JIS Z 2245 ロックウェル硬さ試験-試験方法|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS Z 2245 ロックウェル硬さ試験-試験方法の日本産業規格 JISZ2245の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS Z2245:2016の規格は,金属材料に関する固定式又は携帯式の硬さ試験機の,ロックウェル硬さ及びロックウェルスーパーフィシャル硬さ試験方法について規定。

ロックウェル硬さ試験-試験方法 規格 一覧表

JIS Z 2245

ロックウェル硬さ試験-試験方法の一覧

最新 JIS Z2245 規格の詳細 更新日 情報

JIS Z 2245:2016の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS Z2245 JIS改正 最新・更新日 2016年02月22日
規格名称 ロックウェル硬さ試験-試験方法
英語訳 Rockwell hardness test – Test method
対応国際規格 ISO ISO 6508-1:2015,Metallic materials-Rockwell hardness test-Part 1: Test method(MOD)
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1952年11月25日
略語・記号 No JIS Z2245:2016
ICS 77.040.10JISハンドブック 鉄鋼I:2019,非鉄:2019,溶接I:2019,熱処理:2019
改訂 履歴 1952-11-25 (制定),1955-11-25 (改正),1961-02-01 (改正),1964-05-01 (確認),1966-10-01 (確認),1969-10-01 (確認),1972-11-01 (確認),1976-03-01 (改正),1979-03-01 (確認),1981-05-01 (改正),1986-06-01 (確認),1992-07-01 (改正),1998-12-20 (改正),2005-02-20 (改正),2011-09-20 (改正),2016-02-22 (改正)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

JIS Z2245:2016 目次

  • 序文
  • 1 適用範囲
  • 2 引用規格
  • 3 原理
  • 4 記号と内容並びに硬さの表示
  • 5 試験機
  • 6 試験片
  • 7 試験
  • 8 試験結果の不確かさ
  • 9 試験報告書
  • 10 他の硬さスケール又は引張強さへの換算
  • 附属書A(規定)薄い製品に対するHR30TmとHR15Tm試験
  • 附属書B(規定)ロックウェル硬さとロックウェルスーパーフィシャル硬さ試験片の最小厚さ
  • 附属書C(規定)円柱面のロックウェル硬さ値とロックウェルスーパーフィシャル硬さ値に対する補正
  • 附属書D(規定)球形試験面のロックウェルCスケール硬さ値に対する補正
  • 附属書E(規定)試験機の日常点検
  • 附属書F(規定)ダイヤモンド圧子の検査
  • 附属書G(参考)測定した硬さ値の不確かさ
  • 附属書H(参考)CCM-硬さワーキンググループ
  • 附属書I(参考)ロックウェル硬さ測定のトレーサビリティ
  • 附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表

適用範囲 [1]

この規格は,金属材料に関する固定式又は携帯式の硬さ試験機の,ロックウェル硬さとロックウェルスーパーフィシャル硬さ試験方法について規定する。硬さの各スケールと適用する範囲は,表1と表2に示す。

超硬合金のような特定の材料と製品については,特定の規格(例えば,ISO 3738-1,ISO 4498など)を適用する。

注記1 ISO 6508-1では,ロックウェル硬さとロックウェルスーパーフィシャル硬さの球圧子は,タングステンカーバイド複合材(以下,超硬合金球という。)を用いることを標準とし,附属書Aに従う場合だけ,鋼球圧子を使用してもよいこととしている。次回の改正時には,この規格においても,超硬合金球を標準圧子とする予定である。

注記2 超硬合金球によって得られた試験結果が,鋼球を用いたものに対して有意な差がでる可能性のある事実に注意を要する。

注記3 ISO 6508-1では,ロックウェル硬さをロックウェルレギュラー硬さ(Rockwell regular hardness)とロックウェルスーパーフィシャル硬さ(Rockwell superficial hardness)と分類しているが,この規格では,それぞれを「ロックウェル硬さ」と「ロックウェルスーパーフィシャル硬さ」と記載している。

注記4 この規格の対応国際規格とその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 6508-1:2015,Metallic materials-Rockwell hardness test-Part 1: Test method(MOD)

ISO 6508-1:2016,Metallic materials — Rockwell hardness test — Part 1: Test method

なお,対応の程度を表す記号「MOD」は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,「修正している」ことを示す。

警告 この規格に基づいて試験を行う者は,通常の試験室での作業に精通していることを前提とする。この規格は,その使用に関連して起こる全ての安全上の問題を取り扱おうとするものではない。この規格の利用者は,各自の責任において安全と健康に対する適切な措置をとらなければならない。

引用規格 [2]

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 7726 ロックウェル硬さ試験-試験機の検証と校正

JIS B 7730 ロックウェル硬さ試験-基準片の校正

原理 [3]

規定する寸法,形状と材質の圧子を試験片表面に,箇条7で規定する条件を用い,2段階の試験力レベルで押し込む。まず,規定の初試験力を負荷し,初期の圧子深さを測定する。規定の追加試験力を適用した後,追加試験力を除荷し初試験力に戻して最終の圧子深さを測定する。ロックウェル硬さ値又はロックウェルスーパーフィシャル硬さ値を,最終の圧子深さと初期の圧子深さとの差異h並びに二つの定数NとSから次の式(1)によって求める【図1,表1,表2と表3を参照】。

ロックウェル硬さ又はロックウェルスーパーフィシャル硬さ=ShN ······· (1)

記号と内容並びに硬さの表示 [4]

4.1 記号とその内容は,表1,表2と表3並びに図1による。

【 表 1 】 ロックウェル硬さのスケールとその内容
スケール 硬さ記号 圧子 初試験力 F0(N) 全試験力 F(N) 換算定数 S(mm) スケールに固有の定数 N 適用する範囲
AHRA円すい形ダイヤモンド98.07588.40.00210020 ~ 95 HRA
BHRB球1.5875 mm98.07980.70.00213010 ~100 HRB
CHRC円すい形ダイヤモンド98.0714710.00210020a) ~ 70 HRC
DHRD円すい形ダイヤモンド98.07980.70.00210040 ~ 77 HRD
EHRE球3.175 mm98.07980.70.00213070 ~100 HRE
FHRF球1.5875 mm98.07588.40.00213060 ~100 HRF
GHRG球1.5875 mm98.0714710.00213030 ~ 94 HRG
HHRH球3.175 mm98.07588.40.00213080 ~100 HRH
KHRK球3.175 mm98.0714710.00213040 ~100 HRK
a)圧子が適切な寸法の場合に,10 HRCまで適用する範囲を広げてもよい。

ロックウェル 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS B 7726ロックウェル硬さ試験-試験機と圧子の検証と校正JIS B 7730ロックウェル硬さ試験-基準片の校正
JIS K 7202-2プラスチック-硬さの求め方-第2部:ロックウェル硬さJIS Z 2245ロックウェル硬さ試験-試験方法

用語、資格及び認証、金属材料の試験、鉄鋼材料の試験、原材料、機械構造用炭素鋼・合金鋼、特殊用途鋼〔ステンレス鋼・耐熱鋼・超合金/工具鋼/ばね鋼/快削鋼/軸受鋼〕、クラッド鋼、鋳鍛造品〔鍛鋼品/鋳鋼品/鋳鉄品〕、電気用材料

金属材料の試験、非鉄金属材料の試験・検査、原材料、伸銅品、アルミニウム及びアルミニウム合金の展伸材、マグネシウム合金の展伸材、鉛及び鉛合金の展伸材、チタン及びチタン合金の展伸材、その他の展伸材、粉末や金、鋳物、その他

用語・記号、施工・管理、試験・検査〔破壊試験(硬さ・引張・衝撃・疲れ他)/非破壊試験/ろう・はんだ試験/化学分析〕、技術検定・認証、安全・衛生・環境

用語・記号、加工方法、試験・測定方法、試験機・測定器、加工材料〔炭素鋼・合金鋼/ステンレス鋼・耐熱鋼/工具鋼/ばね鋼/軸受鋼/鍛鋼品/鋳鋼品/鋳鉄品/伸銅品・アルミニウム・アルミニウム合金〕、関連規格

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

切削工具〔用語/工具材料/バイト/ドリル/フライス/リーマ/歯切工具/ブローチ/ねじ加工工具(転造ダイスを含む)/刃先交換工具/ダイヤモンド/CBN工具/ハクソー/機械刃物/木工用のこ/やすり〕、研削工具〔一般/研削といし/研磨布紙〕、作業工具〔スパナ及びレンチ/ペンチ等/ねじ回し/万力/その他〕、保持具等〔ジグ/シャンク及びアーバ/チャック等〕、関連規格

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。