JIS K 4829 火薬類の容器包装性能試験方法|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS K 4829 火薬類の容器包装性能試験方法の日本産業規格 JISK4829の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS K4829:1998の規格は,火薬類(クラス1に指定されたもの。)の容器包装の性能試験方法について規定。

火薬類の容器包装性能試験方法 規格 一覧表

JIS K 4829

火薬類の容器包装性能試験方法の一覧

最新 JIS K4829 規格の詳細 更新日 情報

JIS K 4829:1998の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS K4829 JIS改正 最新・更新日
規格名称 火薬類の容器包装性能試験方法
英語訳 Performance testing methods for explosives packaging
対応国際規格 ISO
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1998年03月20日
略語・記号 No JIS K4829:1998
ICS 71.100.30JISハンドブック
改訂 履歴 1998-03-20 (制定),2003-05-20 (確認),2007-11-20 (確認),2012-10-22 (確認),2017-10-20 (確認)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

適用範囲 [1]

この規格は,火薬類(クラス1に指定されたもの。)の容器包装(1)の性能試験方法について規定する。 注(1) 正味質量が400kgを超える包装品,許容体積が450リットルを超える容器包装を除く。

用語の定義 [2]

この規格に用いる主な用語の定義は,次のとおりとする。

  • a) 袋 (Bags) 紙,プラスチックフィルム,織布,織物又はその他の適当な材料で作られた柔軟性のある容器包装。
  • b) 箱 (Boxes) 金属,木材,合板,再生木材,ファイバ板,プラスチック又はその他の適当な材料で作られ,完全な方形又は多角形の面によって構成されている容器包装。ただし,取扱いや開封を容易にするため,又は分類の要件に適合させるための小さな孔は,運搬などの取扱い中の強度を損なわないものに限って認められる。
  • c) 閉鎖具 (Closures) 容器の開口部を閉鎖する装置。
  • d) 組合せ容器 (Combination packagings) 運搬などの取扱いの目的に応じて1個以上の内装容器を外装容器に固定して収納した容器包装。
  • e) 複合容器 (Composite packagings) 完全一体型容器包装となるように作られた内容器と外装容器とからなる容器包装。複合容器として作成された後は,単一の容器包装として充てん,貯蔵,運搬と排出などが行われる。
  • f) ドラム (Drums) 金属,ファイバ板,プラスチック,合板又はその他適当な材料で作られた天板と地板が平面又は凸面の円筒形の容器包装をいい,他の形状,例えば,テーパーネック形又はペール形の容器包装も含む。ただし,木たるとジェリカンは含まない。
  • g) 内装容器 (Inner packagings) 運搬などの取扱いのために外装容器が必要な容器包装。
  • h) 内容器 (Inner receptacles) 収納容器としての機能を満たすために外装容器が必要な容器。
  • i) ジェリカン (Jerricans) 金属若しくはプラスチック製の方形又は多角形の断面をもつ容器包装。
  • j) 許容体積 (Maximum capacity) 容器包装の最大内容積をリットル単位で表したもの。
  • k) 外装容器 (Outer packaging) 複合容器又は組合せ容器の保護外装であって,内容器又は内装容器を収納し保護するために必要な吸収材,緩衝材とその他の構成材料を含むもの。
  • l) 包装品 (Packages) 物質又は物品の運搬などの取扱いのための容器包装とこれに収納されている内容物からなり,包装作業が完了したもの。
  • m) 容器包装 (Packagings) 容器と内容物を収納するのに必要なその他の構成材料。
  • n) 容器 (Receptacles) 物質又は物品を収納と保持するための器(閉鎖装置を含む。)。
  • o) 粉末不漏形容器 (Siftproof packagings) 運搬などの取扱い中に発生する微細な内容物が漏れない容器包装。
  • p) 単一容器 (Single packaging) 組合せ容器と複合容器以外の容器で,内装容器又は内容器をもたない容器包装。
  • q) クラス1 (Class 1) 次に掲げるもの。
  • 1) 爆発性物質 ただし,運搬などの取扱いをするには,あまりにも危険性が高いもの又は有するその危険性によって他のクラスに分類するのが妥当なものを除く(その物質自体に爆発性をもたないが,ガス,蒸気又は粉じんの爆発性ふん囲気を生成する物質は,クラス1にはならない。)。
  • 2) 爆発性物品 ただし,運搬などの取扱い中の偶発的な点火又は起爆でも,その物品の外部に噴射,火炎,煙,熱又は高音を発生する程度の量若しくは性質の爆発性物質を含有しない物品を除く。
  • 3) 上記1)と2)以外の物質と物品であって,爆発効果又は花火効果を生じさせる目的で製造されたもの。
  • r) 爆発性物質 (Explosive substances) その物質自体の化学反応によって高温,高圧と高速ガスを発生し,周辺に損害を及ぼす固体物質,液体物質又はこれらの混合物をいい,火工物質(2)は,ガスを発生しないものでも爆発性物質とされる。

(2) 火工物質とは,非爆発性で持続性の発熱化学反応により,熱,光,音,又はこれらの組合せの効果を発生させるように作られた物質又は物質の混合物をいう。

  • s) 物質 爆発性物質と爆発性物質以外の物質であって爆発効果又は花火効果を生じさせる目的で製造されたもの。
  • t) 爆発性物品 (Explosive articles) 一以上の爆発性物質を含有する物品をいう。
  • u) 物品 爆発性物品と爆発性物品以外の物品であって爆発効果又は花火効果を生じさせる目的で製造されたもの。

容器包装の分類と記号 [3]

容器包装の分類と記号は,容器包装の構成部材の種類と構造によって表1のとおりとする。

【 表 1 】 容器包装の分類と記号
種類 材質 細分類 記号
ドラムA. 鋼天板取外し式のもの1A2
B. アルミニウム天板取外し式のもの1B2
D. 合板1D
G. ファイバ板1G
H. プラスチック天板取外し式のもの1H2
ジェリカンA. 鋼天板取外し式のもの3A2
H. プラスチック天板取外し式のもの3H2
A. 鋼4A
B. アルミニウム4B
C. 天然木材普通形のもの4C1
粉末不漏形のもの4C2
D. 合板4D
F. 再生木材4F
G. ファイバ板4G
H. プラスチック発泡プラスチック4H1
硬質プラスチック4H2
H. 樹脂クロス内張り付きでないもの5H1
粉末不漏形のもの5H2
防水性のもの5H3
H. プラスチックフィルム5H4
L. 織布粉末不漏形のもの5L2
防水性のもの5L3
M. 紙多層で防水性のもの5M2
複合容器H.プラスチック製内容器のもの外装用硬質プラスチック箱付き6HH2

容器包装の試験の種類 [4]

火薬類を収納する容器包装の性能試験の種類は,次による。

  • a) 落下試験
  • b) 気密試験
  • c) 水圧試験
  • d) 積重ね試験

性能試験方法 [5]

性能試験は,次による。

試料の準備 [5.1]

試料の準備は,次のとおり行う。

  • a) 試料充てん量 試料は,取り扱われる容器包装と同じでなければならない。組合せ容器の場合は,内装容器についても同様とする。

内装容器,内容器又は単一容器の場合,固体は許容体積の95%以上,液体は許容体積の98%以上充てんしなければならない。ただし,気密試験と水圧試験の場合を除く。

内装容器が液体と固体を収納する組合せ容器は,液体と固体について別々に試験を行わなければならない。

  • b) 試料に収納する代替物質
  • 1) 当該品に収納され取り扱われる物質の代わりに代替物質を用いることができるが,試験結果に影響を及ぼさないものでなければならない。

固体の代替物質は,取り扱われる物質と同一の物理的性質(質量,粒度など)のものでなければならない。ただし,試験結果に影響を及ぼさないように配慮される限り,包装品の合計質量を調整するために,擬鉛片入りの袋などの重りを用いてもよい。

  • 2) 液体を収納する容器包装の落下試験に代替物質を用いる場合は,取り扱われる物質と類似した密度と粘性をもつものを用いなければならない。

水を用いる場合は,5.3 a) 5の基準に適合しなければならない。

  • c) 状態調節
  • 1) 紙袋又はファイバ板製の容器包装は,次のいずれかの温度と相対湿度で24時間以上状態調節をする。
  • 1.1) 温度23°C±2°Cと湿度 (50±2) %
  • 1.2)温度20°C±2°Cと湿度 (65±2) %
  • 1.3)温度27°C±2°Cと湿度 (65±2) %

注 平均値が,これらの規定の範囲に入らなければならない。短時間の変動と規定値を超える場合,相対湿度は±5%までの変動が認められる。

  • 2) プラスチックドラム,プラスチックジェリカン又は複合容器で液体を収納する容器包装は,これらに収納する物質と同じ性質の物質又はこれと同等以上のプラスチック材料の劣化を起こす物質を6か月以上充てんした状態で放置した後,又はこれと同等以上の効果を及ぼす他の条件で放置した後,5.3の性能試験を行う。
  • 3) プラスチックドラム又はプラスチックジェリカンに応力割れや劣化を引き起こすおそれのある物質を収納する場合は,試料に当該物質又はこれと同等以上の応力割れ現象を起こす他の物質を充てんし,通常当該包装品の上に積み重ねられる同型の包装品の全質量に等しい荷重を試料の上面に加える。

積み重ね高さは試料を含め3m以上とする。

試料の兼用 [5.2]

試験結果に影響しないことが明らかな場合は,一つの試料でいくつかの試験を行ってもよい。

火薬 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS K 4800火薬用語JIS K 4805黒色火薬
JIS K 4809火薬類分析試験方法JIS K 4810火薬類性能試験方法
JIS K 4817散弾銃用火薬JIS K 4822火薬類安定度試験用試薬類
JIS K 4828-1火薬類危険区分判定試験方法-第1部 試験シリーズ5JIS K 4828-2火薬類危険区分判定試験方法-第2部:試験シリーズ6
JIS K 4828-3火薬類危険区分判定試験方法-第3部 試験シリーズ7JIS K 4828-4火薬類危険区分判定試験方法-第4部:試験シリーズ8
JIS K 4829火薬類の容器包装性能試験方法JIS K 4831移動式火薬庫の要求事項
JIS K 4832火薬類の盗難防止設備の要求事項

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

安全性評価、歯科材料、歯科器具、歯科器械、試験方法

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。