JIS A 1102 骨材のふるい分け試験方法|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS A 1102 骨材のふるい分け試験方法の日本産業規格 JISA1102の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS A1102:2014の規格は,コンクリートに用いる構造用軽量骨材を含む骨材のふるい分け試験方法について規定。

骨材のふるい分け試験方法 規格 一覧表

JIS A 1102

骨材のふるい分け試験方法の一覧

最新 JIS A1102 規格の詳細 更新日 情報

JIS A 1102:2014の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS A1102 JIS改正 最新・更新日 2014年02月25日
規格名称 骨材のふるい分け試験方法
英語訳 Method of test for sieve analysis of aggregates
対応国際規格 ISO ISO 6274:1982,Concrete-Sieve analysis of aggregates(MOD)
主務大臣 国土交通 制定 年月日 1950年06月05日
略語・記号 No JIS A1102:2014
ICS 91.100.01,91.100.30JISハンドブック 生コンクリート:2019,土木I:2019,建築II:2019
改訂 履歴 1950-06-05 (制定),1953-06-05 (改正),1956-06-05 (確認),1959-06-05 (確認),1962-08-21 (確認),1966-05-17 (確認),1973-03-01 (確認),1976-03-09 (改正),1979-05-15 (確認),1986-10-04 (確認),1989-03-01 (改正),1995-03-01 (確認),1999-06-03 (改正),2006-06-30 (改正),2014-02-25 (改正),2018-10-25 (確認)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

JIS A1102:2014 目次

  • 序文
  • 1 適用範囲
  • 2 引用規格
  • 3 器具
  •  3.1 はかり
  •  3.2 ふるい
  •  3.3 蓋と受皿
  •  3.4 乾燥機
  • 4 試料
  •  4.1 試料の採取
  •  4.2 試料の乾燥
  •  4.3 試料の質量
  • 5 試験方法
  • 6 計算
  •  6.1 連続する各ふるいの間にとどまる質量分率
  •  6.2 各ふるいにとどまる質量分率
  •  6.3 各ふるいを通過する質量分率
  •  6.4 粗粒率
  • 7 報告
  • 附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表
  • 附属書JB(参考)技術上重要な改正に関する新旧対照表

適用範囲 [1]

この規格は,コンクリートに用いる構造用軽量骨材を含む骨材のふるい分け試験方法について規定する。

注記 この規格の対応国際規格とその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 6274:1982,Concrete-Sieve analysis of aggregates(MOD)

ISO/DIS 20290-1,Aggregates for concrete — Test methods for mechanical and physical properties — Part 1: Determination of bulk density, particle density, particle mass-per-volume and water absorption

なお,対応の程度を表す記号「MOD」は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,「修正している」ことを示す。

引用規格 [2]

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS A 1158 試験に用いる骨材の縮分方法

JIS Z 8801-1 試験用ふるい-第1部:金属製網ふるい

注記 対応国際規格:ISO 3310-1,Test sieves-Technical requirements and testing-Part 1: Test sieves of metal wire cloth(MOD)

器具 [3]

はかり [3.1]

細骨材用のはかりは目量0.1 g,粗骨材用のはかりは目量1 g又はこれより小さいものとする。

ふるい [3.2]

ふるいは,JIS Z 8801-1に規定する公称目開きが75 μm,150 μm,300 μm,600 μmと1.18 mm,2.36 mm,4.75 mm,9.5 mm,16 mm,19 mm,26.5 mm,31.5 mm,37.5 mm,53 mm,63 mm,75 mm,106mm1 ) の金属製網ふるいとする。他の寸法のふるいは,JIS Z 8801-1から選ぶ。

注1) これらのふるいは,それぞれ0.075 mm,0.15 mm,0.3 mm,0.6 mmと1.2 mm,2.5 mm,5 mm,10 mm,15 mm,20 mm,25 mm,30 mm,40 mm,50 mm,60 mm,80 mm,100 mmふるいと呼ぶことができる。

蓋と受皿 [3.3]

蓋と受皿は,しっかりと締まるものを使用する。

乾燥機 [3.4]

乾燥機は,排気口のあるもので,105±5 °Cに保持できるものとする。

試料 [4]

試料の採取 [4.1]

試料は,試験しようとするロットを代表するように骨材を採取し,JIS A 1158によって,ほぼ所定量となるまで縮分する。

なお,粗骨材寸法が40 mmを超える場合は,他の合理的な方法で縮分する。

試料の乾燥 [4.2]

分取した試料を105±5 °Cで一定質量となるまで乾燥させる。乾燥後,試料は室温まで冷却させる。

試料の質量 [4.3]

試料の最小乾燥質量は,粗骨材の場合,使用する骨材の最大寸法(ミリメートル表示)の0.2倍をキログラム表示した量とする。細骨材の場合,1.2 mmふるいを95 %(質量比)以上通過するものについての最小乾燥質量を100 gとし,1.2 mmふるいに5 %(質量比)以上とどまるものについての最小乾燥質量を500 gとする。ただし,構造用軽量骨材では,上記の最小乾燥質量の1/2とする。

試験方法 [5]

試験方法は,次による。

  • a) 試料の質量を細骨材は0.1 g,粗骨材は1 gまで測定する。
  • b) 試料は,3.2に規定するふるいのうち,骨材のふるい分け試験の目的に合う組合せの網ふるいを用いて,ふるい目の粗いふるいから順番にふるい分ける。また,機械によってふるい分ける場合は,受皿の上にふるい目の細かいふるいから順番に積み重ね,最上部に試料を置き,必要に応じて蓋をしてふるい分ける。
  • c) ふるい分けは,手動又は機械によって,ふるいに上下動と水平動を与えて試料を揺り動かし,試料が絶えずふるい面を均等に運動するようにし,1分間に各ふるいを通過するものが,全試料質量の0.1 %以下となるまで作業を行う。
  • d) 機械を用いてふるい分けた場合は,更に手でふるい分け,1分間の各ふるい通過量が上記の値より小となったことを確かめなければならない。
  • なお,機械ふるいを用いてふるい分けた場合に,ふるい分け中に粉砕される可能性があると判断される骨材は,機械を用いてふるい分けてはならない。

  • e) ふるい目に詰まった粒は,破砕しないように注意しながら押し戻し,ふるいにとどまった試料とみなす。どのような骨材でも,手で押して無理にふるいを通過させてはならない。ただし,大きめの粒子は,手で置くようにして向きを変えて個々の孔に当て,通過するものはふるいを通過する試料とみなす。
  • f) 5 mmより小さいふるいでは,ふるい作業が終わった時点で,各ふるいにとどまるものが次の値を超えてはならない。

骨材 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS A 1102骨材のふるい分け試験方法JIS A 1103骨材の微粒分量試験方法
JIS A 1104骨材の単位容積質量と実積率試験方法JIS A 1105細骨材の有機不純物試験方法
JIS A 1109細骨材の密度と吸水率試験方法JIS A 1110粗骨材の密度と吸水率試験方法
JIS A 1111細骨材の表面水率試験方法JIS A 1119ミキサで練り混ぜたコンクリート中のモルタルの差と粗骨材量の差の試験方法
JIS A 1121ロサンゼルス試験機による粗骨材のすりへり試験方法JIS A 1122硫酸ナトリウムによる骨材の安定性試験方法
JIS A 1125骨材の含水率試験方法と含水率に基づく表面水率の試験方法JIS A 1134構造用軽量細骨材の密度と吸水率試験方法
JIS A 1135構造用軽量粗骨材の密度と吸水率試験方法JIS A 1137骨材中に含まれる粘土塊量の試験方法
JIS A 1142有機不純物を含む細骨材のモルタルの圧縮強度による試験方法JIS A 1143軽量粗骨材の浮粒率の試験方法
JIS A 1145骨材のアルカリシリカ反応性試験方法(化学法)JIS A 1146骨材のアルカリシリカ反応性試験方法(モルタルバー法)
JIS A 1158試験に用いる骨材の縮分方法JIS A 1801コンクリート生産工程管理用試験方法-コンクリート用細骨材の砂当量試験方法
JIS A 1802コンクリート生産工程管理用試験方法-遠心力による細骨材の表面水率試験方法JIS A 1803コンクリート生産工程管理用試験方法-粗骨材の表面水率試験方法
JIS A 1804コンクリート生産工程管理用試験方法-骨材のアルカリシリカ反応性試験方法(迅速法)JIS A 5002構造用軽量コンクリート骨材
JIS A 5011-1コンクリート用スラグ骨材-第1部:高炉スラグ骨材JIS A 5011-2コンクリート用スラグ骨材-第2部:フェロニッケルスラグ骨材
JIS A 5011-3コンクリート用スラグ骨材-第3部:銅スラグ骨材JIS A 5011-4コンクリート用スラグ骨材-第4部:電気炉酸化スラグ骨材
JIS A 5021コンクリート用再生骨材HJIS A 5022再生骨材コンクリートM
JIS A 5023再生骨材コンクリートLJIS A 5031一般廃棄物,下水汚泥又はそれらの焼却灰を溶融固化したコンクリート用溶融スラグ骨材

レディーミクストコンクリート、基本、材料、再生骨材コンクリート、設備・器具、試験方法〔材料/フレッシュコンクリート/硬化コンクリート〕、工程管理用試験方法、品質管理、製品認証、マネジメントシステム

基本、製品認証、コンクリート製品、土木資材〔セメント/骨材/混和材/混和剤/鋼材/その他〕、生コンクリート、製造設備・器具、試験方法〔コンクリート/骨材/セメント/工程管理〕、その他

設計・計画・一般、試験・測定〔コンクリート試験/セメント・混和剤試験/ガラス試験/金属試験/木材試験/シーリング材試験/パネル・ボード試験/浴槽試験/建具試験/防火・耐火試験/建築材料の基礎物性測定/室内空気のサンプリング及び分析/遮音・吸音測定/耐候性試験/省エネルギー/その他〕

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。