JIS B 1506 転がり軸受-ころ|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS B 1506 転がり軸受-ころの日本産業規格 JISB1506の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS B1506:2005の規格は,転がり軸受の転動体として用いる精密に仕上げされた鋼製の針状ころ,棒状ころ及び円筒ころについて規定。

転がり軸受-ころ 規格 一覧表

JIS B 1506

転がり軸受-ころの一覧

最新 JIS B1506 規格の詳細 更新日 情報

JIS B 1506:2005の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS B1506 JIS改正 最新・更新日 2005年03月20日
規格名称 転がり軸受-ころ
英語訳 Rolling bearings – Rollers
対応国際規格 ISO ISO 3096:1996,Rolling bearings-Needle rollers – Dimensions and tolerances (MOD)
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1965年03月01日
略語・記号 No JIS B1506:2005
ICS 21.100.20JISハンドブック 機械要素(ねじを除く):2019
改訂 履歴 1965-03-01 (制定),1968-06-01 (改正),1971-06-01 (確認),1974-06-01 (確認),1976-11-01 (改正),1979-12-01 (確認),1985-02-01 (確認),1991-09-01 (改正),1996-02-01 (確認),2005-03-20 (改正),2009-10-01 (確認),2014-10-20 (確認),2019-10-21 (確認)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

JIS B1506:2005 目次

  • 序文
  • 1. 適用範囲
  • 2. 引用規格
  • 3. 用語の定義と量記号
  • 4. 種類と区分
  • 5 等級
  • 6 端面形状
  • 7 呼びと寸法
  • 8 許容差と許容値
  • 9 硬さ
  • 10 表面粗さ
  • 11 材料
  • 12 測定方法と試験方法
  • 13 検査
  • 14 製品の呼び番号
  • 15 包装と表示
  • 附属書1(参考)円すいころと球面ころ
  • 附属書2(参考)Vブロックによる真円度の測定
  • 附属書3(参考)JISと対応する国際規格との対比表

適用範囲 [1]

この規格は,転がり軸受の転動体として用いる精密に仕上げされた鋼製の針状ころ,棒状ころと円筒ころ(以下,ころという。)について規定する。

備考 この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide21に基づき,IDT(一致している),MOD(修正している),NEQ(同等でない)とする。

ISO 3096:2018,Rolling bearings — Needle rollers — Boundary dimensions, geometrical product specifications (GPS) and tolerance values

引用規格 [2]

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格のうちで,発効年(又は発行年)を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発効年(又は発行年)を付記していない引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 0104転がり軸受用語

JIS B 0124 転がり軸受用量記号

JIS B 0401-2 寸法公差とはめあいの方式―第2部:穴と軸の公差等級並びに寸法許容差の表

備考 ISO 286-2:1988 ISO system of limits and fits – Part 2: Tables of standard tolerance grades and limit deviations for holes and shaftsが,この規格と一致している。

JIS B 0601 製品の幾何特性仕様(GPS)―表面性状:輪郭曲線方式―用語,定義と表面性状パラメータ

JIS B 0651 製品の幾何特性仕様(GPS)―表面性状:輪郭曲線方式―触針式表面粗さ測定機の特性

JIS B 1515 転がり軸受の測定方法

JIS B 7451 真円度測定機

備考 ISO 4291:1985 Methods for the assessment of departure from roundness – Measurement of variations in radiusからの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS G 4805 高炭素クロム軸受鋼鋼材

JIS Z 2244 ビッカース硬さ試験―試験方法

JIS Z 2245 ロックウェル硬さ試験―試験方法

用語の定義と量記号 [3]

この規格で用いる主な用語の定義はJIS B 0104 に,また,量記号はJIS B 0124によるほか,次による【付表1~8参照】。

  • a) 呼び ころの寸法が,一般的に同一であることを示すのに用いる呼称。呼びは,呼び直径×呼び長さで表す。
  • b) 呼び直径(Dw) ころの直径が一般的に同一であることを示すのに用いる直径の値。
  • c) 実測直径(Dws) ころの中心軸に垂直なラジアル平面内での,ころの実際の表面に接する互いに平行な2直線間の距離。
  • d) 平面内平均直径(Dwmp) 一つのラジアル平面での,ころの実測直径の最大値と最小値との算術平均値。
  • e) 平面内直径不同(VDwp 一つのラジアル平面での,ころの実測直径の最大値と最小値との差。
  • f) 平面内平均直径の不同(VDwmp) 一個のころの平面内平均直径の最大値と最小値との差。
  • g) 呼び長さ(Lw) ころの長さが一般的に同一であることを示すのに用いる長さの値。
  • h) 実長さ(Lws) ころの実際の先端を含む二つのラジアル平面間の距離。
  • i) 長さの寸法差(ΔLws) ころの実長さと呼び長さとの差。
  • j) 呼び面取り寸法(r) ころの面取りが,一般的に同一であることを示すのに用いる面取寸法の値。
  • k) 実測面取寸法(rs) 端面形状が平面形のころの仮想のかどから,ころの面取りと,端面又は転動面との交点までの,一つのアキシアル平面での実際のラジアル距離又はアキシアル距離。
  • l) 最小許容実測面取寸法(rs min) 端面形状が平面形のころの許容される最小のラジアル実測面取寸法とアキシアル実測面取寸法。
  • m) 最大許容実測面取寸法(rs max) 端面形状が平面形のころの許容される最大のラジアル実測面取寸法とアキシアル実測面取寸法。
  • n) 端面振れ(SDw) ころのラジアル平面に対する端面の狂いの大きさ【12.8参照】。
  • o) 端面形状が丸面形ころの端面の丸みの半径寸法(R) 必ずしも正確な円弧形状を必要としないが,その半径は最小寸法Dw/2,最大寸法Lw/2【付表1参照】。
  • p) 真円度(ΔRw) 一つのラジアル平面ところの転動面との交線である測定輪郭の最大半径と最小半径との差。その半径は最小二乗平均円LSC(JIS B 7451参照)の中心から求める。
  • q) ゲージ(S) ころの長さの中央を通るラジアル平面における平面内平均直径(Dwmp)の呼び直径(Dw)からの上下の寸法許容差によって定められる,直径の寸法差の範囲。
  • 備考 ゲージは,例えば -2/-4 のように,μm単位で表した上下の寸法差によって示す。

  • r) ゲージロット 等級と呼び寸法が同じであって,すべてが同じゲージ内にある平面内平均直径(Dwmp)をもっている,ころの一群。
  • 備考 等級や呼び寸法に関わりなく,ころはゲージロットで供給する。受渡し当事者間の協定がない限り,ゲージロットは付表4~6に示すゲージを一つ又は複数用いてもよい。

  • s) ゲージロットの直径の相互差(VDwL) あるゲージロット内で,平面内平均直径(Dwmp)が最大のころと最小のころとの平面内平均直径の差。
  • t) ゲージロットの長さの相互差(VLwL) あるゲージロット内で,実長さが最大のころと最小のころとの実長さの差。
  • u) 等級 ころの直径や形状の公差の特定の組合せで,精密レベルの特性。

転がり軸受 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS B 0005-1製図-転がり軸受-第1部:基本簡略図示方法JIS B 0005-2製図-転がり軸受-第2部:個別簡略図示方法
JIS B 0104転がり軸受用語JIS B 0124転がり軸受-量記号
JIS B 1501転がり軸受-鋼球JIS B 1506転がり軸受-ころ
JIS B 1509転がり軸受-止め輪付きラジアル軸受-寸法と精度JIS B 1510転がり軸受-ラジアル軸受,固定用切欠き-寸法と公差
JIS B 1511転がり軸受総則JIS B 1512-1転がり軸受-主要寸法-第1部:ラジアル軸受
JIS B 1512-2転がり軸受-主要寸法-第2部:平面座スラスト軸受JIS B 1512-3転がり軸受-主要寸法-第3部:円すいころ軸受
JIS B 1512-4転がり軸受-主要寸法-第4部:外輪フランジ付きラジアル玉軸受のフランジ寸法JIS B 1512-5転がり軸受-主要寸法-第5部:単列円筒ころ軸受のつばのない側とつば輪の面取寸法
JIS B 1512-6転がり軸受-主要寸法-第6部:単列アンギュラ玉軸受の外輪正面の面取寸法JIS B 1513転がり軸受の呼び番号
JIS B 1514-1転がり軸受-製品の幾何特性仕様(GPS)と公差値-第1部:ラジアル軸受JIS B 1514-2転がり軸受-製品の幾何特性仕様(GPS)と公差値-第2部:スラスト軸受
JIS B 1514-3転がり軸受-軸受の公差-第3部:面取寸法の最大値JIS B 1515-1転がり軸受-公差-第1部:用語と定義
JIS B 1515-2転がり軸受-公差-第2部:検証の原則と方法JIS B 1516転がり軸受-表示
JIS B 1518転がり軸受-動定格荷重と定格寿命JIS B 1519転がり軸受-静定格荷重
JIS B 1520-1転がり軸受-内部すきま-第1部:ラジアル軸受のラジアル内部すきまJIS B 1520-2転がり軸受-内部すきま-第2部:4点接触玉軸受のアキシアル内部すきま
JIS B 1521転がり軸受-深溝玉軸受JIS B 1522転がり軸受-アンギュラ玉軸受
JIS B 1523転がり軸受-自動調心玉軸受JIS B 1532転がり軸受-平面座スラスト玉軸受
JIS B 1533転がり軸受-円筒ころ軸受JIS B 1534転がり軸受-円すいころ軸受
JIS B 1535転がり軸受-自動調心ころ軸受JIS B 1536-1転がり軸受-針状ころ軸受の主要寸法と公差-第1部:寸法系列48,49と69
JIS B 1536-2転がり軸受-針状ころ軸受の主要寸法,製品の幾何特性仕様(GPS)と公差値-第2部:内輪なしシェル形JIS B 1536-3転がり軸受-針状ころ軸受の主要寸法と公差-第3部:ラジアル保持器付き針状ころ
JIS B 1536-4転がり軸受-針状ころ軸受の主要寸法と公差-第4部:スラスト保持器付き針状ころとスラストワッシャJIS B 1536-5転がり軸受-針状ころ軸受の主要寸法と公差-第5部:トラックローラ
JIS B 1539転がり軸受-スラスト自動調心ころ軸受JIS B 1540転がり軸受-調心座スラスト玉軸受と調心座金付きスラスト玉軸受-主要寸法
JIS B 1548転がり軸受の騒音レベル測定方法JIS B 1550転がり軸受-熱定格回転速度-計算方法
JIS B 1551転がり軸受-プランマブロック軸受箱JIS B 1552転がり軸受-アダプタと取外しスリーブ
JIS B 1554転がり軸受-ロックナット,座金と止め金JIS B 1557転がり軸受-インサート軸受ユニット
JIS B 1558転がり軸受-インサート軸受と偏心固定輪JIS B 1559転がり軸受-インサート軸受用鋳造と鋼板軸受箱
JIS B 1562転がり軸受-損傷と故障-用語,特性と原因JIS B 1563転がり軸受-窒化けい素球
JIS B 1566転がり軸受-取付関係寸法とはめあいJIS L 5166リング精紡機用と粗紡機用転がり軸受けトップローラ
JIS R 1669ファインセラミックス-転がり軸受球用窒化けい素材の基本特性と等級分類
progress

軸関係〔スプライン・キー及びセレーション/軸継手/ボールねじ〕、転がり軸受〔基本/軸受〕、滑り軸受、歯車・チェーン・ベルト〔歯車/ローラチェーン・スプロケット/ベルト車・ベルト〕、ばね、シール

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。