JIS W 0106 最新規格 航空用語(航空機一般)|JIS規格 一覧|改正 更新情報|制定

JIS W 0106 航空用語(航空機一般)の規格 JISW0106の基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!航空機の種類・寸法・面積・重量・空気力学・性能・構成する部分・運航・整備

JIS W0106:1995の規格は,航空機に関する用語について規定。

航空用語(航空機一般) 規格 一覧表

JIS W 0106

航空用語(航空機一般)の一覧

最新 JIS W0106 規格の詳細 更新日 情報

JIS W 0106:1995の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS W0106 JIS改正 最新・更新日 1995年03月01日
規格名称 航空用語(航空機一般)
英語訳 Glossary of terms for aircraft general
対応国際規格 ISO
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1972年01月01日
略語・記号 No JIS W0106:1995

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

適用範囲 [1]

この規格は,航空機に関する主な用語について規定する。

分類 [2]

用語は,次のように分類する。

(1) 航空機の種類に関する用語

(2) 航空機の寸法・面積に関する用語

(3) 航空機を構成する部分に関する用語

(4) 航空機の重量(物体に作用する重力の大きさ)比に関する用語

(5) 航空機の空気力学・性能に関する用語

(6) 航空機の運航・整備に関する用語

用語・定義 [3]

用語と定義は,次のとおりとする。

なお,参考のため対応英語と一部の用語に対する記号を示す。

備考1. 用語欄で二つの用語を並べてある場合は,その順序に従って優先的に使用する。

備考2. 用語欄の( )内の太字体の語は省略してもよい。

備考3. 用語欄の()内の細字体の語は参考として示したものである。

備考4. 用語の下に括弧で示したものは,読み方である。

航空機の種類に関する用語(1)

【 表 1 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
1010 航空機 航空機とは,人が乗って,航空の用に供することができる機器の総称。 aircraft
1020 軽航空機 軽航空機とは,飛行中の揚力を,主として空気より軽い気体の静的な浮力から得るすべての航空機。 lighter-than-air aircraft
1030 飛行船 飛行船とは,推進装置と操縦装置を備えた軽航空機。 airship
1040 重航空機 重航空機とは,それ自体の重量が,その排除する空気の重量よりも重く,飛行中の揚力を主として空気力学的な力から得るすべての航空機。 heavier-than-air aircraft
1050 固定翼航空機 固定翼航空機とは,固定した翼面をもち,その翼面に生じる揚力によって飛行する重航空機。 fixed wing aircraft
1060 飛行機 飛行機とは,推進装置を備え,飛行中の揚力を,主として,それぞれの飛行状態において固定翼面上に生じる空気力学的な力から得る固定翼航空機。 aeroplane, airplane(米)
1070 可変後退翼機 可変後退翼機とは,飛行中に翼の後退角を変更させることができる飛行機。 variable-swept-wing airplane
1080 無尾翼機 無尾翼機とは,水平尾翼をもたない飛行機。 tailless airplane
1090 陸上機 陸上機とは,陸上で発着する飛行機。 landplane
1100 水上機 水上機とは,水上で発着する飛行機。 seaplane
1110 フロート水上機 フロート水上機とは,水上にあるとき,フロートによってその重量を支持する水上機。 float seaplane, float plane
1120 飛行艇 飛行艇とは,水上にあるとき,主に艇体によってその重量を支持する水上機。 flying boat
1130 水陸両用機 水陸両用機とは,陸上又は水上のいずれへも発着できる飛行機とへリコプタ。 amphibian
1140 グライダ (滑空機) グライダとは,推進装置を備えず,飛行中の揚力を主として固定翼面上に生じる空気力学的な力から得る固定翼航空機。 glider
1150 ソアラ ソアラとは,大気の動きを利用して,長時間又は長距離の飛行を行うグライダ。 sailplane,soarer
1160 モータグライダ (動力滑空機) モータグライダとは,50kW以下のエンジンを装備し,主として離陸上昇時に動力を用い,所要の高度から滑空を行う固定翼航空機。 motor glider
1170 回転翼航空機 回転翼航空機とは,飛行中の揚力を回転翼から得る重航空機。 回転翼の配置によって,単回転翼機,同軸回転翼機,タンデム回転翼機などがある。 rotor craft, rotary-wing aircraft
1180 ジャイロプレーン ジャイロプレーンとは,起動の時だけエンジン駆動によるが,飛行中は空気力の作用によって回転する1個以上の回転翼によって揚力を,またプロペラによって推進力を得る回転翼航空機。 gyroplane
1190 ヘリコプタ ヘリコプタとは,ほぼ垂直な軸周りに回転するエンジン駆動の回転翼によって揚力と推進力を得る回転翼航空機。 helicopter
1200 複合ヘリコプタ 複合ヘリコプタとは,回転翼のほかに推進装置と固定翼とをもち,水平飛行中の推進力と揚力の大部分をこれらによって得るヘリコプタ。 compound helicopter
1210 ジャイロダイン ジャイロダインとは,1個以上のエンジン駆動の回転翼によって揚力を得,推進力はプロペラによって得る回転翼航空機。 gyrodyne
1220 短距離離着陸(航空)機 短距離離着陸機とは,短い滑走距離で離着陸できる重航空機。 STOL aircraft (short takeoff and landing aircraft)
1230 垂直離着陸(航空)機 垂直離着陸機とは,離着陸の際,ほぼ垂直に上昇又は降下できる重航空機。 VTOL aircraft (vertical takeoff and landing aircraft)
1240 亜音速機 亜音速機とは,空気の圧縮性の影響がほとんどない速度域で飛行する航空機。 subsonic aircraft
1250 遷音速機 遷音速機とは,機体の表面の空気の流れが音速に達している部分とそれ以下の部分が共存している速度域まで飛行できる航空機。 transonic aircraft
1260 超音速機 超音速機とは,音速を超える対気速度で飛行できる航空機。 supersonic aircraft
1270 極超音速機 極超音速機とは,音速の約5倍以上の対気速度で飛行できる航空機。 hypersonic aircraft
1280 輸送機 輸送機とは,人員と物資を輸送するために使用される航空機。 transport aircraft
1290 旅客機 旅客機とは,乗客の輸送を主目的とする航空機。 airliner
1300 CCVCCVとは,機体固有の不安定性と剛性の不足を制御系によって補償し,機体の小型化・軽量化,操縦性の向上等を図った航空機。 control configured vehicle

航空機の寸法・面積に関する用語(2)

【 表 2 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
2010 上反角 上反角とは,翼が付け根から翼端に向かって上がっているとき,機軸と翼幅方向の基準線を含む平面が水平面となす角。 参考 量記号 Ι又はν で表す。 dihedral angle
2020 下反角 下反角とは,翼が付け根から翼端に向かって下がっているとき,機軸と翼幅方向の基準線を含む平面が水平面となす角。 cathedral angle
2030 後退角 後退角とは,翼の平面形において,翼端が翼の付け根に対し後退しているとき,翼幅方向の基準線が機軸に垂直な平面となす鋭角。 参考 量記号 Λ で表す。 swept-back angle
2040 前進角 前進角とは,翼の平面形において,翼端が翼の付け根に対し前進しているとき,翼幅方向の基準線が機軸に垂直な平面となす鋭角。 swept-forward angle
2050 取付け角 取付け角とは,翼弦と胴体基準線とがなす角度。通常,翼の付け根の値を用いる。 参考 量記号 i で表す。 angle of incidence
2060 ねじり上げ(角) ねじり上げとは,翼の取付け角が翼端に向かって次第に増すように翼がねじってあるとき,翼付け根と翼端部との取付け角の差。 wash-in (angle)
2070 ねじり下げ(角) ねじり下げとは,翼の取付け角が翼端に向かって次第に減じるように翼がねじってあるとき,翼付け根と翼端部との取付け角の差。 wash-out (angle)
2080 尾翼取付け角 尾翼取付け角とは,尾翼の翼弦と胴体基準線とがなす角度。 参考 量記号 it で表す。 tail-setting angle
2090 総翼面積 総翼面積とは,胴体部分を含めた主翼の投影面積。 参考 量記号 SL で表す。 gross wing area
2100 正味翼面積 正味翼面積とは,胴体部分を除いた主翼の投影面積。 net wing area
2110 ぬれ面積 ぬれ面積とは,航空機の全表面積。 wetted area
2120 円板面積 円板面積とは,回転翼が回転することによって描かれる円形の面積。 disc area
2130 縦横比 (たてよこひ) 縦横比とは,総翼面積に対する翼幅の二乗の比。く(矩)形翼の場合は翼弦長に対する翼幅の比になる。 参考 量記号 λ,A又はΛ で表す。 aspect ratio
2140 テーパ比 テーパ比とは,翼根弦長に対する翼端弦長の比。 参考 量記号 λ で表す。 taper ratio
2150 厚さ比 厚さ比とは,翼弦長に対する翼形の最大厚さの比。 thickness ratio
2160 翼形 翼形とは,翼の平面形における翼幅方向の基準線(通常は,25%弦長点を連ねる線)に直角にとった翼の切り口の形状。 aerofoil section, wing section,profile
2170 翼形中心線 翼形中心線とは,翼形の上面と下面までの距離がそれぞれ等しくなる点を結んで得られる線。 center-line of an aerofoil, mean line
2180 中心線の反り 中心線の反りとは,翼形中心線と翼弦との隔たりを,翼弦長に対する百分率で表したもの。 center-line camber
2190 反り 反りとは,翼形中心線と翼弦との隔たりの最大値を,翼弦長に対する百分率で表したもの。 maximum camber
2200 翼弦 翼弦とは,翼形中心線の前端と後端とを結んだ直線。 chord
2210 翼弦長 翼弦長とは,翼弦の長さ。 参考 量記号 c で表す。 chord length
2240 25%弦長点 25%弦長点とは,翼弦の前端から翼弦長の25%隔たった点。 quarter-chord point
2250 幾何平均翼弦 幾何平均翼弦とは,翼面積を翼幅で割った値。 mean geometric chord
2260 空力平均翼弦 空力平均翼弦とは,縦揺れモーメントに関して翼の空気力学的性質を代表する翼弦。 aerodynamic mean chord, mean aerodynamic chord (米)(MAC)
2270 前縁 前縁とは,翼形又は翼の前端。 備考 構造上は,前けたから前方の翼の部分をいう。 leading edge
2280 後縁 後縁とは,翼形又は翼の後端。 備考 構造上は,後けたから後方の翼の部分をいう。 trailing edge
2290 翼幅 翼幅とは,左右の両翼端の間の水平距離。 参考 量記号 b で表す。 span, wing span
2300 全長 全長とは,航空機の最前端と最後端との間の水平距離。 参考 量記号 lR で表す。 overall length
2310 全高 全高とは,航空機の最低端と最高端との間の垂直距離。 参考 量記号 hR で表す。 height
2320 車輪左右間隔 てつ(轍)間距離 車輪左右間隔てつ間距離とは,主着陸装置の左右の車輪中心間距離。車輪の代わりに,そり,スキーなどでも同じ。 wheel track, wheel tread
2330 車輪前後間隔 軸間距離 車輪前後間隔軸間距離とは,前部着陸装置と後部着陸装置の車軸中心間の距離。車輪の代わりに,そり,スキーなどでも同じ。wheel base

航空機を構成する部分に関する用語(3)

【 表 3 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
3010 機体 機体とは,主翼,胴体,尾翼,着陸装置など,航空機を構成する構造部分。 airframe
3020 翼とは,重航空機が空気中でその重量を支持するのに必要とする空気力学的な力(揚力)を発生するもの。 wing, aerofoil, airfoil(米)
3030 主翼 主翼とは,重航空機の重量を支持するための揚力の大部分を発生する翼。 main wing, main plane
3040 テーパ翼 テーパ翼とは,翼の付け根から翼端に向かって,直線的に翼弦長が小さくなっている翼。 taperd wing
3041 く(矩)形翼 く形翼とは,翼弦長が付け根から翼端まで一定の翼。 constant chord wing
3050 後退翼 後退翼とは,後退角をもつ翼。 swept-back wing
3051 前進翼 前進翼とは,前進角をもつ翼。 swept-forward wing
3060 三角翼 三角翼とは,平面形が三角形であり,比較的小さい縦横比の翼。 delta wing
3070 短翼 短翼とは,胴体の両側面に取り付けられた短い翼。主として,着陸装置,エンジンなどを取り付けたり,物をつり上げるために用いる。 stub wing
3080 ウィングレット ウィングレットとは,主翼の翼端にほぼ垂直に取り付けられ,これによって得られる翼端渦の減殺と推力成分の効果を利用して,誘導抗力の減少と有効揚力の増加を図るための小翼片。 winglet
3090 操縦だ(舵)面 操縦だ面とは,航空機の姿勢と飛行方向を制御するために用いる可動翼面。だ(舵)面ともいう。 control surface
3100 補助翼 補助翼とは,操だ(舵)によって航空機の前後軸周りに回転運動(横揺れ)を起こさせるため,主翼の後縁に取り付ける可動翼面。 aileron
3110 差動補助翼 差動補助翼とは,補助翼を操だ(舵)したとき,上がる角度と下がる角度とが異なるような機構をもった補助翼。 differential aileron
3120 フリーズ補助翼 フリーズ補助翼とは,上げ側の補助翼の前縁部が主翼の下面に突き出すようにしてある補助翼。 Frise aileron
3130 すきま補助翼 すきま補助翼とは,主翼後縁との間に,気流を円滑に流すために整形されたすきまをもたせた補助翼。 slotted aileron
3140 釣合いだ(舵)面 釣合いだ面とは,昇降だ(舵),方向だ(舵),補助翼,タブなどの操縦だ(舵)面に取り付けられ,操だ(舵)力を軽くする仕掛けをもった操縦だ(舵)面。 balanced surface
3150 ホーン・バランス ホーン・バランスとは,だ(舵)面の平面形において,翼端部がヒンジ中心線より前方に張り出している釣合いだ(舵)面の形式。 horn balance
3170 エレボン エレボンとは,昇降だ(舵)と補助翼の二つの働きを併せもつように設計された操縦だ(舵)面。 elevon
3180 高揚力装置 高揚力装置とは,離着陸速度を低減させ又は空中操作を容易にするため,最大揚力係数を大きくする装置。 high-lift device
3190 すきま翼 すきま翼とは,高揚力装置の一種で,翼の前縁に可動式又は固定式のすきまをもった翼。 slotted aerofoil wing, slotted wing
3200 スラット スラットとは,翼の前縁に取り付けられ,迎え角が大きいときの気流のはがれを遅らせて最大揚力係数を大きくする固定式又は可動式の小翼。 備考 高揚力装置の一種。 slat
3210 折り曲げ前縁 折り曲げ前縁とは,翼の前縁部を下方へ折り曲げて翼の反りを増すようにしたもの。 drooped leading edge
3220 境界層制御装置 境界層制御装置とは,境界層に原因する好ましくない空気力学的効果(失速,抗力増加など)を減少又は除去するための装置。 boundary-layer controlsystem
3230 フラップ フラップとは,主翼の後縁又は前縁に取り付けられ,翼面積若しくは翼の反り又は両方を増して,主として最大揚力係数を大きくする働きをもつ装置。 備考 高揚力装置の一種。 flap
3240 フラッペロン フラッペロンとは,フラップと補助翼の機能を兼ね備えた可動翼面。 flaperon
3250 前縁フラップ 前縁フラップとは,翼の前縁部に取り付けられたフラップ。 leading-edge flap
3260 クルーガフラップ クルーガフラップとは,前縁フラップの一種で,翼の前縁下側にその前端をヒンジ止めした小翼で,作動時に後端を翼の前下方に開くようにしたフラップ。 Krüger flap
3270 後縁フラップ 後縁フラップとは,翼の後縁部に取り付けられたフラップ。 trailing edge flap
3280 ファウラフラップ ファウラフラップとは,翼の後縁部が後方に張り出して翼面積を増す効果を併せもっている形式のフラップ。 fowler flap
3290 単純フラップ 単純フラップとは,翼の後縁部分をそのまま下方へ折り曲げる形式のフラップ。 plain flap
3300 すきまフラップ すきまフラップとは,フラップを下げたとき,翼本体とフラップの前縁との間にすきまができるようにした形式のフラップ。 slotted flap
3310 開きフラップ 開きフラップとは,翼の後縁部の下方だけを開く形式のフラップ。 split flap
3320 吹出しフラップ 吹出しフラップとは,フラップを下げたとき,その上面に沿って高速の空気を後方に吹き出して,フラップの効果を高める機能をもったフラップ。 blown flap
3330 ジェットフラップ ジェットフラップとは,翼の後縁から後下方に高速の空気を吹き出し,その噴流によってフラップの効果を得る装置。 jet flap
3340 スピードブレーキ スピードブレーキとは,航空機の翼,胴体などの構造物に取り付けられ,これを気流中に出すことによって抗力を増加させる装置。 speed brake
3350 スポイラ スポイラとは,主翼上面に取り付けられ,これを気流中に出すことによって気流を乱し揚力を減殺すると同時に,抗力を増加させる装置。 spoiler
3360 先尾翼 先尾翼とは,主翼の前方に取り付けられ,前後の釣合いと操縦を受け持つ小さい翼。 canard
3370 尾翼 尾翼とは,航空機の釣合い,安定と操縦を受け持つために航空機の尾部に取り付けられた翼の総称。 tail unit,empennage
3380 水平尾翼 水平尾翼とは,縦の釣合い,安定と操縦を受け持つ尾翼。 tail plane, horizontal tail
3381 T型尾翼 T型尾翼とは,垂直尾翼の上端に水平尾翼が取り付けられた尾翼。 T-type tail
3390 水平安定板 水平安定板とは,航空機の縦の安定のための水平尾翼の前部の固定した部分。トリムのために可動のものもある。 horizontal stabilizer
3400 昇降だ(舵) 昇降だとは,操だ(舵)によって航空機の左右軸周りの回転運動(縦揺れ)を起こさせるため,水平安定板の後部に取り付けられた可動翼面。 elevator
3410 全可動尾翼 全可動尾翼とは,安定板を可動とし,これを動かすことによって縦の操縦を行うことができる水平尾翼。昇降だ(舵)をもち連動して作動するものもある。 flying tail
3420 スタビレータ スタビレータとは,昇降だ(舵)をもたない全可動尾翼。 stabilator
3430 垂直尾翼 垂直尾翼とは,方向の安定と操縦とを受け持つ尾翼。 備考 通常,機体の対称面に又は対称面に平行に取り付けられる。 vertical tail, fin and rudder
3440 垂直安定板 垂直安定板とは,航空機の方向の安定のための垂直尾翼の前部の固定した部分。 vertical stabilizer,fin
3450 方向だ(舵) 方向だとは,操だ(舵)によって航空機の上下軸周りの回転運動(偏揺れ)を起こさせるため,垂直安定板の後部に取り付けられた可動翼面。 rudder
3460 背びれ 背びれとは,胴体上面と垂直尾翼前縁とをつないで取り付けられたひれ状のもの。 dorsal fin
3470 腹びれ 腹びれとは,胴体の後下方に気流と平行に取り付けられたひれ状のもの。 ventral fin
3480 タブ タブとは,補助翼,方向だ(舵),昇降だ(舵)などの主操縦だ(舵)面の後部に取り付けられた小さい翼面。 tab
3490 釣合いタブ 釣合いタブとは,主操縦だ(舵)面に機械的に連動し,操だ(舵)力の軽減に用いられるタブ。 balance tab
3500 サーボタブ サーボタブとは,操縦かん又は方向だ(舵)ペダルと直接結ばれ,これを操作することによって主操縦だ(舵)面を動かすタブ。 servo tab
3510 スプリングタブ スプリングタブとは,操縦だ(舵)面とタブ操作機構との間にばねを入れたサーボタブで,速度に応じて操だ(舵)力が調整されるタブ。 spring tab
3520 トリムタブ トリムタブとは,主操縦だ(舵)面とは別の系統で操作され,トリムを調整するタブ。 trim tab, trimming tab
3530 トリム板 トリム板とは,主操縦だ(舵)面の後縁に取り付けられたトリム修正用の固定式の小片。 trimming strip
3540 胴体 胴体とは,乗員,乗客,貨物その他の搭載物とその航空機の主要な装備を収容する航空機の部分。 fuselage
3550 艇体 艇体とは,水上で航空機を支持し,離着水に適した形状をもった飛行艇の胴体。 hull
3560 スポンソン スポンソンとは,胴体の側面に張り出した部分。 sponson
3570 機室 機室とは,直接外気に接触しないように閉じられた操縦室と客室の総称。 cabin
3580 客室 客室とは,乗客を乗せるように設備された機室。 passenger cabin
3590 操縦室 操縦室とは,操縦者が航空機を操縦する所で,操縦装置,操作装置,計器などが集中的に取り付けられている機室。 control cabin,cockpit
3600 与圧室 与圧室とは,圧力が調整できるように作られた機室。 pressurized cabin
3610 風防 風防とは,操縦者を風から遮へいし,前方の視野を確保するため,操縦室の前側に取り付ける透明な部分。 windshield,windscreen
3620 キャノピ キャノピとは,操縦席の透明な覆い。 cockpit canopy
3630 フェアリング フェアリングとは,空気抵抗を減らすため,形状を整える覆い。 fairing
3640 フィレット フィレットとは,気流の干渉による抵抗の増加を防ぐための,構造の結合部の覆い。 fillet
3650 ドッグツース ドッグツースとは,薄翼の前縁はく離渦の発生を安定にするため,外翼部前縁に犬歯形の段を設けた平面形。 dog tooth
3660 境界層板 境界層板とは,境界層が翼端に向かって流れることを阻止するために,翼の上面に気流方向に取り付けた板。 boundary-layer fence
3670 ボルテックスジェネレータ ボルテックスジェネレータとは,境界層のはがれを防止するため,機体表面に,気流に対して適当な角度で並べて取り付けた小片。 voltex generator
3680 パイロン パイロンとは,動力装置,回転翼,機外搭載物などを支持するために,航空機の胴体,翼などから突き出ている構造物。 pylon
3690 レドーム レドームとは,レーダのアンテナの覆い。 radome
3700 ナセル ナセルとは,胴体とは別に,航空機に付随するもの(エンジン,乗員など)を収め,又は保護するための整形された覆い。 nacelle
3710 エンジンナセル エンジンナセルとは,主としてエンジンとそれに付随する補機などを収めるためのナセル。 engine nacelle
3720 カウリング カウリングとは,エンジン,放熱器などを覆って抵抗を減らし,若しくは保護し,又は内部の気流を整えるための覆い。 cowling
3730 エンジンカウリング エンジンカウリングとは,エンジンの周りに取り付けられたカウリング。 engine cowling
3740 カウルフラップ カウルフラップとは,カウリング内の空気流量を調節するため,カウリングの後端部に取り付けられた可動式の板。 cowl flap
3750 エンジンポッド エンジンポッドとは,エンジンを収めるために翼又は胴体から張り出して取り付けられるナセル。 engine pod
3760 テールブーム テールブームとは,尾翼又は尾部を,主翼,胴などに結合するために後方に突き出ている構造物。 tail boom
3770 テールコーン テールコーンとは,胴体後端の円すい状に整形された部分。 tail cone
3780 操縦装置 操縦装置とは,航空機の運動方向,姿勢などを制御する装置の総称。 flight control
3790 サーボ操縦装置 サーボ操縦装置とは,機械的又は空気力学的な手段で,人間の力を補う機構をもった操縦装置。 servo-control
3800 不可逆操縦装置 不可逆操縦装置とは,操縦だ(舵)面に加えられる空気力が,操縦装置の機構を逆に伝わることがないように作られた操縦装置。 irreversible control
3810 補力操縦装置 補力操縦装置とは,操だ(舵)力を動力装置で補うようにした操縦装置。 power-assisted control, power-boosted control
3820 機力操縦装置 機力操縦装置とは,油圧,電気などの動力で操縦だ(舵)面を動かす機構をもった操縦装置。 power-operated control
3821 自動操縦装置 自動操縦装置とは,飛行中における航空機の姿勢の変化や設定された飛行条件に応じて,操だ(舵)面を自動的に作動して,航空機の運動(方向,高度,速度など),姿勢などを制御する装置。 他の装置(ILS,電波高度計など)との連動によって,自動進入・着陸の機能をもつものもある。 automatic pilot system
3830 操縦かん 操縦かんとは,昇降だ(舵)と補助翼を操だ(舵)するための棒又は柱状のもの。 control column, control stick
3840 操縦輪 操縦輪とは,昇降だ(舵)と補助翼を操だ(舵)するためのハンドル。 control wheel
3850 方向だ(舵)ペダル 方向だペダルとは,方向だ(舵)を操だ(舵)するためのペダル。 rudder pedals
3860 降着装置 着陸装置 降着装置着陸装置とは,航空機を地上又は水上で支持し,離着陸又は離着水のときに用いる装置の総称。 備考1. 車輪式,フロート式,そり式,スキー式などの降着装置がある。 2. 水上ではないところで用いる降着装置を,一般に着陸装置という。 landing gear, alighting gear,undercarriage
3870 前輪式着陸装置 前輪式着陸装置とは,機首にある一組の脚装置と,重心のやや後方にある二組又はそれ以上の脚装置とで形成される着陸装置。 nose-wheel landing gear, tricycle landing gear
3880 尾輪式着陸装置 尾輪式着陸装置とは,重心のやや前方にある二組の脚装置と,胴体後方にある一組の脚装置とで形成される着陸装置。 tail-wheel landing gear
3890 引込脚 引込脚とは,飛行中,翼,胴体などに引き込める形式の着陸装置。 retractable landing gear
3900 スキー式着陸装置 スキー式着陸装置とは,雪上,氷上などに離着陸できるようにスキーが取り付けてある着陸装置。 ski-landing gear
3910 フロート フロートとは,航空機を水上で支持し,離着水時に使用する舟形又は円筒状の降着装置。 float
3920 浮き装置 浮き装置とは,陸上に発着する航空機が水上へ緊急着水したときに浮力を与える装置。 floatation gear
3930 動力装置 動力装置とは,エンジン本体とその附属装置一切を含めたものの総称。 power plant
3940 航空エンジン 航空エンジンとは,航空機の推進力又は揚力を発生させる動力を得るために使用するエンジン。 aircraft engine
3950 ピストンエンジン ピストンエンジンとは,ピストンの往復運動を,連接棒を経てクランク軸の回転運動に換えて動力を得る形式のエンジン。 piston engine, reciprocating engine
3960 ロケットエンジン ロケットエンジンとは,燃料とその酸化剤とを混合して燃焼させ,そのガスを噴出させてスラストを得る形式のエンジン。 rocket engine, rocket motor
3970 タービンエンジン タービンエンジンとは,圧縮機で圧縮した空気を燃料と混合して燃焼させたガスで,タービンを回す形式のエンジン。 turbine engine
3980 ターボジェットエンジン ターボジェットエンジンとは,ガスを噴出させて,その反動でスラストを得る形式のタービンエンジン。 turbojet engine
3990 ターボファンエンジン ターボファンエンジンとは,空気圧縮機の前方又はタービンの後方にファンを備える形式のタービンエンジン。 turbofan engine
4000 ターボプロップエンジン ターボプロップエンジンとは,ガスのエネルギーをプロペラの回転に用いてスラストを得る形式のタービンエンジン。 turboprop engine
4010 ターボシャフトエンジン ターボシャフトエンジンとは,ガスのエネルギーを回転軸の回転に用いて動力を得る形式のタービンエンジン。 turboshaft engine
4011 ラムジェットエンジン ラムジェットエンジンとは,前進速度によるラム圧力を利用してダクトの中で圧縮された気体の中で燃料を燃焼させ,ノズルで膨張させることによって,スラストを得るエンジン。 ramjet engine
4020 スラストリバーサ スラストリバーサとは,ジェットエンジンの噴出するガスやファンの噴流の向きを変えて逆方向のスラストを得る装置。 thrust reverser
4030 補助動力装置 補助動力装置とは,種々の系統を駆動する動力を得るために機上に搭載された補助エンジンとその附属装置。 auxiliary power unit (APU)
4040 プロペラ プロペラとは,翼形断面をもつ羽根をエンジンによって回転させて推力を得る装置。 propeller
4050 固定ピッチプロペラ 固定ピッチプロペラとは,ピッチを変えることができないプロペラ。 fixed-pitch propeller
4060 可変ピッチプロペラ 可変ピッチプロペラとは,回転中にピッチを変えることができるプロペラ。 variable-pitch propeller
4070 定速プロペラ 定速プロペラとは,回転速度を決めておくと,飛行姿勢,飛行速度などに関係なくその回転速度を維持する機構をもったプロペラ。 constant-speed propeller
4080 フェザープロペラ フェザープロペラとは,プロペラが風車回転しない位置まで,ピッチを変えることができるプロペラ。 feathering propeller
4090 可逆ピッチプロペラ 可逆ピッチプロペラとは,ピッチの変更範囲が,負の角度にまで及ぶプロペラ。 reversible-pitch propeller
4100 回転翼 回転翼とは,翼形断面をもつ羽根を回転させて,揚力を得たり方向の操縦などに用いる装置。 rotor
4110 主回転翼 主回転翼とは,単回転翼機において,主として揚力を得るために用いられる回転翼。 main rotor
4120 尾部回転翼 尾部回転翼とは,単回転翼機において,尾部に取り付けられ,主回転翼のトルクの平衡,方向の操縦などに用いられる回転翼。 tail rotor
4130 同軸回転翼 同軸回転翼とは,同一回転軸上に配置され,互いに逆方向に回転する回転翼。 coaxial rotor
4140 タンデム回転翼 タンデム回転翼とは,機体の前後に配置され,互いに逆方向に回転する回転翼。 tandem rotor

航空機の重量比に関する用語(4)

【 表 4 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
5010 馬力荷重 馬力荷重とは,飛行機の重量をエンジンの馬力で割った値。 power loading
5020 翼幅荷重 翼幅荷重とは,飛行機の重量を翼幅で割った値。 span loading
5030 翼面荷重 翼面荷重とは,飛行機の重量を総翼面積で割った値。 wing loading
5040 正味翼面荷重 正味翼面荷重とは,飛行機の重量を正味翼面積で割った値。 net wing loading
5050 スラスト荷重 スラスト荷重とは,飛行機の重量をエンジンのスラストで割った値。 thrust loading
5060 スラスト重量比 スラスト重量比とは,エンジンのスラストを飛行機の重量で割った値。 thrust-to-weight ratio
5070 円板荷重 円板荷重とは,回転翼航空機の重量を回転翼円板面積で割った値。 disc loading

航空機の空気力学・性能に関する用語(5)

【 表 5 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
6010 層流 層流とは,流体部分が層状に秩序正しく流れている状態。 laminar flow
6020 乱流 乱流とは,流体部分が細かい渦を含み,不規則に混合しながら流れている状態。 turbulent flow
6030 静圧 静圧とは,流れに平行な物体面に垂直に働く圧力。 参考 量記号 ps又はp で表す。 static pressure
6040 動圧 動圧とは,流体がもっている単位体積当たりの運動エネルギー。 参考 量記号 q で表す。 dynamic pressure
6041 総圧 全圧 総圧全圧とは,流れが等エントロピー的(断熱可逆的)によどんだ場合の圧力。非圧縮流れの場合は,静圧と動圧の和に等しい。 参考 量記号 pi又はpt で表す。 total pressure
6050 境界層 境界層とは,流体の粘性が小さく速度が大きいとき,粘性の影響が顕著に現れる物体表面に近い薄い層。 boundary layer
6060 レイノルズ数 レイノルズ数とは,粘性力に対する流れの慣性力の比。 参考 量記号 Re で表す。 Reynolds number
6070 揚力 揚力とは,流れの中に置かれた物体に働く全合力の,一様な流れに直角な方向の成分。 参考 量記号 L で表す。 lift
6080 揚力係数 揚力係数とは,揚力をその物体に関係した特有な面積と流れの動圧との積で割ったもの。 lift coefficient
6090 抗力 抗力とは,流れの中に置かれた物体に働く全合力の,一様な流れの方向の成分。 参考 量記号 D で表す。 drag
6100 抗力係数 抗力係数とは,抗力をその物体に関係した特有な面積と流れの動圧との積で割ったもの。 drag coefficient
6110 揚抗比 揚抗比とは,同じ迎え角における揚力(係数)の抗力(係数)に対する比。 lift to drag ratio
6120 迎え角 迎え角とは,翼の進行方向と,翼弦とのなす角。 参考 α 量記号angle of attack
6121 横滑り角 横滑り角とは,航空機の対称面と,進行方向とのなす角。 参考 量記号 β で表す。 angle of sideslip
6130 空力中心 (くうりきちゅうしん) 空力中心とは,翼形において,ある点周りの空気合力のモーメントが,迎え角にかかわらず一定である点。 aerodynamic center
6140 マッハ数 マッハ数とは,音速に対する航空機の対気速度又は流れの速度の比。 参考 量記号 Ma で表す。 Mach number
6150 横揺れ 横揺れとは,機体の前後軸周りの回転運動。 rolling
6160 縦揺れ 縦揺れとは,機体の左右軸周りの回転運動。 pitching
6170 偏揺れ (かたゆれ) 偏揺れとは,機体の上下軸周りの回転運動。 yawing
6180 バンク角 バンク角とは,水平姿勢を基準として測った左右の姿勢角。 参考 量記号 Φ で表す。 bank angle
6190 横滑り 横滑りとは,航空機がその対称面と平行でない運動をするときの状態。 side slip
6200 横転 横転とは,機体の前後軸周りに回転する飛行。 roll
6210 宙返り 宙返りとは,垂直面内に閉円形の経路を描く対称飛行。 loop
6220 水平飛行 水平飛行とは,一定高度を保つ飛行。 level flight
6230 上昇 上昇とは,高度を次第に増す飛行。 climb
6240 ズーム ズームとは,水平飛行で加速し,その余力によって短時間に急上昇をする飛行。 zoom
6250 急降下 急降下とは,機首を急角度に下げて行う急角度の降下経路をもつ飛行。 dive
6260 旋回 旋回とは,飛行方向を変える運動。 turn
6270 滑空 滑空とは,グライダがえい(曳)航力から切り離されて行う飛行,又は飛行機がエンジン停止状態で行う飛行。 glide
6280 失速 失速とは,翼の揚力が迎え角の増大とともに増し,ある迎え角に達すると翼上面の気流にはく離を生じ,揚力が急減する現象。 stall
6290 きりもみ きりもみとは,飛行機が完全に失速した後に起こる運動で,機体が旋回しながら急降下する状態。 spin
6300 曲技飛行 曲技飛行とは,飛行姿勢,高度,速度などの急激な変化を伴う,故意に行う操縦運動。 acrobatics, acrobatic maneuver,aerobatics
6310 横安定 横安定とは,横揺れ,偏揺れ,横滑り又はこれらのいずれかの組合せを含む運動に関する安定。 lateral stability
6320 縦安定 縦安定とは,対称面内の運動に関する安定。 longitudinal stability
6330 方向安定 方向安定とは,偏揺れ,横滑り又はこれらの組合せを含む運動に関する安定。 directional stability
6340 静安定 静安定とは,釣合い状態からじょう乱を受けたときに生じる力やモーメントによって,機体が元の釣合い状態に戻るかどうかの傾向。 static stability
6350 動安定 動安定とは,釣合い状態からじょう乱を受けたときに生じる力やモーメントによって,機体が時間の経過によってどのような挙動を示すかの性質。 dynamic stability
6360 トリム トリムとは,航空機の対気姿勢角を希望する値に保持し,そのときの操だ(舵)力を零とすること。この状態では釣合いがとれている。 なお,航空機の対気姿勢角を希望する値に保持することだけをトリムということもある。 trim
6370 真対気速度 真対気速度とは,大気に相対的な真の速度。 参考 量記号 VT で表す。 true airspeed(TAS)
6380 指示対気速度 指示対気速度とは,通常の動圧型速度計が指示する速度。 参考 量記号 VI で表す。 indicated airspeed(IAS)
6381 校正対気速度 校正対気速度とは,指示対気速度に速度計系統の各種誤差(ピトー圧,静圧管,指示計などに関するもの)の補正を施した速度。 参考 量記号 VC で表す。 calibrated airspeed(CAS)
6382 等価対気速度 等価対気速度とは,校正対気速度に空気の圧縮性の影響を加えた速度で,真対気速度と相対空気密度の平方根との積として得られる。 海面上標準大気状態では,校正対気速度と等しくなる。 参考 量記号 VE で表す。 equivalent airspeed(EAS)
6390 対地速度 対地速度とは,飛行中の航空機と地表面との相対的な水平飛行速度。 ground speed
6400 最大速度 最大速度とは,連続最大出力又は連続最大スラスト時の定常水平飛行速度。 maximum speed
6410 巡航速度 巡航速度とは,巡航飛行時の速度。 cruising speed
6420 着陸速度 着陸速度とは,航空機が着陸進入を開始してから接地するまでの間にとる速度の総称。 landing speed
6430 失速速度 失速速度とは,失速状態に突入する寸前の速度。 stalling speed
6440 地面効果 地面効果とは,固定翼機又は回転翼機が,地面付近を飛行するとき,主翼・尾翼の揚力又は回転翼の推力が地面の反作用を受けて増大する効果。 ground effect
6450 ホバリング ホバリングとは,ヘリコプタや垂直離着陸機が空中で停止飛行する状態。 hovering
6460 絶対上昇限度 絶対上昇限度とは,標準大気内で航空機が連続最大出力状態で水平飛行を維持できる最大高度。 absolute ceiling
6470 実用上昇限度 実用上昇限度とは,標準大気内で航空機の上昇率を0.5m/s (100 ft/min) に維持できる最大高度。 service speed
6480 ホバリング上昇限度 ホバリング上昇限度とは,ヘリコプタや垂直離着陸機がホバリングできる最大高度。 hovering ceiling
6490 上昇率 上昇率とは,航空機が上昇する場合の垂直方向の速度。 rate of climb
6491 降下率 降下率とは,航空機が降下する場合の垂直方向の速度。 rate of descent
6500 航続距離 航続距離とは,航空機がその搭載燃料によって飛行を持続できる距離。 参考 量記号 R で表す。 range
6510 航続時間 航続時間とは,航空機がその搭載燃料によって飛行を持続できる時間。 endurance
6520 離陸重量 離陸重量とは,航空機の離陸時の重量。 take-off weight
6530 着陸重量 着陸重量とは,航空機の着陸時の重量。 landing weight
6540 ペイロード ペイロードとは,有効搭載量(乗員,燃料,乗客,貨物など)のうち,輸送の対象となる乗客,手荷物,貨物,郵便物などの重量。 payload
6550 離陸距離 離陸距離とは,航空機が静止出発点から加速を行い所定の高度に達するまでに要する水平距離。 take-off distance
6560 着陸距離 着陸距離とは,航空機が着陸に際し,所定高度の点から接地し完全に停止するのに要する水平距離。 landing distance
6570 飛行性 飛行性とは,安定性,操縦性のほかに,操縦士の特性,操縦系統の特性,飛行状態,大気の乱れ,故障時の特性なども考慮した場合の飛行特性。 flying qualities
6580 操縦性 操縦性とは,操縦士が操縦によって定常飛行を維持し,また,ある飛行状態から他の飛行状態に移る場合の操縦操作の難易の性質。 controllability
6590 運動性 運動性とは,航空機の曲技飛行,旋回運動などの各種の運動が円滑に行われるか否かの性質。 maneuverability
6600 安定性 安定性とは,航空機が定常運動中に突風などによって,じょう乱を受け動揺を起こしたとき,操縦士が復元のための操縦を行わなくても,自力で元の定常状態に戻る特性。stability

航空機の運航・整備に関する用語(6)

【 表 6 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
7010 運航規程 運航規程とは,航空運送事業者が,運輸大臣の認可を受けなければならない運航に関する規程。 operations manual
7020 飛行規程 飛行規程とは,航空機に搭載しなければならない書類で,航空機の性能,操作などを示すもの。 flight manual
7030 運用限界 運用限界とは,積載物の重量,速度,高度などの航空機の運用可能範囲。 operating limitation
7040 航空日誌 航空日誌とは,航空機に搭載しなければならない航空機の飛行と整備の実施記録。 flight log book
7050 整備規程 整備規程とは,航空運送事業者が,運輸大臣の認可を受けなければならない整備に関する規程。 maintenance manual
7060 型式証明 (かたしきしょうめい) 型式証明とは,航空機と装備品の設計,製造について運輸大臣が行う安全性の証明。 type certificate
7070 耐空証明 耐空証明とは,個々の航空機について運輸大臣が行う安全性の証明。 airworthness certificate
7080 飛行計画 飛行計画とは,出発地,到着地,時刻,速度,高度,航路などの飛行予定。 flight plan
7090 航法 航法とは,計画された飛行位置,方向などを正しく航行する方法。 navigation
7100 有視界飛行 有視界飛行とは,気象状態が,定められた基準以上の場合,計器によらないで行う飛行。 visual flight
7110 計器飛行 計器飛行とは,航空機の姿勢,高度,位置と針路の測定を計器だけに依存して行う飛行。 instrument flight
7120 航空路 航空路とは,運輸大臣が指定する,航空機の運航に適する空中の通路。 airway
7130 航空交通管制業務 航空交通管制業務とは,航空交通が安全で秩序ある流れを維持する目的で行われる業務。 air traffic control service
7140 運航整備 運航整備とは,運航の間に駐機場で行う整備。 line maintenance
7150 整備性 整備性とは,整備の容易さを表す性質又は度合い。 maintainability
7160 飛行時間 飛行時間とは,離陸から着陸までの時間。 航空機が動き出してから停止までの時間は,ブロック・タイムと呼び区別される。 flight time
7170 航空管制官 航空管制官とは,航空交通管制業務をつかさどる運輸省組織に定められた官職。 air traffic controller
7180 運航乗務員 運航乗務員とは,操縦室で航空機の操縦又は操作に従事する者。 cockpit crew
7190 運航管理者 運航管理者とは,定期航空会社にだけ要求される資格者で,飛行情報と飛行計画の作成を行う者。 aircraft dispatcher
7200 航空整備士 航空整備士とは,航空機の整備作業について確認を行う資格をもつ者。 aircraft mechanic
7210 飛行場 飛行場とは,航空機が離着陸する施設。主として,航空運送の用に供する公共飛行場を空港という。 aerodrome
7220 滑走路 滑走路とは,航空機が離陸と着陸の際滑走を行う区域。 runway
7230 誘導路 誘導路とは,滑走路と駐機場との間の通路。 taxiway
7240 エプロン エプロンとは,旅客の乗降,貨物の積卸し,給油,整備などを行うため,航空機が駐機する場所。 apron
7250 スポット スポットとは,航空機の駐機場所で特に区画整理されたもの。 spot
7260 格納庫 格納庫とは,航空機の整備と格納を行うための施設。 hangar
7270 管制塔 管制塔とは,飛行場管制を行うための施設。 control tower
7280 地上走行 地上走行とは,航空機が自らの動力によって地上を移動すること。 taxiing
7290 飛行場管制 飛行場管制とは,飛行場とその周辺における航空交通管制。 aerodrome control
7300 進入管制 進入管制とは,計器飛行状態で出発,着陸する航空機に指示又は誘導を行う航空交通管制。 approach control

航空機 関連 主なJIS規格 一覧

【 表 7 】
規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS G 3535航空機用ワイヤロープJIS W 0106航空用語(航空機一般)
JIS K 2206航空ガソリンJIS W 0107航空用語(航空機用電気と灯火系統)
JIS K 2209航空タービン燃料油JIS W 0108航空用語(機体構造)
JIS K 2261石油製品-自動車ガソリンと航空燃料油-実在ガム試験方法-噴射蒸発法JIS W 0109航空用語(エンジン)
JIS K 2276石油製品-航空燃料油試験方法JIS W 0110航空用語(航空機の環境制御)
JIS K 2503航空潤滑油試験方法JIS W 0131航空用語-機材運用
JIS Q 9100品質マネジメントシステム-航空,宇宙と防衛分野の組織に対する要求事項JIS W 0141無人航空機-用語
JIS W 0105航空用語(油圧と空気圧系統)JIS W 8301航空標識の色

用語、マネジメントシステム、労働環境、防護服・救急用具、爆発・火災防止、安全色彩・標識

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。