JIS K 2235 石油ワックス|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS K 2235 石油ワックスの日本産業規格 JISK2235の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS K2235:2009の規格は,工業用の石油ワックスについて規定。

石油ワックス 規格 一覧表

JIS K 2235

石油ワックスの一覧

最新 JIS K2235 規格の詳細 更新日 情報

JIS K 2235:2009の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS K2235 JIS改正 最新・更新日 2009年02月20日
規格名称 石油ワックス
英語訳 Petroleum waxes
対応国際規格 ISO
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1957年12月18日
略語・記号 No JIS K2235:2009
ICS 75.140JISハンドブック 石油:2019
改訂 履歴 1957-12-18 (制定),1960-11-25 (確認),1961-07-01 (改正),1964-07-01 (確認),1968-02-01 (確認),1971-07-01 (確認),1974-11-01 (確認),1978-04-01 (確認),1980-03-01 (改正),1985-10-01 (確認),1991-10-01 (改正),2002-05-20 (確認),2006-10-20 (確認),2009-02-20 (改正),2013-10-21 (確認),2018-10-22 (確認)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

適用範囲 [1]

この規格は,工業用の石油ワックス(以下,ワックスという。)について規定する。

備考1. この規格の引用規格は,付表1に示す。

備考2. この規格の中で{ }を付けて示してある単位と数値は,従来単位によるものであって,規格値である。

なお,これらの従来単位と数値は,平成7年4月1日以降参考とする。

用語の定義 [2]

この規格で用いる主な用語の定義は,次のとおりとする。

(1) パラフィンワックス 減圧蒸留留出油から分離精製した常温において固形のワックス。 (2) マイクロクリスタリンワックス(以下,マイクロワックスという。) 減圧蒸留の残さ(渣)油又は重質留出油から分離精製した常温において固形のワックス。 (3) ペトロラタム 減圧蒸留残さ油から分離精製した常温において半固形のワックス。 (4) 融点 パラフィンワックスの場合は,溶融した試料を規定の条件で放冷したとき,試料の温度降下速度が規定の速度以下になったときの温度。マイクロワックスとペトロラタムの場合は,温度計に付着固化させた一定量の試料を規定条件で加熱し,その初滴が温度計から落下したときの温度。

(5) 針入度 パラフィンワックスとマイクロワックスの硬さを表すもので,規定条件下で試料中に規定の針が垂直に進入する深さを表し,0.1mmを1単位とする。 (6) 油分 -32°Cにおける試料のメチルエチルケトン溶解量。質量%で表す。

(7) ちょう度 ペトロラタムの硬さを表すもので,規定条件下で試料中に規定の円すいが垂直に進入する深さを表し,0.1mmを1単位とする。

種類 [3]

ワックスは,パラフィンワックス,マイクロワックスとペトロラタムに分ける。さらに,パラフィンワックスは融点によって表1のとおり8種類に,マイクロワックスは融点によって表2のとおり5種類に,ペトロラタムは色によって表3のとおり4種類に細分する。

品質 [4]

ワックスは,石油から分離精製された,常温において固形又は半固形の各種炭化水素の混合物で,5.で試験を行ったとき,表1~3の規定に適合しなければならない。

また,食品包装用のものは,通常の使用状態で,食品を汚染するような物質を含んでいてはならない。

【 表 1 】 パラフィンワックス
種類 (1) 融点°C 針入度 反応 油分 質量% セーボルト色
(25°C) (35°C)
120P48.9以上 51.7未満30以下中性0.8以下+26以上
125P51.7以上 54.4未満25以下0.5以下+28以上
130P54.4以上 57.2未満50以下
135P57.2以上 60.0未満40以下
140P60.0以上 62.7未満30以下
145P62.7以上 65.5未満25以下
150P65.5以上 68.3未満
155P68.3以上 71.0未満
(1) 融点範囲の下限値°Cを゚Fに換算した数字にパラフィンのPを付けたもの。
【 表 2 】 マイクロワックス
種類 (2) 融点°C 針入度(25°C) 反応 油分質量% ASTM色
150M60.0以上68.3未満50以下中性5以下2.5以下
160M68.3以上76.6未満40以下
170M76.6以上82.1未満3以下2以下
180M82.1以上87.8未満30以下
190M87.8以上2以下1以下
(2) 融点範囲内の値°Cを゚Fに換算した数字にマイクロのMを付けたもの。
【 表 3 】 ペトロラタム
種類 反応 引火点°C 動粘度(100°C)mm2/s{cSt} 融点°C ちょう度 全酸価mgKOH/g ASTM色
1号中性190以上15~3045~8080~1400.1以下6.5Dil以下
2号8.0以下
3号10~20140~2104.5以下
4号3.0以下
備考 1mm2/s=1cSt
参考 ペトロラタム1~4号の通称は,次のとおりである。
【 表 4 】
種類 通称(参考)
1号ダークグリーン
2号グリーン
3号アンバー
4号ライトアンバー

試験方法 [5]

試験器一般 [5.1]

通常の使用状態において,危険が生じるおそれがなく,十分に耐久性をもち,形状が正しく,組立てが良好で,容易に機械的・電気的な故障を生じないこと。

試料の採取方法 [5.2]

[5.2.1] 溶融状態の場合

JIS K 2251による。

[5.2.2] 荷造りされた塊状又は板状品の場合

JIS K 2251の4.2.4(荷造品からの一次試料採取個数)に規定された方法によって荷造り容器を抜き取り,この容器からJIS K 2251の8.5(固形パラフィン採取方法)によって試料を削り採る。

[5.2.3] 粉状又は粒状品の場合

JIS M 8100による。

[5.2.4] 荷造りされたペトロラタムの場合

JIS K 2251の8.3(グリース採取方法)による。 参考 この規格に規定された各性状を測定するのに必要な試料の量は,概略次のとおりである。

パラフィンワックス

250~300g

マイクロワックス

200~250g

ペトロラタム(ちょう度200以下)

約1,000g

ペトロラタム(ちょう度200以上)

約2,000g

石油 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS B 7410石油類試験用ガラス製温度計JIS B 7525-2浮ひょう-第2部:液化石油ガス用浮ひょう型密度計
JIS B 7995原油と石油製品中の硫黄分自動計測器JIS B 8042-5ガスタービン-調達仕様-第5部:用途-石油と天然ガス工業用
JIS B 8242液化石油ガス(LPガス)用横置円筒形貯槽-構造JIS B 8245液化石油ガス容器用弁
JIS B 8501鋼製石油貯槽の構造(全溶接製)JIS B 8574液化石油ガスメーター-取引又は証明用
JIS C 61558-2-3変圧器,リアクトル,電源装置とこれらの組合せの安全性-第2-3部:ガスバーナと石油バーナ用点火変圧器の個別要求事項と試験JIS C 9335-2-102家庭用とこれに類する電気機器の安全性-第2-102部:商用電源に接続するガス,石油と固形燃料燃焼機器の個別要求事項
JIS K 2207石油アスファルトJIS K 2208石油アスファルト乳剤
JIS K 2235石油ワックスJIS K 2240液化石油ガス(LPガス)
JIS K 2249-1原油と石油製品-密度の求め方-第1部:振動法JIS K 2249-2原油と石油製品-密度の求め方-第2部:浮ひょう法
JIS K 2249-3原油と石油製品-密度の求め方-第3部:ピクノメータ法JIS K 2249-4原油と石油製品-密度の求め方-第4部:密度・質量・容量換算表
JIS K 2251原油と石油製品-試料採取方法JIS K 2252石油製品-反応試験方法
JIS K 2254石油製品-蒸留性状の求め方JIS K 2255石油製品-ガソリン-鉛分の求め方
JIS K 2256石油製品-アニリン点と混合アニリン点の求め方JIS K 2258-1原油と石油製品-蒸気圧の求め方-第1部:リード法
JIS K 2258-2原油と石油製品-蒸気圧の求め方-第2部:3回膨張法JIS K 2261石油製品-自動車ガソリンと航空燃料油-実在ガム試験方法-噴射蒸発法
JIS K 2269原油と石油製品の流動点並びに石油製品曇り点試験方法JIS K 2270-1原油と石油製品-残留炭素分の求め方-第1部:コンラドソン法
JIS K 2270-2原油と石油製品-残留炭素分の求め方-第2部:ミクロ法JIS K 2272原油と石油製品-灰分と硫酸灰分試験方法
JIS K 2275-1原油と石油製品-水分の求め方-第1部:蒸留法JIS K 2275-2原油と石油製品-水分の求め方-第2部:カールフィッシャー式容量滴定法
JIS K 2275-3原油と石油製品-水分の求め方-第3部:カールフィッシャー式電量滴定法JIS K 2275-4原油と石油製品-水分の求め方-第4部:水素化物反応法
JIS K 2276石油製品-航空燃料油試験方法JIS K 2279原油と石油製品-発熱量試験方法と計算による推定方法
JIS K 2280-1石油製品-オクタン価,セタン価とセタン指数の求め方-第1部:リサーチ法オクタン価JIS K 2280-2石油製品-オクタン価,セタン価とセタン指数の求め方-第2部:モータ法オクタン価
JIS K 2280-3石油製品-オクタン価,セタン価とセタン指数の求め方-第3部:過給法オクタン価JIS K 2280-4石油製品-オクタン価,セタン価とセタン指数の求め方-第4部:セタン価
JIS K 2280-5石油製品-オクタン価,セタン価とセタン指数の求め方-第5部:セタン指数JIS K 2283原油と石油製品-動粘度試験方法と粘度指数算出方法
JIS K 2288石油製品-軽油-目詰まり点試験方法JIS K 2291石油製品-回収硫黄試験方法
JIS K 2501石油製品と潤滑油-中和価試験方法JIS K 2513石油製品-銅板腐食試験方法
JIS K 2520石油製品-潤滑油-水分離性試験方法JIS K 2536-1石油製品-成分試験方法 第1部:蛍光指示薬吸着法
JIS K 2536-2石油製品-成分試験方法 第2部:ガスクロマトグラフによる全成分の求め方JIS K 2536-3石油製品-成分試験方法 第3部:ガスクロマトグラフによる芳香族の求め方

製品認証、製品規格、試験方法、試験器、関連規格

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

電気機械器具、低圧遮断器・配線器具

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。