,適切な温度に加熱保持して,めっき皮膜と素地金属の残留応力を減少させる操作stress relief
5004 水素ぜい化除去 水素ぜい化除去とは,表面処理後,水素吸蔵によるぜい化を減少させたり除去するために行う処理hydrogen embrittlement relief, (UK, de-embrittlement)
5005 りん酸塩処理 りん酸塩処理とは,りん酸塩を含む水溶液で,化学的に皮膜を生成させる方法phosphating, phosphate treatment
5006 クロメート処理 クロメート処理とは,クロム酸又は重クロム酸塩を主成分とする溶液中に品物を浸せきし,化学的に防せい皮膜を生成させる方法chromating, chromate treatment, (UK, chromate filming)
5007 クロメート皮膜 クロメート皮膜とは,クロメート処理によって得られる膜chromate conversion coatings
5008 光沢クロメート皮膜 光沢クロメート皮膜とは,化学研磨作用を利用して,めっきに光沢を与えるクロメート皮膜bright chromate conversion coatings, clear chromate conversion coatings
5009 有色クロメート皮膜 有色クロメート皮膜とは,防食を目的とする有色(淡黄色,黄色などの干渉色)のクロメート皮膜coloured chromate conversion coatings, yellow chromate conversion coatings
5010 緑色クロメート皮膜 緑色クロメート皮膜とは,防食を目的とする緑色のクロメート皮膜。 参考 皮膜の組成割合によって,オリーブ,グリーン,ブロンズ,褐色などの色調を呈するgreen chromate conversion coatings, olive-drab chromate conversion coatings
5011 黒色クロメート皮膜 黒色クロメート皮膜とは,防食と装飾を目的とする黒色のクロメート皮膜black chromate conversion coatings
5012 表面干渉じま 表面干渉じまとは,比較的薄いクロメート皮膜の場合,めっき上に残留した薄い透明皮膜の表面に光が当たったとき,皮膜の表面とめっき表面での反射光が互いに干渉して生じたにじ(虹)色のしま模様interference fringe of surface
5013 表面の色のばらつき 表面の色のばらつきとは,クロメート処理の浴組成,操作条件などによって変わる皮膜組成の変化によって生じる有色クロメート皮膜の色調のばらつきirregular colour
5014 白色腐食生成物 白色腐食生成物とは,クロメート皮膜が破壊され,電気亜鉛めっきと電気カドミウムめっきが腐食環境にさらされるときに生じる塩基性炭酸亜鉛,塩基性カドミウムなどの白色化合物white corrosion product
5015 黒色処理 黒色処理とは,鉄鋼又は銅(銅合金)表面を黒色に仕上げる方法blackening, black oxide treatment
5016 アルカリ黒色処理 アルカリ黒色処理とは,高温アルカリ塩浴に浸せきして,鉄鋼又は銅(銅合金)表面に,酸化物若しくは硫化物の皮膜を形成し,黒色に仕上げる方法alkaline blackening, black finishing
5017 エージング エージングとは,一定の条件下に長時間置いて,所定の状態にする操作aging, ageing
5018 リフロ処理 リフロ処理とは,すず又ははんだめっき後,光沢化,ウィスカ防止と密着性を向上させるために加熱して溶融させる処理reflow treatment
5019 フュージング フュージングとは,はんだめっきを溶融させた後,再凝固させる操作 fusing

f) 関連表面処理

【 表 6 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
6001 無電解めっき法 無電解めっき法とは,外部電源を用いずに,金属を化学的に還元析出させる方法electroless plating
6002 自己触媒めっき法 自己触媒めっき法とは,化学還元作用によって金属を析出させ,還元される金属そのものが触媒として働く方法autocatalytic plating
6003 非触媒めっき法 非触媒めっき法とは,化学還元作用によって金属を析出させ,還元される金属は触媒としては働かない方法non-autocatalytic plating
6004 浸せきめっき法, 置換めっき法 浸せきめっき法,置換めっき法とは,置換反応によって物体の表面に金属の皮膜を形成する方法immersion plating
6005 接触めっき法 接触めっき法とは,析出する金属の化合物を含む溶液中で,下地を他の金属と接触するように浸せきし,下地上に金属を析出させる方法contact plating, galvanic contact plating
6006 浸せき析出法 浸せき析出法とは,置換反応によって金属を被覆する方法immersion deposit
6007 コンディショニング コンディショニングとは,非電導性下地に金属を析出させる工程で,表面をあらかじめ被覆しやすい状態に変える処理conditioning
6008 センシタイゼーション, 感受性化 センシタイゼーション,感受性化とは,非電導性下地表面に還元剤が吸着する現象sensitization
6009 キャタライザー-アクセラレータ法 キャタライザー-アクセラレータ法とは,Sn2+とPd2+の混合によってパラジウムコロイド液とし,これに浸せきし,次に塩酸溶液に浸せきして化学めっきの反応を促進させる方法catalyser-accelerator process
6010 センシタイザー-アクチベータ法 センシタイザー-アクチベータ法とは,Sn2+を含む液に浸せき後,Pd2+を含む液に浸せきして化学めっきの反応を促進させる方法sensitizer-activator process
6011 陽極酸化処理, 陽極処理 陽極酸化処理,陽極処理とは,陽極における電気化学的な酸化処理の総称anodizing, anodic treatment, (USA, anodising)
6012 陽極皮膜 陽極皮膜とは,a) 電解酸化処理によって,金属表面構造が変化して形成される保護,装飾又は機能的な皮膜。 b) 素地金属より卑な金属皮膜anodic coatings
6013 陽極酸化皮膜 陽極酸化皮膜とは,陽極酸化処理によって生成した皮膜anodic oxide coating, anodic oxide film
6014 自然発色陽極酸化 自然発色陽極酸化とは,染料・顔料を用いないで陽極酸化処理だけで発色させる方法integral colour anodizing,self-colour anodic oxidation
6015 陽極酸化皮膜の封孔処理 陽極酸化皮膜の封孔処理とは,陽極酸化によって生成した多孔性皮膜のあな(孔)を封じ,耐汚染性,耐食性などの物理的化学的性質を改善する処理の総称sealing of anodic oxide coating
6016 染色 染色とは,陽極酸化皮膜の多孔性を利用して,その皮膜に染料を吸着させる操作dyeing
6017 着色 着色とは,化学又は電気化学的浸せき法によって,装飾着色仕上げを得る方法colouring, (USA, coloring)
6018 電解着色 電解着色とは,多孔性陽極酸化皮膜を生成後,金属塩を溶解した浴中で電解を行い,金属又は金属化合物を皮膜孔中に析出させ着色する操作electrolytic colouring
6019 ブロンズ処理 ブロンズ処理とは,銅と銅合金又は銅と黄銅(真ちゅう)めっきした金属の表面の色を変えるために化学浸せきする処理bronzing
6020 プリエッチング プリエッチングとは,エッチング処理を容易に行うために,前もって加工物を有機溶剤に浸せきする処理pre-etching
6021 エッチング エッチングとは,金属又は非金属表面を化学的若しくは電気化学的に腐食する方法。 参考 樹脂上にめっきする場合には,酸化剤を含む液に樹脂を浸せきし,表面粗化と化学的変化を同時に行うことetch, etching
6022 エッチング液 エッチング液とは,エッチングで用いられる溶液etchant
6023 レジスト レジストとは,化学又は電気化学反応を防ぐため,品物,電極などの表面の一部を被覆する物質resist
6024 電解加工 電解加工とは,希望どおり金属を加工するため,電流を集中できるような形をした道具と(カソード)品物のすき間に電解液を入れ,直流によって品物を加工する方法electrochemical machining (ECM), electrochemical milling
6025 ケミカルミリング ケミカルミリングとは,酸又はアルカリ溶液の金属溶解能を利用して金属の成形加工を行う方法chemical milling, chemical contouring
6026 メカニカルプレイティング, ピーニング, ピーンプレイティング, 衝撃めっき メカニカルプレイティング,ピーニング,ピーンプレイティング,衝撃めっきとは,被覆しようとする金属粉末を投入し,ガラスビードのような球状粒子を表面にぶつけて金属層を作る方法mechanical plating, peening, peen plating
6027 気相めっき, ドライプロセス 気相めっき,ドライプロセスとは,気相状態を用いて材料表面をめっきする方法。ドライプロセスともいう。 参考 PVD(物理蒸着法)とCVD(化学蒸着法)とがあるdry process, vapor deposition
6028 物理蒸着 物理蒸着とは,高温加熱,スパッタリングなどの物理的方法で物質を蒸発し,基板に凝縮させ,薄膜を形成する方法。略称PVD。 参考 真空蒸着,イオンプレーティング,スパッタリングなどの総称physical vapor deposition
6029 真空蒸着 真空蒸着とは,真空中で物質を加熱蒸発し,基板上に薄膜を形成する成膜法vacuum evaporation
6030 イオンプレーティング イオンプレーティングとは,電界を印加して発生したプラズマを利用し,蒸発原子をイオン化又は励起させ,基板上に薄膜を形成する成膜法ion plating
6031 スパッタリング スパッタリングとは,加速された粒子が固体表面に衝突したとき,運動量の交換によって固体を構成する原子が空間へ放出される現象,とこの現象を用いた成膜法sputtering
6032 化学蒸着 化学蒸着とは,気相化学反応によって,基板上に膜を形成させる方法。略称CVDchemical vapor deposition
6033 ブルーイング ブルーイングとは,適切な温度,空気,水蒸気又は化学薬品にさらして,鋼表面に鉄の酸化物皮膜を形成させる処理。 参考 鋼の外観と耐食性を改善するために行い,表面は,加熱温度によって黄色又は青色を呈するblueing
6034 ショットピーニング ショットピーニングとは,球状微物(ショット)を鋼材の表面に噴射し,表面層に残留圧縮応力を生じさせ,かつ,加工硬化させながらある程度の仕上げ度を保持させる方法shot peening
6035 仕上げ 仕上げとは,a) 皮膜又は素地金属の外観。 b) この外観を得るための処理法finish
6036 光沢仕上げ 光沢仕上げとは,高い反射率をもった均一で方向性のない平滑な表面仕上げbright finish
6037 半光沢仕上げ 半光沢仕上げとは,光沢の乏しいめっきを作る方法semibright finish, semi-bright finishing
6038 無光沢仕上げ 無光沢仕上げとは,放散と反射しない表面を作る方法dull finish
6039 サテン仕上げ, なし地仕上げ サテン仕上げ,なし地仕上げとは,方向性のあるつや消し面に仕上げる方法。 参考 ヘヤライン仕上げとマット仕上げとがあるsatin finish
6040 ヘヤライン仕上げ ヘヤライン仕上げとは,方向性のある連続した細かいすじ模様に仕上げる方法hair line finish
6041 マット仕上げ マット仕上げとは,無方向性のつや消し面に仕上げる方法matte finish, matt finish
6042 ビロード仕上げ ビロード仕上げとは,滑らかなつや消し面に仕上げる方法fine matte finish
6043 ゆず肌仕上げ, オレンジピール仕上げ ゆず肌仕上げ,オレンジピール仕上げとは,表面に機械的又は化学処理によって,微細な凹凸を均一に形成させたつや消し仕上げ。 参考 小さなくぼみのあるゆず肌のような仕上げとも表現する orange peel finish

g) 排水処理

【 表 7 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
7001 排水処理 排水処理とは,排水中の汚濁物質を除去し,排水基準に合った水質にして排出するための処理waste water treatment, effluent treatment
7002 溶存酸素 溶存酸素とは,水や各種溶液中に分子状で溶解した酸素。略称DO。 参考 水の汚染状態を示す項目の一つdissolved oxygen
7003 化学的酸素要求量 化学的酸素要求量とは,水中の有機物を酸化するために消費される酸化剤(KMnO4)の量を酸素量に換算して表した量。略称CODchemical oxygen demand
7004 生物化学的酸素要求量 生物化学的酸素要求量とは,好気性微生物によって,水中の有機物を生物化学的に酸化分離するときに消費される酸素量。略称BODbiochemical oxygen demand
7005 イオン電極 イオン電極とは,特定のイオンだけに感応してイオン濃度に応じた電位を示す電極ion selective electrode
7006 中和処理 中和処理とは,(排水処理においては)重金属を含むめっき排水を処理しやすくするため,アルカリで中和する処理neutralization process
7007 活性汚泥, 活性スラッジ 活性汚泥,活性スラッジとは,排水を好気性微生物に処理させた後,静置し,凝集沈殿したものactivated sludge
7008 イオン交換樹脂 イオン交換樹脂とは,水に溶解している陽イオンと陰イオンを吸着し,これを除去する性質をもった多孔性の合成樹脂ion-exchange resin
7009 キレート樹脂 キレート樹脂とは,キレート結合で,特定のイオンを選択吸収する樹脂chelate resin
7010 浮遊剤 浮遊剤とは,排水処理の際,水中の各種固体粒子を泡を付けて水面に浮かせるために用いられる物質。 参考 起泡剤,捕集剤,条件剤(凝集剤,pH調節剤)などがあるflotation agent
7011 凝集剤 凝集剤とは,排水処理の際,水中に浮遊する各種固体微粒子を凝集するために用いられる物質agglomerate reagent, aggregate reagent coagulant
7012 フロック フロックとは,排水中の固体粒子(コロイド,その他の懸濁粒子)が,凝集剤によって接着,凝集して粗大化したものflock
7013 重金属 重金属とは,比重が4~5以上の金属約60種の総称heavy metal
7014 スラッジ, 汚泥 スラッジ,汚泥とは,排水処理後に残る泥状のものsludge
7015 スラリ スラリとは,液体中に泥状物質が懸濁しているものslurry
7016 沈殿法 沈殿法とは,排水中に懸濁している微粒子を重力によって沈降させて処理する方法precipitation
7017 沈降分離装置 沈降分離装置とは,希薄なスラリを水平に流し,固形分を重力によって沈降させ,分離させる装置precipitater
7018 シックナ, 濃縮装置 シックナ,濃縮装置とは,沈降分離装置のうち,スラリ中の固形物を沈降させ,濃縮することを目的とした装置thickener
7019 クラリファイヤ, 清澄装置 クラリファイヤ,清澄装置とは,沈降分離装置のうち,スラリ中の固形物を沈殿させ,上部の澄んだ水の回収を目的とした装置clarifier
7020 アルカリ塩素法 アルカリ塩素法とは,処理すべき排水を塩基性として,活性塩素によってシアンイオンを酸化分解する方法alkaline chrorination process
7021 イオン交換法 イオン交換法とは,イオン交換樹脂によって,塩類を除去する方法ion exchange method
7022 電解酸化法 電解酸化法とは,排水を電気分解することによって,陽極でイオン化又は化合物を酸化する方法electrolytic oxidation method
7023 還元処理 還元処理とは,(排水処理において)重金属を含むめっき排水を処理しやすくするため,還元剤を用いて処理する方法。 参考 例えば,クロム系排水処理法の一つとして,重亜硫酸ソーダ (NaHSO2) で六価クロムを三価に還元して処理する。還元後はアルカリ剤で水酸化クロムとして除去するreduction treatment
7024 濃縮回収 濃縮回収とは,希薄なイオン濃度の水溶液をイオン交換樹脂に吸着させ,比較的高濃度で回収する方法 concentration recovery

h) 試験と検査

【 表 8 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
8001 外観試験 外観試験とは,めっき面の欠陥の有無を目視によって調べる方法visual test
8002 膜厚試験 膜厚試験とは,めっき皮膜の厚さを調べる方法。 参考 JIS H 8501には,顕微鏡断面厚さ試験方法,渦電流式厚さ試験方法,蛍光X線試験方法などの膜厚試験方法が規定されているfilm thickness test
8003 密着性試験 密着性試験とは,皮膜の密着性を調べる方法。 参考 JIS H 8504には,熱試験方法,引きはがし試験方法,引張試験方法,曲げ試験方法などの密着性試験方法が規定されているadhesion test
8004 硬さ試験 硬さ試験とは,皮膜の表面硬さを調べる方法。 参考 硬さ試験方法として,ブリネル硬さ試験方法(JIS Z 2243),ビッカース硬さ試験方法 (JIS Z 2244),ロックウェル硬さ試験方法 (JIS Z 2245),ショア硬さ試験方法 (JIS Z 2246) が規定されているsurface hardness test
8005 耐摩耗試験 耐摩耗試験とは,摩耗に対する抵抗性を調べる方法。 参考 JIS H 8503には,往復運動磨耗試験方法,平板回転磨耗試験方法,両輪駆動磨耗試験方法など,5種類の試験方法が規定されているabrasion test, wear resistance test
8006 耐食性試験 耐食性試験とは,屋外、人工的腐食環境などに試料を暴露し,その耐食性を調べる方法。 参考 JIS H 8502には,屋外暴露試験方法,連続噴霧試験方法,サイクル試験方法,コロードコート試験方法,ガス腐食試験方法が規定されているcorrosion resistance test, corrosion test
8007 有孔度試験 有孔度試験とは,皮膜のピンホールの有無を調べる方法。 参考 耐食性,電気絶縁性などの試験に用いるporosity test
8008 変色 変色とは,環境などによって,めっき面が本来の色調を失う現象tarnish, tarnishing
8009 乳白めっき 乳白めっきとは,クロムめっきの場合に,電流密度が低すぎるか,又はめっき浴の温度が高すぎる場合に生じる光沢の乏しいめっきmilky surface, dull stain, slighty milky
8010 しみ出し しみ出しとは,めっき又はめっき後の仕上げた表面上にはん(斑)点や汚点が,時間が経過してから遅れて出現する現象spotting out
8011 焦げ 焦げとは,粗いめっきで,主に過大な電流密度の場合に生じる表面の変質。やけともいうburnt deposit
8012 ひび割れ ひび割れとは,腐食試験において,自然に発生した細かい網状模様の割れcrazing
8013 割れ 割れとは,皮膜表面で無秩序,無方向に割れる現象crack, crazing
8014 ざらつき ざらつきとは,めっき浴中の固体浮遊物がめっき層の中に入り込んで生じる小突起rough surface, rough deposits
8015 樹枝状めっき 樹枝状めっきとは,被めっき物に生じる枝状又は不規則な突起物trees dendrite, trees
8016 こぶ状生成物 こぶ状生成物とは,被めっき物に生じる丸みをおびた突起物nodule
8017 ピット ピットとは,めっき面に生成される巨視的な穴pit
8018 ピンホール ピンホールとは,素地又は下地層まで達するめっきの細孔pore, pinhole
8019 ふくれ, 膨れ ふくれ,膨れとは,めっき層の一部が素地又は下地層と密着しない状態blister
8020 はく離 はく離とは,めっき層が素地又は下地からはがれる現象peeling
8021 バーンオフ バーンオフとは,無電解めっきした後に電気めっきをするとき,過大な電流密度の通電又は電気的接触面積の不足によって,非導電性下地から無電解めっき皮膜がはく離,消失してしまう現象。焼け抜けともいうburn-off
8022 スポーリング スポーリングとは,特異な熱膨張又は収縮が原因で,皮膜が割れたり,欠けたりする現象spalling
8023 水切れ 水切れとは,表面が汚れているために,水皮膜が不連続に現れる現象 water break
8024 無めっき 無めっきとは,めっきが付いていない状態。低電流密度部分などに生じやすいbare spot, void, uncovered
8025 レイティングナンバ レイティングナンバとは,腐食面積と有効面積との割合によって腐食の程度を示す評点。10~0に区分されている。略称 RNrating number

めっき 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS B 0209-4一般用メートルねじ-公差-第4部:めっき後に公差位置H又はGにねじ立てをしためねじと組み合わせる溶融亜鉛めっき付きおねじの許容限界寸法JIS H 0401溶融亜鉛めっき試験方法
JIS B 0209-5一般用メートルねじ-公差-第5部:めっき前に公差位置hの最大寸法をもつ溶融亜鉛めっき付きおねじと組み合わせるめねじの許容限界寸法JIS H 0404電気めっきの記号による表示方法
JIS B 1044締結用部品-電気めっきJIS H 8501めっきの厚さ試験方法
JIS B 1048締結用部品-溶融亜鉛めっきJIS H 8502めっきの耐食性試験方法
JIS C 2507電機バインド用すずめっき非磁鋼線JIS H 8503めっきの耐磨耗性試験方法
JIS C 3151すずめっき硬銅線JIS H 8504めっきの密着性試験方法
JIS C 3152すずめっき軟銅線JIS H 8610電気亜鉛めっき
JIS D 0201自動車部品-電気めっき通則JIS H 8611電気カドミウムめっき
JIS G 3302溶融亜鉛めっき鋼板と鋼帯JIS H 8615工業用クロムめっき
JIS G 3312塗装溶融亜鉛めっき鋼板と鋼帯JIS H 8617ニッケルめっきとニッケル-クロムめっき
JIS G 3313電気亜鉛めっき鋼板と鋼帯JIS H 8619電気すずめっき
JIS G 3314溶融アルミニウムめっき鋼板と鋼帯JIS H 8620工業用金と金合金めっき
JIS G 3317溶融亜鉛-5%アルミニウム合金めっき鋼板と鋼帯JIS H 8621工業用銀めっき
JIS G 3318塗装溶融亜鉛-5%アルミニウム合金めっき鋼板と鋼帯JIS H 8622装飾用金と金合金めっき
JIS G 3321溶融55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板と鋼帯JIS H 8623装飾用銀めっき
JIS G 3322塗装溶融55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板と鋼帯JIS H 8624電気すず-鉛合金めっき
JIS G 3323溶融亜鉛-アルミニウム-マグネシウム合金めっき鋼板と鋼帯JIS H 8625電気亜鉛めっきと電気カドミウムめっき上のクロメート皮膜
JIS G 3442水配管用亜鉛めっき鋼管JIS H 8626工業用電気ニッケルめっきと電鋳ニッケル
JIS G 3537亜鉛めっき鋼より線JIS H 8630プラスチック上への装飾用電気めっき
JIS G 3542着色塗装亜鉛めっき鉄線JIS H 8641溶融亜鉛めっき
JIS G 3544溶融アルミニウムめっき鉄線と鋼線JIS H 8642溶融アルミニウムめっき
JIS G 3547亜鉛めっき鉄線JIS H 8645無電解ニッケル-りんめっき
JIS G 3548亜鉛めっき鋼線JIS H 8646無電解銅めっき
JIS G 7302鉄線と鋼線用亜鉛めっき(ISO仕様)JIS H 8672溶融アルミニウムめっき試験方法
JIS G 7303フェンス用亜鉛めっき鉄線と鋼線(ISO仕様)JIS K 0150表面化学分析-亜鉛と/又はアルミニウム基金属めっきのグロー放電発光分光分析方法
JIS H 0400電気めっきと関連処理用語

共通、電気めっき、化学めっき、真空めっき、溶射、遮熱・耐酸化金属コーティング、溶融めっき、陽極酸化皮膜〔アルミニウム/マグネシウム〕、鋼材の素地調整

照明・関連器具〔一般/口金・受金・ソケット/電球・ランプ/安定器/照明器具/関連機器・部材〕

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。