JIS Z 1707 食品包装用プラスチックフィルム通則|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS Z 1707 食品包装用プラスチックフィルム通則の日本産業規格 JISZ1707の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS Z1707:2019の規格は,食品包装に用いる単層プラスチックフィルム及び複層プラスチックフィルムの一般的な共通事項について規定。複層プラスチックフィルムについては,紙・金属はく(箔)を構成層とするフィルムには適用しない。

食品包装用プラスチックフィルム通則 規格 一覧表

JIS Z 1707

食品包装用プラスチックフィルム通則の一覧

最新 JIS Z1707 規格の詳細 更新日 情報

JIS Z 1707:2019の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS Z1707 JIS改正 最新・更新日 2019年01月21日
規格名称 食品包装用プラスチックフィルム通則
英語訳 General rules of plastic films for food packaging
対応国際規格 ISO
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1975年03月01日
略語・記号 No JIS Z1707:2019
ICS 55.040JISハンドブック
改訂 履歴 1975-03-01 (制定),1978-04-01 (確認),1983-10-01 (確認),1989-02-01 (確認),1995-12-01 (改正),1997-09-20 (改正),2002-03-20 (確認),2008-03-20 (確認),2012-10-22 (確認),2017-10-20 (確認),2019-01-21 (改正)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

JIS Z1707:2019 目次

  • 1 適用範囲
  • 2 引用規格
  • 3 用語と定義
  • 4 品質
  •  4.1 外観
  •  4.2 性能項目
  • 5 形状区分
  • 6 寸法と許容差
  •  6.1 平判フィルムの寸法とその許容差
  •  6.2 巻取りフィルムの寸法とその許容差
  •  6.3 厚さとその許容差
  • 7 試験方法
  •  7.1 状態調節と試験条件
  •  7.2 引張力と引張破壊伸び試験
  •  7.3 引張弾性率試験
  •  7.4 ヒートシール強さ試験
  •  7.5 突刺し強さ試験
  •  7.6 静摩擦係数と動摩擦係数試験
  •  7.7 衝撃強さ試験
  •  7.8 水蒸気透過度試験
  •  7.9 酸素ガス透過度試験
  •  7.10 耐熱温度試験
  •  7.11 ぬれ張力試験
  •  7.12 ヘーズ試験
  •  7.13 表面粗さ試験
  •  7.14 防曇性試験
  •  7.15 収縮性試験
  •  7.16 試験によって得られた数値の丸め方
  •  7.17 試験報告書
  • 8 包装
  • 9 表示
  • 附属書A(参考)性能によるフィルムの種別

適用範囲 [1]

この規格は,食品包装に用いる単層プラスチックフィルムと複層プラスチックフィルム(以下,フィルムという。)の一般的な共通事項について規定する。ただし,複層プラスチックフィルムについては,紙・金属はく(箔)を構成層とするフィルムには適用しない。

注記 ここでいうフィルムとは,食品包装の構成材として使用する膜状の高分子材料を主要成分とし,その厚さが250 μm未満のものをいう。

引用規格 [2]

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS B 0633 製品の幾何特性仕様(GPS)-表面性状:輪郭曲線方式-表面性状評価の方式と手順

JIS B 7503 ダイヤルゲージ

JIS B 7507 ノギス

JIS B 7516 金属製直尺

JIS K 6768 プラスチック-フィルムとシート-ぬれ張力試験方法

JIS K 7100 プラスチック-状態調節と試験のための標準雰囲気

JIS K 7124-1 プラスチックフィルムとシート-自由落下のダート法による衝撃試験方法-第1部:ステアケース法

JIS K 7124-2 プラスチックフィルムとシート-自由落下のダート法による衝撃試験方法-第2部:計装貫通法

JIS K 7125 プラスチック-フィルムとシート-摩擦係数試験方法

JIS K 7126-1 プラスチック-フィルムとシート-ガス透過度試験方法-第1部:差圧法

JIS K 7126-2 プラスチック-フィルムとシート-ガス透過度試験方法-第2部:等圧法

JIS K 7127 プラスチック-引張特性の試験方法-第3部:フィルムとシートの試験条件

JIS K 7129-1 プラスチック-フィルムとシート-水蒸気透過度の求め方-第1部:感湿センサ法

JIS K 7129-2 プラスチック-フィルムとシート-水蒸気透過度の求め方-第2部:赤外線センサ法

JIS K 7129-4 プラスチック-フィルムとシート-水蒸気透過度の求め方-第4部:ガスクロマトグラフ法

JIS K 7133 プラスチック-フィルムとシート-加熱寸法変化測定方法

JIS K 7136 プラスチック-透明材料のヘーズの求め方

JIS Z 0108包装-用語

JIS Z 0208防湿包装材料の透湿度試験方法(カップ法)

JIS Z 1702包装用ポリエチレンフィルム

JIS Z 1709 収縮包装用フィルム

JIS Z 1712 包装用延伸ポリプロピレンフィルム

JIS Z 1714 包装用延伸ナイロンフィルム

JIS Z 1715 包装用延伸ポリエチレンテレフタレート(PET)フィルム

JIS Z 1716 包装用無延伸ポリエチレンテレフタレート(PET)シートとフィルム

JIS Z 8401数値の丸め方

用語と定義 [3]

この規格で用いる主な用語と定義は,JIS Z 0108 によるほか,次による。

引張破壊伸び [3.1]

引張試験において試験片が破壊したときの標線間距離の増加量を,元の標線間距離で除して百分率で表したもの。

引張弾性率 [3.2]

引張比例限度内における引張応力とこれに対応するひずみとの比。引張応力-ひずみ曲線に直線部分がない場合は,変形開始点における接線の傾斜から算出する。

突刺し強さ [3.3]

針がフィルムを貫通するまでの最大力。

防曇 [3.4]

フィルムに,急激な温湿度の変化が加わることで水蒸気がフィルム表面に水滴となって凝縮し,付着する現象を防止すること。

品質 [4]

外観 [4.1]

フィルムの外観は,次による。

  • a) フィルムの外観は,目視によって調べ,使用上支障となる孔,ひび,きず,裂け目,たるみ,しわ,汚れ,色むら,異物混入,異物付着,ブロッキング,複層フィルムの層間剝離などの欠点があってはならない。
  • b) 巻取りフィルムの両端面は平らで,著しい凹凸などがあってはならない。
  • c) 巻取りフィルムに継ぎ目がある場合,その数,接続方法,位置の表示などは受渡当事者間の協定による。

性能項目 [4.2]

性能項目は,箇条7によって試験したとき,表1によって性能項目を表す。性能項目は,フィルムの種類などによって選択する。また,その性能値は,受渡当事者間の協定とする。

プラスチックフィルム 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS C 2150電気用プラスチックフィルム通則JIS C 2151電気用プラスチックフィルム試験方法
JIS C 2265電気絶縁用プラスチックフィルム・不織布補強ドライ集成マイカJIS K 7124-1プラスチックフィルムとシート-自由落下のダート法による衝撃試験方法-第1部:ステアケース法
JIS K 7124-2プラスチックフィルムとシート-自由落下のダート法による衝撃試験方法-第2部:計装貫通法JIS K 7131プラスチックフィルムの熱刺激電流試験方法
JIS K 7196熱可塑性プラスチックフィルムとシートの熱機械分析による軟化温度試験方法JIS Z 1707食品包装用プラスチックフィルム通則

日本産業規格の一覧

日本産業規格のアルファベット分類一覧を参照

基本、ねじ、ボルト・ナット、バルブ、管フランジ、シール、試験、その他

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。