JIS Z 1506 外装用段ボール箱|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS Z 1506 外装用段ボール箱の日本産業規格 JISZ1506の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS Z1506:2003の規格は,外装に用いる段ボール箱について規定。

外装用段ボール箱 規格 一覧表

JIS Z 1506

外装用段ボール箱の一覧

最新 JIS Z1506 規格の詳細 更新日 情報

JIS Z 1506:2003の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS Z1506 JIS改正 最新・更新日 2003年09月20日
規格名称 外装用段ボール箱
英語訳 Corrugated shipping containers
対応国際規格 ISO
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1951年11月28日
略語・記号 No JIS Z1506:2003
ICS 55.160,85.080JISハンドブック JISHB紙・パルプ:2018,包装:2018
改訂 履歴 1951-11-28 (制定),1954-10-30 (確認),1957-09-18 (確認),1959-02-17 (改正),1962-03-20 (確認),1964-02-01 (改正),1967-03-01 (確認),1970-05-01 (確認),1973-09-01 (確認),1978-02-01 (確認),1979-03-01 (改正),1983-12-01 (確認),1985-11-01 (改正),1991-02-01 (確認),1995-11-01 (改正),1997-03-20 (改正),2003-09-20 (改正),2008-10-01 (確認),2013-10-21 (確認),2018-10-22 (確認)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

JIS Z1506:2003 目次

  • 1. 適用範囲
  • 2. 引用規格
  • 3. 定義
  • 4. 種類
  • 5. 形式
  • 6. 品質
  • 7. 構造
  • 8. 寸法
  • 9. 材料
  • 10. 検査
  • 11. 表示

適用範囲 [1]

この規格は,外装に用いる段ボール箱(以下,段ボール箱という。)について規定する。

引用規格 [2]

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS P 0001 紙・板紙とパルプ用語

JIS P 8111 紙,板紙とパルプ-調湿と試験のための標準状態

JIS Z 0104段ボール用語

JIS Z 0212 包装貨物と容器-圧縮試験方法

JIS Z 1507 段ボール箱の形式

JIS Z 1516 外装用段ボール

定義 [3]

この規格で用いる主な用語の定義は,JIS P 0001とJIS Z 0104 による。

種類 [4]

段ボール箱の種類は,表1の8種類とする。

【 表 1 】 種類
種類 記号 使用する段ボール 最大総質量 (1)kg 最大寸法 (2)cm
両面段ボール箱1種CS-1両面段ボール 1種10120
2種CS-2両面段ボール 2種20150
3種CS-3両面段ボール 3種30175
4種CS-4両面段ボール 4種40200
複両面段ボール箱1種CD-1複両面段ボール 1種20150
2種CD-2複両面段ボール 2種30175
3種CD-3複両面段ボール 3種40200
4種CD-4複両面段ボール 4種50250

(1) 最大総質量は,内容品質量と包装材料質量との和の最大値をいう。
(2) 最大寸法は,長さ,幅と深さの内のり寸法の和の最大値をいう。

形式 [5]

段ボール箱の形式は,JIS Z 1507の0201形【図1参照】を基本形式とする。ただし,内容物によってその他の形式を用いてもよい。

図 1 基本形式

品質 [6]

段ボール箱は,品質が均一で,接合不良,不整,汚れ,きずなど使用上の欠点があってはならない。圧縮強さは10.2に規定する方法によって試験を行い,その強さは,受渡当事者間の協定による。

構造 [7]

構造は,次による。

  • a) 箱を構成する各面の切断部とりょう(稜)は,互いに直角でなければならない。ただし,変形箱はこの限りではない。

なお,折り目を付けたり,ふたをしたとき,段ボールの表面の破損が生じたり,切断部に著しい欠点があってはならない。

  • b) 箱の接合は,平線又は接着剤による重ね接合とする。
  • c) 継ぎしろの幅は,両面段ボール箱30 mm以上,複両面段ボール箱35 mm以上とし,平線留めの平線間隔は,65 mm以内とする。また,箱の上・下けい線の中心から最も近い平線の端までの距離は,25 mm以内とする。

寸法 [8]

寸法は,次による。

  • a) 段ボール箱の寸法表示は,内のり寸法をmmで表し,「長さ×幅×深さ」と表現する。
  • b) 段ボール箱の寸法許容差は,両面段ボール箱で±3 mm,複両面段ボール箱で±5 mmとする。
  • c) 特定の内容品については,その寸法の許容範囲は,受渡当事者間の協定による。

材料 [9]

材料は,次による。

  • a) 段ボールは,JIS Z 1516に規定するものを用いる。
  • b) 接合材は,平線又は接着剤を用い,次による。
  • 1) 平線 平線は,幅1.5 mm以上のさび止め処理をした鋼製のものを用い,き裂,その他使用上の欠点があってはならない。
  • 2) 接着剤 接着剤は,平線と同等以上の接合強さをもつものを用いる。

検査 [10]

検査一般 [10.1]

検査は,形式,品質,構造,寸法と材料について行い,5.~9.の規定に適合しなければならない。

圧縮試験 [10.2]

試料は,JIS P 8111の規定による前処置を行い,圧縮試験はJIS Z 0212による。ただし,

外フラップ幅面長さ面内フラップ

圧縮方向は,上下対面を標準とする。

寸法測定 [10.3]

内のり寸法の測定方法は,箱を展開して折り曲げた部分を十分に伸ばし,反りなどのある場合は板などのおもしを載せて,直尺などを用いて展開寸法を測定し,内のり寸法に換算する。

ただし,展開寸法と内のり寸法との関係をあらかじめ確認しておかねばならない。0201形箱の設計における展開寸法と展開図は,図2による。

備考

L,W1,W2とD,Fは展開寸法,l,wとdは内のり寸法,α1,α2,α3とα4は,加算値を示ものとする。

図 2 展開寸法と展開図

内のり寸法と展開寸法 [10.4]

内のり寸法の記号は表2による。一般的に使用されている加算値を参考表3に示す。

【 表 2 】 記号
長さ 深さ フラップ
内のり寸法l wd
展開寸法L W1,W2D F
備考
この加算値は代表例として一例を示す。
なお,フラップの計算式で(W1+α4 )が奇数の場合は1を加算する。
【 表 3 】 参考 加算値 【単位 mm】
段の種類 加算値
α1 α2 α3 α4
両面段ボールA段6394
B段3161
C段4283
複両面段ボールAB段96166
BC段85145

表示 [11]

次の事項を表示する。

  • a) 段ボール箱の種類又はその記号
  • b) 製造年月日又はその略号
  • c) 製造業者名又はその略号

段ボール 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS P 3902段ボール用ライナJIS P 3904段ボール用中しん原紙
JIS Z 0104段ボール用語JIS Z 0402段ボールの接着力試験方法
JIS Z 0403-1段ボール-第1部:平面圧縮強さ試験方法JIS Z 0403-2段ボール-第2部:垂直圧縮強さ試験方法
JIS Z 1506外装用段ボール箱JIS Z 1507段ボール箱の形式
JIS Z 1516外装用段ボール

一般・共通、試験、紙・板紙、段ボール・箱、袋、紙加工品

用語、一般、材料・容器〔木材/加工紙/段ボール・板紙/紙袋/プラスチック/金属/緩衝材料/結束・封かん材料/防せい材料/その他〕、包装仕様、試験方法〔材料・容器/包装・貨物〕、その他

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

骨材・混和材料、コンクリート・セメント、コンクリート製品・タイル・れんが、ガラス、鋼材、ボード・下地材、屋根材料・床材料、エクステリア材・インテリア材、左官材料・塗装材

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。