JIS Z 0111 物流用語|日本産業規格|最新情報 更新 改正制定

JIS Z 0111 物流用語の日本産業規格 JISZ0111の一覧・基本・名称・用語・知識・JIS最新改正更新情報に関して解説!

JIS Z0111:2006の規格は,物流活動に用いられる主な用語及びその定義について規定。

物流用語 規格 一覧表

JIS Z 0111

物流用語の一覧

最新 JIS Z0111 規格の詳細 更新日 情報

JIS Z 0111:2006の最新の詳細や改正,更新日の情報!

JIS 改正 最新情報

JIS規格番号 JIS Z0111 JIS改正 最新・更新日 2006年03月25日
規格名称 物流用語
英語訳 Glossary of terms for physical distribution
対応国際規格 ISO
主務大臣 経済産業 制定 年月日 1985年11月01日
略語・記号 No JIS Z0111:2006
ICS 01.040.55,55.020JISハンドブック 物流:2019
改訂 履歴 1985-11-01 (制定),1991-02-01 (確認),1996-07-01 (確認),1999-03-20 (改正),2004-03-20 (確認),2006-03-25 (改正),2010-10-01 (確認),2015-10-20 (確認)

JIS規格「日本工業規格」は、2019年7月1日の法改正により名称が「日本産業規格」に変わりました。

適用範囲 [1]

この規格は,物流活動に用いられる主な用語とその定義について規定する。

分類 [2]

用語は,次のとおり分類する。

  • a) 物流一般
  • b) 包装・貨物
  • c) 輸送
  • d) 保管
  • e) 荷役
  • f) 流通加工
  • g) 情報

用語と定義 [3]

用語と定義は,次による。

なお,参考として対応英語を示す。

a) 物流一般

【 表 1 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
1001 物流 物流とは,物資を供給者から需要者へ,時間的と空間的に移動する過程の活動。一般的には,包装,輸送,保管,荷役,流通加工とそれらに関連する情報の諸機能を総合的に管理する活動。調達物流,生産物流,販売物流,回収物流(静脈物流),消費者物流など,対象領域を特定して呼ぶこともあるphysical distribution
1002 ロジスティクス ロジスティクスとは,物流の諸機能を高度化し,調達,生産,販売,回収などの分野を統合して,需要と供給との適正化を図るとともに顧客満足を向上させ,併せて環境保全,安全対策などをはじめとした社会的課題への対応を目指す戦略的な経営管理logistics
1003 サードパーティロジスティクス サードパーティロジスティクスとは,荷主企業でも物流事業者でもない第三者が荷主のロジスティクスを代行するサービス。倉庫,車両などの施設・設備がなくても事業化できる運営ノウハウをもとに,情報システムと業務改革の提案を中心に長期的な管理目標を定め,達成した改善利益の配分を受けるものであるが,物流事業者が荷主企業のアウトソーシングニーズに広範に対応して一括受注するケースも含まれるthird party logistics, 3PL
1004 共同物流 共同物流とは,複数の企業が,物流業務の効率化,顧客サービスの向上,交通混雑の緩和,環境負荷の軽減などのために,物流機能を共同化すること。 参考 関連用語として,共同受発注,共同輸送,共同保管,共同物流センター,共同配送,一括納品などが用いられる
1005 コールドチェーンシステム コールドチェーンシステムとは,生鮮食料品,冷凍食品などを,品質維持のため品物の温度を必要十分に低く保ちながら,生産地から消費地まで流通させる仕組みcold chain system
1006 消費者物流 消費者物流とは,宅配,引越し,トランクルームなど,個人に対する物流サービス。通信販売・ネット販売に対する納品も含まれる
1007 物流拠点 物流拠点とは,トラックターミナル,コンテナターミナル,物流センター,倉庫,上屋など,物流の各段階に設けられる施設
1008 物流品質 物流品質とは,物流活動における業務遂行の質的水準。約束した納期の維持,汚破損,劣化などを防止する貨物品質維持,誤送・ピッキング作業ミスなどを防止する正確性,並びに交通事故と作業事故を防止する事故防止の諸水準のほかに,顧客の満足度,環境への貢献度などを含めることもあるquality of logistics
1009 ユニットロード ユニットロードとは,複数の物品又は包装貨物を,機械と器具による取扱いに適するように,パレット,コンテナなどを使って一つの単位にまとめた貨物。この目的に合致する1個の大形の物品に対しても適用する。貨物をユニットロードにすることによって,荷役を機械化し,輸送,保管などを一貫して効率化する仕組みをユニットロードシステムというunit load
1010 ユニットロードサイズ ユニットロードサイズとは,ユニットロードの大きさを表す寸法。ユニットロードの最突出部を囲み,互いに直角をなす四つの垂直面と床面との交わりで決められる平面の長さと幅の実測値をプランビューサイズ(plan view size)という(付図1参照)。ユニットロードを構成する物品又は包装貨物が,正しく並べられた状態における計算上の平面の長さと幅をネットユニットロードサイズ(net unit load size)というunit load size
1011 パレット パレットとは,ユニットロードを推進するために用いられ,物品を荷役,輸送,と保管するために単位数量に取りまとめて載せる面をもつもの。上部構造物をもつものを含む(JIS Z 0106参照)pallet
1012 パレチゼーション パレチゼーションとは,物品又は包装貨物をパレットに積み,パレット単位で物流を行うこと。パレットによるユニットロードで荷役を機械化し,物流の効率化を図る手段である。発地から着地まで一貫して同一のパレットに貨物を積載したまま物流を行うことを,一貫パレチゼーションというpalletization
1013 パレット積付けパターン パレット積付けパターンとは,パレットに物品を積み付けるときの配列方式。積付け効率と荷崩れ防止を考慮してパターンを決める。基本的なものとして,ブロック積み(付図2参照 棒積み,列積みともいう。),交互列積み(付図3参照),れんが積み(付図4参照),ピンホイール積み(付図5参照)とスプリット積み(付図6参照)があるpalletizing patterns
1014 パレタイズ パレタイズとは,パレットに物品を積み付ける作業。この作業を機械化したものをパレタイザというpalletizing
1015 デパレタイズ デパレタイズとは,パレットに積み付けられた物品を取り卸す作業。この作業を機械化したものをデパレタイザというdepalletizing
1016 パレタイズド貨物 パレタイズド貨物とは,一つ若しくは幾つかの物品又は包装貨物を,発地から着地まで一貫して,物流機器を使用して機械荷役し,安全,かつ,能率的に輸送・保管できるように,パレットを用いて一つの単位にまとめた貨物(JIS Z 0650参照)palletized load
1017 パレットプールシステム パレットプールシステムとは,構造,寸法,材質などが統一された互換性のあるパレットを,広範囲の利用者間で共同運用する仕組みpallet pool system
1018 コンテナ コンテナとは,物資を収納し,反復使用に適する耐久性のある包装容器。貨物コンテナ,通い容器,フレキシブルコンテナなどをコンテナということがあるcontainer
1019 貨物コンテナ 貨物コンテナとは,輸送する物品のユニット化を目的とし,異なった輸送機関に適合性をもち,用途に応じた強度を備え,反復使用に耐えられるもので内容積が1m3以上である容器(JIS Z 1613参照)freight container
1020 通い容器 通い容器とは,一定の企業又は事業所などの間で,繰り返し使用される輸送用容器returnable container, crate
1021 フレキシブルコンテナ フレキシブルコンテナとは,折り畳みができる柔軟性のある材料を用いて袋状に作られ,つり上げるためのつり部と,注入・排出ができる開口部とを備えたコンテナ(JIS Z 1651参照)flexible intermediate bulk container
1022 コンテナリゼーション コンテナリゼーションとは,物資をコンテナに積んでユニット化し,荷役機械によってトラック,船舶,鉄道車両,航空機などへの積込み,取卸しを行い,物流の効率化を図る手段containerization
1023 表面利用率 表面利用率とは,ユニットロードを構成する媒体として使われるパレットなどの積載部分の面積に対する貨物の占有面積の比率surface utilization percentage
1024 床面利用率 床面利用率とは,輸送機関又は保管装置の積載部分の床面積に対するネットユニットロードサイズの総面積の比率floor utilization percentage

b) 包装・貨物

【 表 2 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
2001 包装 包装とは,物品の輸送,保管,取引,使用などに当たって,その価値と状態を維持するために,適切な材料,容器などに物品を収納することとそれらを施す技術,又は施した状態。これを個装,内装と外装の3種類に大別する。パッケージングともいう(JIS Z 0108参照)packaging
2002 包装モジュール 包装モジュールとは,ユニットロードシステムによる流通効率化を目的として,体系化された輸送包装寸法を得るための基準となる数値。包装モジュールの倍数値又は分割値を組み合わせて導き出した,一連の平面寸法(長さ×幅)を包装モジュール寸法という(JIS Z 0108参照)packaging module
2003 貨物 貨物とは,輸送,保管される物資の総称。その形態,性状などによって,一般貨物と特殊貨物とに分けることがあるcargo, freight
2004 包装貨物 包装貨物とは,輸送を目的とした包装を施した物品(JIS Z 0108参照)packaged cargo
2005 一般貨物 一般貨物とは,特別の荷扱いと積付けを必要としない貨物の総称。特殊貨物に対応して用いられるgeneral cargo
2006 特殊貨物 特殊貨物とは,液体,粉粒体,動物,植物,冷凍・冷蔵品,貴重品,高価品,易損品,危険品,汚わい品,特大品,引越貨物などで,特別の荷扱いと積付けを必要とする特殊な貨物special cargo
2007 ドライカーゴ ドライカーゴとは,液体貨物に対比して使われる用語で,一般貨物とバルクカーゴの総称。生鮮品,冷凍・冷蔵品と生きている動植物は含まないdry cargo
2008 バルクカーゴ バルクカーゴとは,粉粒体,液体,木材など,包装しないで大量に輸送される貨物。ばら貨物ともいうbulk cargo
2009 荷姿 荷姿とは,輸送,保管と荷役される物資の外形。包装されたものと無包装のものとがあるtype of packing
2010 集合包装 集合包装とは,複数の物品又は包装貨物を1個の大形貨物にユニット化し,機械による取扱いに適するようにした包装(JIS Z 0108参照)assembly packaging
2011 荷扱い指示マーク 荷扱い指示マークとは,包装貨物の保護と,荷扱者の安全のために適正な荷扱いを指示する場合とに用いるマーク(JIS Z 0150参照)pictorial marking for handling

c) 輸送

【 表 3 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
3001 輸送 輸送とは,貨物をトラック,船舶,鉄道車両,航空機,その他の輸送機関によって,ある地点から他の地点へ移動させることtransportation
3002 複合一貫輸送 複合一貫輸送とは,ある輸送単位の貨物を組み替えることなく,トラック,船舶,鉄道車両,航空機などの異なった輸送機関を組み合わせて行う輸送。協同一貫輸送ともいうintermodal transportation, multimodal transportation
3003 モーダルシフト モーダルシフトとは,地域間の,量をまとめた幹線貨物輸送をトラックから鉄道又は内航海運へ転換し,トラックと連携して複合一貫輸送を推進すること。道路交通の混雑,大気汚染などの環境問題への対応を目的としている
3004 積載効率 積載効率とは,輸送機関の貨物積載部の許容積載容積に対する積載物品の占有する容積,又は許容積載質量に対する積載物品の占有する質量の利用率loading efficiency, load efficiency
3005 集貨 集貨とは,荷送人の貨物を発送地にある物流拠点に集めることpick up
3006 配送 配送とは,貨物を物流拠点から荷受人へ送り届けることdelivery
3007 トラックターミナル トラックターミナルとは,貨物の積換えのため,自動車運送業の事業用自動車を同時に2両以上停留させることを目的として設置した施設。特定輸送業者用の専用トラックターミナルと,複数事業者共用の一般トラックターミナルとがあるtruck terminal
3008 コンテナターミナル コンテナターミナルとは,コンテナの海上輸送と陸上輸送とを結ぶ接点又は鉄道輸送とトラック輸送とを結ぶ接点の施設 container terminal

d) 保管

【 表 4 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
4001 保管 保管とは,物資を一定の場所において,品質,数量の保持など適正な管理の下で,ある期間蔵置することstorage
4002 物流センター 物流センターとは,物流活動を構成する諸機能をもつ施設。流通センターともいう。このうち,配送活動に特化した施設を配送センターというdistribution center
4003 倉庫 倉庫とは,物資を保管するための施設。倉庫業法に規定された営業倉庫と,同法の規定外の自家倉庫とに大別される。また,特別法に基づく農業倉庫,協同組合倉庫などもあるwarehouse
4004 上屋(うわや) 輸送途中で物資の一時保管又は仮置きするための施設。主にふ上屋輸送途中で物資の一時保管又は仮置きするための施設。主にふとは,(埠)頭で輸出入物資の荷さばきとそれに付随する保管を行うshed
4005 立体自動倉庫 立体自動倉庫とは,鉄骨構造などのラック,スタッカクレーンと入出庫ステーションで構成され,複数の物品又は包装貨物を一つの取扱単位とする貨物のうち,主にパレットを取扱単位とした貨物を保管する施設(JIS B 8941参照)AS/RS(automated storage and retrieval system)
4006 ラック ラックとは,物品を保管するために使用する支柱と棚で構成される構造物。特にパレットに積載された物品を保管するものを,パレットラックという(JIS Z 0110参照)rack
4007 はい はいとは,保管などのために,倉庫,上屋などに積み重ねられた物品の集団。物品を一定の方法で規則正しく積み上げることを「はい付け」,積み上げられた物品を取り崩すことを「はい崩し」,はい付けされた物品をはい崩しして別の場所にはい付けすることを「はい替え」というstack, pile
4008 ロケーション管理 ロケーション管理とは,保管の効率化,入出庫作業の円滑化などのために,どの物資が,どの保管場所にあるかを管理する保管方式。物資の保管場所を特定の場所に決めておく固定ロケーション方式と,その都度自由に決定するフリーロケーション方式とがあるinventory management by location
4009 先入れ先出し 先入れ先出しとは,長期滞留による劣化を防止するために,入庫日時の古い保管品から順番に出庫すること。逆に入庫日時の新しい保管品から順に出庫することを先入れ後出し(first-in last-out)というfirst-in first-out
4010 在庫管理 在庫管理とは,完成品・仕掛品・部品・原材料など棚卸資産の量を適正に管理する活動。市場の需要動向に即応して品切れ又は余剰在庫の発生を防止し,キャッシュフローと棚卸資産回転率とを同時に向上させて,顧客満足と経営効率とを追及するロジスティクスの中心的活動である。また,そのために在庫拠点での在庫差異を防止したり保管効率を向上させる活動を,現物管理として在庫管理という場合もあるinventory control, inventory management

e) 荷役

【 表 5 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
5001 荷役(にやく) 物流過程における物資の積卸し,運搬,積付け,ピッキング,仕荷役物流過程における物資の積卸し,運搬,積付け,ピッキング,仕とは,分け,荷ぞろえなどの作業とこれに付随する作業。マテリアルハンドリングともいうmaterials handling
5002 運搬 運搬とは,物品を比較的短い距離に移動させる作業。生産,流通,消費などいずれの場合にも用いられる。マテリアルハンドリングともいうcarrying, materials handling
5003 積卸し 積卸しとは,輸送機器などに対して物品を積み込む作業と取り卸す作業loading and unloading
5004 積付け 積付けとは,物品を規則正しく積み上げる一連の作業stacking
5005 バンニング バンニングとは,貨物コンテナなどに物品を積み込む作業vanning, stuffing
5006 デバンニング デバンニングとは,貨物コンテナなどから物品を取り卸す作業devanning, stripping
5007 ピッキング ピッキングとは,保管場所から必要な物品を取り出す作業picking
5008 オーダピッキング オーダピッキングとは,出荷指示に基づいて物品を保管場所から取り出す作業。顧客単位にピッキングする摘取り方式と物品ごとにピッキングしたあと顧客単位に仕分ける種まき方式がある。棚などにピッキング個数を表示するデジタルピッキング,ピッキングする物品の場所と個数を表示する装置をカート(台車)に取り付けるカートピッキング,出荷先を示すシールを物品にはり付けながらピッキングするシールピッキングなどがあるorder picking
5009 仕分け 仕分けとは,物品を品種別,送り先方面別,顧客別などに分ける作業sorting
5010 荷ぞろえ 荷ぞろえとは,出荷する物品を輸送機器にすぐ積み込めるようにそろえる作業
5011 ラッシング ラッシングとは,輸送機器に積み込まれた貨物を,動かないようにロープなどで締め付ける作業lashing
5012 ダンネージ ダンネージとは,輸送機器に積み込まれた貨物が,荷傷みなどを起こさないように,貨物の下に敷いたり,すき間に挟んだりする緩衝材dunnage
5013 産業車両 産業車両とは,一定の作業現場において,各種の荷役作業に使用する車両。フォークリフトトラック,ハンドトラック,無人搬送車などがあるindustrial vehicle
5014 無人搬送車 無人搬送車とは,本体に人手又は自動で荷物を積み込み,指示された場所まで自動走行し,人手又は自動で荷卸しをする無軌道又は有軌道の車両。広義には無人けん引車と無人フォークリフトを含む(JIS D 6801参照)AGV, automatic guided vehicle(automated guided vehicle)
5015 クロスドッキング クロスドッキングとは,物流センターの荷受場(ドック)で,入荷品を事前出荷通知に基づき保管するか出荷するか識別して,出荷品を出荷場(ドック)に通過(クロス)させることcross-docking

f) 流通加工

【 表 6 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
6001 流通加工 流通加工とは,流通過程の倉庫,物流センター,店舗などで商品に加工すること。生鮮食品又は繊維品の二次加工,小分け商品化包装,値札付け,鉄鋼・ガラスなど生産財の裁断,注文に対応する機器の組立て・組替えと塗装替えなどをいう。

g) 情報

【 表 7 】
番号用語詳細・説明英語(参考)
7001 物流情報システム 物流情報システムとは,物流を対象とした情報システム。このシステムには,物流の各機能を効率化,高度化するための機能分野,受発注から配送,保管から在庫,更に調達と回収の業務分野,これらに関連した計画・実施・評価の経営過程の分野,更に,運輸業,倉庫業などの物流事業者と荷主との関連を含めた分野があるlogistics information system
7002 物流EDI 物流EDIとは,物流業務にかかわる企業間のメッセージ交換とデータ交換を情報ネットワークを介して,標準化された規約の基に,コンピュータ間で行う電子データ交換electronic data interchange for logistics
7003 共通商品コード用バーコードシンボル 共通商品コード用バーコードシンボルとは,流通情報システムで商品を識別するための共通商品コードをバーコードで表現し,商品に印刷されるマーク(JIS X 0501参照)bar code symbol for uniform commodity code
7004 物流商品コード用バーコードシンボル 物流商品コード用バーコードシンボルとは,荷役・輸送・保管のために包装した商品と入数などを表す物流商品コードをバーコードで表現し,段ボール箱などに印刷されるマーク(JIS X 0502参照)bar code symbol for dispatch unit code
7005 データキャリア データキャリアとは,情報を人,動物又は物に付加し,人,動物又は物を特定するために利用する情報担体の総称。RFID,1次元シンボル,2次元シンボルなどがある(JIS X 0500参照)data carrier
7006 RFID RFIDとは,誘導電磁界又は電波によって,非接触で半導体メモリのデータを読み出し,書込みのために近距離通信を行うものの総称(JIS X 0500参照)RFID(Radio Frequency Identification)
7007 トレーサビリティ トレーサビリティとは,調達,生産,販売,消費,廃棄の各物流過程で,物資とその情報を追跡し,とそ(遡)及できること(JIS Q 9000参照) traceability

物流 関連 主なJIS規格 一覧

規格番号 規格名称 規格番号 規格名称
JIS X 0502物流商品コード用バーコードシンボルJIS Z 0111物流用語

用語、一般、荷役運搬機械・器具〔産業車両、小型運搬車、クレーン、チェーンブロック・ホイスト・スリング、コンベヤ、パレット、その他〕、保管設備、輸送〔トラック、コンテナ・タンク〕、包装、情報

用語・記号、加工方法、試験・測定方法、試験機・測定器、加工材料〔炭素鋼・合金鋼/ステンレス鋼・耐熱鋼/工具鋼/ばね鋼/軸受鋼/鍛鋼品/鋳鋼品/鋳鉄品/伸銅品・アルミニウム・アルミニウム合金〕、関連規格

DIY設計図をダウンロードできますよ!

図面のダウンロード
数多くの「pdf」や「Dxf、Dwg」設計図面ファイルがフリーでダウンロードでき、
3D図面でわかりやすい寸法図になっています。
ご覧ください。