木工用タップと木製ナット|作り方|ネジ切工具|自作|DIY

木材にネジ穴を加工できる自作の木工タップ!簡単に作れますよ。ナットを作る工具名がタップで、ボルトはダイスと呼び、安くて大きなタップと木製ねじが簡単に!ホームセンターのボルトを使用でネジ切用タップの作り方と使い方を紹介!

ちょつとした、治具を製作するので、ホワイトウッドに自作のネジ切用タップを使って、木製ナット(雌ネジ)を作ります。まずは、タップ作りです。

タップとは、

タップとは、(タップ工具/Tap)
主の金属の加工などに使われる工具で、穴の内側にネジを加工するのに使われる切削工具です。 形状はボルトなどの雄ネジと同じような感じで、タップを穴に回転しながらねじ込んでネジを削り込みます。

wood-tap

簡単自作木工タップ

タップとタップハンドルの使い方

一般的な使い方は、 画像の様にタップをタップハンドルに取付けて使います。

木製ねじ 作り方 | DIY的ライフ

タップとハンドル

タップハンドルが「無い場合は」モンキーレンチやスパナを使用できますが、全くの初心者には「おすすめ」できません。タップを痛めたり、細いタップは折ったりしますよ。
タップハンドルを使用する方が「手に力が必要なく」綺麗なネジ山や穴が加工できます。

非・鉄金属用 タップダイス・ネジ立てビット

40PCSタップハンドル・ダイスハンドル・T型タップホルダー・ピッチゲージ・精密ドライバー・収納ケース材質:タングステン鋼 使用頻度の高いサイズのタップサイズを揃えた 一般鉄鋼のネジ切り用タップダイスセット収納に便利なケース入り 【サイズ(mm)】 ダイス:3X0.5・3X0.6・4X0.7・4X0.75・5X0.8・5X0.9・6X0.75・6X1.0・7X0.75・7X1.0・8X1.0・8X1.25・10X1.25・10X1.5・12X1.75・1/8-BSP タップ:3X0.5・3X0.6・4X0.7・4X0.75・5X0.8・5X0.9・6X0.75・6X1.0・7X0.75・7X1.0・8X1.0・8X1.25・10X1.25・10X1.5・12X1.5・12X1.75・1/8XBSP 【注意事項】ご使用の際は、材料及び使用箇所に十分御留意下さい 精密機器・自動車等、特に精度を要する箇所については、十分にご配慮下さい電気の流れているものには使用しないで下さい タップ・ダイスは素手では触らないようにして下さい 工部は必ずバイス等で固定して下さい 刃部を持っての加工は絶対にしないで下さい ハンドルをハンマー等で叩いたりしないで下さい< 破損の原因となり大変危険です安全のため、保護メガネなど保護具を着用して下さい

木工用タップ 作るのに必要な材料

建築用 Zボルト

建築用 Zボルト

今回、自作する木工タップは、市販の六角ボルトを使います。ホームセンタなどで売っているボルトです。使うボルトは、ネジのサイズが「M12並目 ネジ山ピッチ1.75」と呼ぶボルトです。

六角頭片引きボルト

プロイズ 部材の取付けや継手や仕口の緊結などのために用いられます。

必要なDIY工具・ツール

ディスクグラインダー 

● 金属の研磨・バリ取りに● 木材の下地磨き・面取りに● 市販のディスクで様々な作業が可能● 変速ダイヤルでディスクの回転スピード調整可能!● ICトルク制御でパワー安定。スムーズな作業!● しっかり握れる!スリムボディ● 補助ハンドル付!左右に付替可能!● 充実のセット内容!金属に木工にマルチに対応!●セット内容:補助ハンドル、ディスクスパナ、鉄工用オフセット砥石、ソフトパッドφ100mm、サンディングペーパーディスクφ100mm♯#40・80×各5枚、交換用カーボンブラシ●電圧:AC100V、周波数:50/60Hz、電流:5.3A、消費電力:500W回転数:約5,500~11,000min-1本体サイズ:約長さ280×幅120×高さ100(mm)、質量:約1.7kg(付属品除く)コード長:約2.3m定格時間30分付属鉄工用オフセット砥石サイズ:外径φ100×厚さ6×穴径φ15(mm)最高回転数:13,500min-1粒度:36最高周速度:71.7m/s(4,300m/min)

ディスクグラインダで加工

ディスクグラインダで加工

六角頭片引きボルトのネジ部を「ディスクグラインダ」で少し加工しています。

ディスクグラインダがない場合は、100均で売っている様な「金工やすり(三角又はかまぼこ)」で、地道に削ればOKですよ。時間はかかりますね。

金工用 ヤスリ

一般金属の研削・バリ取りなどに平・半丸・丸 ●研削箇所で使い分けできる3つの形状 ●握りやすく力の入るソフトグリップ

自作木工タップ 寸法図面・設計図・参考図

DIY工具 手作り木工タップ

DIY工具 手作り木工タップ

自作木工タップ 作り方・加工・製作

thread cutting | DIY的ライフ

ディスクグラインダでタップの溝

ディスクグラインダを使って、画像の赤色の部分にタップの溝のなる部分を作り、面取り加工をします。

この溝は、木材の切りくずを貯める(排出)為の溝になります。 溝が無くてもタップの役割は果たしますが、ネジ穴の加工が「しずらい・綺麗なネジが加工しにくい」などがありますよ。

自作のタップ

削り取る溝の深さは「六角ボルトのネジ山」を削り取りきって、それより、少し深めに(約1mm ネジのサイズによりますが )

溝幅は「グラインダの砥石サイズ」と「ボルトの直径」によるので適当に、このM12ボルトの場合で「約2mm(ネジのサイズによりますが)」

タップ工具

特に「回転するような電動工具」を、使うときは「糸がほつれて」出てくる様な軍手などの手袋はさけましょう。「ほつれた糸」が回転体にまき付くことがあります。 最悪 の切断ということも。油断していると結構、この手の事故は多いですよ。「革の手袋」のようなものが良いですね。

グラインダを使うと火花や削りカスが飛ぶので、ゴーグルを使うようにしましょう!!服装は長袖を着用した方が良いですよ。 また、削った直後は溝の部分が高温になっているので、加工後、すぐに触るとヤケドするので注意です。

木のボルト・ナット加工 | DIY的ライフ

加工前と溝加工後

これで自作の木工用タップの出来上がりです。

ブログやメディアで人気急上昇中の整理収納コンサルタント・本多さおりさん、初の書籍! 「こうあるべき」と縛られた収納ではなく、自分がラクして「続く」収納の仕組みをつくれば、暮らしはもっと快適になります。本書では本多さんの暮らしアイデアがギュッと詰まった2Kの自宅を例に、毎日をラクに、シンプルに愉しむための収納術をオール写真付きで公開。今すぐマネしたくなるワザが満載です! ラクしたがりな私が考える収納は、「片付けやすさ」重視。片付けに必要なのは本人のやる気が20%、残り80%は「片付けたくなる収納法」だと思っています。本書では、そんな我が家の「やる気を出さなくても片付くシステム」や、欲しい時間を捻出するための「時短につながる暮らしアイデア」などをご紹介いたします。Chapter 1 整理収納の考え方Chapter 2 KitchenChapter 3 LivingChapter 4 ClosetChapter 5 Laundry & LavatoryChapter 6 ラクしたがりの掃除術Chapter 7 もっと! ラクになる暮らしのアイデア

DIY 木製ナット|雌ネジ|工具の自作|簡単タップ

関連記事