水配管用亜鉛めっき鋼管 規格 一覧|形状・寸法・サイズ・重量・英語・意味|JIS 更新情報

SGPW 水配管用亜鉛めっき鋼管の規格・長さ・種類・寸法・サイズ・スケジュール・重量についての一覧表・SGPW管の基本内容からJIS更新情報・材質などに関しても解説!

SGPW管 規格 一覧表

水配管用亜鉛めっき鋼管

水配管用亜鉛めっき鋼管

SGPW 鋼管は,水道用及び給水用以外の水配管(空調用,消火用,排水用などをいう。)に用いる亜鉛めっき鋼管(以下,管という。)について規定する。この規格は,外径17.3 mm~508.0 mmの管に適用される。

最新 JIS G3442 規格の詳細 更新日 情報

JIS規格番号 JISG3442 JIS規格名称 水配管用亜鉛めっき鋼管
英語訳 Galvanized steel pipes for ordinary piping 略語・記号 SGPW
主務大臣 経済産業 制定年月日 1957年10月30日
最新 更新日 改正年月日 2016年11月21日 No G 3442:2016

SGPW管 種類及び記号

【 表 1 】
種類の記号
種類 記号
水配管用亜鉛めっき鋼管SGPW

SGPW管 製造方法

溶融亜鉛めっき

  • a)
    亜鉛めっきに使用する亜鉛は,JIS H 2107 亜鉛地金の規格の蒸留亜鉛地金1種又はこれと同等以上の品質をもつ亜鉛地金とする。
  • b)
    水配管用亜鉛めっき鋼管は,ねじを加工する前にアルカリ洗い,水洗い及び酸洗いによって,内外面のさび,スケールその他の付着物を完全に除去する。
    次に,付着残存する酸を水で洗って除去し,フラックス処理を行った後乾燥する。
  • c)
    b) の処理後,適正な温度に加熱溶融した亜鉛浴に浸し,亜鉛めっきを施す。
  • d)
    その他亜鉛めっきの一般事項は,JIS H 8641 溶融亜鉛めっきの規格による。
  • e)
    水道管用亜鉛めっき鋼管の耐用年数15~20年(参考耐用年数)

SGPW管 管端

  • a)
    水配管用亜鉛めっき鋼管の両端は,ねじ付又はプレンエンドとする。
    注文者の指定がある場合,ベベルエンドに加工してもよく,その形状は,受渡当事者間の協定による。
    ただし,特に指定のない限り,図 ベベルエンドの形状 による。
  • b) ねじ付管の場合には,溶融亜鉛めっきを行った後,両端にJIS B 0203に規定するテーパねじを加工し,その一端にはソケット1個をねじ込む。
    ソケットをねじ込まない他端は,ねじ保護環又は他の適切な方法で保護する。
ベベルエンドの形状図

ベベルエンドの形状図

SGPW管 サイズ 重量 一覧 規格表

  • a)
    亜鉛めっきを行う前の水配管用亜鉛めっき鋼管の寸法,公差・寸法許容差と重量・単位質量は,表2による。
  • b)
    管の長さは,3 600 mm以上とし,指定長さによる。長さの許容差は,マイナス側は0,プラス側は規定しない。
【 表 2 】
寸法,寸法許容差及び単位質量
水配管用亜鉛めっき鋼管の呼び径a)外径 mm外径の許容差b) mm厚さ mm厚さの許容差 mmソケットを含まない 単位質量 kg/m
AB
103/817.3±0.52.3 +規定しない
-12.5 % d)
0.851
151/221.7±0.52.81.31
203/427.2±0.52.81.68
25134±0.53.22.43
3211/442.7±0.53.53.38
4011/248.6±0.53.53.89
50260.5±0.53.85.31
6521/276.3±0.74.27.47
80389.1±0.84.28.79
9031/2101.6±0.84.210.1
1004114.3±0.84.512.2
1255139.8±0.84.515
1506165.2±0.8519.8
2008216.3±1.05.830.1
25010267.4±1.36.642.4
30012318.5±1.56.953
35014355.6±2.8 c)7.967.7
40016406.4±3.3 c)7.977.6
45018457.2±3.7 c)7.987.5
50020508±4.1 c)7.997.4
注記 単位質量の数値は,1 cm3 の鋼を7.85 gとし,次の式によって計算し,JIS Z 8401の規則Aによって有効数字3桁に丸めたものである。
W=0.024 66 t (D-t)
W: 管の単位質量(kg/m)
t: 管の厚さ(mm)
D: 管の外径(mm)
0.024 66: Wを求めるための単位の変換係数
注a) 呼び径は,A又はBのいずれかを用いる。Aによる場合にはA,Bによる場合にはBの符号を,それぞれの数字の後に付けて区分する。
b) 手入部などの局所的な部分については,厚さの許容差が,この表を満足していることが確認できる場合は,この表の外径の許容差を適用しない。
c) 呼び径350A以上の水配管用亜鉛めっき鋼管の外径の許容差は,周長測定によってもよい。この場合の許容差は,±0.5 %とし,数値の丸め方の規格 規則Aによって小数点以下1桁に丸めた値とする。外径の測定に周長を用いる場合,
外径(D)と周長(l)との相互換算は,次の式による。
D=l / π
D: 外径(mm)
l: 周長(mm)
π: 3.141 6
d) 厚さごとの許容差は,数値の丸め方の規格の規則Aによって小数点以下1桁に丸めた値とする。

棒鋼・形鋼・鋼板・鋼帯〔構造用/一般加工用/圧力容器用/厚さ方向特性/寸法・質量・許容差/土木・建築用/鉄道用〕、鋼管〔配管用/熱伝達用/構造用/特殊用途鋼管・合金管〕、線材・線材二次製品 

SGPW管の外観

  • a)
    水配管用亜鉛めっき鋼管は,実用的に真っすぐ,かつ,その両端は管軸に対して実用的に直角でなければならない。
  • b)
    亜鉛めっきを行った表面は,使用上有害な欠点があってはならない。
  • c)
    受渡当事者間の協定によって,管の外面,内面又は内外面に塗装(例えば,ジンクリッチ塗装,エポキシ塗装,プライマー塗装など)を行ってもよい。

SGPW管の表示

  • 水配管用亜鉛めっき鋼管ごとに,次の事項を表示しなければならない。
    ただし,外径が小さい管の場合又は注文者の要求がある場合は,これを結束して,一束ごとに適切な方法で表示してもよい。
    表示の順序は指定しない。また,注文者の承認を得た場合は,製品識別が可能な範囲でその一部を省略してもよい。
  • a)
    種類の記号
  • b)
    管の呼び径
  • c)
    長さ
  • d)
    製造業者名又はその略号

鋼管関連JIS規格一覧

【 表 3 】
規格番号 規格名称
JISG3442水配管用亜鉛めっき鋼管
JISG3448一般配管用ステンレス鋼鋼管
JISG3452配管用炭素鋼鋼管
JISG3454圧力配管用炭素鋼鋼管
JISG3455高圧配管用炭素鋼鋼管
JISG3456高温配管用炭素鋼鋼管
JISG3457配管用アーク溶接炭素鋼鋼管
JISG3458配管用合金鋼鋼管
JISG3459配管用ステンレス鋼鋼管
JISG3460低温配管用鋼管
JISG3468配管用溶接大径ステンレス鋼鋼管
JISG4903配管用継目無ニッケルクロム鉄合金管

水配管用亜鉛めっき鋼管 メーカー

用語、資格及び認証、金属材料の試験、鉄鋼材料の試験、原材料、機械構造用炭素鋼・合金鋼、特殊用途鋼〔ステンレス鋼・耐熱鋼・超合金/工具鋼/ばね鋼/快削鋼/軸受鋼〕、クラッド鋼、鋳鍛造品〔鍛鋼品/鋳鋼品/鋳鉄品〕、電気用材料※巻末参考資料に「JISと関連外国規格との比較表」「 SAE(AISI)鉄鋼成分表」「硬さ換算表(SAE J 417)」

SGPW管 ホームセンター 価格(参考)

関連記事

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。