JIS Z 1620 鋼製ペール|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS Z 1620 鋼製ペールの日本産業規格 JISZ1620の一覧・形状,寸法・サイズ,形式,種類,号別と級別,構造,容量と質量,材料,外観,性能,胴体,地板,天ぶた又は天板,取っ手,チャイム,印刷又は塗装,鋼板,口金,ガスケット,取っ手,バンド,巻締め部充てん剤,基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS Z1620:1995の規格は,液体危険物及び固体危険物並びに非危険物の輸送及び貯蔵容器として用いる呼び容量18lから20lまでの鋼製ペールについて規定。

鋼製ペール 規格 一覧表

JIS Z 1620

鋼製ペールの一覧

最新 JIS Z1620 規格の詳細 更新日 情報

JIS Z 1620:1995の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS Z1620 JIS改正 最新・更新日 1995年01月01日
規格名称 鋼製ペール
英語訳 Steel pails
対応国際規格 ISO
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1967年05月01日
略語・記号 No JIS Z1620:1995
ICS 55.120JISハンドブック 包装:2018
改訂 履歴 1967-05-01 (制定),1970-05-01 (確認),1972-03-01 (改正),1974-12-01 (確認),1977-03-01 (改正),1980-04-01 (確認),1984-10-01 (確認),1985-03-01 (改正),1990-06-01 (確認),1995-01-01 (改正),2000-08-20 (確認),2005-12-20 (確認),2010-10-01 (確認),2015-10-20 (確認)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

適用範囲 [1]

この規格は,液体危険物と固体危険物並びに非危険物の輸送と貯蔵容器として用いる呼び容量18lから20lまでの鋼製ペール(以下,ペールという。)について規定する。

備考1. この規格でいう危険物とは,次に示す法令の適用を受けるものをいう。

  • (1) 船舶安全法(昭和8年法律第11号)
  • (2) 消防法(昭和23年法律第186号)
  • (3) 毒物と劇物取締法(昭和25年法律第303号)
  • (4) 航空法(昭和27年法律第231号)

備考2 この規格でいう液体又は固体は,関連法の規定による。

備考3. この規格でいう危険等級とは,関連法によって次のとおり読み替える。

  • (1) 船舶安全法 容器等級
  • (2) 消防法 危険等級
  • (3) 毒物と劇物取締法 包装等級
  • (4) 航空法 容器等級

備考4. この規格の引用規格を,次に示す。

JIS G 3141 冷間圧延鋼板と鋼帯

JIS G 3303 ぶりきとぶりき原板

JIS G 3315 ティンフリースチール

JIS G 3532 鉄線

JIS Z 1604 鉄製ドラム用口金

JIS Z 1607 金属板製ふた・口金

形式,種類,号別と級別 [2]

形式 [2.1]

ペールは,胴体の形状によって,表1に示す形式に区分する。

【 表 1 】 形式
形式 呼称 胴体の形状
T形テーパペール胴体にテーパを付けたもの
S形ストレートペール胴体がストレートなもの

種類 [2.2]

ペールは,天ぶた又は天板の形状によって,表2に示す種類に区分する。

【 表 2 】 種類
種類 呼称 天ぶた又は天板の形状
1種天板取外し式 ラグタイプ取外し可能なつめ付きの天ぶたを,つめによって胴体に締め付けラグタイプ
2種天板取外し式 バンドタイプ取外し可能な天ぶたを,バンドによって胴体に締め付けたバンドタイプ
3種(1)天板固着式天板と地板を,巻締めによって胴体に取り付けた巻締めタイプ
(1) T形には適用しない

号別 [2.3]

ペールは,呼び容量によって,表3に示す号別に区分する。

【 表 3 】 号別 【単位 l】
号別 呼び容量 容量
1号1818.6 以上
2号2020.6 以上

級別 [2.4]

ペールは,使用する鋼板の呼び厚さによって,表4に示す級別に区分する。

【 表 4 】 級別
級別 鋼板の呼び厚さmm
H級0.6
M級0.5
L級0.4
F級0.34

品質 [3]

外観 [3.1]

ペールは,巻締め,溶接と締付けが良好で,内外面は平滑で,きず,さび,有害な酸化被膜,ばり,その他使用上の有害な欠点があってはならない。

性能 [3.2]

[3.2.1] 気密性

危険物用ペールは7.1.1,非危険物用ペールは7.2.1の試験を行ったとき,漏れがあってはならない。

[3.2.2] 落下強度

危険物用ペールは7.1.2,非危険物用ペールは7.2.2の試験を行ったとき,漏れがあってはならない。

[3.2.3] 耐圧性

液体危険物用ペールは7.1.3,非危険物用ペール3種のH級とM級は7.2.3の試験を行ったとき,漏れがあってはならない。

[3.2.4] 積重ね強度

危険物用ペールは7.1.4,非危険物用ペールは7.2.4の試験を行ったとき,漏れと輸送上の安全性を損なうような変形があってはならない【附属書 参照】。

[3.2.5] 取っ手(2)と取っ手取付部強度

危険物用ペールは7.1.5,非危険物用ペールは7.2.5の試験を行ったとき,取っ手と取っ手取付部のはずれ又は破損があってはならない。

(2) ここでいう取っ手とは,つる又は手環をいう。

構造と製造方法 [4]

胴体 [4.1]

胴体は,次による。

(1) 胴体は,1枚の鋼板,ぶりき又はぶりき原板を円筒形に成形した後,シーム溶接によって接合する。

(2) 1種と2種の胴体には,補強のため輪帯を圧出する。3種の胴体には,受渡当事者間の協定によって,輪帯を付けてもよい。

(3) T形は,胴体にテーパを付ける。

(4) S形は,胴体に絞り又はテーパネックを施す。

地板 [4.2]

地板は充てん剤を注入した後,胴体と組み合わせて,巻き締める。

天ぶた又は天板 [4.3]

[4.3.1] 天ぶた

天ぶたは,ガスケットと口金を取り付けた後,1種は,つめ(つめの数は原則として16個),2種は,バンドを用いて胴体に締め付ける。ただし,受渡当事者間の協定によって,口金を取り付けなくてもよい。

[4.3.2] 天板3

種の天板は,充てん剤を注入した後,胴体と組み合わせて,巻き締める。天板には,口金を取り付けて注入口とする。

なお,必要に応じて,換気口を取り付けてもよい。

取っ手 [4.4]

ペールには,使用に適した形状と寸法の取っ手を,本体から外れないように,原則として座金などを用いて溶接で取り付ける。

チャイム [4.5]

チャイムは,4.1に規定する胴体に,4.2に規定する地板又は4.3.2に規定する天板を6.6に規定する充てん剤を用いて巻き締める。

印刷又は塗装 [4.6]

ペールの内外面には,印刷又は塗装を施す。ただし,内面は,使用上必要のない場合は,印刷又は塗装を施さなくてもよい。

形状,寸法,容量と質量 [5]

ペールの形状は,図1~3に準拠し,寸法,容量と質量は,表3と表5~7による。

なお,T形は図1と表5,S形は図2と図3,並びに表6と表7による。

材料 [6]

鋼板 [6.1]

鋼板は,下表又はこれらと同等以上の品質をもつものを用いる。

【 表 5 】 材料
規格番号規格名称
JIS G 3141 冷間圧延鋼板と鋼帯
JIS G 3303 ぶりきとぶりき原板
JIS G 3315 ティンフリースチール

口金 [6.2]

口金は,JIS Z 1607又はJIS Z 1604に規定する口金を用いる。

なお,受渡当事者間の協定によってJIS Z 1607又はJIS Z 1604と同等以上の品質をもつものを使用してもよい。

ガスケット [6.3]

ガスケットは,内容物に対して適切な品質をもち,密封性のよいものを用いる。

取っ手 [6.4]

取っ手に用いる鉄線は,JIS G 3532に規定する鉄線を用いる。

バンド [6.5]

バンドは,チャイムへの装着性がよく,締付けと気密性を保つのに十分な強度をもつものを用いる。

巻締め部充てん剤 [6.6]

充てん剤は,内容物に対して適切な品質をもち,かつ,必要な耐熱性と耐久性をもつものを用いる。

鋼製 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS A 4801鋼製とアルミニウム合金製ベネシャンブラインドJIS A 6517建築用鋼製下地材(壁・天井)
JIS A 6519体育館用鋼製床下地構成材JIS A 6603鋼製物置
JIS B 0151鉄鋼製管継手用語JIS B 1047耐食ステンレス鋼製締結用部品の不動態化
JIS B 1051炭素鋼と合金鋼製締結用部品の機械的性質-強度区分を規定したボルト,小ねじと植込みボルト-並目ねじと細目ねじJIS B 1052-2炭素鋼と合金鋼製締結用部品の機械的性質-第2部:強度区分を規定したナット-並目ねじと細目ねじ
JIS B 1053炭素鋼と合金鋼製締結用部品の機械的性質-硬さ区分を規定した止めねじと類似のおねじ部品-並目ねじと細目ねじJIS B 1054-1耐食ステンレス鋼製締結用部品の機械的性質-第1部:ボルト,小ねじと植込みボルト
JIS B 1054-2耐食ステンレス鋼製締結用部品の機械的性質-第2部:ナットJIS B 1054-3耐食ステンレス鋼製締結用部品の機械的性質-第3部:引張力を受けない止めねじと類似のねじ部品
JIS B 1054-4耐食ステンレス鋼製締結用部品の機械的性質-第4部:タッピンねじJIS B 1055熱処理を施した鋼製タッピンねじ-機械的性質
JIS B 1056締結用部品-プリベリングトルク形鋼製ナット-機能特性JIS B 1130鋼製平座金組込みねじ-座金の硬さ区分200HVと300HV
JIS B 2071鋼製弁JIS B 2220鋼製管フランジ
JIS B 2308ステンレス鋼製ねじ込み式管継手JIS B 2309一般配管用ステンレス鋼製突合せ溶接式管継手
JIS B 2311一般配管用鋼製突合せ溶接式管継手JIS B 2312配管用鋼製突合せ溶接式管継手
JIS B 2316配管用鋼製差込み溶接式管継手JIS B 7512鋼製巻尺
JIS B 8201陸用鋼製ボイラ-構造JIS B 8230小形継目なし鋼製高圧ガス容器
JIS B 8241継目なし鋼製高圧ガス容器JIS B 8501鋼製石油貯槽の構造(全溶接製)
JIS B 8804鋼製ローラコンベヤJIS B 8806クレーン用鋳鋼製車輪と鍛鋼製車輪
JIS C 8305鋼製電線管JIS E 1110炭素鋼製タイプレート
JIS F 2305船用鋼製非風雨密戸JIS F 2318鋼製風雨密一枚戸
JIS F 2321鋼製風雨密小形ハッチJIS F 2330小形船用鋼製風雨密戸附属金物
JIS F 2332小形船用鋼製風雨密戸JIS F 2333小形船用鋼製非風雨密戸
JIS F 2602鋼製垂直はしごJIS F 2603鋼製甲板はしご
JIS F 2605小形船用鋼製船側はしごJIS F 2612鋼製ワーフラダー
JIS F 3419船用スイベル付ロープガイ鋼製滑車JIS F 3421船用荷役鋼製滑車
JIS F 3428船用荷役ころ軸受入り鋳鋼製滑車JIS F 3443船用小形鋼製滑車
JIS F 7805船用排ガス管用鋼製管フランジJIS F 7810船用鋼製溶接スリーブ式管継手
JIS G 0415鋼と鋼製品-検査文書JIS G 0416鋼と鋼製品―機械試験用供試材と試験片の採取位置並びに調製
JIS G 0431鉄鋼製品の雇用主による非破壊試験技術者の資格付与JIS G 5903鋳鉄製又は鋳鋼製のショットとグリット
JIS Q 1013適合性評価-日本産業規格への適合性の認証-分野別認証指針(鉄鋼製品第1部)JIS Q 20915鉄鋼製品のライフサイクルインベントリ計算方法
JIS Z 1600鋼製オープンヘッドドラムJIS Z 1601鋼製タイトヘッドドラム
JIS Z 1604鋼製ドラム用口金JIS Z 1620鋼製ペール
JIS Z 1641鋼製ドラムのリユースとリサイクル処理作業における要求事項

用語、一般、材料・容器〔木材/加工紙/段ボール・板紙/紙袋/プラスチック/金属/緩衝材料/結束・封かん材料/防せい材料/その他〕、包装仕様、試験方法〔材料・容器/包装・貨物〕、その他

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

通則、分析方法〔地金関係/銅及び銅合金〕、分析方法〔ニッケル及びニッケル合金/マグネシウム合金/アルミニウム及びアルミニウム合金/チタン及びチタン合金/ジルコニウム及びジルコニウム合金/タンタル/その他〕、分析方法〔鉱石〕

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。