アウトドアテーブル|自作でおすすめ簡単手作り|木製|作り方

DIY アウトドアテーブル おすすめ 簡単に自作で手作りキャンプ用 ダイニング ウッドデッキに置いたりガーデニングや庭やベランダにも高さや幅もピッタリサイズでアウト ドアテーブルと折りたたみアウトドアチェアもセットで作り方と図面で紹介

自作で作るOutdoor table

ツーバイフォーでアウトドア テーブル

ツーバイフォーでアウトドア テーブル

仕上がりのサイズは1800mm(長さ)×1400mm(幅)×730mm(テーブルの上面高さ)になります。 サイズやデザインはご自由に。

作り方(方法)は沢山ありますが、内容は出来るだけ簡単な方法と特別な工具を使用しない方法で紹介します。

キャンプ用やガーデニングの作業スペースや庭で木工用のワークベンチに!ウッドデッキに置いたり!家族全員や大勢の友達と庭やベランダでバーベキューBBQ!DIYなら自分に合ったピッタリサイズで!アウトドア ウッドテーブル をDIYで簡単に手作り!作り方と図面で紹介!

アウトドア テーブル 作るのに必要な材料

手作りアウトドアテーブル

手作りアウトドアテーブル

ツーバイ材(ホワイトウッド・SPF材など)を使用

  • ①テーブル 長さ1800mm 5本・ツーバイシックス(2×6)
  • ②テーブル支持 長さ700mm 3本・ツーバイフォー(2×4)
  • ③脚 長さ 長さ850mm 4本・ツーバイフォー(2×4)
  • ④シート 長さ1800mm 4本・ツーバイフォー(2×4)
  • ⑤シート支持 長さ1400mm 2本・ツーバイフォー(2×4)
  • ⑥ブレース 長さ815mm 2本・ツーバイフォー(2×4)
  • コーススレッド(木ねじ・ビス)など
  • 木工ボンド(必要に応じて使う)

アウトドア テーブル 必要なDIY工具・ツール

作るのにあれば便利な用意したい工具です。

  • 電動ドリル(インパクトドライバー)
  • 電動ノコギリ
  • Fクランプ
  • ドリル直径3mm~3.5mm又は 錐・キリ(下穴用)
  • サンドペーパー/紙やすり(#120と#220程度)
  • 止型スコヤ(台付スコヤ)・ラクダ ツーバイフォー定規
  • メジャー(巻尺)・定規

ツーバイフォー定規

【用途】のこぎり切断用線引き、釘・ビス止め用点付け。【機能・特徴】定規のサイズが2×4材の幅と厚みに合わせてあるので2×4材に最適で、1×4材にも御使用いただけます。のこぎり切断前の直角の線引きが一発で出来ます。接合部の釘またはビス止めの最適な位置決めが一発で出来ます。材料の木口部の1/2、1/3、1/4の線引きが出来ます。のこぎり切断前の45度の線引きが出来ます。商品サイズ(約):幅90高さ90奥行40(mm)。重量(約):30(g)。2×4SQUARE。。センチ目盛付。。本体:ポリカーボネート。【注意事項】2×4材は幅3.5インチ≒89mm、厚み1.5インチ≒38mmです。

止型定規スコヤ型

サイズ:全長100×全幅166×厚さ16mm重量:230g材質:ステンレス鋼用途:45度90度135度が判り、ケガキ作業が簡単仕様:ミリ目盛、2×4材の中心割り出し目盛付
2×4材のセンター出しに

アウトドアテーブル 寸法図面・設計図・参考図

アウトドア テーブル 図面

アウトドアテーブル図面

キャプテンスタッグ アウトドア テーブル

軽量・コンパクト設計! 組立簡単、本体と脚の一体化構造 天板には耐食、耐摩擦性に優れたアルマイト加工 収納バッグ付で持ち運びに便利!●材質:甲板/アルミニウム合金(表面アルマイト加工)、脚部/鉄(エポキシ樹脂塗装)●組立サイズ(約):幅40×奥行29×高さ12cm●収納サイズ(約):7×6×長さ40cm●重量(約):700g●耐荷重(約):30kg 組立サイズ:(約)幅400×奥行290×高さ120mm 収納サイズ:(約)70×60×長さ400mm 製品重量:(約)700g 材質:甲板/アルミニウム合金(表面加工アルマイト) 脚部/鉄(エポキシ樹脂塗装) 耐荷重(約)30kg

スノーピーク アウトドアテーブル

持ち運びも簡単だから、自分の好きな場所で、風景やお酒を楽しめます。 焚火を前にローチェアに腰掛けて、贅沢なキャンプシーンを味わってみませんか。 【特長】驚きの開閉システム、使うシーンを選ばない美しい竹集成材テーブルワンアクションテーブルは、折りたたまれた2枚の天板を開くと内側から飛び出す絵本のように脚部が現れる画期的なシステムのテーブル。 簡単でスピーディーなセッティング、撤収が可能。 天板は美しく仕上げた竹集成材です。ワンアクションテーブルの天板の地上高は66cm、チェアに座ったときに座ったときに最適な高さの快適基準寸法です。ローテーブル、MYテーブルの地上高は約40cm、ベンチなどに腰掛けたときに最適な高さです。ちゃぶ台は日本の畳み文化が生んだ傑作品の家具です。地面やテント内に直に置いて使うのがベストです。 【機能】 ◆2本の脚を支えるX線材 天板の裏には荷重を受ける線材がX状にセットされ、スムーズな開閉作業を促します。 ◆4箇所の接地ポイント本体サイズ(約):45×33.5×38.5cm重量:1.8kg[商品スペック] ●サイズ:450×335×385mm ●材料: 天板/竹集成材 スタンド/アルミアルマイト加工 ケース/ポリエステル ●原産国:中国製

コールマン アウトドアテーブル

生産国:中国サイズ:使用時/約112×70×40/70(h)cm、収納時/約19×20×70(h)cm重量:約5.3kg材質:天板/天然木(スギ)、フレーム/アルミニウム付属品:収納ケース仕様:高さ2段階調節耐荷重:約30kg
天板に天然木を使用したナチュラルな風合いの2ステージテーブル。ロール天板と収束型フレームでコンパクト収納。高さ2段階調整可能(約30・70cm)。

ロゴス アウトドアテーブル

中国総重量:(約)5.3kgサイズ:(約)幅120×奥行70×高さ70/45.5cm収納サイズ:(約)幅18×奥行12×長さ122cm素材:[フレーム]アルミ[天板]アルミ
●組立簡単なオートレッグシステム採用●高さ2段階●スリム収納●専用収納バッグ付き

アウトドアテーブル 作り方・加工・製作

電動のこぎりで寸法に切断

電動のこぎりで寸法に切断

用意した、ツーバイフォー・ツーバイシックスの木材を電動のこぎり、または、手ノコを使用して、設計寸法に切断します。

ドリルで木ネジの下穴をあける

ドリルで木ネジの下穴をあける

切断した各部材を木ねじで、組立接合する為の木ねじ用の下穴をあけます。

アウトドアテーブル 組立・手順

材木に下穴をあける

②テーブル支持 2本と③脚 4本と⑤シート支持 2本を使用して組立ます。事前にあけた下穴にコーススレッド(木ねじ・ビス)を入れて留めます。木ねじは、部材を貫通しない程度で、出来るだけ長いネジが良いですね。

強度を上げたい場合は木工ボンドを接合する部分に、あらかじめ、塗ってからネジ留めします。

部材をビスで留め

組立てた脚に、シート(座面)の部材をビスで留めます。

部材の中央に、コーススレッド(木ねじ・ビス)を使って留め

1本残っている②テーブル支持を、並べた①テーブルの部材の中央に、コーススレッド(木ねじ・ビス)を使って留めます。

この時点でテーブルの真ん中の1本だけは、取付けません。

この画像ではテーブルの表になる方向からビス止めしていますが、裏面から②テーブル支持に斜めにビスを打ち込んでも良いですね。

DIYアウトドアテーブル 部材をビス留め

最後に、1本残っている①テーブル部材をビス留めして完成です。

アウトドアテーブル DIY 簡単に組立

簡単な組み立

インテリア改造計画!リノベ&DIYハンドブック再生、再利用、再定義。リノべーションのとらえかたはいろいろです。ただ、リノベやDIYだからこそ自分のイメージどおりの居住空間をクリエイトできるのです。どういう家に、どう暮らす?とびきりのスタイルサンプルととっておきのメソッドを集めてみました。DIYの達人●《toolbox》に聞く、新しいDIYの楽しみ方。●達人たちのアイデアをケーススタディしました。●45分で3工程で完成!カンタンDIY●CasaBRUTUSHomeCenter●DIYSHOPGUIDE材料選びからツール探しまで、頼れるのはこのショップ●DIY天国・ポートランドへ!●ボクとワタシのDIY自慢リノベの天才●リノベ成功の秘訣はスタイルです。吉村順三の家をリノベする。小野塚秋良壊さず、色を加えて蘇らせる。ピーター・シャイヤーブルックリンの立役者の居住空間hOmE70年代の佇まいに新たな機能を付与大堀伸最新のエコシステムを実現する家パトリック・ブラン奥能登の民家を〝漆のゲストハウス〟に赤木明登●コミューンが考えるリノベ像●現代美術作家の名和晃平が住宅リノベをすると、こうなります。●ショップのインテリアはリノベのアイデアの宝庫!●大胆に空間を変えてくれます。建築家で選ぶリノベーション●パリの建築家集団シグーの改築は、真似したいアイデアの宝庫でした。●アメリカでは〝リサイクル〟でなく〝リクレイム〟が主流です。●新世代のリノベ・マエストロは誰だ⁉︎●初めてでも安心、リノベーションABC。