JIS Z 0203 包装貨物-試験の前処置|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS Z 0203 包装貨物-試験の前処置の日本産業規格 JISZ0203の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS Z0203:2000の規格は,包装貨物の落下試験,圧縮試験,振動試験などの試験に先立って行う前処置方法について規定。

包装貨物-試験の前処置 規格 一覧表

JIS Z 0203

包装貨物-試験の前処置の一覧

最新 JIS Z0203 規格の詳細 更新日 情報

JIS Z 0203:2000の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS Z0203 JIS改正 最新・更新日 2000年10月20日
規格名称 包装貨物-試験の前処置
英語訳 Packaged freights – Conditioning for testing
対応国際規格 ISO ISO 2233:2000,Packaging — Complete, filled transport packages and unit loads — Conditioning for testing
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1987年03月01日
略語・記号 No JIS Z0203:2000
ICS 19.020,55.180.40JISハンドブック 包装:2018
改訂 履歴 1987-03-01 (制定),1993-04-01 (確認),1998-10-20 (確認),2000-10-20 (改正),2005-12-20 (確認),2010-10-01 (確認),2015-10-20 (確認)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

適用範囲 [1]

この規格は,包装貨物の落下試験,圧縮試験,振動試験などの試験に先立って行う前処置方法について規定する。

参考 この前処置は,包装貨物を構成する物品の試験又は包装材料の試験に先立って行う前処置に適用してもよい。

原理 [2]

包装貨物は,所定の期間,所定の温湿度条件下におくものとする。

温湿度条件 [3]

表1に示す温湿度条件のうちから,適切な温湿度条件を一つ又は二つ以上選ぶものとする。

【 表 1 】 前処置の温湿度条件
温湿度条件 温度 相対湿度%
°C K
A-55218
B-35238
C-18255
D+5278 85
E+20293 65
F+20293 90
G+23296 50
H+27300 65
J+30303 90
K+40313
L+40313 90
M+55328 30

許容値【附属書 A参照】 [4]

温度 [4.1]

[4.1.1] ピーク値間の偏差

温湿度条件A, B, C, Kについては,少なくとも1時間にわたって規定温度近くに連続して分布する10個の温度測定値の最大許容範囲は,±3°Cとする。また,他の温湿度条件については,最大許容範囲は±2°Cとする。

[4.1.2] 平均値の偏差

すべての温湿度条件について,平均値は,表1から選んだ規定温度の±2°C以内とする。

備考1. 温湿度条件Dを使う場合,露点に達しないようにする。

備考2. 最大許容温度範囲は,必ずしも所要相対湿度範囲を維持するのに必要な温度範囲ではない。したがって,相対湿度の許容範囲に適合するためには,温度範囲を更に小さくすることが必要になる。

備考4.2

相対湿度

[4.2.1] ピーク値間の偏差

湿度を規定している温湿度条件については,少なくとも1時間にわたって規定相対湿度近くに連続して分布する10個の相対湿度測定値の最大許容範囲は,±5%とする。

[4.2.2] 平均値の偏差

すべての温湿度条件について,平均値は,表1から選んだ規定相対湿度の±2%以内とする。

備考3. 相対湿度の平均値は,1時間に最低10回測定した値から求めるか,又は計器の連続記録値から求めてもよい。

備考4. 前処置室内の相対湿度のピーク値についての最大変動は,±5%としているが,現在の優れた設計の前処置室では,±2%を維持することができる。

ほとんどの包装貨物の場合,外気の湿度変化による反応は,前処置室内の相対湿度の変動に比べて遅い。また,前処置室のドアを開けたときに大きな湿度変動が生じても,試験期間中のいずれかの1時間にわたって測定した作業空間内の平均相対湿度が,規定相対湿度の±5%以内にあるならば,包装材料の含水率にほとんど影響を与えないと考えてよい。

装置 [5]

前処置室 [5.1]

前処置室は,その作業空間の温度と湿度が連続的に記録され,4.に示す制御範囲内の規定条件を維持しなければならない。作業空間は,前処置室の内部が規定の制御条件に維持される部分であり,この空間は前処置室ごとに定める。

乾燥室 [5.2]

乾燥室は,前処置によって包装貨物に使用する包装材料の含水率を,必要な値以下に下げることができなければならない。

測定と記録装置 [5.3]

測定と記録装置は,温度を精度0.1°C,相対湿度を精度1%で測定できるだけの十分な感度と安定性を備えなければならない。この規格では,個々の測定値の読取り間隔が5分以内であるならば,その測定記録は連続的であるとみなす。

記録装置は,正確に記録するため,上記の精度を満たし,4°C/分の温度変化,と5%/分の相対湿度変化に対し,十分迅速に応答しなければならない。

手順 [6]

供試包装貨物の輸送と保管に最もふさわしい温度と相対湿度条件を選ぶ。包装貨物を前処置室の作業空間内に置き,最低期間として4時間,8時間,16時間,24時間,48時間,72時間,1週間,2週間,3週間又は4週間から選んだ期間,規定条件下におくものとする。包装貨物の上部・側部の全面と底部の75%以上に前処置室の雰囲気が自由に接触するような方法で,包装貨物を保持する。

包装貨物を設置後,前処置室内の規定条件に復帰して1時間後に,前処置期間は開始するものとする。

含水率特性にヒステリシスを示すことが分かっている紙・板紙などの包装材料を使用している場合,前処置前にその包装貨物をあらかじめ乾燥することが必要な場合がある。この事前乾燥は,包装貨物を乾燥室に24時間以上入れ,前処置条件に移行したとき包装貨物が吸湿して平衡に近づくような条件で行う。事前乾燥は,規定の相対湿度が40%以下のときは必要ない。

試験の報告 [7]

この規格の規定によって前処置された包装貨物について行われる落下試験,圧縮試験,振動試験などの試験の報告には,次の事項を記載する。

  • a) 日本産業規格の番号と/又は国際規格の番号
  • b) 前処置に用いた温湿度条件【表1参照】と前処置に要した時間
  • c) 試験時における試験場所の温度と相対湿度
  • d) その他,特に記録すべき事項

包装 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS C 0806-2自動実装部品の包装-第2部:ラジアルリード線端子部品の連続テープによる包装JIS C 0806-3自動実装部品の包装-第3部:表面実装部品の連続テープによる包装
JIS C 0807バーコードと二次元シンボルを使用した電子部品用容器包装ラベルJIS C 61760-4表面実装技術-第4部:感湿性部品の分類,包装,表示と取扱い
JIS K 4829火薬類の容器包装性能試験方法JIS K 7393-1プラスチック-プラスチック製容器包装等廃棄物から選別・再生されたポリプロピレンとポリエチレンの混合リサイクル材の分類-第1部:呼び方のシステムと仕様表記の基礎
JIS K 7393-2プラスチック-プラスチック製容器包装等廃棄物から選別・再生されたポリプロピレンとポリエチレンの混合リサイクル材の分類-第2部:試験片の作製方法と特性の求め方JIS S 0021包装-アクセシブルデザイン-一般要求事項
JIS S 0021-2包装-アクセシブルデザイン-開封性JIS S 0022-3高齢者・障害者配慮設計指針-包装・容器-触覚識別表示
JIS S 0022-4高齢者・障害者配慮設計指針-包装・容器-使用性評価方法JIS S 0025高齢者・障害者配慮設計指針-包装・容器-危険の凸警告表示-要求事項
JIS T 0841-1最終段階で滅菌される医療機器の包装-第1部:材料,無菌バリアシステムと包装システムに関する要求事項JIS T 0841-2最終段階で滅菌される医療機器の包装-第2部:成形,シールと組立プロセスのバリデーション
JIS T 5505-1歯科用回転器具-ダイヤモンド研削器具-第1部:ポイント-寸法,要求事項,表示と包装JIS X 0516製品包装用1次元シンボルと2次元シンボル
JIS X 0532-4情報技術-自動認識とデータ取得技術-ユニーク識別-第4部:個々の製品と包装物JIS Z 0105包装貨物-包装モジュール寸法
JIS Z 0108包装-用語JIS Z 0112包装-環境に関する用語
JIS Z 0119包装と製品設計のための製品衝撃強さ試験方法JIS Z 0130-1包装の環境配慮-第1部:一般的要求事項
JIS Z 0130-2包装の環境配慮-第2部:包装システムの最適化 JIS Z 0130-3包装の環境配慮-第3部:リユース
JIS Z 0130-4包装の環境配慮-第4部:マテリアルリサイクルJIS Z 0130-5包装の環境配慮-第5部:エネルギー回収
JIS Z 0130-6包装の環境配慮-第6部:有機的リサイクルJIS Z 0150包装-包装貨物の荷扱い図記号
JIS Z 0152包装物品の取扱い注意マークJIS Z 0200包装貨物-性能試験方法一般通則
JIS Z 0202包装貨物-落下試験方法JIS Z 0203包装貨物-試験の前処置
JIS Z 0205包装貨物-水平衝撃試験方法JIS Z 0208防湿包装材料の透湿度試験方法(カップ法)
JIS Z 0212包装貨物と容器-圧縮試験方法JIS Z 0216包装貨物と容器の散水試験方法
JIS Z 0221包装材料の透水度試験方法JIS Z 0222防湿包装容器の透湿度試験方法
JIS Z 0232包装貨物-振動試験方法JIS Z 0235包装用緩衝材料-評価試験方法
JIS Z 0238ヒートシール軟包装袋と半剛性容器の試験方法JIS Z 0240包装用構造体緩衝材料-評価試験方法
JIS Z 0301防湿包装方法JIS Z 0302防水包装
JIS Z 0303さび止め包装方法通則JIS Z 0609容器包装リサイクル材を用いたプラスチック製平パレット
JIS Z 0664RFIDのサプライチェーンへの適用-リターナブル輸送器材(RTI)とリターナブル包装器材(RPI)JIS Z 0666RFIDのサプライチェーンへの適用-製品包装
JIS Z 0701包装用シリカゲル乾燥剤JIS Z 1511紙ガムテープ(包装用)
JIS Z 1524包装用布粘着テープJIS Z 1525包装用ポリ塩化ビニル粘着テープ
JIS Z 1534重包装用ポリエチレン袋JIS Z 1539包装用ポリプロピレン粘着テープ
JIS Z 1702包装用ポリエチレンフィルムJIS Z 1707食品包装用プラスチックフィルム通則
JIS Z 1709収縮包装用フィルムJIS Z 1712包装用延伸ポリプロピレンフィルム
JIS Z 1713包装用無延伸ポリプロピレンフィルムJIS Z 1714包装用延伸ナイロンフィルム
JIS Z 1715包装用延伸ポリエチレンテレフタレート (PET) フィルムJIS Z 1716包装用無延伸ポリエチレンテレフタレート(PET)シートとフィルム
JIS Z 1717包装-液体用高機能容器JIS Z 3200溶接材料-寸法,許容差,製品の状態,表示と包装

用語、一般、材料・容器〔木材/加工紙/段ボール・板紙/紙袋/プラスチック/金属/緩衝材料/結束・封かん材料/防せい材料/その他〕、包装仕様、試験方法〔材料・容器/包装・貨物〕、その他

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

照明・関連器具〔一般/口金・受金・ソケット/電球・ランプ/安定器/照明器具/関連機器・部材〕

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。